小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-04-22 『ESP』を探して
 しばらく前に、ある方から非公開コメントで、「来日しているスティーヴィー・ワンダーのエンジニアが小川さんとコンタクトを取りたがっている」とのメッセージをいただきました。スティーヴィー・ワンダーには思い当たる節がありません。何だろうとさっそくコンタクトを取ってみました。

e0021965_11143511.jpg
 この人物はダニー・リークといって、スティーヴィーのアシスタント・エンジニアでした。ぼくがプロデュースした『ESP』をアメリカでリリースすることにについて相談したいとのことです。
 『ESP』はこのブログでも紹介したことがありますが、マイルス・デイヴィスのグループに在籍したボビー・ブルーム、ロバート・アーヴィング三世、ダリル・ジョーンズの3人と、カーティス・メイフィールドのバック・バンドで活躍したドラマーのトビー・ウィリアムスが結成したグループです(写真右から)。
e0021965_11145787.jpg
 1992年にシカゴで録音していますから、15年前の話です。いまごろどうして? と思ったのですが、ダニーによれば、リーダー格のアーヴィングがニュー・レーベルを作ったので、そのレーベルから出せないものかとの打診でした。
 アーヴィングとは10年くらい話をしていません。数年前にぼくは引っ越したので、彼からコンタクトが取れなくなっていたんですね。ニューヨークのアパートに電話してくれればすぐにコンタクトが取れたのに、そこまでは考えが及ばなかったようです。
 その晩、さっそくシカゴからアーヴィングが電話をかけてきました。それでわかったのは、彼が新しいレーベルを作ったこと、そしてそのレーベルから『ESP』を出したいこと、それについてはキーボードの音を今風のものに入れ直して、ヴォーカル・トラックも新しいものに差し替えたいとのことでした。
 そういう操作をするには、マルチで録音したマスターテープが必要です。ビジネス面での交渉は別にして、マスターテープの所在を確認したということで、ぼくに連絡をしてきたわけです。

e0021965_11151583.jpg
 アルバムの背景を紹介しておきましょう。『ESP』は、パイオニアLDCのグラスハウスというレーベルからリリースされました。パイオニアLDCは映像が専門ですが、たまたまたスイングジャーナルの編集者だったひとが、LDCの製作部門に転職したんですね。それで、ジャズ系のCDが作りたくなったんでしょう。
 そのことで相談を受けたぼくは、最初、アメリカ人のプロデューサーを何人か紹介しました。しかしどうもLDC側の意にかなわなかったようで、結局ぼくがプロデューサーに任命されました。このレーベルは2年ほどしか存続しなかったのですが、その間に10枚弱のアルバムをリリースしています。そのなかのひとつが『ESP』でした。
 そういうわけで、マスターテープはLDCが保管しているはずです。ところがLDCは、その後にジェネオンミュージックエンタテインメントと社名を変え、元スイングジャーナルの社員もずいぶん前に退社してしまい、現在グラスハウスにかかわっていたひとはひとりもいません。
 そこで知り合いのジェネオンのディレクターにこの話をして、マスターテープを探してもらいました。しかし答えは「見つからない」です。引越しをしたり、管理体制が変わったりして、どこかに紛れ込んでいるのかもしれません。
 アーヴィングにこの経緯を話して、この件はペンディングというか、引き続きジェネオンには探してもらうことで、ひと段落がつきました。

e0021965_11153454.jpg
 そして、先日です。アーヴィングが作ったレーベル、Sonic Portraitsのパートナーであるスティーヴ・ヘルパーンが来日しました。このレーベルは、アーヴィングとぼくの大好きなドラマーのテリ・リン・キャリントン、それとステーィヴが共同経営者のようです。
 第1弾が3月に出たアーヴィングの新作『New Momentum』で、2作目が5月に出るテリの新作だそうです。そのラインアップに『ESP』のニュー・ヴァージョンを加えたいとのことでした。ジェネオンのひととも会ったようですし、本気でこのアルバムをアメリカで出したがっている様子でした。
 彼と話しているうちに、ひとつの可能性を思い出しました。ひょっとしたら、マスターテープはシカゴのスタジオに残されたままかもしれません。
 ぼくの仕事は、レコーディング後にミックスダウンとマスタリングを行ない、完パケの状態になったテープをLDCに渡すことです。マスターテープの管理や日本への配送はぼくの業務に入っていません。それを担当したのは、当時アメリカに駐在していたLDCの社員か、コーディネーションを担当した方です。彼らが日本に送り出したかどうかは未確認です。
 LDCのために行なったほかのレコーディングで、こんなことがありました。4年も5年も経ってからのことです。そのときに使ったニューヨークのスタジオから、ぼくのところに「保管してあるマスターテープを引き取ってほしい」と連絡があったんですね。LDCは制作会社でもあるのですが、配給会社的な感覚が強くて、マスターテープのことまであまり気が回っていなかったことはたしかです。
 本来は所在をきちんとすべきですが、そこがずさんでした。そういうわけで、ひょっとするとシカゴのスタジオに置き去りのままかもしれません。でも15年が過ぎていますから、そうだとしたら処分されている可能性もあります。
 スティーヴには、シカゴのスタジオにも連絡してみるよう、話しました。でも、見込みは薄いでしょう。ぼくの手元には完パケになったマスターテープのコピーがあります。現在の技術を使えば、これを用いてある程度のことはできます。
 ただし、プロデューサーとしてひとことスティーヴには話しておきました。オリジナルのサウンドを作り直すのは、あまりいいこととは思えない、と。これはアーヴィングにも電話で話しておいたことです。
 『ESP』は、いま聴いてもかなりの出来だと思っています。ぼくとしては、オリジナルの形で出してほしいと思うのですが、アーティストにしてみれば、いろいろ直したいところがあるのでしょう。彼らがどういう結論を出すのか、それも楽しみです。
[PR]
by jazz_ogawa | 2007-04-22 11:23 | Works | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/5549164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 浦島 at 2007-04-22 16:57 x
ワクワクするような話ですね。こんなことをブログに書いてしまう、小川さんのサービス精神(?)に驚いてしまいます。知ることができないような話を知ることができるのもこのブログの楽しみです。「愛しのジャズマン」を少しずつ味わうように読んでいます。もちろんジャズのCDを聴きながら。
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-22 23:45
浦島さん、ありがとうございます。サービス精神なんてことないです。こうやって書いておけば、そのうち何かに使えるかもしれないというセコイ考えが元になっています。でも喜んでいただけたようで、それはそれで非常に嬉しいです。
Commented at 2007-04-23 00:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by forcek at 2007-04-23 21:38 x
小川さん、おつかれさまです。イヤー、「来日しているスティーヴィー・ワンダーのエンジニアが...」からドキっとする話ですが(笑)マスターテープの所在の話面白いですねーいずれどっかからポロっと出てくるかもしれませんね、JAZZ等の名盤もマスターの話は色々ありますもんね(笑)しかしテリ・リン・キャリントンと共同のレーベルですか、ウゥー俺もそんな仕事がしたいっす(爆)
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-23 23:32
forcekさん、こういう思いもよらぬ話が出てくるから人生は楽しいですね。ネガティヴ・シンキングのぼくですが、この件に関しては、forcekさんの言うとおりで、ある日、ポロッと見つかるんじゃないかと気楽に考えています。
Commented at 2007-04-24 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 2007-04-24 『Z(ジ... 2007-04-19 嬉しい報告 >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム