小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-01-11 チャーリー・ワッツ・インタビュー(前編)
 以下はいまから15年ほど前に発表したインタビューを再編集したものです。長くなるのでぼくの話の部分は割愛して、チャーリー・ワッツの言葉だけを抜き出しました。今回はジャズとの出会いなど初期の話が中心で、次回に後編を紹介します。

e0021965_23241014.jpg 「ジャズに興味を持ち始めたのはアール・ボスティックの演奏を聴いてからだった。12歳のときだから1953年ごろじゃないかな? 「フラミンゴ」がイギリスですごく流行ってね。いとこがそのレコードを持っていたんだ。意識して聴いた音楽の最初がジャズだったってわけさ。それからいろいろ聴くようになった。自分で最初に買ったのがビリー・エクスタインのレコード。次がジェリー・マリガンの「ウォーキン・シューズ」だった。そのレコードでドラムスを叩いていたチコ・ハミルトンのブラシ・ワークが、子供ながらに素晴らしく映ったんだね。ストリートを歩いている感じがリアルに伝ってきた。それで、自分もジャズのドラムスをやるんだって思い立ったのさ」

 「でも、家じゃドラムスは買えなかった。だから、持っていたバンジョーのボディを改造してスネアのようなものを作ってね。「ウォーキン・シューズ」をかけながら一日中叩いていたっけ。それからチャーリー・パーカーやジョニー・ドッズやウディ・ハーマンのファースト・ハードのレコードも買った。パーカーを買ってからは、今度は彼と共演だ。そうやっているうちに17、8歳になって、ジャズ・クラブに出入りするようになる。よく行ったのがロンドンの『フラミンゴ・クラブ』。ここでさまざまなミュージシャンを聴いたよ。ローカル・ミュージシャンばかりだけど、みな素敵だった。ジャズ・ドラマーになりたい気持ちを行くたびに強くしたものさ」

 「当時のイギリスでは、モダン・ジャズよりトラディショナル・ジャズに人気があってね。わたしもパーカーやマリガンを聴く一方で、ルイ・アームストロングやシドニー・ベシェやホット・リップス・ペイジやビックス・バイダーベックが好きだった。ルイのホット・ファイブとホット・セヴンを初めて聴いたときはびっくりした。何て言えばいいかな、とにかく感動の種類が違った。でも、大きくなるにつれてモダン・ジャズにのめり込んでいった。MJQなんかすごく好きなグループだったよ。ミルト・ジャクソンのソウルフルなプレイ──あれは最高だ。あとはエリック・ドルフィー。彼のユニークなサウンドは衝撃的だった。それまでの考えかたが変わってしまうほど感じるものがあった」

 「ティーンのころに一番影響を受けたのはバディ・リッチ。彼はビッグ・バンドにもスモール・コンボにもフィットできる数少ないドラマーだ。それからアート・テイラー。本当は彼らのようにプレイしたかった。けれど自分のスタイルを説明するなら、ルイ・ヘイズやミッキー・ローカーのようなものかな。ローカルなジャズ・バンドに入って叩かせてもらったっけ。でも、それらの多くはディキシーランド・ジャズだったりエディ・コンドン・スタイルだったりした。一方、1960年前後のロンドンではスキッフルが非常に流行っていてね。ジャズとロックとカントリーとブルースと、とにかくそんな音楽がごっちゃになったようなやつさ。アメリカ音楽に憧れた若いロンドンっ子が始めたものだけれど、わたしもいくつかのスキッフル・バンドで演奏していた。1959年にはアレクシス・コーナーのグループに入って、そこで出会ったのがストーンズの連中だった」

 「大きかったのはキースとの出会いだ。彼はシカゴ・ブルースに詳しくてね。《ジャズをやるなら、その前にシカゴ・ブルースを聴け》って言われた。アレクシスのバンドもいつの間にかブルース・バンドになっていたしね。わたしも若いから音楽に対して柔軟だった。だから、シカゴ・ブルースにも耳を傾けるようになったんだ。ストーンズ結成前後っていうのはいろいろな音楽に夢中になっていた。メインはモダン・ジャズだったけれど、ファッツ・ウォーラーなんかもよく聴いてたよ。彼のグループにいたスティックス・ジョーンズはほとんどのひとが注目していないけれど、リズム・ドラマーとしては最高だと信じている。本当の意味でバーチュオーゾと呼べるひとなんだ」

 「バディ・リッチのようなドラマーに最初はなりたかった。けれど、トニー・ウィリアムスを聴いてからは彼一辺倒になった。ケニー・クラークやビリー・ヒギンズのコピーもした。このふたりはシンバルの使いかたが最高なんだ。でも、トニーを聴いたらもう彼しかいなくなった。バディ・リッチも、目のあたりにすれば口では言えないほど凄いドラマーだ。けれどトニーの魅力にはかなわない。エルヴィン・ジョーンズをもっとモダンにして、ビートをさらに複雑にしたドラミング──あれは革新的だった。最初に彼を観たのは1963年か64年かな。マイルスのバンドに入ってロンドンに来たときだ。トニーは多分18歳か19歳だった。ガーンときたよ。やられたなって感じだ。年下にこれだけ叩かれたら堪らない──そんな気持ちがしたことを覚えている。以来、トニー・ウィリアムスが最高のドラマーになった。彼がラリー・ヤングとジョン・マクラフリンの3人で結成したライフタイムはいまでも最高のバンドだと思っている」

 このインタビューを読めば、チャーリー・ワッツがどれほどジャズにのめり込んでいるかがわかると思います。次から次へと飛び出してくるミュージシャンの名前を耳にして、ぼくはぞくぞくする気分を味わっていました。次回はもっとマニアックな話になります。
[PR]
by jazz_ogawa | 2006-01-11 23:19 | 愛しのJazz Man | Trackback(1) | Comments(17)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/2449942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from いいタイトルが決まらない.. at 2006-01-12 03:38
タイトル : 「チャーリー・ワッツ・インタビュー(前編)」を読んでみる
Excite Blogのトップページ(エキサイトブログセレクション 更新情報)に 大好きな懐かしい名前が!! 最近はブラック系の音楽しか聞けない耳になってしまったので、今はロックはほとんど聴かなくなってしまいましたが、昔二人の親友の影響でローリングストーンズに一時期はまってました。東京ドームのライブも一度観に行きました。 ストーンズといえばギタリストのキース・リチャーズが大人気で、もちろん僕も好きなのですが、一番好きなメンバーは服装はいつもお洒落でジャズ志向の高いドラマー、チャーリー・ワ...... more
Commented by forcek at 2006-01-12 02:08 x
クゥーたまらないですね小川さん、ワッツの話はまるで自分がココロの中で聴いてきたJAZZのヒストリーの中の一遍でもありますねー(少し俺とは違うけど笑)、俺の中ではボスティックはメガネ面のチープなジャケットだったり、マリガンのどこまでも男前なナイト・ライツな感じやチコ・ハミルトンのインコゴニートのジャケットにもカバーされたけどもっとインナー・スペース的な感じだったりトニー・ウィリアムスは確かにマイルスの前に現われた天才的な少年でバディ・リッチは当時のスカパラじゃないけどグルービーで、でも本物はエルビンだなーって思いつつビックスのアル中ぶり等も好きで(見たことありませんが笑)ミルト・ジャクソンのアッシーでファンキーな感覚やファッツ・ウォーラーのエンターティメント性もLikeだったり、だいたいは俺もCDで聴いていますが、ワッツのJAZZ好きぶりに感心させられました、すいません小川さんまた多少(いつも笑)酔ってますが俺のブログに小川さんの話をさせてもらいました<(_ _)>また後編楽しみにしてますー。
Commented by puftaddy at 2006-01-12 03:58 x
昔ストーンズファンだったのでトラックバックさせていただきました。
さほどJazzに詳しくない僕にとっては、今回の前半戦で既に超マニアックなお話しに聞こえています(滝汗)
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-12 10:57
puftaddyさん、トラックバックありがとうございます。
チャーリー・ワッツの後編は、明日にでもアップしますのでよろしく。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-12 10:59
forcekさん、ここに書いている話はいくらでも引用してください。
チャーリー・ワッツって本当にジャズ・ファンなんですよね。そのことが少しでも伝わっていればいいのですが。
Commented by じゅば at 2006-01-12 18:22 x
チャーリーワッツがこんなにジャズ好きだなんてほんとにびっくりです!
ストーンズは一番新しいのしか持っていませんが、CDを聴いてる限りジャズ好きのドラマーだなんて全く想像もつきません。ロックだから当たり前ですが…。
あんなにすごいロックバンドのドラマーがジャズファンだなんて、不思議な感じがします。
ストーンズの他のメンバーもジャズを聴くんでしょうか?ちょっと気になります。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-12 19:13
じゅばさん、チャーリー・ワッツは生粋のジャズ・ファン、それも相当な通でした。ほかのメンバーはどうなんでしょうね? ストーンズのレコーディングにはソニー・ロリンズやウエイン・ショーターも入っていますし、ミックは興味が少しはあるみたいですが。
Commented by puftaddy at 2006-01-12 20:26 x
>じゅばさん
R.ストーンズのルーツは元々ブルース、R&B、ソウル、Jazzなどの黒人音楽でした。初期のアルバムではR&Bの名曲のカバー曲が入ってたりします。そして、もちろんミックもキースもジャズは好んで聴いてますよ~。ロン・ウッドはどうだったかなぁ?
Commented by hilaling at 2006-01-13 04:31
ストーンズとしてのインタビューで、こんな情熱を語っているモノは無いのでは? キースからブルースを教えてもらったなんて・・・。ミックとキースはブライアン・ジョーンズからブルースのレコードを借りてのめり込んだとインタビューで読んだ記憶があります。でもキースってのが面白いですね。後半も楽しみです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-13 08:52
hilalingさん、コメントありがとうございます。後編は今晩アップする予定です。
Commented at 2006-01-14 01:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Lynnbvf at 2006-09-29 16:06 x
Hey! http://rik.tag-host.com/abefwdarqrsbfbad/ http://diazepam33.kostenloses-forum.tk/ diazepam http://markrx.foren-max.de/ ambien
Commented by Takagi at 2008-04-11 22:51 x
はじめまして。こんにちは。
質問があります。回答願えれば幸いです。
「ファッツ・ウォーラーのグループにいたスティックス・ジョーンズ」というのは、Slick Jones のことでしょうか? それとも、やっぱり別人でしょうか?
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-12 20:39
Takagiさん、はじめまして。
スティックス・ジョーンズというひとのことはわかりません。スリック・ジョーンズの間違れませんが、チャーリー・ワッツはそう話していました。
Commented at 2008-11-03 16:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_ogawa at 2008-11-04 00:56
Tさんいろいろありがとうございます。Tさんのこのコメント、非公開にしなくてもいいと思うのですが、間違えて非公開にしちゃったのでしょうか?
Commented by 高橋 at 2008-11-04 06:03 x
小川さん お疲れさまでした。チャーリー・ワッツのこと1日のストーンズの写真をきっかけに知ったのです、調べたらこのインタビュ-記事があってびっくりして間違って非公開にしてしまいすみません。ワッツは他のメンバーとは違う大人しい雰囲気で逆に存在感が感じられ引きつけられましたがこれを読んでやはりと思いました。こちらこそ参考になりありがとうございました。
Commented by jazz_ogawa at 2008-11-04 07:18
高橋さん、チャーリー・ワッツは穏やかなひとですが、一所懸命に話してくれて、ぼくもとてもいい経験をさせてもらいました。
<< 2006-01-13 チャーリ... 2006-01-08 ジャズお... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム