小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-06-11 「木住野佳子ボサノヴァを弾く」その1
 以前からこのブログで何度か紹介してきました「Takao Ogawa Presents・小僧こだわりJAZZ Live vol.1」ですが、昨日原宿の「Blue Jay Way」で無事開催することができました。お集まりいただいた方にはここでお礼を申し上げます。お陰さまで気持ちよく盛り上がったライヴになったと思います。

e0021965_1191955.jpg イヴェントは7時から始まりました。小僧comの藤田社長から簡単なイヴェントの紹介や会社の説明があって、次が問題です。ぼくが20分のトークをしなくてはいけないからです。事前に話す内容を考えていると、そればかりが気になってしまいます。そこで、いつものように出たとこ勝負でステージにのぼってしまいました。
 最初は木住野さんの紹介をさせていただき、この日のテーマであるボサノヴァに話を持っていこうと思いました。でも、それだと20分もたないかもしれません。木住野さんのことを話しているうちにそう考えたんですね。そこで、急遽思いつきでジャズの大まかな歴史についての話に切り替えました。かなりはしょったり、途中で脱線しそうになるのを抑えたりして、60年代まで来ました。ここで、今度はボサノヴァの話をする魂胆です。
 まあまあ自分ではうまく話をつなげられたかなと思ったのですが、これで20分ぐらいになっているんじゃないかと気がつきました。そこでこの続きは次回でと、ちゃっかり9月に予定している2回目の宣伝をして、あとは木住野さんのトリオをステージに呼び上げました。
 ベースの安ヵ川大樹さん、ドラムスのトミー・キャンベルさん、と順に呼び上げたのですが、トミーのところで木住野さんが出てくるという番狂わせ。トイレ中ということで、最後にトミーが出てきたのには、いかにも彼らしくて笑ってしまいました。

e0021965_21293371.jpg 演奏はジョビンの「ウェイヴ」から始まりました。今回のライヴを木住野さんにお願いしたのは、彼女がいつも心地のよい、かつパッションが感じられるプレイを聴かせてくれるからです。彼女の演奏には、情景が感じられるというか、その演奏を通して自分なりのストーリーが思い浮かんだりして、とてもイマジネイティヴなんですね。

 このコンサート・シリーズは、ジャズに興味はあるけれどちょっと敷居が高くてとか、ジャズは難しいんじゃないの? といったかたを対象にしている部分もあります。もちろん熱心なジャズ・ファンのかたにもいらしていただきたいので、どちらにも満足していただける演奏家が条件です。そこで真っ先に思い浮かんだのが木住野さんでした。
 そして「ウェイヴ」を聴いた途端に、自分の選択は間違っていなかったと確信しました。「小僧こだわりJAZZ Live」では大人が寛げる空間を提供したい、とぼくは考えています。その場に相応しい音楽を演奏し、心地よい雰囲気を演出してくださった木住野さんとメンバー、そして彼女のスタッフには最大の感謝をしたいと思います。演奏されたのはこんな曲目です。

【セット・リスト】
1. Wave / A.C.Jobim
2. Red Blouse / A.C.Jobim
3. Nostalsia / 木住野佳子
4. UkiUki / 木住野佳子
5. Come Together / Beatles
6. Waltz For Debby / Bill Evans
7. Con Passione / 木住野佳子

e0021965_1112244.jpg 先月発売されたボサノヴァ集の『bossa nostalsia』と、以前に発売されたもう1枚のボサノヴァ集『シエスタ』からの選曲が中心です。ぼくが描いていたとおりの構成で、これまた納得の内容でした。
 帰りがけに声をかけてくださったかたたちからも口々によかったと仰っていただけましたし、集計したアンケートでも「大変よかった」と「よかった」ばかりだったので、お世辞もあるでしょうが、ひとまず胸をほっと撫で下ろしました。
 1時間ほどのステージはまたたく間に終り、このあとは木住野さんとのトーク、そしてあっと驚くサプライズ・ゲストの登場、さらにはアンコール演奏と続いて、「小僧こだわりJAZZ Live vol.1」は予定した9時ごろに無事終演しました。
 長くなりましたので、後半部分は次回に報告させていただきます。
[PR]
by jazz_ogawa | 2006-06-11 11:21 | Works | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/3609105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuriko at 2006-06-11 12:55 x
素敵な会だったようですね~♪う~残念ですぅ
お友達が何人か行ったので、うらやましかったです。次回は、9月。楽しみにしています♪
Commented by じゅば at 2006-06-11 19:03 x
小川さん、出たとこ勝負でステージにあがるなんて、トークもジャズ?みたいですね!その場でうまく話しをまとめられるなんてさすがです。
ところで、come togetherのボッサバージョン??聴いてみたい…
Commented by forcek at 2006-06-11 19:44 x
小川さん、おつかれさまでした、1回目のご成功おめでとうございます。昔ミュージシャンの経験もある小川さんですから、計算しすぎると面白くないことは脳や体が自然と反応するのでしょうね(笑)それと小川さんと木住野さんは若干雰囲気が似てるように感じるのは俺だけかなー(笑)、しかし小川さん白いジャケットがなんとも心も表すようでイイっねー。
Commented by jazz_ogawa at 2006-06-11 23:19
yurikoさん、じゅばさん、forcekさん、どうもありがとうございます。まとめての返事でごめんなさい。
ぼくの出来はどうだったかわかりませんが、イヴェント自体は大成功だったと思います。後半の部分は明日にでもアップします。そちらも楽しみにしていてください。
<< 2006-06-13 「木住野... 2006-06-07 こんなC... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム