小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-07-30(その2) マイ・コレクション~『ホワイト・アルバム』
e0021965_14512896.jpg 昨日の午後はスバルの広報誌『カートピア』の取材を受けました。『カートピア』はスバルのショウルームなどに無料で置かれている月刊の広報誌で、ぼくのインタビューは9月号に掲載されるとのことです。取材は、マッキントッシュ製のカー・オーディオを搭載したレガシーに試乗して感想を話すというものでした。

 まずは運転しているシーンの撮影です。自動車関連の写真撮影にはそれなりの配慮が必要なことを初めて知りました。窓からの景色に他社の車が写っていたり、特定の会社とわかる建物が入っていたりするのはまずいんですね。いわれてみればそうですよね。それからひとが写っているのもよくないということで、まずは神宮外苑に行ってみました。
 外苑の中をぐるぐる回ってその間に写真を撮ったのですが、カメラマン氏は何かピンと来ないようです。そこで今度は丸の内に向かいました。土曜なので道も空いていて、ここで運転シーンの撮影はOKになりました。
 次は車の外でポーズをとってほしいということになり、お台場に向かいました。なんだかモデルになったようで、「ちょっと違うんだよなぁ」という思いが払拭できないまま撮影は終わりました。
 最近はときどき取材される側に回るようになりましたが、いつもはこちらがインタビューアーなので、どうも違和感があります。そんなことを思いながら、お台場のカフェでインタビューになり、結局は2時間近くも話してしまいました。

 こんなことをしていたので、土曜は原稿をまったく書きませんでした。ちょとまずいんで、今日は原稿書きにいそしもうと思っています。でも、その前に「マイ・コレクション」を。
 今回はビートルズの『ホワイト・アルバム』です。例の真っ白なジャケットに「THE BEATLES」のエンボス文字と、全世界にひとつしかない通し番号が印刷されているだけのアレです。アルバム・タイトルも何もありません。そこで誰が呼ぶともなく『ホワイト・アルバム』の俗称で通るようになりましたが、正式には『THE BEATLES』がタイトルのようです。
e0021965_1459517.jpg
 コレクターにはこの通し番号が重要なんですね。ぼくは「0000266」というのを持っています。『アンソロジー』がアメリカで放映されたときに、コネティカット州のハートフォードでそれを記念して大規模なビートルズ・フェアが開催されました。これはビートルズ関連のグッズなんかを売るフェアです。
 そこでこのレコードは見つけました。値段は相当安かったです。といっても、それなりですが。ジャケットのコンディションもよくありません。それでもこの番号には惹かれました。というわけで、躊躇することなく即購入です。

e0021965_150561.jpg ところで、『ホワイト・アルバム』は、イギリスで1998年に紙ジャケット仕様でのCD化が実現しました。そのときもアナログLP同様、通し番号がジャケットに印刷されていました。手に入るなら若い番号のものがほしいと思うのは当然でしょう。
 このときはイギリス・プレスしか認められず、日本盤はそれに解説書をつけてのリリースとなりました。ですからアメリカ盤もありません。番号をごちゃ混ぜにして、イギリスから全世界に輸出されました。というわけで、それからの数ヵ月間はあちこちのレコード店を覗いては番号をチェックしていました。本当、無駄なことばっかりやってますね。
e0021965_1503472.jpg それで見つけたのが「0002049」番です。新宿のレコード屋さんで買いました。どのくらいの枚数が作られたかわかりません。4桁のまあまあ若い番号ならいいほうでしょう。その後も中古盤店などでこれより若い番号があれば買いたいと思い、ちょこちょことチェックはしているんですが、現状はこの番号です。
 こういうのって出されると困るんですが、嬉しいですよね。ビートルズは本格的な紙ジャケ化もまだ始まっていませんし、そのほかにもやってほいしいことはたくさんあります。解散して35年が過ぎてもこうやって楽しめるんですから驚きです。

 ところでディスク・ユニオンで売られているロシア製の紙ジャケは海賊版だと思いますが、ジャケットのクォリティが素晴らしくてつい買ってしまいます。アップルもしくは東芝EMIには最低でもこのレベルでの紙ジャケ化をしてもらいたいと願っています。Nさん、よろしくね。

e0021965_1521091.jpg

 これがアメリカ盤『マジカル・ミステリー・ツアー』のロシア製紙ジャケです。ロシア盤は基本的に英パーロフォン盤を踏襲していますが、これは米キャピトル盤を再現しています。なぜかといえば、アメリカ盤には24頁のブックレットがダブル・ジャケットの内側にホチキスで留められているからです。それを再現したかったんでしょうね。下の写真が内側のブックレットです。相当満足のいく出来映えです。
e0021965_1564441.jpg


 もうひとつ、『ホワイト・アルバム』も30周年記念のイギリス盤より再現性に優れています。オープントップ仕様はイギリス盤と同じですが、ジャケットのコーティングがこちらのほうがいい感じになっています。サイズもイギリス盤が通常の紙ジャケよりワン・サイズ小さかったのに対し、こちらは通常サイズで、そこもポイントです。もちろん付属物もすべてついています。
e0021965_1513050.jpg
e0021965_15131158.jpg


 ただしこのシリーズですが、全種類が出ないうちにこのところリリースがストップしています。非合法なんで、それが関係しているのでしょうか?
 こういうものが出されてしまうことは問題です。それを買うぼくもいけないんですが、レコード会社が出してくれないんですから仕方がないでしょう。この事態をレコード会社は真摯に受け止めて、ユーザーが望んでいる商品を出すようにしていただきたいものです。正規盤でこのクォリティなら多くのひとが大歓迎するはずです。
 音楽関係の仕事をしているぼくが海賊版(だと思いますが実態はわかりません)を買うことは倫理的にも道徳的に許されないでしょう。そんなことは百も承知です。しかしぼくは居直って、今後もほしいものは買い続けます。それがコレクターっていうもんでしょう。
 それと同時にレコード会社や担当者にもしつこく要望を出します(これまでにもさまざまな要望をしてきました)。
[PR]
by jazz_ogawa | 2006-07-30 15:34 | マイ・コレクション | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/3902520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from http://beatl.. at 2006-08-10 07:31
タイトル : ビートルズ・beatles
ビートルズ・beatles... more
Commented by forcek at 2006-07-31 00:03 x
小川さん、さすがですね「土曜は原稿をまったく書きませんでした。でも、その前にマイ・コレクションを」はホントに音楽評論家+コレクターの鏡ですね(笑)これだから俺は勝手に小川さんをまるでジェダイ・マスターのようにリスペクトしていますが(笑)マッキントッシュ製のオーディオを載んだレガシーの音はどうでしたか、ジャズで試したんですかねー(ベースの低音等とか)小川さん、俺も若かりし頃バイトでほんとに少しだけ雑誌のモデルやったことがあったのでその気持ちわかりますよー(笑)
Commented by pink island at 2006-07-31 00:28 x
小川さん、こんにちは。『ホワイト・アルバム』の紙ジャケが出て、もう8年経つのですね。最初、輸入盤で出た時買いまして、『おおっ、こいつは凄い』って感激していたのですが、日本盤が出た時に売り場でシリアルナンバーを見て『こっちの方が若い』と買い直ししてしまいました。

1950だったのです。小川さんのよりちょっと若いですね。

一時期意識して中古のそれをチェックしていた時もありましたが、なかなか若いのはありませんでした。

ところでロシア盤の紙ジャケは音質はどうなのでしょう?前から気にはなっていたのですが。
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-31 01:06
forcekさん、マッキントッシュの音はジャズのアコースティック・サウンドにはいいように思いました。オスカー・ピーターソンやスタン・ゲッツなんかはいい感じでしたね。ストーンズも聴いてみたんですが、ロックよりジャズ、それもアコースティック・サウンドがベターという印象でした。
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-31 01:08
pink islandさん、「1950」とはうらやましい! ぼくの生まれた年ですよ。ロシア版、音は問題ないと思います。
Commented by akira at 2012-07-25 13:43 x
はじめまして、こんにちは!!たまたまネットを見てまして、このブログに行きあたりました。もう6年前の記事なんですね。その頃と比較して音楽産業の状態はさらに落ち込んだように感じます。“リリースに対するワクワク感”が欲しいです。これからブログ定期的に拝見させていただきます。
Commented by jazz_ogawa at 2012-07-25 18:39
akiraさん、コメントありがとうございます。
たしかにワクワクするリリースが少なくなってきましたが、それでも興味のあるものは出続けているので、人生、楽しいです。
<< 2006-08-01 Work... 2006-07-30 Danc... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム