小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-07-14 マイ・コレクション~『アビー・ロード』
e0021965_0353670.jpg
 このところひたすら本業と原稿書きに時間を割いているため、それ以外のことは何もしていません。昨日は河出書房新社から来月発刊される『ジャズマンが愛する不朽のJAZZ名盤100』の再校を読み終わって、編集者にわたしました。これで、あとは青焼きをチェックするだけで、この本はおしまいです。やれやれ、といったところですね。
 あとは11月に発刊される『ジャズ・スタンダード大辞典』(全音楽譜出版社)の曲解説を今月中に書き終えることにしているんですが、これがなかなか進みません。850曲のうち残すは100曲弱のところまで来ています。『ジャズマン~』がひと段落したら、こちらに集中するつもりでした。
 ところがここに来て、ライナーノーツを7本くらい頼まれてしまいました。それがすべて締め切りまで数日しかないという超特急のリクエストです。頼まれたら絶対に断らないのがモットーなので、当然引き受けて、それをいま必死で書いているところです。というわけで、またまた『大辞典』は棚上げになっています。ヘヴィメタ嬢、すまん!
e0021965_0362524.jpg
 ですからこんなことを書いていてはいけないのですが、せっかく「マイ・コレクション」というカテゴリを作ったので、自慢の品を今日も紹介しましょう。
 ところで「カテゴリ」とexcitは標記していますが、どうして「カテゴリー」じゃないんでしょうか? これって「category」のことですよね。だったら「カテゴリー」と読むほうが一般的だと思うんですけど、なんで「カテゴリ」なんでしょう? どうでもいいことですが。

 なかなか本題にたどりつけません。が、そろそろ今日の「マイ・コレクション」です。国内発売されたビートルズのCDでは、おそらくこれが一番珍しいんじゃないでしょうか。『アビー・ロード』の回収盤です。CD化が始まった最初のころに、東芝EMIが売れ筋の作品を厳選して出した中の1枚です。価格は3500円。現在の輸入盤価格から考えたら倍くらいですね。
e0021965_0365241.jpg
 ただしこの『アビー・ロード』、アップルから許可を取らずに出してしまったらしいんですね。ビートルズ関連の商品はとても管理がうるさいのに、どうして出してしまったのかわかりません。それで回収騒ぎになりました。どれくらいの数が売れたんでしょう?
e0021965_0372710.jpg
 LPが2200円くらいで買えたと思いますから、3500円出してCDを買ったひとはかなりのファンやマニアだったと思います。それで、このCDはいまや高値で取引されるアイテムになりました。無理してでも買っておいてよかった1枚ですね。
e0021965_0375142.jpg
 レーベルがアップルではなくてオデオンというのも、なんだか怪しげです。このあたりも、きちんとした許可を取っていないことに関係があるのかもしれません。
 ビートルズの回収盤といえば、以前もブログに書きましたが、この間出たアメリカ盤とEU盤の『THE CAPITOL ALBUMS, VOL.2』の初回盤が回収騒ぎになりました。ただし実際は回収されず、クレームがついたら正規のものに交換するということで、なんとなくうやむやになってしまった感じです。大半のユーザーはそのことすら知らないようで、こちらは残念ながらコレクターズ・アイテムにはなりそうもありません。
 あともうひとつ、これはかなり珍しいと思いますが、ジョージの『バングラデシュ』で回収盤があります。それについては、次回紹介することにします。
[PR]
by jazz_ogawa | 2006-07-14 00:40 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/3809227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tmks at 2006-07-14 04:53 x
小川さんは良質なジャズの原稿をコンスタントに、しかも大量生産されていて頭が下がる思いです。特にスイングジャーナルのジャズ名盤研究では、臨場感のある小川さんのインタビュー記事なくして語れません。
私もジャズを文章にしていますが、音楽を文章にするときに心がけていることなどありましたら教えてください。
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-14 10:22
tmksさん、お褒めいただきありがとうございます。ぼくは特別にうまい文章が書けるわけでもないですし、分析力があるわけでもないので、評論をするつもりは一切ありません。いま起こっていることやミュージシャンが考えていることを伝えるのが役目と考えています。ですから、レポーターなんですね。それから、そのアーティストや作品なりの音楽が聴こえてくる文章を書きたいと心がけています。これがなかなかうまくできないのですが。
Commented by forcek at 2006-07-14 12:59 x
小川さん、相変わらずバリバリ忙しそうですねー、しかしこんな「アビー・ロード」もあったんですねー(笑)「ジャズマンが愛する不朽のJAZZ名盤100」はいつ頃発売ですかー、ヘヴィメタ嬢さん前回のゼミナール終了後の打ち合わせは「大辞典」のことだったんですねー(笑)小川さん、超特急ライナーノーツのノックがんばってください、ただ体には気をつけてくださいねー。
Commented by cyubaki3 at 2006-07-14 12:59 x
アビーロードの英国盤のLP(買ったのは多分25年ぐらい前)を持ってるんですが、全体的にジャケットの色調が薄いというか、日本盤のLPとかなり違うんですが・・・。ああいうのはやはり国によって微妙に違うんでしょうか?また発売された年代にもよっても違うのでしょうか?
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-14 23:46
forcekさん、『名盤100』は8月中旬に発売です。12日に、この本を使ったトーク・イヴェントをするので、その日までに刷り上る予定です。
それからあのときの打ち合わせは『大辞典』のためのものでした。GWから原稿は書き始めているんですが、何度か中断していまにいたっています。目処はついているんですけどねー。
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-14 23:50
cyubaki3さん、ビートルズのLPは何度も再発売されています。25年くらい前ということは1980年ごろですね。そのころのLPは、オリジナル盤に較べるとジャケットの色もそうですが、全体の感じが少し違ったものになっていると思います。ジャケットの作りが違いますから。レーベル・デザインも別のものになっていますし。
Commented by Reiko at 2006-07-15 00:50 x
小川さん、こんばんは。
原稿大変そうですね。

アビーロードの回収されたCDのこと知りませんでした。
珍しいものをみせていただいて、うれしいです。

EU盤の『THE CAPITOL ALBUMS, VOL.2』の初回盤、
買ってしまったわたしです。交換はしませんでした。
今回の日本盤は購入されまいたか?
よくできています。
HELP!が見開きになっています。
コピーガードされていない本物CDでした。

>ジョージの『バングラデシュ』で回収盤があります。

これも知りませんでした、楽しみにしています。
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-15 01:14
Reikoさん、いつもありがとうございます。『THE CAPITOL ALBUMS, VOL.2』の国内盤も買いました。今回は紙ジャケットも出来がよくて満足です。この際ですから『VOL.1』も同じような紙ジャケにして出しなおしてくれたらいいのに、なんて思っています。いまから出しても、もう売れないでしょうから実現は無理だと思いますが。
『バングラデシュ』は2~3日中に紹介します。
Commented by cyubaki3 at 2006-07-18 13:11 x
>そのころのLPは、オリジナル盤に較べるとジャケットの色もそうですが、全体の感じが少し違ったものになっていると思います。

なるほど。私が最初にビートルズのLP(日本盤)を買い揃えたのが1973~74年ごろなんですが、そのころの日本盤は「プリーズ・プリーズ・ミー」、「ウイズ・ザ・ビートルズ」が見開きジャケットで、デザイン、曲順も全く違いますよね。「ア・ハード・デイズ・ナイト」もジャケットが現在のと全く違いましたね。
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-18 20:49
cyubaki3さん、その盤ならぼくも持っています。ビートルズの初期アルバムは、同じタイトルでもイギリス盤、アメリカ盤、日本盤の収録曲目が違っています。それでそういう盤が日本でまとめて発売され直したんですね。cyubaki3さんが持っているのはそのシリーズだと思います。
<< 2006-07-17 マイ・コ... 2006-07-10 マイ・コ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム