小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-04-16 久々に活動的な1日
e0021965_0204398.jpg
 先日の月曜日(13日)は本業が休みだったので、朝からフル稼働しました。まずは午前中に天王洲アイルのJALに行き、打ち合わせ。

 8月から国際線で流す機内放送用のジャズ・プログラムの構成を頼まれたからです。楽曲の使用法に制限があり、2ヶ国語でナレーションも入れるので、そのための注意事項を聞くなど、簡単な打ち合わせをしてきました。単純に曲を選べばいいってもんじゃないので大変そうです。ぼくのことを推薦してくれたプロダクション側は、「とりあえず1回だけ」みたいなことを話していましたが、JAL側は「このまま2ヶ月に一度更新」という話になっていて、さあどうなるんでしょう? 

 それで、ここでも懐かしい再会がありました。担当者のひとりが昔の知人だったんです。斑尾やマウント・フジのジャズ・フェスティヴァルをプロモートした会社のかたで、あのころはいろいろなところでご一緒に仕事をさせてもらいました。たぶん15年以上は会っていなかったんじゃないでしょうか? 音楽業界、とくにジャズ業界は長いこと縮小傾向にあり、いつの間にか遠のいていったひとが多いんですが、こうやって仕事で再会できるのは楽しくもあり、嬉しくもあり、です。

e0021965_021393.jpg
 午後は家からスイングジャーナルまで歩き、何年ぶりかで「I Love Jazz Test」をやってきました。春の臨時増刊号用(ピアノ特集)の特別企画ということで、ゲストはアキコ・グレースさん。全部で8曲、かなり考えながら興味深いことを語ってくれました。発売は5月12日だったかな?

 今後は不定期に「I Love Jazz Test」をやるかもしれません。その方向で編集長も考えてくれるみたいです。でも、こちらもどうなるんでしょうか? です。

e0021965_0211815.jpg
 それが終わって、次は丸の内の「コットン・クラブ」でロバート・グラスパーのインタヴュー。ブルーノートからの3作目が夏に出るので、その話を中心にいろいろ聞いてみました。日本のレコード会社にもその作品については音やインフォメーションがまったく届いていないので、その話が中心です。

e0021965_0213348.jpg
 初対面のグラスパーは好青年でした。こちらの質問にも素早く答えてくれますし、話したいことがたくさんある様子で、あっという間に時間がすぎてしまいました。「コットン・クラブ」のライヴも聴きたかったのですが、どうしても時間の都合がつかず、今回は失礼してしまいました。現在はブルックリンに住んでいるとのことなので、そのうちニューヨークで彼のライヴに接することができるかもしれません。

e0021965_0214946.jpg
 それでこの日の最終イヴェントは、恵比寿の「リキッドルーム」で開かれたメロディー・ガルドーのショウケース。1枚目の『夜と朝の間で』が好評で、先週発売された2枚目の『マイ・オンリー・スリル』がさらに大きな話題を呼んでいるところでの来日です。

 ちなみにこの作品のアレンジャーはヴィンス・メンドーサです。彼とぼくの関係、このブログを前から読んでいる方はご存知ですよね。近年の充実した活躍はぼくの誇りでもあり、自慢でもあります。

e0021965_022635.jpg
 先週のダイアナ・クラールといい、このところユニバーサルミュージックはプロモーションに力を入れています。それでご覧のようなルックスですから、これからメロディはさらに大きな人気を呼ぶんじゃないでしょうか。

e0021965_0222254.jpg
 彼女は19歳のときに事故で目を悪くしているため、明かりに弱いそうです。それでサングラスをかけているんですが、これもよく似合っていてとてもキュートでした。30分以上遅れて始まったライヴは、CDで聴いていたよりジャジーです。曲によってはギターやピアノも弾きながらのヴォーカルは、ルックスで売るシンガーではなく実力派の登場を実感させてくれました。ここ数年、立て続けに有望な女性シンガーが登場していますが、メロディも間違いなく今後に期待ができるひとりです。

 これで長い一日は終わりました。以前はこういうことをしょっちゅうやっていたんですが、最近では珍しいことです。かなりへばりましたが、仕事の合間の空き時間はウォーキングに精を出すこともできましたし、まだしばらくは元気でいられるみたいです。この日はいろいろな収穫がありましたが、少し体に自信が持てたことも収穫のひとつです。
[PR]
by jazz_ogawa | 2009-04-16 00:27 | Works | Trackback | Comments(33)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/10058095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 浦島 at 2009-04-16 08:20 x
小川さん、ご無沙汰しています。なんとパソコンが壊れていました。そして、昨日、やっとマックのエアーが届きました。薄くて、軽いです。先日、TOKUのライブがありました。ベースの井上陽介さん初めて生で聞きました。素晴らしかったです。そして、ピアノの宮本貴奈さんもとてもいい感じのピアノでした。ジャズはいいですね。
Commented by 浦島 at 2009-04-16 08:31 x
小川さん、ダイアナ・クロールのライブはすごい話ですね。こんな場所に招待されるのですから、尊敬してしまいます。カナダもやりますね。小曽根真さんのライブがボディ&ソウルでありますね。最終日の土曜日に行けることになりました。とても楽しみです。
Commented by デボン at 2009-04-16 14:07 x
久しぶり。

その日は絶対に忙しそうだった!我慢すると、すごい小川さん。ロバート・グラスパーはすごく才能的なミュージシャンですよね。ジャリール・シシャウのCDで出ていました。グラスパーは本当に内省的な人らしい。だから、インタヴューは多分面白かったと思います。いいなぁ。またニューヨークで会えたら、よかった。

ところで、日本でJAM(Jazz Appreciation Month)のイヴェントがありますか?JAMはちょっと若いアイディアだなので、まだ日本に届いていないかな?

Commented by デボン at 2009-04-16 14:09 x
間違います!I meant ジャリール・シャウ(Jaleel Shaw)。苦笑
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-16 19:13
浦島さん、ぼくもマックに憧れているんですが、踏ん切りがつきません。最初に買ったのはマックだったんですが、以来ずっとウィンドウズです。
ダイアナ・クラールのライヴ、尊敬されるようなことじゃありません。たまたま業界の末席にいたのでお情けで呼んでもらったようなものです。
小曽根さん、たしか3Daysのライヴですよね。行きたいのですが、都合がつかず残念です。楽しんできてください。
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-16 19:15
デボンさん、ロバート・グラスパーは話していてなかなかスマートなひとでした。
JAM(Jazz Appreciation Month)のイヴェント、残念ながら知りません。なにかわかったら報告しますね。
Commented by とろ at 2009-04-17 15:50 x
とても忙しい一日でしたね。
お疲れ様です。
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-17 16:28
とろさん、ありがとうございます。
たしかに疲れました。
Commented by デボン at 2009-04-18 02:29 x
私のブログで今日はJAMについてエントリです。やっぱり英語だけど。。。

でも、JAMのホームページで日本のイヴェントがありません。実は、あるけど、concert/gig announcement だけです。ちょっと違いますね。 JAMはジャズ鑑賞の月です。でも、たしかに小川さんにとって、毎月はジャズ鑑賞の月ですよね~!
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-18 07:35
デボンさんのブログを読んでJAMのことがわかりまいsた。日本では、どうなんでしょう? ぼくはこういうイヴェント知りません。
Commented by こばやし at 2009-04-22 13:42 x
臨時増刊号、次回は手に入れないといけませんね(笑)。ついででお願いですが単行本『ジャズトーキン』に未収録のインタビューを何らかの形で発表してほしいです。当時続編がいつ出るのかと思っていたのですがそれっきりになっています。それからジャズメンの方々というのは子供の頃からどれくらい練習を積んできたか、プロになってから忙しいさなかどうやって維持しているのか個人的に興味があります。小川さんがどなたかに聞いた事あるようでしたら教えて下さい。
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-22 23:23
こばやしさん、『Jazz Talkin'』って、大昔に出した「I Love Jazz Test」のインタヴュー集のことでしょうか? それなら膨大な量の未発表インタヴューがあります。それを元に書いたのが、河出書房新社から出した「名盤100」の三部作です。それから5月に発売予定の新著も、そのインタヴューをある程度用いていますので、興味がありましたらご一読ください。そういう本の中にも、少しですがミュージシャンの練習についてのコメントが載っています。
Commented by こばやし at 2009-04-23 07:44 x
はい、そうです。もしかして書名が全然かぶっていませんでしたか?だとしたらすみませんでした。インタビューでの内容は小川さんの別の著作に使われているんですね。個人的にはフィル・ウッズがキャノンボールと初めて出くわした事やケニー・ギャレットのケニーGに対する複雑な感情(笑)について見てみたいと思っていました。三部作、チェックします。
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-23 07:52
こばやしさん、「名盤100」は、「Jazz Test」の集大成みたいなもので、SJで使わなかったコメントも多数紹介しています。ぜひ、よろしく、です。
Commented by マイルス at 2009-04-23 20:31 x
小川さん  池袋「マイルス・カフェ」のオーナー マイルスと申します。
実は、New York "Miles' cafe"を作るべく準備を始めています。
3月に、「マンハッタン・ジャズ・カタログ」をみて、4日間に、15カ所のライブハウスをみてきました。 いま、物件を探しているところです。 小川さんの心当たりがありましたら、紹介していただききたいと思って、失礼とは、思いますが、メールを差し上げたしだいです。
ではマイルスwithLove
Commented at 2009-04-23 20:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-23 22:43
マイルスさま、コメントありがとうございます。ニューヨーク店とはワクワクしますね。とくに心当たりはありませんが、2日からニューヨークに行きますので、ちょっと候補を考えてみます。
Commented by マイルス at 2009-04-25 17:31 x
小川さま ご返事をいただけて、光栄です。 きのう「マイルス・デイヴィスとは誰か」と「マイルス・デイヴィスの真実」を注文しました。 読むのが楽しみです。私は、17日から10日間ニューヨークに滞在して物件を探します。 ではマイルスwithLove
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-25 23:51
マイルスさん、って書くのも不思議な気分ですが(笑)、拙著を注文していただきありがとうございます。
ニューヨーク支店、ぼくも協力できることがあればやりますよ。
Commented by マイルス at 2009-04-26 18:27 x
小川さん みんなは、「マイルス」と呼んでいます。 「マイルス・デイヴィスの真実」の本の横を見たら、すごいマイルス・デイビスの写真が見える。それも、前からと、後ろからでは、写真が違う!! 凄いアイディアですね。 ちょっと呼んだのですが、吸い込まれそうです。
小川さんに協力していただけるなんて夢のようです。
「マンハッタン・ジャズ・カタログ」は、ほんとに使いやすいですね。
マイルスブログに書かせていただきます。
ではマイルスwithLove
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-27 00:10
マイルスさん、『マイルスの真実』のあれは素晴らしいでしょ。装丁の方にお願いして、2種類のマイルスを印刷してもらいました。あれ、少しでもずれたらそれでおしまいなので、製本に細心の注意を払ったようです。
「マンハッタン・ジャズ・カタログ」は早くもかなりの店がクローズしているので改訂版を出したところなんですが・・・。
Commented by マイルス at 2009-04-28 13:39 x
『マイルスの真実』のこだわりは、ものすごく好きです!! 徹底的にこだわる。 これは、すばらしいです! マンハッタンのお店が、毎日のようにクローズしてるようですね。 このスピードに追いつくには、ウエブしかないのでしょうかね。
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-28 15:35
マイルスさん、ありがとうございます。
ところでマイルスさんはスパイラル・ステップスのメンバーだったんですね。学生時代に何度か聴いた記憶があります。えらくかっこいいジャズを演奏していた印象があるんですが。ちなみに、当時のぼくは『ビッチェズ・ブリュー』や『ジャック・ジョンソン』風の演奏をするバンドでジョン・マクラフリンを気取っていました。
Commented by マイルス at 2009-04-28 17:44 x
小川さん え~~!! スパイラル・ステップスをご存じだとは!! 実は、初代 「スパイラル・ステップス」のバンマスでした。 小川さんは、ジョンで、私は、マイルスですね。 完コピしてました。 かっこまで、なりきっていました。 いまでもね。(⌒_⌒)  70年代マイルスバンドの演奏を、探して、私のブログに貼り付けておきますね。
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-29 00:50
マイルスさん、時代からいって初代のスパイラル・ステップスを聴いたんだと思います。かなりレヴェルが高かったと記憶しています。
Commented by マイルス at 2009-04-29 15:44 x
小川さん しかし凄いですね。 ギターを演奏したり、医者だし、作家だし。 マイルス・デイビスに何回も、会ってるし。 写真家の内山繁さんも、検索したら、お友達のようですね。 
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-29 22:25
マイルスさん、内山さんとは何度も一緒にマイルスのところに行きました。内山さんは「your photpgrapher」、ぼくは「your doctor」と電話で名乗れば、通じました。、これ、自慢です。スイマセン。
Commented by マイルス at 2009-04-30 23:58 x
小川さん  なんとも、うらやましいですぅ。。。。 すごいな~~!! 内山さんとは、しばらく会ってないですが、会いたいですね。
Commented by jazz_ogawa at 2009-05-01 08:53
マイルスさん、内山さんもぼくもラッキーでした。
Commented by マイルス at 2009-05-03 18:15 x
レベル5の中で、ニューヨーク入りしたのは、凄いですね!! マイルスは、17日からの渡米を延期しました。。。
Commented by jazz_ogawa at 2009-05-03 22:20
マイルスさん、どこにいてもレヴェル5はレヴェル5ですから。ぼくは自分勝手に生きているのでニューヨークに来ましたが、延期したほうがたしかに無難だと思います。
Commented by マイルス at 2009-05-04 21:05 x
小川さん 「ニューヨークでビジネスをするんだから、ニューヨークに住んでいるひとたちと同じように生活するんだから、何が何でも行く!」と思っていたのですが、マイルスの体は、みんなの物だから、延期しました。物件の情報にもよりますが、6月には、ニューヨークに行きます。
Commented by jazz_ogawa at 2009-05-04 21:29
マイルスさん、大人の判断、ご立派です。そういうことのできないぼくは、いつまでたっても大人になれません。
<< 2009-04-19 『ミルク... 2009-04-13 「ザ・バ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム