小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-02-09 ぼくが選ぶ優しいジャズ・ミュージシャン(その2)
 ぼくが接したミュージシャンの中で、本当におひとよしだったのがギル・エヴァンスです。
 「こんなにいいひとが、どうしてこれまで無事にニューヨークで暮らしてこれたんだろうね」
 友人と大分以前にこんな話をしたことがあります。熾烈な競争社会に身を置きながら、ギルは飄々とした生き方をしていました。そんな彼が、ある日、こんなことを言っていました。
 「もしわたしがきちんとギャラとか印税とかを貰っていたら、裕福な生活ができたと思うよ。でも、お金にうるさいことを言っていい生活ができても、いまの幸せは得られていないだろうね」
 50年代から60年代にかけてのことですが、ギルのおひとよしにつけ込んで、ギャラを踏み倒すプロモーターやプロデューサーもいたそうです。たまにレコーディングをしても、レコード会社が倒産したりして、ギャラがもらえなかったなんていう話もしていました。

 こんな話をしてくれたころのギルは(82年)、日本で言えば生活保護みたいなものを受けていました。なにしろ、ほとんど仕事をしていなかったのですから。
 おひとよしではありますが、ギルには完璧主義者のところがあって、自分が納得できない仕事は引き受けません。それでいろいろとコンサートのオファーが来ても、滅多に腰を上げようとしなかったんですね。そんなこんなで、ぼくがニューヨークに住んでいたときに開かれたコンサートは、「パブリック・シアター」での1回だけです。
 その後、ぼくが帰国する3ヵ月前の83年4月から「スウィート・ベイジル」でのマンデイ・ナイト・ライヴが始まって、晩年のギルはようやく才能に見合う収入を得るようになりました。

e0021965_2315511.jpg その準備に忙しいギルを陣中見舞いに行ったときです。支援者のひとりが提供してくれたワン・ルームのアパートで、床一杯に広げた譜面と彼は格闘していました。ギルの趣味は譜面を書くことと、書き直すことなんですね。このときも、あと1週間で「スウィート・ベイジル」の1回目が始まるのに、まだほどんど準備はできていませんでした。
 それで、いよいよ当日。「スウィート・ベイジル」でのリハーサルに顔を出すと、譜面が用意されておらず、オーケストラの面々を前に、ギルはまだ手直しをしているところでした。
 仕方がないので、オーケストラのバンマス的存在だったルー・ソロフが、ギルの横からいくつかの譜面を取り出して、それでサウンドチェックだけは始めました。これじゃあリハーサルになりません。
 しかも、その音を聴いていたギルが、今度は各メンバーの譜面台を覗きながら、鉛筆でなにやら音符を書き加えていきます。ギルの面目躍如たる姿を目の当たりにした光景でした。
 結局、初日のステージ開始までに、ギルは納得の行く譜面を完成させることができませんでした。休憩時間にも一所懸命になって手直しをしています。そのお陰で、最初のセットと2回目のセットではほぼ同じ曲が演奏されました。
 しろうとのぼくには、どこがどう違うのか、その差がよくわかりません。終わったあとにトランペットで参加していたマーヴィン・ピーターソンに聞いたところ、アンサンブルがかなり違うものになっていたとのことでした。
 このマンデイ・ナイト・ライヴには、飛び入りのミュージシャンが多かったことでもぼくは注目していました。よく登場したのはデヴィッド・サンボーンで、途中から彼はほぼレギュラー・メンバーとなって、最初から席が与えられるようになりました。サンボーンがレギュラー・メンバーとしてギルのオーケストラでもらえるギャラは50ドルです。
 「ほかで仕事をすればひと晩で何百ドルかになる。でもギルのバンドは勉強になるし、彼と一緒にいると気持ちがおおらかになれるんで、お金は関係ない」
 サンボーンはこう言いながら、いつも嬉しそうに演奏していました。

 心優しいギルですが、金銭的には生涯を通して大変だったと思います。割り切って仕事をすれば裕福な生活も可能だったでしょう。しかし、彼は清貧を貫いたのです。ギルは多くのミュージシャンから尊敬されていました。金銭では買えない尊いもの──。ぼくにそれを身を持って示してくれたのがギルです。
 こんなエピソードも話してくれました。あるとき、ギルは生活のためにピアノを手放してしまったのです。するとそれを耳にしたマイルス・デイヴィスが、黙ってピアノをプレゼントしてくれたそうです。それもスタインウェイのグランド・ピアノで、添えられたカードにはこうか書かれていました。
 「これを売ったら承知しないぞ」
[PR]
by jazz_ogawa | 2006-02-09 23:22 | 愛しのJazz Man | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/2713390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by forcek at 2006-02-10 13:25 x
小川さんこれまたギルの話もホントいい話ですねー、俺も彼とはスケールこそ違いますが似たようなところもあるのでよくわかります(笑)、「マーヴィン・ピーターソンに聞いたところ」のマーヴィン・ピーターソンはハンニバルのことですよねーじゃビリー・ハーパーもいたころですかね、しかし最後のマイルスの話はたまんないですねー(ちょっと泣けました)マイルスはギルを信頼してましたもんねー、昔みた映像でよく憶えてるのはマイルスが「ギルのスコアは最高にクールなんだ」と言ってたのを思い出しました。
Commented by カーラ at 2006-02-10 22:33 x
小川さん初めまして。全盛期のスウィート・ベイジルは憧れでした。ギル・エバンスオーケストラがバックだとサンボーンもジョージ・アダムスも迎合せず個性出しまくってますよね、
特にサンボーンって、例の調子でこんなにロングなソロを受け持てるんだ!って(当たり前?)驚いたもんです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-02-10 23:47
forcekさん、そうです、ハンニバルのことです。
次回はマイルスの話で行きましょうか。
Commented by jazz_ogawa at 2006-02-10 23:51
カーラさん、はじめまして。本当に当時の「スウィート・ベイジツ」はよかったですよね。これからもよろしく。
Commented by NetHero at 2006-02-12 03:13 x
小川さん、こんにちわ。
California 在住の私から見れば、Sweet Basil は知らぬ間に出来て知らぬ間に閉店されたと云う印象です。
私は93年6月に一度だけ行ったことがあります。(すみません。いつも古い話が多くって。)
日野てるまさのクインテットが出演していました。
約10年ぶりに仕事で訪れた New York でしたので Jazz を一杯聞こうと思い village Voice で予習し(今ならインターネットですが。)、6月の暑い土曜日の夜、 宿泊先の New Jersey から車で約1時間。
車のパーキングを探すのにまた一苦労。もうそれだけで汗だくです。
で、当時、出来立てホヤホヤとかの Small (本当に small な店でした。)で、ハロルドメーバンがサイドで出ているなんとか言う名前の(名前失念)トランペッターの演奏を2セット。
結局、お目当ての日野グループの演奏には遅刻してしまいました。日野の演奏が終わって夜中の1時、近所の Village Vanguard のラストセットに間に合ったのですが、さすがにフラフラ状態でホテルに戻りました。でもその時出ていた Don Cherryは、その後すぐに亡くなったんですね。
今思えば聴いておくべきでした。(泣)
Commented by jazz_ogawa at 2006-02-12 11:55
NetHeroさん、ジャズ好きの気持ちが伝ってくるコメントありがとうございました。「ジャズはライヴが一番」という思いがありますので、なるべく観に行くようにしています。でも最近は体力的にきつくなりました。これが情けないところですが。
Commented by tokunaga at 2006-02-15 14:41 x
さりげなく書かれておられますが、パブリックシアターのライブといえば
これ↓ですかね?
http://www.pjl.jp/discography/trio/MTCJ2530.html
大学生の頃友人に借りて初めて聴いたギルのCDです。そんな状況の中でのライブだったとは!
Commented by tokunaga at 2006-02-15 14:42 x
おっと自分のURL入れ忘れましたので念のため。
Commented by jazz_ogawa at 2006-02-15 23:10
tokunagaさん、残念ながらそのライヴとは違います。このとき、ぼくはバンドボーイとして働かさせてもらい、それがきっかっけで「スウィート・ベイジル」のマンデイ・ナイト・オーケストラでもギルのお手伝いをさせてもらいました。
Commented at 2009-05-23 09:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_ogawa at 2009-05-23 10:35
非公開コメントのギル・エヴァンス・ファンの方。とりあえず『ギル・エヴァンスの個性と発展』やマイルス・デイヴィスの『スケッチ・オブ・スペイン』あたりをお聴きになったらいかがでしょうか?
<< 2006-02-12 サッカー... 2006-02-06 あの頃のまま >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム