小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-04-26 PLAYBOYが贈るジャズ最強読本
e0021965_2310475.jpg
 今日も雑誌の紹介をさせてください。。昨日発売された『月刊PLAYBOY』(6月号)は久々のジャズ特集号でした。今回は企画の段階から相談されていたので、いろいろなところでかかわっています。このような内容です。

  「第1回PLAYBOYジャズ大賞決定!!」
  「座談会:日野皓正×中平穂積×小川隆夫 日本はジャズ天国だ!」
  「村上春樹とジャズと港町」
  「JAZZフェスティヴァルが呼んでいる」
  「中上健次が論じたジャズ」
  「PLAYBOYのジャズ検定」
  「ジャズ100年のベストはこれだ!」
  「来日ジャズの巨匠たち」
  「別冊付録:究極のジャズ・ハンドブック」
    北海道から沖縄まで 日本全国ジャズスポット55選
    日本が生んだJAZZ名盤30
    今、和ジャズ復刻盤が熱い!
    

e0021965_23111240.jpg
 一番大きなものは、日野さんと中平さんの3人でやった座談会です。ブログにも以前書きましたが、2月に銀座で「ONGAKUゼミナール」を終えてから、急いで会場の新宿に駆けつけました。場所はジャズ・バーの「Who's Who」。昨年まで中平さんが経営していた「DUG」が、内装もそのままでオーナーが代わってこの店になったものです。

e0021965_23114232.jpg
         雑誌掲載の写真とは別ヴァージョンです

 お互いに共通の体験を持っている1960年代の東京、それも新宿周辺を中心にしたジャズ状況みたいなものを3人で話しました。日野さんはミュージシャンとして、中平さんはジャズ喫茶やライヴ・ハウスの経営者として、そしてぼくはファンとして、それぞれの視線で見ていた、体験していたジャズについての話が中心です。
 これは楽しかったですね。座談会ということを忘れて、みんなで四方山話をしていたらあっという間に2時間以上が過ぎていました。ぼくが一番若造ですから、聞き役(?)に回っていたのですが、知らないこともたくさんあって、貴重な時間を過ごすことができました。

e0021965_23134024.jpg
 今回の特集でもうひとつのメインがアンケートによる「第1回PLAYBOYジャズ大賞」です。それに付随して「ジャズ100年のベスト」というのも選出しました。
 「ジャズ大賞」は、選考委員15人で選んだものです。ただし勝手に選んでくださいとお願いしても無理なので、基準となるノミネート作品をまずは決めることにしました。その選定にも少しかかわっています。
 部門は3つあります。「PLAYBOY JAZZ大賞(海外部門)」、「PLAYBOY JAZZ大賞(国内部門)」、「PLAYBOY JAZZ大賞(リイシュー・発掘音源部門)」で、受賞作品はそれぞれ『パット・メセニー&ブラッド・メルドー/メセニー・メルドー』、『上原ひろみ/タイム・コントロール』、『ウエザー・リポート/フォアキャスト:トゥモロウ』になりました。ぼくが投票したのもこれら3枚だったので、ぼくの好みや感性も特別変わっていたり、皆さんとずれているわけじゃないと安心しました。
 へそ曲がりで、ひととは違うことをわざとやりたがるぼくですが、こういうときはいたって真っ当なものを選びます。奇をてらうのは好きじゃないんです。ひとと違うことをするのと奇をてらうことは似て非なるものじゃないでしょうか。脱線しました。話を戻しましょう。

e0021965_23143366.jpg 「ジャズ100年のベスト」は「50人のジャズ通が選んだ永遠の名盤」ということで、「個人的な好みを優先させるか客観的な評価を優先させるかで迷ったが、結局はあらゆる作品を聴いているわけでないため、史的に重要と思われる作品から自分の好きなものを選んでみた。それがこの5枚です」というコメントをつけて、この5枚にしました。








  1位『マイルス・デイヴィス/カインド・オブ・ブルー』
  2位『スタン・ゲッツ/ゲッツ=ジルベルト』
  3位『クリフォード・ブラウン/ウィズ・ストリングス』
  4位『ルイ・アームストロング/サッチモ・アット・シンフォニー・ホール』
  5位『ソニー・ロリンズ/サキソフォン・コロッサス』

 結果は1位がぼくと同じで『カインド・オブ・ブルー』でした。

 残りは書き原稿です。

e0021965_23145425.jpg 「来日ジャズの巨匠たち」という読みものでは、アート・ペッパーを担当しました。ジョン・コルトレーン、マイルス・デイヴィス、ビル・エヴァンスなどはほかのひとが書いています。これはエッセイみたいなもので、ペッパーが初来日したときの感動を綴ってみました。
 麻薬の逮捕歴があったペッパーは、絶対に来日できないと思われていました。その彼が1977年にカル・ジェイダー・グループの一員として日本の土を初めて踏みます。ほとんど前宣伝もされていなかったため、会場となった「郵便貯金ホール」はがらがらでした。しかし集まったお客さんは万来の拍手でペッパーを迎えます。そのときの、拍手が鳴り止むまでただただ立ち尽くすしかなかった彼の姿をぼくは一生忘れないでしょう。

e0021965_23151527.jpg あとは別冊「究極のジャズ・ハンドブック」用の原稿です。「北海道から沖縄まで 日本全国ジャズスポット55選」の副題がつけられていますが、そのメイン原稿ではなく、担当したのは「日本が生んだJAZZ名盤30」というおまけのようなものと、「今、和ジャズ復刻盤が熱い!」です。
 日本のジャズは得意中の得意なので、こういうのは楽ですね。それにしても、「和ジャズ」があちこちで話題になっているのはいいことだと思います。これによって、埋もれた作品が再び陽の目を見る機会も増えています。1950年代から70年代くらいにかけて作られた邦人ミュージシャンによる作品のことですが、いま聴くと、リアルタイムで聴いていた作品については、そのときより楽しめる作品も少なくありません。

 一般誌の中で『月刊PLAYBOY』は格別にジャズへの愛情が深い雑誌です。ほかの一般誌もジャズ特集をしますが、それらは気まぐれというか、「たまにはジャズもいいか」みたいな発想で組まれています。ところが『月刊PLAYBOY』はコンスタントにジャズ特集をしてきました。ジャズ・ファンとして、そしてジャズに携わっているものとして、これほど有難いことはありません。
 これまで『月刊PLAYBOY』が組んできたジャズ特集は、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンス、ブルーノートと、アーティスト個人かレーベルに的を絞ったものでした。今回はそうしたことから離れた初の試みです。これが吉と出るか凶と出るかはわかりません。
 しかし「PLAYBOY ジャズ大賞」を制定したからには、これからもジャズ特集は組んでいくことになるでしょう。ジャズ特集をしない雑誌が「ジャズ大賞」を選ぶことはできませんから。そういうわけで、ぼくは今後の『月刊PLAYBOY』にこれまで以上の期待を寄せています。せっかく始めた「大賞」です。1回で終わってしまったらみっともないじゃないですか。
[PR]
by jazz_ogawa | 2007-04-26 23:29 | Works | Trackback(2) | Comments(20)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/5574638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ♪♪♪yuricoz c.. at 2007-04-27 00:27
タイトル : 大好きなお二人♪ソリマチアキラ氏と小川隆夫氏の以外な接点♪
現在、私の尊敬する男性二人が偶然にも同じ雑誌に!! その雑誌は「月間 PLAYBOY」 えぇ、もちろん買いました!! 二人のうちのまず一人目♪ ソリマチアキラさん♪ 現在、南青山にある「クール・ストラティン」というお洋服やさんにて、イラスト展を開催中です♪←ステキなDM♪ 原画は、数点をのぞいて購入でき、ソリマチさんのイラストのTシャツや、開襟シャツが限定販売されてます!!この開襟シャツは、細かいディティールまでソリマチさんがデザインし、Tシャツを入れる箱がこれまたLPレコード...... more
Tracked from IT起業研究所 ITIn.. at 2007-04-28 13:45
タイトル : ジャズの巨人達
昨夜のNHKBSハイビジョンで、チックコリアのモントリオールジャズフェスティバルでの演奏やインタビューを流していた。 特に、ピアノの上部から撮影した部分で、彼の素晴らしい指のタッチが見られた。 マイルスも含め多彩なジャズ奏者との交流も端々に出てきており、満ち足りた気分にさせてくれた。 そんなことから、本棚の片隅にあったエスクァイア日本版‘92年4月号別冊JazzDays(ジャズ、最後の証言者たち)を開いてみた。 その中にThe Golden Age of Jazz 1957,Harl...... more
Commented by Sing'Ya at 2007-04-27 00:03 x
『上原ひろみ/タイム・コントロール』はボクもショップで試聴しただけですが、ホント鳥肌たちました。
何が違うか・・・って、ズバリ「70年代の音」がしてたからです(あくまでボクの場合ですが)。新しいようで、実はある年代以上であれば懐かしいような、フリー・ジャズを彷彿とさせながらもプログレ・ロックを思い出してしまう・・・。そんな感じでした。

第一回 「PLAYBOY ジャズ大賞」。
これから再び、日本で本格的に「ジャズの時代」が、オリジナルなジャパン・ジャズ文化として始まるような、そんな予感と夢に一票投じさせていただきますっ。
Commented by yuricoz at 2007-04-27 00:26
スタン・ゲッツは、小川さんに教えていただいて初めて聞いた心に残る名前でした。(曲も♪です。笑)今回は、発売当日に買わせていただきました。楽しそうな座談会ですね~♪そして、この表紙のうさぎちゃんを制作された方も、私はファンなので一緒にブログに書かせていただきました。TBさせていただきます♪
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-27 00:45
Sing'Yaさん、実に鋭いですね。上原さんはフランク・ザッパが大好きというピアニストです。そういうテイストが今回の作品ではとくに強く反映されていると思いませんか?
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-27 00:47
yuricozさん、次回の「ONGAKUゼミナール」にソリマチさんもいらしていただけるんですよね。お会いできるのをとても楽しみにしています。
Commented by yuricoz at 2007-04-27 01:18
そうなんです!!以前から参加したいと言われていて、このタイミングってすごいな~と自分でもびっくりしています。
文章中にリンクもさせていただきました~♪資料お待ちしてますっ。笑
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-27 07:32
yuricozさん、GW明けに青山のお店をのぞきに行こうと思っています。写真は今晩中に完成させます。
Commented by 浦島 at 2007-04-27 08:50 x
「プレイボーイ」の広告は新聞で見ました。私の世代には買うのは少し勇気がいる雑誌ですが、今日、書店(実は今日私の町にオープンする超大型書店です)で買ってきます。ゴールデンウイークはガーデニングをしながら、疲れたときに読むものがまた増えました。
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-27 17:28
浦島さん、『月刊PLAYBOY』は社会性の強い記事もあって、意外と硬派な雑誌でもあります。楽しめるんじゃないでしょうか。
Commented by 浦島 at 2007-04-27 18:43 x
買ってきました。ちょうどその書店の社長さんにつかまりました。手にした雑誌を隠しながら、話をしている私がいました。ゆっくり読ませてもらいます。全国のライブハウスのガイドがいいですね。いつか全部訪ねてみたいです。小川さんはほとんど行ったことがありますか?
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-27 19:13
浦島さんが雑誌を隠している姿、思わず想像してしまいました(笑)。
ぼくは東京からあまり出ないので、話に聞いた店はたくさんありますが、東京以外は数店しか行ったことがありません。
Commented by 高橋 at 2007-04-27 19:48 x
「PLAY BOY」に私は悪いイメージは全然ありませんが、以外に硬派な雑誌なのですね。「となりのウイントン」読み始めました。表紙がいいですね。やはり文章が上手くて読みやすいです。ご家族も一緒にニューヨークに連れていちゃったのですね。(笑)では本当に Have a nice flight!
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-27 20:57
高橋さん、いろいろありがとうございます。『となりのウイントン』、気に入っていただけたようでよかったです。ニューヨークからもいろいろ報告しますので、こちらのブログも引き続きよろしく。
Commented by kiku at 2007-04-28 01:02 x
小川さん、こんばんは。5月の銀座のイベントにまたおじゃまさせていただきます。それからあらためて、NYお気をつけて。楽しいレポート待ってます!
Commented by デボン at 2007-04-28 01:14 x
ジャズ特集があって良かった!読んでみたい!上原さんは第1回PLAYBOYジャズ大賞決定?!実はHiromiと共に同じ大学に行った。さらに同じタイムでした!でも、あまり知らなかった。そのとき、大学にHiromiはもう周知のミュージシャン。すごく創造的でユニークなミュージシャンです! とにかく、座談会楽しそうなぁ!
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-28 01:27
kikuさん、ニューヨークに行く前に仕事を片付けなくてはならず、まだ終わりません。そろそろ寝ないと、と思ってはいるのですが。ともかく気をつけて行ってきます。26日に会いましょう。
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-28 01:29
デボンさん、そうだったんですか。上原さんがどんな学生だったのか、ちょっと知りたいですね。
Commented by デボン at 2007-04-28 04:39 x
そうだね。私は彼女とぜんぜん同じクラスがなかった。だから知らなかった。しかし、たいてい普通の髪型があった、これは知ります。(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-28 10:36
デボンさん、たしかに、彼女、いまは髪型がユニークですもんね。以前は普通だったんですね。
Commented by Sing'Ya at 2007-04-29 03:06 x
小川さん、ども恐縮します。
ザッパの影響でしたか・・・納得です。といっても当時「ジプシーな髭おじさん」って感じでしか見てませんでした。どちらか言いますと高校時代は「イエス」とか「ピンク・フロイド」でしたんで。
 話かわりまして『Z』ですが、驚いたのが何んとあのボブ・ジェームスがモデルよろしく笑顔のステキなおじさん、って感じで中ページにチラリ!・・・。
 よくやってくれたよなあ〜、SJでも真似出来ないだろうなあ〜この扱いは・・・(ぶつくさぶつくさ)・・・などと、「怖いもん知らズ」って感じでザビヌルといいドキっとさせてくれる雑誌ですね。
 ボブ・ジェームスとデイブ・グルーシン。80年代の良き想い出で一杯です・・・!! それでは失礼いたします
Commented by jazz_ogawa at 2007-04-29 13:32
Sing'Yaさん、コメントありがとうございます。「ジプシーな髭おじさん」はいいですね。気に入りました。
「Z」はニューヨーク特集を考えているようで、そうなるとジャズ・ミュージシャンもいろいろ登場するんじゃないでしょうか。
<< 2007-04-26 ボブったら 2007-04-24 『Z(ジ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム