小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-01-13 チャーリー・ワッツ・インタビュー(後編)
2006-01-13 チャーリー・ワッツ・インタビュー(後編)
 先日に続いてチャーリー・ワッツ・インタビューの後編です。今回も彼のジャズ・マニアぶりがうかがえる内容だと思います。

e0021965_2254256.jpg 「フェイバリット・アルバムの筆頭は何と言ってもトニー・ウィリアムスのライフタイムが最初に発表した『エマージェンシー』(ポリドール)。あの作品からはドラマーとして大きな影響を受けている。あと好きなドラマーをこれまでに挙げたひと以外で言うなら、アート・ブレイキーだね。彼のリーダーシップには恐れいる。しかも彼のスタイルはこの40年くらいほとんど変わっていない。それにもかかわらず、いまもってプレイが新鮮なんだから驚きだ。何と言ったかな? ブレイキーが日本のドラマーと共演したレコードがあったね。2年前にロンドンでそのアルバム(ジョージ川口との『キラー・ジョー』)を聴いたけれど、あれも印象に残っている。ブレイキーのいいところは、聴いたひとすべてを魅了してしまう点だ。ハンク・モブレーがいたころのジャズ・メッセンジャーズが個人的には好きだけれど、どの時代の作品も傾聴に値するんじゃないかな。マイルスと同じなんだ。若いひとを育てるのと、常にジャズのトップ・ミュージシャンでいるということにおいて、ブレイキーはね」

 「ウイントンにしたってブランフォードにしたって、実質的にはブレイキーのバンドから出てきたわけだし、長いこと若い才能を育ててきた彼の活動には敬服してしまう。話はちょっと飛ぶけれど、この間聴いたエルヴィン・ジョーンズのバンドにいた若いトランペッター(ニコラス・ペイトンと思われる)も凄かった。名前は忘れてしまったが、とにかくアメイジング。彼らのようなヴェテランが若手を育てていることは何て素晴らしい現実だろう」

e0021965_22563498.jpg 「好きな作品は沢山あって挙げるのが難しい。思いつくままに言えば、マイルスの『フォア・アンド・モア』(ソニー)、パーカーの『スウェディッシュ・シュナップス』(ヴァーヴ)、アート・ペッパーの『ミーツ・ザ・リズム・セクション』(コンテンポラリー)、ベニー・グッドマンの『カーネギー・ホール・コンサート』(ソニー)、ミンガスの『プレイズ・ピアノ』(インパルス)、それから彼がパーカーやバド・パウエルなんかとやった『ライヴ・アット・マッセイ・ホール』(デビュー)。これはジャズの歴史的な傑作だ。とにかくきりがない」

 「あと、好きなドラマーはエド・ブラックウェル、メル・ルイス、シェリー・マン、ダニー・リッチモンド。何て言うかな、ハートに感じればスタイルに関係なく好きになってしまう。ドラマー以外ならチェット・ベイカーもいい。1950年代のウエスト・コースト・ジャズっていうのはムードがあるからね。中でもベイカーは素晴らしい。彼はワン・ノートでチェット・ベイカーだとわかるサウンドを持っていた。マイルスもそうだし、ベン・ウェブスターもそうだった。非常にオリジナリティのあるミュージシャンということだ。『スケッチ・オブ・スペイン』(ソニー)なんかマイルスそのもののサウンドに満ちている。そうそう、日本ではベイカーのパシフィック時代の作品がCDになっているね。イギリスやアメリカじゃまだCD化されていない作品が沢山あるから早速レコード・ショップへ行ってチェックしなくちゃ」

「ビル・エヴァンスも好きなミュージシャンのひとりでね。以前、『シェリーズ・マン・ホール』に出演している彼を聴きに行ったことがある。結局、3セット全部聴いてしまったよ。本当にあのときの演奏は素晴らしかった。彼に話かけようと思ったけれど、気遅れしてしまったというか、近寄り難い雰囲気があってできなかった。シェリー・マンとはそのときに話せたけれどね」

 「好きなジャズ・クラブ? ニューヨークの『ヴィレッジ・ヴァンガード』かな。ニューヨークに行くたびに月曜はメル・ルイスのオーケストラを聴きに行くんだ。彼がついこの間亡くなったって聴いて本当にびっくりしたけれど、テクニック的なことなんかを随分アドヴァイスしてくれたのがいい思い出だね。あと、いまはなくなってしまったけれど『バードランド』。ここではソニー・ロリンズを初めて聴いている。1964年のことさ。ベン・ライリーがドラムスだった。ロリンズは本当の意味で天才だね」

e0021965_2313957.jpg 「あるときミックに聞かれたんだ。《サックスの音が欲しいけれど誰が一番だい?》ってね。だから最高のサックス奏者ならソニー・ロリンズだって答えた。そうしたら、次にニューヨークでスタジオに入ったらロリンズがいるじゃないか。驚いたよ(『刺青の女』のレコーディング)」

 「オーケストラを結成したのは、ロンドンの『ロニー・スコッツ』に一度でいいから出たかったのが理由だ。ストーンズじゃ出演させてもらえないもの、ジャズ・バンドじゃないからね。だからジャズ・オーケストラを作ったのさ。それからもうひとつ嬉しいことがあった。トロントでのことだ。大きなホールでコンサートが予定されていたんだけれど、あの『マッセイ・ホール』が昔のまま残されていることがわかった。キャパシティは小さいけれど、そこは我が儘を言って『マッセイ・ホール』でコンサートを開かせてもらった。パーカーやパウエルやミンガスが同じステージで演奏したのかと思うと感無量だったね。今度ツアーするなら『ヴィレッジ・ヴァンガード』とかのクラブ巡りもしてみたい。それから絶対日本にも来るからね」

 チャーリー・ワッツとはブルーノート談義でも盛り上がったのですが、それはいつか本に書こうと思っています。そういうわけで、出し惜しみするつもりは毛頭ないのですが、ちょっとご勘弁を。
[PR]
by jazz_ogawa | 2006-01-13 23:56 | 愛しのJazz Man | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/2468336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by forcek at 2006-01-14 01:11 x
小川さん後編もまさに好きなヤツにはたまんないジャズ模様が羅列してますねー(笑)ブレイキーやマイルス等の牽引者をリスペクトしてるとこに彼がジャズの成り行きを真剣に見守っていたことを感じますねー、エド・ブラックウェルは真っ先にドルフィーとリトルのファイブ・スポットを思い出しますが、ワッツが早いパッセージで吹くマイルスの「フォア・アンド・モア」選んだのも逆に新鮮でした、どんな有名ミュージシャンでもきっとハートで感じてるのは地球上で限られたヤツにしかだせないここで言うところの(イヤこの3人しか出せない)マイルス、チェット、ビル・エヴァンスの独特でどこまでもクリアな内的響きに溢れてるとこに憧れるのでしょうねー(俺もホントこの3人は大好きですが笑)。小川さん酒好きで音好きなもんで今回もコメント長くなってすいません<(_ _)>また次回を楽しみにしてます。
Commented at 2006-01-14 11:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by じゅば at 2006-01-14 18:40 x
すごいですね!ほんと、後半ますます面白かったです!
その前に、私はニコラスペイトンがエルヴィンジョーンズのバンドにいたことを知りませんでした…!
ブルーノート談義も聞きたいです。著作楽しみにしてます!
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-15 00:19
forcek さん、じゅばさん、いつもコメントありがとうございます。チャーリー・ワッツには2回インタビューしたんですが、本当にジャズが好きで好きでしょうがないといった感じのひとでした。穏やかな物腰に、このひと、本当にストーンズのドラマーなんだろうか? と何度か思ったりもしました。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-15 00:24
りんごさん、チェット・ベイカーとビル・エヴァンスのCDですが、もうお聴きになっているかもしれませんが、『チェット+1』(女性と一緒に映っている写真のジャケット)と『枯葉』、ビル・エヴァンスなら『ムーンビームス』、『ハウ・マイ・ハート・シングス』あたりをよく聴いています。
Commented by kozo at 2006-01-15 17:37 x
小川さん、こんにちは。
wattsって、本当にJazzが好きなんやなぁ。。。って感じが伝わってきます。インタビュー中も、大好きなJazzの話しに没頭して(盛り上がって?)時間も忘れてしまいそうな、そんな空気も感じました。
「マッセイ・ホール」や「ヴィレッジ・ヴァンガード」でコンサートを開いたときはJazzに憧れて、Jazzドラマーになりたかった頃のまんまの気持ちでステージに立っていたのかな?と想像
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-15 18:46
kozoさん、コメントありがとうございます。
ぼくは恵まれていると思いますが、これまでに楽しいインタビューをいろいろとさせてもらいました。中でもチャーリー・ワッツのインタビューは格別に楽しいもののひとつでした。
Commented by hilaling at 2006-01-17 00:50
チャーリー・ワッツも小川さんとこれだけ無邪気にジャズ談議できた事に充分満足しているのではないでしょうか~?3月にストーンズとして再び来日しますが、お会いする予定などあるのでしょうか?お会いするのであればブログにアップ、是非お願いします。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-17 23:30
hilalingさん、心からジャズが好きなひとと話しているときって本当に楽しいですよね。3月の来日時にもインタビューができたらしたいですね。
<< 2006-01-15 2006... 2006-01-11 チャーリ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム