小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-07-10 マイ・コレクション~ブッチャー・カヴァー
 たまにはぼくのコレクションも紹介しましょう。今回はビートルズの珍しいレコードから。これはアメリカ盤で、《ブッチャー・カヴァー》と呼ばれているものです。

 ビートルズのレコードは、初期のころは各国で内容の違うものが発売されていました。とくにアメリカでは、イギリス盤より曲目を少し減らして、それで稼いだ分にシングル盤のみで発売された曲を合わせて、イギリスでは出ていないアルバムを何枚か作っています。
 1966年6月にアメリカのキャピトルから発売された『YESTERDAY…AND TODAY』もそんなアルバムのひとつです。このような内容でした

e0021965_23125174.jpg【Side A】
1. Drive My Car
2. I'm Only Sleeping
3. Nowhere Man
4. Dr. Robert
5. Yesterday
6. Act Naturally

【Side B】
1. And Your Bird Can Sing
2. If I Needed Someone
3. We Can Work It Out
4. What Goes On
5. Day Tripper

 収録されたのは、このひとつ前に発売されたアメリカ盤『ラバー・ソウル』で漏れた4曲(A①③、B②④)、シングルで発売済の4曲(A⑤⑥、B③⑤)、次回作『リヴォルバー』からの3曲(A②④、B①)というものです。
 アルバムのジャケットには、《ブッチャー・カヴァー》と呼ばれる写真が用いられる予定でした。ビートルズの4人が白衣を着て、解体された肉を膝に乗せ、4人が残酷そうな笑みを浮かべている写真は、ひと目見ただけで十分に問題になりそうでしょう? 一緒に写っているばらばらになった人形は胎児を連想させますし。
 下のジャケットがモノラル盤です。
e0021965_23144060.jpg

 アメリカのみで発売された編集盤ですが、ジャケット写真はイギリスでリリースされたシングル盤「ペイパーバック・ライター/レイン」にも使われる予定でした(のちに写真は変更されます)。そのジャケットを、発売元の英EMIは『ニュー・ミュージカル・エキスプレス』誌の広告に使っています。また『ディスク・アンド・ミュージック・エコー』紙の一面にも別ヴァージョンのカラー写真が掲載されました。
 ところがあまりにもこれらの評判が悪かったため、ビートルズのイメージを大きく損なう恐れがあると判断したEMIは、キャピトルに写真の使用禁止を通達します。こうして発売寸前に、その写真をジャケットに用いたレコードがは回収されることになりました。

 ここからが本題です。回収は決定したものの、新しいジャケットが間に合わないんですね。そこで急場のしのぎとして、初回出荷分には《ブッチャー・カヴァー》の上に新しいスリックを貼りつけたレコードが売り出されました。
 また一部ですが、通知が間に合わず、《ブッチャー・カヴァー》のまま出荷されたものもありました。こうして《ブッチャー・カヴァー》はビートルズのキャピトル盤における最大のコレクターズ・アイテムになったのです。
 もっとも高値で取り引きされているのは、《ブッチャー・カヴァー》のままで売られた《ファースト・ステート》と呼ばれるオリジナル盤です。
 次が《ペイスト・オーヴァー》で、こちらはスリックが《ブッチャー・カヴァー》の上に貼られた状態(PASTE-OVER)のジャケットを意味しています。新しいジャケットは白地に4人が映った《トランク・カヴァー》と呼ばれるものです(曲目の右側に掲載したデザイン)。白地の右はし中央付近(「Today」の文字の下)に《ブッチャー・カヴァー》に写ったリンゴの頭が透けて見えれば、それが《ペイスト・オヴァー》です。
 そしてもうひとつ、《ピールド・カヴァー》と呼ばれるものがあります。こちらはそのスリックを剥がして(PEELED)、《ブッチャー・カヴァー》を露出させたものをいいます。下に《ブッチャー・カヴァー》が隠されていれば、剥がしてみたくなりますよね。
 しかしこれがやっかいで、粘着力の強い糊が使われていたため、なかなか綺麗に剥がせません。そのため、途中で破けてしまったものや、《ブッチャー・カヴァー》まで一緒に剥がしてしまったものなど、程度の悪い《ピールド・カヴァー》が残されることになりました。
 ぼくが持っているのは、《ピールド・カヴァー》です。どちらもまあまあの状態で剥がされています。上のジャケットを見て下さい。右上の一部が白くなっているのは、一緒に剥がれてしまったためです。それでも、これは綺麗な部類に入るでしょう。
 当時はステレオ盤とモノラル盤の両方が発売されています。珍しいのはステレオ盤です。《ブッチャー・カヴァー》自体、程度がいいのは滅多に出回りません。出回ったとしても大半がモノラルで、ステレオ盤は入手が非常に困難だと思います。
 これがそのステレオ盤で、こちらはモノラル盤よりコンディションが良好です。
e0021965_23202022.jpg


 違いは上部に「NEW IMPROVED FULL DIMENSIONAL STEREO」と書かれていることです。

 これらのレコードはニューヨークの中古盤屋で見つけました。どちらも10年ほど前のことですが、相場より相当安い値段で手に入れることができました。オークションなどでは何度か出ていましたが、売りに出されたステレオ盤の実物をこの目で見たのはこれが最初で最後です。
 ほしいレコードは見つけたときに買う。これが鉄則です。いまにしてみれば、そのことを守ってよかたなぁと思っています。
[PR]
by jazz_ogawa | 2006-07-10 23:42 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/3791224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Reiko at 2006-07-11 00:20 x
はじめまして。
ビートルズ・コレクションをブログ形式でアップしています。
ビートルズのレコード盤まだまだわからないこと多いわたしです。

ブッチャー・カヴァーの詳しいこと知らなかったので、
とても参考なりました。なんかうれしいです。

ブッチャー・カヴァーのモノとステレオ凄いです。
わたしには、あこがれの盤です。

これからも、拝見させていただきます。
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-11 00:39
Reikoさん、ブログ拝見しました。かなりのマニアとお見受けしました。今後ともよろしく。
Commented by forcek at 2006-07-11 13:16 x
小川さん、確かにこの「ブッチャー・カヴァー」は一目見ただけで忘れられないですよねー(どうしても俺はアブドーラザ・ブッチャーを思い出してしまいますー笑)これってカメラマンのロバート・ウィタカーのアイディアだったんですかー、ジョン・レノンだけがノリノリだったと言われてますが、前に紙ジャケCDでも出てましたよねー。「ペイパーバック・ライター/レイン」もこれの予定だったんですかー、イメージがガラーっと変わってましたね(笑)小川さん「ファースト・ステート」や「ペイスト・オーヴァー」等小川さんのハンパじゃないコレクター道は一生邁進しつづけるんでしょうね(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-11 14:29
forcekさん、「ファースト・ステート」や「ペイスト・オーヴァー」は死ぬまでに一度は手にしてみたいですよね。でも、現物にお目にかかれるチャンスがないし、あったとしても目玉が飛び出るように高いだろうし。その悩みがコレクターにとっては、また楽しいんですけどね。ちょっと自虐的ですが(笑)。
<< 2006-07-14 マイ・コ... 2006-07-07 『南佳孝... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム