小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-09-05 グレース・マーヤ@「ボディ&ソウル」
e0021965_20265773.jpg
 前回に続いて、『男の隠れ家』の取材報告です。「ブルーノート」でジミー・スコットの個性的なヴォーカルを堪能したあとは、「けもの道」ならぬ「ミュージシャン道」を通って近くの「ボディ&ソウル」に移動です。
 「ミュージシャン道」っていうのは、ブランフォード・マルサリスに教わった抜け道のことです。「ブルーノート」から「ボディ&ソウル」にいくには、通りを先まで行って、少し戻る、みたいな行き方しかできません。ところがあるマンションの敷地を抜けていくと、「ブルーノート」からほぼ一直線で「ボディ&ソウル」に行けます。
 誰が見つけたのか知りませんが、「ブルーノート」のステージを終えたあとに「ボディ&ソウル」になだれ込むミュージシャンは結構多くて、そんな中の誰かが発見したのだと思います。

e0021965_20271213.jpg
 さてこの日は、シンガーでピアニストのグレース・マーヤさんが出演していました。バックのメンバーは、ギターの田辺充邦さん、ベースの鳥越啓介さん、そしてドラムスの大坂昌彦さん。大坂さんとは、去年覗きに行ったクリヤ・マコトさんのレコーディングで会って以来です。休憩時間に久々の挨拶をしましたが、元気そうで、プレイもよかったです。
 大坂さんとは、その昔、ぼくが友人と「新宿ピットイン」でプロデュースしていた「ナウズ・ザ・タイム・ワークショップ」以来の知り合いです。無名のあの時代から彼は輝いていて、そのライヴに出てくれたグループをピックアップして作ったオムニバス盤にも入ってもらいました。
 脱線しますが、その「ナウズ・ザ・タイム・ワークショップ」では、ウイントン・マルサリスの来日に合わせてトランペット・ワークショップもやったことがあります。ウイントンは結局「ピットイン」に来ませんでしたが、電話越しにそのとき演奏していた原朋直さんのプレイを聴いてもらい、翌日ウイントンのコンサートがあった楽屋で彼を紹介したこともいい思い出です。
 それから、ブランフォードが来たときは、サックス・ワークショップを企画し、このときは彼も飛び入りで吹いてくれました。そのライヴのテープを岡まことさんが「バークリー音楽大学」に送ったところ、奨学金がもらえて留学がかなったのもぼくとしては嬉しかったですね。
 2年間、月に一度のペースで続けた「ナウズ・ザ・タイム・ワークショップ」にはたくさんの思い出があります。そのことは、いずれどこかできちんと書きたいと思っています。

e0021965_20363539.jpg 脱線に次ぐ脱線ですが「ボディ&ソウル」ではグレース・マーヤさんの最初のセットがちょうど始まるところでした。彼女はこれまで2枚だったかな? アルバムを出しています。新宿の「DUG」がクローズするときに、最後のライヴをしたのもマーヤさんでした。そのときのアルバムが2作目ですが、これには日野皓正さんも飛び入りみたいな形で参加しています。
 マーヤさんのヴォーカルは、ピアノも同じですが、変な癖がなくてノーブルです。そういうの、ぼくは好きなんですね。日本のシンガーはなぜか妙に崩したり、とんでもないアプローチをしたりするひとが多くて、そこが嫌なところですが、彼女にはそういうところがありません。
 ぼくの持論は、本当にうまいひとならストレートにメロディを綴るだけでスイングもすればジャジーにも聴こえる、です。たとえば、シンガーではありませんがクリフォード・ブラウンの『ウィズ・ストリングス』がそうです。よっぽど才能があれば、サラ・ヴォーンやエラ・フィッツジェラルドみたいに原型をとどめないほど崩しても感動を呼びますが、そうじゃないひとがそれを真似したら悲惨なことになります。「ボディ&ソウル」の前に行った「ブルーノート東京」でのジミー・スコットはメロディ・ラインなどお構いなしに独自の解釈で歌っていましたが、彼は別格です。
 そういうわけで、初めて聴いたマーヤさんのステージにはとても好感が持てました。それからギターの田辺充邦さん、彼のプレイも好きですね。ぼくは自分でギターを弾いていましたから、どうしても昔の自分に重ね合わせてしまいます。こんな風に弾けたらいいなとか、こんな風に弾けばよかったのかとか、いまでは手遅れですが、さまざまなことを思いながら彼のプレイに釘づけになっていました。

e0021965_20273086.jpg
 休憩時間に京子ママがハービー・ハンコックやディー・ディー・ブリッジウォーターのエピソードを教えてくれました。こういう話がそのうち何かの役に立つんですね。写真は明かりが足りないので、ぼくの顔が崩れています。
 そうそう、昨日とおとといですが、立て続けに新刊の2冊が出来上がってきました。どちらもいい仕上がりに満足しています。1週間後くらいには店頭に並んでいるはずです。見つけたら買ってくださいとはいいませんが、ぜひお手にとってぱらぱらとめくってやってください。
[PR]
by jazz_ogawa | 2007-09-05 20:39 | Works | Trackback(3) | Comments(8)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/6407267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from マンション・不動産日記 at 2007-09-05 23:29
タイトル : マンション
マンションや不動産の情報を紹介... more
Tracked from タナカニコのJAZZ生活 at 2010-09-01 22:23
タイトル : 鳥越啓介とタナカニコ
ベースの鳥越啓介さんは、妹尾美里トリオ、宮野寛子トリオなどで活躍している 人気ベーシストです。鳥越さんのベースは、ギターを弾くようにメロディーを奏で る演奏スタイルが印象的。とっても美しくしなやかなベース演奏でした。また、風 貌も爽やか系のイケメンお兄... more
Tracked from タナカニコのJAZZ生活 at 2011-12-24 12:32
タイトル : 田辺充邦とタナカニコ(11)※動画付き
そして、人気ギターリストの田辺充邦さん。田辺さんが演奏すると、 周囲はとっても温かくなります。田辺さんがしゃべると、周囲はとっ ても幸せになります♪この日弾いた「I Wish I Knew(?)」は特に素 晴らしかったです。そして、休憩タイムでは、ニコとDU... more
Commented by だいすけ at 2007-09-06 16:11 x
ライブをハシゴされるとはすごい体力ですね!
悲しいことに京都はあまりライブハウスがありません。
引き換え、東京にはライブハウスがひしめいているような印象があります。
そう考えると、東京って色々と便利だなぁと思います。
仕事帰りにちょこっとよって帰れるライブハウスなんかなんともいい感じがします。

Commented by jazz_ogawa at 2007-09-06 17:02
だいすけさん、ぼくもはしごは久しぶりです。昔はしょっちゅうやっていましたが。
27日に発売になる『男の隠れ家』では各地のジャズ・スポットが紹介されます。書店で見かけたら、チェックしてみてください。
Commented by 浦島 at 2007-09-07 08:36 x
ボディ&ソウルには2度行ったことがありますが、おしゃれなところですね。ベースの鳥越啓介さんは生で聞いたことがあります。ウッドベースでエレキベースを弾いているようなことまでできました。とても感動的な演奏でした。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-07 08:46
浦島さん、「ボディ&ソウル」は、それこそ「男の隠れ家」的な店で、いい感じですよね。女性のお客さんも多いので、「女性の隠れ家」的でもありますが。
Commented by venjamin at 2007-09-09 16:57 x
私はジャズ初心者で、小川さんの文献もたくさんそろえました。北海道もジャズライブの店は札幌がほとんどで、周辺にはほとんどありません。こんどチックコリアにむけてBle note周辺に3泊の宿をとり仕事出張を計画したのですが、服装はどうすべきか、初Blue noteなので教えていただきたいのですが.....
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-09 18:20
venjaminさん、「Blue Note」ですが、雰囲気としてはおしゃれなレストランに行ったときのことを想像してください。ただし、ジャズ・クラブですからジーンズにTシャツのひともいれば、スーツやドレスのひともいます。妙な格好でなければ、寛げるものでいいんじゃないでしょうか。
Commented by venjamin at 2007-09-09 21:47 x
ありがとうございました。今回の出張は夜はすべてチックとメセニーでジャズにひたろうとおもいます。余裕があれば「ボディ&ソウル」も見物にいきます。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-10 10:25
venjaminさん、ぼくもそのあたりのライヴには顔を出していると思います。もし見つけたら、声をかけてください。
<< 2007-09-08 マイケル... 2007-09-03 Jimm... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム