小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011-03-11 『ピアノ・トリオ決定盤ベスト100』
e0021965_21183250.jpg
 それにしてもすごい地震ですね。ぼくの部屋もCDが散乱して大変な目にあいました。でもこのブログの目的は「宣伝」と「自慢」です。それ以外のことは無用の長物。ぼくの思いなんぞはどうでもよろしい。というわけで、地震にめげず、今日もせっせと宣伝に励まさせてもらいます。

「宣伝ブログ」の本領を発揮して、これまでにもこの本のことはここで紹介してきました。その『ピアノ・トリオ決定盤ベスト100』が昨日出版となりました。めでたし、めでたし(パチパチパチ)。

 版元は東京キララ社(発行)と河出書房新社(発売)のコンビ。このチームでこれまでに何冊だしたでしょうか? ありがたいことです。そういえば、小野寺さん、社長就任おめでとうございます。偉くなっちゃったから、これからはぼくの本の担当はお願いできないのかしら?

 それはそれとして、この本です。今回もいつもと同じで、「小川隆夫が選ぶベスト100」です。「しまった」と思ったのは、100枚じゃ足りなかったってことです。「ベスト200」か「300」くらにはしたいところですが、そこは経済原理の壁の前にあっさり引き下がりました。

 ただし多ければいいってものでもないから、100枚くらいが現実としては妥当なんでしょう。この点は編集者のセンスにお任せです。

 毎度のことですが、ぼくには客観的なセレクションができません。そのときどきで気が変わります。ですから、いま現在で100枚を選ぶとしたら、少しは内容が変わってくるでしょうね。そこが人間らしいところかもしれないです。

 それで、今回も原稿を書いた時点での好きなアルバムが100枚です。嫌いなものを選んだって意味ないでしょ。なので、いわゆる名盤もあれば、いまでは買えないような作品も含まれています。「いま買えるものでもいつ廃盤になるかもしれず」ですから、買える・買えないを基準にする必要はありません。優先するべきは自分の好きなアルバム。これで正解じゃないかしら

 それで、こういう本こそ電子書籍にぴったりじゃないかなって思いました。読んでいて気になるものがあればワン・クリックですぐ購入、あるいは試聴ができる。それっていいと思いません? 次は、さしあたってこの本の電子書籍化を目論んでみますか。

e0021965_21184983.jpg
 これはボツの表紙。こちらも好きなんですけど、表紙はひとつしか選べないのであきらめました。

【さらなる宣伝】
e0021965_2119231.jpg
 Appleの審査にあっさり通ったことで、21日ごろに発売する予定だった『後編』は12日の発売となりました。よろしく、です。

e0021965_2144377.jpg
 今日は「ついに来るべきときが来たか」と覚悟しました。それにしても津波はこわい。テレビを観ていて「ヒアアフター」のシーンを思い出しました。ぼくの住んでいる芝浦にも津波が来る可能性ありだそうで、いまも区の広報車が回っています。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-03-11 21:45 | Works | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/14413396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by めいこ at 2011-03-11 22:39 x
こんばんは。

地震と津波、怖いですね!!
私は、ニュースを見て怖くて震えていました。
さぞ、
そこに居て、災害を受けられたかたは、覚悟をされるほど恐ろしかったのでは???

みなさんが、元気に暮らせるように早くなって欲しいです。
Commented by jazz_ogawa at 2011-03-12 00:03
めいこさん、ほんと、今日は怖かったです。でも地震ごときで予定を狂わせられるのは癪なので、ブログはブログでマイ・ペースでいかせてもらいました。
Commented by じゅん at 2011-03-12 04:40 x
初めまして!いつもラジオ聴いています。
小川さんが無事で何より!

小川さんの膨大なコレクションが散乱したら大変そうですね!
まだ地震が続いてるのでお気をつけ下さい!
Commented by めいこ at 2011-03-12 08:27 x
>地震ごときで予定を狂わせられるのは癪なので、

というお元気なお言葉、安心しています。
でも、災害は広がっているようですね。
一ノ関ベイシーも心配だったのですが、店主ご夫婦は、ご無事だと聞きほっとしたのですが、お店は???
はやく皆さんの安否が分かり、復興が開始されることを祈るばかしです。

Commented by jazz_ogawa at 2011-03-12 08:38
じゅんさん、ありがとうございます。被災された方は本当にお気の毒としかいえませんが、無事だったひとはいつもと同じように生活することが大切と考え、ブログも平常心でアップすることにしています。
Commented by jazz_ogawa at 2011-03-12 08:42
めいこさん、ぼくも家に戻るまで、レコードのことが心配でした。しかし棚に詰め込んでいたせいか1枚も落ちこぼれることなく無事でした。被災された方たち、安否のわからない方たちの無事を願っています。
Commented by しげっち at 2011-03-12 10:49 x
こんにちは。小川さんが無事でなによりです。僕は本来、昨日は関東に出張予定だったのですが、前日期日延期になり、延期にならなければ、列車トラブルに巻き込まれのではと思いながらテレビを見てました。僕も阪神大震災時は本棚の本が散乱したので、小川さんのレコードが心配です。まだまだ安心できないみたいなので気をつけて下さいね。
小川さんの新本、読むのが楽しみです。
Commented by jazz_ogawa at 2011-03-12 13:15
しげっちさん、ありがとうございます。しげっちさんも助かりましたね。災害はいつなんどき遭遇するかわかりませんから、そのときはそのときと考えています。
Commented by こばやし at 2011-03-12 16:56 x
小川さん、こんにちは。小川さんは何千回も飛行機の離着陸を経験していらっしゃいますのである程度達観していらっしゃいますね(笑)。紹介作品の中でiTunes Storeにある物であればそこからゲットできるとは、今回の著作は至れり尽くせりの仕組みになっているんですね。その内著者や現役ミュージシャンのコメントなんてのも付いてくるようになってきたりして。将来が楽しみです。
Commented by ゆり at 2011-03-13 00:02 x
こんばんは。コメントされてる皆様も小川さんも無事でよかったです!(そして私も)部屋の棚という棚すべてがしなやかに揺れて、一度外へ逃げましたが大丈夫!。そして昨日から私の周囲では原子力発電に関する討論が展開されていますが、追いつけないので、「そういう事もあるのだなと頭に置く」という結論に至りました。(が、色々考えてしまいます...)私に出来る事は、人命を待ち復興を気長におもうだけです。
Commented by jazz_ogawa at 2011-03-13 00:10
こばやしさん、『名盤のウラに記された真実』では、対談など音声も収録する考えがあったんですが、容量の点であきらめました。
Commented by jazz_ogawa at 2011-03-13 00:13
ゆりさん、ありがとうございます。ご無事でなによりです。
原発の問題も深刻ですし、今回の地震と津波に伴い経済問題も出てくるでしょうし、日本は大変な局面を迎えてしまいましたね。
Commented by med_ical at 2011-03-23 12:16 x
小川さん、静岡での用事を無事済ませることができ、明日は久しぶりに仕事です。色々慌ただしく、新刊は5月頃に落ち着いたら拝読させて頂くつもりです。まだ弱い地震が続いていますので、お気をつけてください。
Commented by jazz_ogawa at 2011-03-24 00:50
med_icalさん、静岡の地震は大丈夫でしたか?
次に何が起こるかわからない昨今ですが、自分のペースでやるべきことをやっていこうと思っています。
Commented by med_ical at 2011-03-26 07:53 x
小川さん、静岡も関東と同じような状況でした。
こんな大変なことは久しぶりですが、希望を失いたくないですね。音楽は、ひとの心をいやすことができると思います。
Commented by jazz_ogawa at 2011-03-26 11:59
med_icalさん、ぼくらがするべきはいつもどおりの生活を送り、できるだけ義捐金を送ることだと思っています。明日の公開収録でもチャリティを募りたいと考えています。
<< 2011-03-13 本日の「... 2011-03-10 4月は駒... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム