小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-06-21 WEBでの連載2本がスタートしました
 以前からこのブログでお知らせしていました日経BPのウェッブ・マガジン『セカンド・ステージ』でのディスク紹介(「永遠のジャズ!」)が、先週からスタートしました。長期の連載予定で、さし当たって2回目は2週間後にアップされることが決まっています。その後は毎週か2週間ごとの更新になりますが、まだどちらになるかは未定です。
 これはソニーミュージックの通販部門であるCD Clubとのタイアップなので、いってみれば宣伝というか、そこからCD Clubで扱っているCDを買ってくださいということなんでしょう。ぼくとしては、それとは関係なくこのページでさまざまなアーティストとの交遊録を書いていきたいと思っています。
 左側にある「大人スタイル」のバナーをクリックしていただければ、そのページに飛びます。

 そしてもう1本が小僧comのWEBマガジンでの連載です。こちらは当ブログで不定期に書いてきました「愛しのJazz Man」をそちらに移行させたものになります。今後の「愛しのJazz Man」も、左にある「小僧com」のバナーをクリックしていただければ、そのページに直接つながりますのでお読みいただけます。こちらは毎週更新する予定です。

 どちらも同じような趣向の読みものです。内容は重ならないようにしようと思っていますが、いい加減な性格なので、たまにはどちらかで書いたような話が出てくるかもしれません。そこは愛嬌と思って許してください。もっともしばらくは、さすがに何を書いたか覚えているでしょうから、それぞれで違う話を書いていくと思いますが。

 それにしても、いまや団塊世代ビジネスが花盛りなんですね。ぼくもその世代ですから、ちょうど仕事を頼むのに手ごろなんでしょう。ぼくには、前にも書いたと思いますが(この程度のことはまだ忘れていません)、二面性があるんですね。年齢をすごーく意識するときと、まったく忘れているときとがあります。
 こういう仕事を頼まれると、「そうか、ぼくも団塊世代だったんだ」とか、体の調子が悪くなれば、「年だからね」などと思います。ところがたいていの場合は年齢のことを忘れています。幼いというか、成長していないというか。
 これは、多分に医者という職業が関係していると思います。大学を卒業して、そのまま大学病院の医局に入ったわけですが、医局でも大学の先輩・後輩の関係がずっと続いていました。医局をやめてからも、務めているのが医局の先輩や後輩が開業しているクリニックですから、いまだに学生気分を引きずっているような状態です。
 これがいいのか悪いのかわかりません。世間知らずのまま、温室育ちでここまで来てしまいました。有難いことに、ぼくの周りにいるひとたちはみなさんとても親切です。ですから、これまでの人生であまり嫌な思いをしたことはありません。
 なんだかWEBマガジンの話が妙な方向に来てしまいましたので、今日はこのくらいにしておきましょう。
[PR]
by jazz_ogawa | 2006-06-21 23:39 | Works | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/3676768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by .Double Fantasy at 2006-06-22 02:40 x
こんばんは。やはりマイルスですね。そして20年前の小川さんを拝見して、思わずニコッとしてしまいました。かっこ良すぎ(今も)です。ふふ。何となくジャスって素敵!位の感じの私は、みなさまのマニアックなお話についていけず、いつも、はぁ~、っと溜息まじり羨望の眼差しでこのページを見ています。小川さんのベスト・オブ・ジャズ・ピアノを見て、モンクのCDから、2,3枚づつ集め始めて聞いていくうちに、段々、おっ、これはエロル・ガーナーだ!とか、ラジコン好きのケニーだ!とか、何となくわかってきました。それぞれエピソードが微笑ましくて、とても親しみを感じます。こんな本に巡りあえて、また小川さんのお人柄に引き寄せられて、まだまだ聞いてみたい音楽が沢山です。これからも楽しみにしています。
Commented by jazz_ogawa at 2006-06-22 07:52
.Double Fantasyさん、お久しぶりです。コメントを拝見すると、少しずつジャズにはまってきているようですね。ジャズって幅が広いですし、いろいろなタイプがありますから、引っかかるものがあれば、そこから広げていくのが楽しいかもしれませんね。ぼくもそうやってきました。
Commented by forcek at 2006-06-22 13:38 x
小川さん、こちらこそいつもココロの潤滑油をありがとうございます(笑)でもその二面性があるからこそ「医者と音楽」が小川さんにベスト・マッチしているのだと思います。医者という仕事はこの世の中で、もっとも人に必要とされる仕事の一つですし、それに音楽評論家としての側面では、あんなにもたくさんの、そして一癖も二癖もあるような(笑)偉大なアーティスト達と対話し愛されるのは、小川さん自身の「ハートがGOOD」だからなんですー(笑)年齢のことを忘れて(男はみんなそういった一面があると思いますが)子供の時から聴いてる、大好きな音楽への想いや情熱が、小川さんからは純粋に伝わってきます。逆に周りにいる人達は、小川さんの人間性に魅せられて引きつけられているのだと思いますよ、そんな俺もその一人ですが(笑)小川さんまた誉めすぎですかー(笑)いつも生意気言わせてもらってホントすいません。
Commented by jazz_ogawa at 2006-06-22 14:57
forcekさん、たしかに褒めすぎですよ。でも、有難いお言葉だと思います。そう書いていただくとなんだか凄いひとのように見えちゃいますが、所詮たいした人間じゃありません。好きなことをやっているだけですから。でもそれができるってこと自体幸せなんですね。forcekさんも含めて、みなさんに感謝しています。
Commented by jjj♪ at 2006-06-23 09:19 x
小川さん、いっぱい宣伝してね(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-06-23 10:27
jjjさん、考えてみればソニー関連の仕事が多いですね(笑)
Commented by cyubaki3 at 2006-06-23 12:53 x
はじめまして。
ジャズと関係ない話で申しわけないですが
私は今ビートルズ(ソロも含む)のCDをせっせと買い揃えています。
LPはほとんど全て持ってるのですが、プレイヤーが壊れて聴けないので。慣れ親しんだ曲もCDで聴くとまた違った感じがして新鮮です。
ところで小川さんはビートルズのコレクターでもあるんですよね。以前「音の書斎」というMOOKでそのことを知りました。
ではまた。
Commented by jazz_ogawa at 2006-06-24 01:11
cyubaki3さん、コメントありがとうございます。「音の書斎」とは懐かしいですね。世の中、凄いコレクターがいろいろいらっしゃるものだと感心したり感激したりしましたね。
これからもよろしく。
<< 2006-06-25 「メンフ... 2006-06-18 小沼よう... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム