小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-07-03 『ブルーノート読本』発売!
e0021965_2358632.jpg
 前回のブログで表紙の写真を掲載しましたが、実際はもっと渋いブルーです。一昨日ようやく送られてきて初めて現物を見ました。思ったよりいい感じの表紙で、かなり気に入りました。本日あたりから書店に並ぶそうなので、といっても大きな書店にしか置かれないでしょうが、もし見かけましたらお手に取ってみてください。それで、そのままレジに行っていただけるともっと嬉しいです。

 今回の本は、副題が「アルフレッド・ライオン語録」。これまでにライオンから聞いた話を、ある程度、年代順に並べたのが第1章です。このパートはインタヴュー形式ではなく、ただ単にライオンのコメントを並べただけ。なにせ「語録」ですから。

 それで第2章では、『スイングジャーナル』誌で2003年6月号から11月号まで連載した「誰も知らなかったブルーノート」を中心に、同誌で発表したブルーノート関連の原稿をまとめてあります。

 最後の第3章はブルーノートの代表的なアルバムのライナーノーツ集。
『アート・ブレイキー/バードランドの夜』
『クリフォード・ブラウン/メモリアル・アルバム』
『ジョン・コルトレーン/ブルー・トレイン』
『ソニー・クラーク/クール・ストラッティン』
『キャノンボール・アダレイ/サムシン・エルス』
『アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ/モーニン』
『ホレス・シルヴァー/ソング・フォー・マイ・ファーザー』
『ハービー・ハンコック/処女航海』
 などです。

 これで全346頁。思った以上の頁数になりました。ぼくは活字中毒なので、ある程度厚い本をいつも作りたいと思っています。このブログだって長いでしょ。

 出版社側はなるべく薄い本を作りたがるのですが、今回の春日出版はそういうことにはあまりこだわらず、好きにさせてくれました。感謝ですね。でも、文字が多いと、最近の若い人は手を出してくれないかもしれません。

 これまであちこちで書いてきた原稿をまとめて本にする気持ちが強くなってきたのは昨年あたりから。書き下ろしもいいんですが、過去に書いたものも形にしておきたい。このところそういう気分になっています。あと何年生きるかわかりませんし、いつまで本を出させてもらえるかもわかりません。棺おけにも片足突っ込んでいますから。そういうわけで、出せるうちに出しちゃえ、です。

 ぼくの場合、レコーディングにたとえるなら、ニュー・レコーディングもあれば、コンピレーション、リミックス、リマスタリングもあります。これまで残してきた吹き込み(原稿)をさまざまな形でまとめ直したりする作業は面白いです。それで、まだ出ていないのは廉価盤(文庫)くらいでしょうか。

 そうそう、8月にはニュー・レコーディングが出ます。『ザ・ブルーノート、ジャケ裏の真実 4000番台(4001-4100番)』。こちらは全編書下ろしで、現在2回目のマスタリング(校正)中です。お盆明けのリリースを目指しているので、プレス工場(印刷所)に完パケを入れるまで、あと2回か3回はマスタリングができそうです。 
[PR]
by jazz_ogawa | 2009-07-03 00:02 | Works | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/10542955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こばやし at 2009-07-03 20:41 x
僕は英文ライナー訳がついているCDを持っているのですが、小川さんのジャケ裏の真実はそういった人でも楽しめる形になっているのでしょうか?そうだとしたらお金のある時に手に入れさせて頂きます。
話は変わるのですが、小川さんがSJ誌に幻の名盤で取り上げていたインパルスのケネディ盤、輸入盤でリリースされるらしいですよ。MPSのチェ・ゲバラがジャケットになっているのも出してほしいです。
Commented by jazz_ogawa at 2009-07-03 22:52
こばやしさん、こういう質問は答えようがありません(苦笑)。筆者としては「楽しめます」というしかありませんが・・・、
Commented by こばやし at 2009-07-03 23:11 x
すみません、答えづらい質問をしてしまいまして。著作物が数多く有るとどれから手に入れていけば良いのか迷ってしまいます。それにしても、仕事をされながらCDを聴いて解説を書き、さらには講演をしたりブログを更新したりとえらい忙しさですね。
Commented by jazz_ogawa at 2009-07-03 23:52
こばやしさん、ひとに読んでもらってこその文章なので、まだまだ未熟ですが、気になるものがあれば読んでいただけると嬉しいです。
Commented by cyubaki3 at 2009-07-04 10:31 x
ブルーノートって数多あるジャズレーベルでも特別な存在ですよね。ジャケット(LP)を手にとって眺めているだけでも幸せな気分になれます。
Commented by jazz_ogawa at 2009-07-04 14:04
cyubaki3さん、たしかに別格だと思います。だからファンも多いんでしょうね。
<< 2009-07-05 「扉をた... 2009-07-01 Work... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム