小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-04-19 嬉しい報告
 まずはお知らせから。
 前々回のブログに、次回の「ONGAKUゼミナール・駒場東大前」は5月19日と書きました。ところがお店はただいま休業中だそうです。リオープンは6月になってからとのことなので、5月の「ゼミナール」は6月以降に延期します。日時が決まりましたらお知らせしますので、よろしく。
 なお、5月26日の「ONGAKUゼミナール・銀座」は予定どおりの開催です。こちらはおかげさまで定員になったそうです。でも毎回キャンセルが出ますので、興味があるかたはHKO商会イベント運営委員会matc@wind.sannet.ne.jpに連絡してみてください。

 それでは嬉しい報告をふたつ。

【その1】
e0021965_1953985.jpg 昨年11月に全音楽譜出版社から発刊した『スタンダード・ジャズのすべて大事典 ベスト850』の増刷が決まりました。大判で価格も3100円と少々高いし、重いし、いわゆる読み物ともちょっと違います。読んでもらえれば価格以上の内容であることは自負していたのですが、そういうこともあって、内心は「どうかなぁ」と思っていました。
 版元の担当者からは、「わが社で永遠のベストセラーになります」といわれていたので、いずれ増刷になるとは思っていました。それが、思いのほか早く初版の部数をほぼ売り切ったようです。1週間ほど前に、あと80冊くらいしか残っていないと聞かされたときはびっくりでした。
 このブログをお読みのかたにもお買い求めいただきました。どうもありがとうございます。ジャズ本は押しなべて売れません。その中で増刷になるのはありがたいことです。
 以前に比べると、いろいろな出版社がジャズ本にはおよび腰になっています。増刷になることはもちろんぼくにとって嬉しいことですが、同業者にも少しはプラスに働くのじゃないでしょうか。いま現在どのくらいのひとがジャズ本を出しているかはわかりませんが、みんなで少しずつ実績をあげていければ、もっと多くの筆者に門戸が開かれると思います。
 以下は、出版社の宣伝文句です。そのままペーストしておきます。

スタンダード・ジャズのすべて大事典―ベスト850
単行本:389ページ
出版社:全音楽譜出版社(2006/11/21)

850曲掲載──プレイヤー&リスナー必携のガイド
セッションやレコーディングで取り上げられることの多いスタンダードを850曲厳選!
1988年の発行以来、多くのプレイヤーに支持されてきたロング・セラー曲集『スタンダード・ジャズのすべて』の新版の曲目に準じ、ジャズ・ジャーナリスト・小川隆夫が著した楽曲解説事典
■歌詞の内容や曲のなりたち・誕生秘話などを紹介した『解説』→どんな楽曲かわかる!
■作詞・作曲・発表年・初演を網羅した『楽曲データ』→曲の出典がわかる!
■模範演奏となる名演を収録した『推薦盤』→聴くべきアルバムがわかる!

ステージでのMCネタやレパートリーを広げる際の参考書、また、曲から選ぶ名盤指南書等、あらゆる場面で役立つスタンダード・ナンバーの徹底ガイドです


【その2】
e0021965_196497.jpg 同じく全音楽譜出版社から2005年に出した『マンハッタン・ジャズ・カタログ』がANAの機内誌『翼の王国』(4月号)で紹介されました。今月いっぱいANAの旅客機に備えつけてあるそうです。機会があれば、ぜひご覧になってください。

 ジャズシティ、マンハッタンを歩き回り足で稼いだ情報満載の使える良書――ジャズの世界に聖地があるとすれば、それはやっぱりマンハッタン。『ヴィレッジ・ヴァンガード』や『バードランド』ほか、もはや伝説ともいえるライヴハウスのみならず、小さなライヴハウスやバー、CDショップから楽器店、書店まで170軒以上(小川注:実際は280軒です)ものジャズ・スポットの詳細なデータを、みずからの足を使って情報収集した著者の情熱には脱帽させられる。ディープなジャズ・ファンでなくとも、ニューヨークで本場のジャズを聴いてみたくなったなら『マンハッタン・ジャズ・カタログ』。

e0021965_1973883.jpg
 嬉しいのは、以上のような紹介とともに、一番大きく扱われていたことです。これで売れてくれれば文句なしですが、そこまでは期待しません。
 それで、これも何かの縁と、『翼の王国』について調べてみました。この雑誌、発行部数と閲読者数がすごいです。以下にデータとコメントをペーストしておきます。

e0021965_1981662.jpg★データ
全日空機内誌/『翼の王国』
発行部数:840,000部
発行回数:月刊
体裁:A4判変形
ページ数:156ページ

★コメント
皆さんは飛行機に乗ったら何をするだろう。音楽を聴く、読書をする、ひたすら睡眠をとる……機内での行動に制約がある限り、機内誌がなくなることはないだろう。『翼の王国』の発行部数が84万、月間の閲読者が146万という驚異的な数字は、この機内誌という特殊なメディアの性格によるものなのだ。それにしても84万部はすごいと言わざるをえない。新聞はともかく、雑誌でこの数字をクリアしているのは、一部のテレビ情報誌と一握りの漫画雑誌しかないのである。

 146万人の1パーセント、いや0.1パーセント、いやいや0.01パーセントのひとが『マンハッタン・ジャズ・カタログ』を買ってくれたら万々歳なのですが、やっぱり無理でしょうね。マンハッタンの紀伊国屋でも売っていますので、現地調達もできるのですが。
[PR]
by jazz_ogawa | 2007-04-19 19:11 | Works | Trackback(1) | Comments(18)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/5535481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from kenyama's blog at 2007-04-23 07:23
タイトル : スタンダード・ジャズがびっしり本
 小川隆夫さんの力作『スタンダード・ジャズのすべて大事典』(全音楽譜出版社)を読...... more
Commented by miki3998 at 2007-04-19 20:05 x
小川さん、お久しぶりです。

  嬉しいですね、増刷おめでとうございます。 私も初めていただいた本がこちらでした。 もちろんリビングのコーヒーテーブルの上に置いてあって、いつでも読めるようになっています。 映画を見ているとき(DVDですが)、聴いたことがある曲だとか、テロップに出てくる名前に気をつけたりしながら、この本を開くのです。本当に楽しめる本ですね。
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-19 23:27
miki3998さん、こちらこそお久しぶりです。いつも銀座ではありがとうございます。『スタンダードのすべて~』がお役に立てているようで嬉しいです。今後もよろしくお願いします。
Commented by 東京へたるドールズ at 2007-04-20 09:19 x
こんにちは。へたるです。この度は重版おめでとうございます。内心どうかなぁなんて弱気なことおっしゃってはいけません!小川隆夫は常に威風堂々とお願い致します。ちなみにわたくしは根拠のない自信で周りを困惑させるのが得意です!…あ、先生もその被害者ですか。申し訳ありません(汗)。退却。
Commented at 2007-04-20 09:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-20 09:46
東京へたるドールズさんことヘヴィ・メタ嬢。重版はあなたのおかげです。これも緻密なプロモーションと強引な売り込み(?)←嘘ですよ、の成果と感謝しています。次回の企画も期待していますからね←これ、プレッシャーかけてます(冗談です)。
Commented by matc_tomo at 2007-04-20 15:34
5月1日にANA便(方向が違いますが・笑)に乗るので、「翼の王国」が読めないな〜と思ったのですが、こちらで見られてよかったです。機内とマイレージ会員に配るから、84万部なのかな〜。でも、最近は、部数を押さえる傾向になるので、この数字はスゴイですよね。
あ、そうそう、先日、トキワさんにお会いしました。ヴィレッジ・ヴァンガードも頑張ってください♪
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-20 23:47
matc_tomoさんのほうが本業ですから詳しいでしょうが、公称の発行部数は眉唾物ですから、実際はどうでしょうね。
ところで、常盤君とはどういう繋がり?
Commented at 2007-04-21 00:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by デボン at 2007-04-21 01:07 x
小川さん、始めまして。私はデボンです。増刷おめでとうございます! いつか読みたい。私はアメリカン人でもちろん辞書でたくさん単語と漢字を調べなければならない、それで「その1」しかを読みませんでした。長い時間がかかります! 実はこのごろ「ジャズマンが愛する不朽のJAZZ名盤100」を読んでがんばります。去年私は大阪に住んでいたが、シカゴで9月から舞台芸術の管理を勉強するために大学院に入る。日本にまた住みたいが、次の時間ジャズ音楽家にかかわることを望みます。もちろんジャズを愛する。私のジャズ用語および日本語を勉強するために小川のblog と本を読んでみます。しかし、よくわかりません!可笑しい日本語ごめんなさい^^ よろしく!
Commented by 浦島 at 2007-04-21 07:19 x
増刷、素晴らしい響きですね。その言葉を聞くたびに、同じく本を出すものとして、私も心がおどります。おめでとうございます。本を書く人はみなさん貴重な時間と体力を使い書いています。せっかくですからたくさんの人に読んでほしいですよね。私も小川ファンのひとりとして楽しみながら読ませてもらいます。私は目に問題があるので、ぜひ小川さんのポットキャストを始めてください!
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-21 08:50
デボンさん、thanks for your comment. Your Japanese is fine and much better than my English. Will thank you in future.
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-21 08:53
浦島さん、ありがとうございます。そうなんです。売れることより読んでもらえることが、書き手としては一番嬉しいことです。Podcastについてはほかのひとからもいわれているので、前向きに考えてみます。
Commented by forcek at 2007-04-21 20:36 x
小川さん、ご無沙汰しておりました(笑)何とか生きてますが、まぁー自分のコアな部分を深く考えさせられるこの3ヶ月でしたー小川さん機を見てまた色々と相談にのってください。増刷や「愛しのジャズメン」等ナイスっですね(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-21 23:24
forcekさん、元気でしたか。いろいろ大変みたいですが、またどこかで会いましょう。ぼくでいいならつき合いますよ。
ナガラミ、懐かしいですね。九十九里ですね。母親の好物です。
Commented by 高橋 at 2007-04-23 07:25 x
増販おめでとうございます、アマゾンで見た所たくさんの本を出販されていらっしゃることが分りました。ジャズに詳しく無くても読めそうなのがあったら教えて下さい。私は英語学習者ですがNHKの英語テキストにコラムを書かれていらっしゃったそうですがいつ頃だったのでしょうか?、そう言えば小川さんのお名前をテキストで拝見した記憶が残っているのでした。自宅に20冊ぐらい古いテキストがあるのですがその中には無かったです。
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-23 08:56
高橋さん、コメントありがとうございます。テキストの連載は04年4月から06年3月の2年間です。その連載を中心にまとめた『となりのウイントン』がジャズに詳しくないかたにも読めるように書いた留学時代の話で、一番読みやすいかと思います。同じようなエッセイとして書いたのが新刊の『となりのウイントン』です。
Commented by 高橋 at 2007-04-23 18:54 x
ありがとうございました「となりのウイントン」アマゾンで注文しました。最近は英語本やペーパーバックばかり読んでいたので小川さんのエッセイ楽しみです。
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-23 20:48
高橋さん、注文してくださったんですね。ありがとうございます。楽しんでいただけるといいのですが。
感想などもあれば、ぜひお聞かせください。
<< 2007-04-22 『ESP... 2007-04-16 『ブラッ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム