小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-06-13 「木住野佳子ボサノヴァを弾く」その2
e0021965_2232303.jpg 今回は後半のトーク部分から紹介します。木住野さんのライヴが終わって、ここからは彼女とのトーク・タイムで、ステージにふたつの椅子が並べられました。これまた打ち合わせをほとんどしていません。最初に互いのボサノヴァ感みたいなものを話したところで、木住野さんが絶妙な質問をしてくれました。
 「小川さんはジャズを聴くきっかけがボサノヴァだったんですね」
 この質問から話は弾んでいきます。ぼくは中学2年のときに偶然『ゲッツ=ジルベルト』を聴き、それからボサノヴァに興味を持ちました。その先にあったのがジャズだったことからジャズ・ファンになったんですね。そんな話をしていたら、今度はこんな質問をされました。
 「それで小川さんはドクターでもあるんですよね」
 木住野さんはなんて優しいひとなんでしょう。本来ならぼくが木住野さんから話を引き出さなくてはいけないのに、反対にインタビューされている状態です。ここでもひとくさり自分の話をしてしまったので、今度こそ木住野さんの話を聞こうと思い、話ながらそのタイミングを図っていました。
 すると、なぜか会場から笑い声があがったんですね。最初は気づかなかったのですが、ぼくの背後に藤田社長が立っていました。実は、この日はふたりのサプライズ・ゲストがいらしていたんです。このまま話が続くと、彼らを紹介する時間がなくなってしまうと判断したのでしょう。
 ぼくもそのことはわかっていたんですが、時間的にまだ大丈夫と考えていました。ところが話は弾み、思わぬ時間が過ぎていたのですね。
e0021965_22253691.jpg そこでわれに帰ったぼくは、会場後方にいたジョージ・ムラーツさんを紹介しました。彼はオスカー・ピーターソンをはじめ、多くの一流ミュージシャンと共演してきたチェコ出身の世界的なジャズ・ベーシストです。今回はヘレン・メルリの伴奏で来日していました。木住野さんとは、彼女がプラハでレコーディングした『プラハ』のお膳立てをすべてしてくれた関係です。もちろんレコーディングでも素晴らしいベースを弾いています。
 この日はサウンド・チェックのときから来ていました。ですから、本番が始まったら途中で帰ってしまうのではと思っていたのです。ところが終わったあともしばらく会場にいて、ぼくたちと歓談してから帰っていきました。楽しい時間が過ごせていたとしたら、こちらも嬉しいのですが。

 さて、もうひとりのサプライズ・ゲストは小僧comの取締役である平松庚三さんです。この名前、いまでは知らないひとはほとんどいないと思います。今週は例の会社の株主総会が開かれますから、再び新聞紙上を賑わせるかと思います。
 そもそも小僧comは、「人生の後半戦を楽しもうよ」との考えから平松さんが始めた会社です。それが、急遽例の会社の社長に推挙されたため、目の回るような忙しい日々を過ごすはめになりました。そこで、小僧comの運営は他に任せて、今回のイヴェントも開催されたというのがいきさつです。
 しかし仕事人間である平松さんは、大変な遊び人間でもあります。この日も、朝からハーレー・ダヴィッドソンのツーリングで富士山のほうまで行き、そのまま会場に駆けつけてくれました。
 木住野さんはそのことを知らされておらず、自分の背中のほうかときどき歓声をあげるライダーズ・ジャケットを着た怪しげなおっさんがいると勘違いし、「どうしよう」と思いながらピアノを弾いていたそうです。
e0021965_22455458.jpg
 その平松さんにも舞台に上がっていただき、しばらくは3人でトークをしました。はたからみれば、株主総会を控えて目の回るほど忙しい時期だと思います。しかし、忙しいのは構わないけれど、忙しいだけではいけないと平松さんは言います。こういう時間を過ごしてリセットしなければいい仕事はできない、という意見はまさに仰せのとおりだと思いました。
 でも、遊ぶことも、努力をしないとできないのがぼくたちの世代かもしれません。努力して遊べというんじゃなくて、遊びの時間をつくるのには工夫(努力)が必要ということです。自分のことを振り返っても、遊ぶのは得意だった世代と思いますから。
 ぼくも二足のわらじを履いているので、時間のやりくりが大変です。でも、そのやりくりに考えをめぐらすことも楽しさに繋がっています。
 平松さんとお話をして、仕事のスケールはまったく違いますが、同じような考えで人生を過ごしてきたかただと感じました。ライヴ終了後も、平松さんはきちんといろいろなかたにご挨拶をされて、決して忙しそうなそぶりは見せません。それでも、その後はハーレーを駆って会社に戻っていったそうです。スイッチの切り替えの巧みさに、人生の極意を見せつけられたように思いました。

 会場もそろそろクローズの準備に入りました。その後は、木住野さんのトリオと関係者、そしてスタッフ全員が集まり近くのイタリアン・レストランで打ち上げをしました。ぼくの経験からいうと、こういう会で全員が揃うことはまずありません。とくに、ミュージシャン・サイドの全員が集まってくれたことをとても嬉しく思いました。

 次のイヴェントは24日の「ONGAKUゼミナール」です。昨日はがっくりきましたが、それまではサッカーのW杯を見ながら、本の執筆にいそしもうと思っています。
 あと、8月12日にもうひとつトーク・イヴェントが決まりました。5月に銀座のバー「BAR Le sept」で「JAZZ探訪」を行なったのですが、その2回目です。詳細が決まりましたら紹介しますので、よろしければいらしてください。
[PR]
by jazz_ogawa | 2006-06-13 22:48 | Works | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/3626636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by forcek at 2006-06-14 12:36 x
小川さん、なるほど小僧comって平松庚三さんが作った会社なんですねー今は大変でしょうけどね(笑)普段の感じはとても気さくそうな人ですね(チョイ悪オヤジ風でハーレーが好感もてますねー笑)しかしジョージ・ムラーツが来てたんですか(驚)ペデルセン亡き後、ヨーロッパのベースと言えばこの人ですもんねー。
Commented by hyuma at 2006-06-14 22:04 x
行く予定だったのですが、体調崩し残念です。 平松さんとは某カード会社勤務時代にご一緒して以来お付き合いさせていただいており、彼のあくなき好奇心とパワフルさにはいつも頭が下がります。
Commented by jazz_ogawa at 2006-06-14 23:26
forcekさん、お陰でジョージ・ムラーツとはライヴが始まる前とあとにいろいろ話をすることができました。飛び入りをお願いしたのですが、譜面用の眼鏡を持ってこなかったということで、木住野さんとの共演は残念ながら実現しませんでした。
Commented by jazz_ogawa at 2006-06-14 23:30
hyumaさん、体調は回復したのでしょうか? 次回は9月にTOKUを迎えて開催します。詳細はwww.kozocom.comまで。もしチャンスがあればいらしてください。
Commented by miki3998 at 2006-06-15 23:43 x
やはり平松さんて彼だったのですね。実は私は日吉に住んでいた頃、平松さんの奥様とお友達でした。ご自宅へも伺ったことがありますが、今でも素敵なクリスマスカードをいただきます。ご主人様ってとてもチャーミングな面をお持ちですよね。伺いたかったなあ、ぜひ次回は・・・。
Commented by jazz_ogawa at 2006-06-16 00:49
miki3998さん、コメントありがとうございます。そうなんですか、世間は狭いですね。今後もこのイヴェントには、時間が許せば平松さんもいらしてくれると思います。次回、チャンスがあればぜひどうぞ。
<< 2006-06-16 『サンタ... 2006-06-11 「木住野... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム