小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-09-03 Jimmy Scott@「ブルーノート東京」
e0021965_19471419.jpg
 8月31日ですが、「ブルーノート東京」でジミー・スコットを聴いてきました。今回は個人的な楽しみでもあったんですが、メインは取材です。9月27日に発刊される『男の隠れ家』の11月号でジャズ特集を組むことになり、ぼくが東京のジャズ・スポットを案内する役目を仰せつかったからです。
 1年前にも同じような企画があって、そのときは岩浪洋三さんが新宿周辺の案内人になりました。それで、今回は新宿・四谷近辺は避けてくださいとのリクエストで、それに合わせてジャズの関連スポットを7ヵ所紹介することにしました。

 まずは、渋谷のレコード店「JARO」で、しばし写真撮影です。オーナーの柴崎さんは、ぼくのジャズの先生です。オリジナル盤の「オ」の字も知らないころから、いろいろと教えてくれた恩人です。お陰で、少しはブルーノートの目利きになれたと思いますが、オリジナル盤に関してはいまだに柴崎さんの足元にもおよびません。ひとしきり、オリジナル盤談義で盛り上がってから「ブルーノート東京」に向かいました。

e0021965_19473258.jpg ジミー・スコットは今年で82歳になるシンガーです。デヴィッド・リンチが監督して日本でも話題になったテレビ・シリーズの『ツイン・ピークス』に彼が歌う「シカモア・トゥリーズ」がフィーチャーされていっきに人気を爆発させました。こう書けば、「ああ」と思うひとがいるかもしれません。いないかな?。
 それがいまから15年前です。それまでは知るひとぞ知るシンガーとして、マニアの間で密かに愛されていたに過ぎません。しかしこのヒットで、ようやく日本にも来るようになり、新譜もコンスタントに登場して、遅咲きの名シンガーはやっと才能に見合う評価がされるようになりました。

e0021965_19475647.jpg ぼくは駄目だろうと思いつつ、出来ることなら楽屋でインタヴューしたいとオファーを出しました。高齢だし、ステージの前のインタヴューは「ブルーノート東京」としても望ましくないだろうし、ましてや同行の奥さんがいつも「疲れるから」とインタヴューには乗り気でないことも知っていたので、ほとんど諦めていました。

e0021965_19481243.jpg
 しかも当日になって知ったのですが、ジミー・スコットは7月に大腿骨を骨折して手術を受けたばかりでした。車椅子でステージにあがっているという話を聞いて、遠慮したほうがいいなと思ったのですが、なぜかこちらの申し出を快く受けてくれました。

e0021965_1948417.jpg ジミー・スコットは子供のときに罹った病気が原因で身長はわずか5フィート、そして女性のような高い声に特徴があります。「奇跡のヴォイス」と呼ばれた独特の歌声は、年を重ねるにつれてますます孤高のものになってきました。独特の芸風といってもいいかもしれません。
 普通のジャズ・ヴォーカルを尺度にしたら、これほどはみ出しているひとも珍しいでしょう。スイングもしませんし、メロディもはっきりしません。少しもうまいとは思いませんが、それでも独特のヴォーカルは心にズシンと響きます。味で勝負のシンガーですから。自分の世界を持っているひとだけにしか表現できないオリジナリティは尊いものです。

e0021965_1949157.jpg
 肝心のインタヴューですが、インタヴューというより奥さんを交えての昔話という感じになりました。ぼくは一問一答形式のインタヴューは好きじゃないので、こういうのがいいんです。
 奥さんのほうが記憶は確かで、「あのときはああだったじゃない」、「このときはこうだったでしょ」みたいな感じで話題は尽きません。それと奥さんが手術後のことを心配していたので、整形外科医としていくつかのアドヴァイスもしてきました。こういうときに本業が役立ちます。
 あとで「ブルーノート」の広報のかたが教えてくれましたが、こんなにジミー・スコットが話したのは珍しいそうです。それは、奥さんが彼以上に話すことを楽しんでくれたからでしょう。いくつか興味深い話も聞けました。これは来年出る『愛しのジャズメン 3』用にとっておこうかなと思います。

 ジミー・スコットのステージを観たあとは、近くの「ボディ&ソウル」に場所を変えました。こちらの話は、次回のブログで紹介しましょう。
[PR]
by jazz_ogawa | 2007-09-03 19:56 | Works | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/6395318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 浦島 at 2007-09-03 20:49 x
ブルーノート東京の楽屋の様子が分かりました。ジミー・スコットのサインを私は持っています。アメリカ在住の友人が偶然ジャズクラブで会い、サインしてもらったものを、もらいました。小さなサインですが、大事にフレームに入れています。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-03 23:40
浦島さん、楽屋は全部で3パートに分かれていて、入ってすぐのところが一番大きな部屋で、そこで食事をしたり、メンバーは寛いでいます。その奥に仕切りのないスペースと、ぼくがインタヴューをした別室があります。
<< 2007-09-05 グレース... 2007-09-01 Work... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム