小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-09-24 チック・コリア・インタヴュー
e0021965_20333891.jpg
「東京JAZZ」の合間を縫って、22日の土曜日にチック・コリアのインタヴューをしてきました。現在ユニヴァーサルから、単体のCDとして毎月チックのトリオ作品が発売されています。12月にはそれらと未発表演奏を纏めた『ファイヴ・トリオズ』というボックスセットが出ます。インタヴューはその解説書用です。
 事前にチックから、インタヴューは90分とリクエストを受けていました。こういうのは非常に珍しいです。アーティスト側から時間を指定してくることなど、ぼくはこれまで一度も体験していません。それと、90分というのも異例の長さです。通常のインタヴューならせいぜい30分、長くても1時間です。90分という指定があったのは、よほどやる気になっているからでしょうか?

 しかし、チックにはチックの理由があったのです。そもそも、場所をどこにするかで「アレレ」と思いました。「インタヴューは土曜のレイト・アフタヌーン、軽く食事のできるところ」というリクエストがありました。焼肉党のチックです。ホテルのコーヒー・ハウスなら、焼肉は食べられないけれど肉料理ならいろいろあるし。そう考えていたら、「サラダが食べれるところ」とのご所望が追加されました。
「いつもと違うじゃない」とは思いましたが、ホテルのコーヒー・ハウスならOKでしょう。それで場所を押さえてチックの到着を待ちました。レコード会社が間に入っているのに、なんでぼくが場所取りまでしなくちゃいけないのよ、と思いましたが、担当者はこのところ「東京JAZZ」で忙しく、テンパっていたので、まあいいです。

e0021965_2034211.jpg
 それでチックに会った途端、驚きました。痩せていたのです。昨年の「東京JAZZ」のときは太り気味で、明らかに焼肉の食べすぎでした。しかし、聞けばあれから30ポンドの減量をして、あと20ポンドは痩せたいというではありませんか。
「それで聞きたいことがあるから」というので、90分と時間を長めに言ってきたのでした。インタヴューはなかなか始められません。なにせノン・アルコールのお酒のこととか、焼肉はやめてヴェジテリアンになったから、美味しい炉端焼きの店はないかとか、そんなことばかり聞いてくるんですから。
 それはいいんですが、「これ医療相談だから、有料ですよ、保険は入ってますか?」と、こういうときの決めゼリフを言うと、「ここはわたが奢るから」と冗談で返してきます。こういうチック、ぼくは大好きですね。
 そのことより、恐れ多くも偉大なジャズ・ピアニストから相談を受け、それに対して軽口を叩いているぼくはなんて幸福者、あるいは神をも恐れぬ不届き者かとあとで思いました。

e0021965_20342336.jpg
 でも、チックが体のことを気にしているのは嬉しい限りです。彼は何年かに一度、食生活を変えます。以前はマクロビオティックにはまり、渋谷の自然食レストランに何度かつき合わされました。あのころのぼくは肉食人間だったので、ホント参りました。
 肝心のインタヴューは、そのことが弾みとなって、ぼくの得意技である脱線話に次ぐ脱線話で、いろいろなエピソードを聞かせてもらいました。いつか本にしたいと思っている『ジャズ・ロックの真実』関連の話として、「スペイン」誕生についても語ってくれました。
 このチックの代表曲、30分で書いたそうです。ただし、ラストの部分が気に入らず、一度書き直して、やはり最初のほうがいいと元に戻すのに30分、合計1時間で完成しました。有名なフレーズが3拍子と5拍子の組み合わせなのか4拍子なのかというぼくの質問に対しては、買ったばかりの自慢のペリカンのシャープ・ペンシルで譜面まで書いてくれました。チックの応えは4拍子なんですが、譜面は2拍子になっています。その心は、「これがわたしのヴァージョン」ということです。

e0021965_20344370.jpg
 ぼくはそういうところは抜かりがないので(?)、その場でマネージャーにこの譜面を本に掲載していいとの許可をもらっておきました。そういうわけで、簡単な手書きの譜面ですが、ここでも紹介しておきます。これ、考えてみたら家宝になりますよね。

 ホットな話としては、現在ジョン・マクラフリンとのユニット結成や、アル・ディメオラ~スタンリー・クラーク~レニー・ホワイトでのRTF再結成、さらにはボビー・マクファーリンとジャック・デジョネットとの3人でコンサートを開く計画などがあるそうです。これらがひとつでも実現したら、楽しいですね。わくわくします。

 明日は、「ブルーノート東京」でチックと上原ひろみさんのデュオを聴いてきます。去年の「東京JAZZ」で実現した顔合わせの再現です。今回はメールでやりとりしながら打ち合わせをしたそうです。昨日はリハーサルもやっています。で、明日のステージはヴィデオの収録もするそうです。どんな演奏が繰り広げられるのか、楽しいことがこのところたくさんあって、本当にぼくは幸せですね。こういう感謝の気持ちは忘れないようにしないと。
[PR]
by jazz_ogawa | 2007-09-24 20:41 | Works | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/6514742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 高橋 at 2007-09-25 07:00 x
ジャズ初心者(以下)の私でもチック・コリアは知っていました。痩せて顔つきが精悍になってまったく違う人という感じです。しかし太っているときでも眼差しが知的で風格があるという感じです。譜面も素晴らしいですね!小川さんは翻訳もされるそうで(「ジャズメン2」のあとがきによると)チックとの冗談も英語でスラスラと出たのでしょうね。貴重な映像ありがとうございました。
Commented by 浦島 at 2007-09-25 07:01 x
小川さん、本当に幸せ者ですね。せめて私は小川さんとチックとの席の隣の席に座りたかった! 最近は「小沼ようすけ」さんが演奏する「スペイン」が気に入っています。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-25 07:33
高橋さん、ぼくの英語は本当にひどくて、全然スラスラではありません。ミュージシャンと話して覚えた、みたいなところもありますので、かなり自己流です。でも「通じればいいや」と居直り、発音もひどければ、文脈もひどいです。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-25 07:35
浦島さん、ぼくもいろいろなひとに会ったりインタヴューをしたりしているときに、「これって夢じゃない?」と思うことがしばしばです。ありがたいことと思っています。
Commented by NetHero at 2007-09-25 17:28 x
小川さん、ご無沙汰です。
ボビー・マクファーリンとジャック・デジョネットとの3人でコンサートを開く話は今年2月に発表されたL.A. Downtown にある Walt Disney Concert Hall の予定表に来年の4月16日に実行とのことが載っていて余りに先の話で驚きました。でも本当にするつもりらしく目下チケットも発売されています。
話は変わりますが、あちこちのブログで読んだんですが、チックの『ファイヴ・トリオズ』の販売の仕方がかなり不評のようですね。なんでも最後のアルバムだけは別販売されないとか、、、。落胆しているファンも多いようです。
まぁ、アメリカで直接入手出来ないので私には余り関係のない話ですが。(泣)
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-25 17:53
NetHeroさん、コンサートの予定があるんですね。そこまでは知りませんでした。いい情報をありがとうございます。
『ファイヴ・トリオズ』の販売方法に関しては、レコード会社も考えがあってのことなので、ぼくにはなんともいえません。ただし、アメリカでもそのうちチックのホームページで発売されると聞いています。こちらはボックスセットのみの販売のようです。
Commented by venjamin at 2007-09-25 20:53 x
写真から拝見すると、チック本当にやせましたね。「明らかに焼き肉の食べ過ぎでしたが」の部分には笑いましたが、楽しいエピソードいつもありがとうございます。それにしても、30年間もいつも精力的な活動、さらにここ数年をみても新しいチャレンジを続けて、それも全てとても質が高い、こんなアーティストはチックだけです。ボックスの解説楽しみにしています。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-25 23:10
venjaminさん、写真では顔しかわかりませんが、胸周りも以前より少しほっそりしています。まだお腹は出ていますが、本人いわく「顔、胸、お腹の順でやせていく」とのことでした。顔は、痩せたというか小顔になっていました。
Commented by koolpaw at 2007-09-26 02:29 x
こんにちは。

うわ!スペインの冒頭の主旋律ですね。自筆・・・。「医療相談」料きちんと払ってもらえた気がします(笑)。

是非ハンコックとウイントンにも医療相談を施して、それぞれアイ・オブ・ザ・ハリケーンとJムードの楽譜を相談料として請求してください(違)。あ~ショーターも、ネフェルティティが本人の頭の中でどうなってるかも知りたいです!
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-26 07:51
koolpawさん、ハンコックには以前「処女航海」の一部を和音つきで書いてもらいました。あと、ロリンズの「セント・トーマス」もあります。別にコレクションしている気はないんですが、いくつか集まってきましたね。
Commented by megawatt at 2007-09-26 11:59 x
いつも貴重な情報を紹介して頂いてありがとうございます。

ジョン・マクラフリンとチック・コリアのユニットですか!! ありそうでなかった組み合わせですね。マクラフリンはかつてスーパーギタートリオでスペインを演奏していますが、やはりチックとのユニットでも演るのでしょうかね。

そしてスペインと言えば、スーパーギタートリオの演奏も素晴らしいですが、私はボビー・マクファーリンとチックのデュオが好きです。92年に出た「Play」というライブCDです。前奏のアランフェスからスペインのメロディをマクファーリンがスキャットするのですが、軽快でいいんですよね。そう言えばこの二人2003年にもデュオしてますね。そこにジャック・ディジョネットが加わるのですか・・・。楽しみですね。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-26 20:28
megawattさん、『Play』の前後だと思いますが、「カーネギー・ホール」でボビー・マクファーリンとのデュオを観ました。そのときはボビーが客席に下りていき相当に盛り上がりました。
それからボビーがニューヨーク・フィルを指揮して、チックがピアノを弾くコンサートも「リンカーン・センター」で観たことがあります。これも素晴らしかったです。
自慢話みたいになってすみませんが。
Commented by NetHero at 2007-09-27 02:30 x
小川さん、megawattさん、横からすみません。
ジョン・マクラフリンとチック・コリアは、過去にたびたび共演しているらしく、10年ぐらい前に出たチックの5枚組みCDボックスセットのパンフレットに拠れば、Frequent duo partner と2人のことを表現しています。
因みに、このボックスセットには1982年のモントルーフェティバルでの2人の共演曲 "Beautiful Love" が入っています。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-27 07:55
NetHeroさん、チックとマクラフリンはマイルス時代からの付き合いですから、何度も共演しているんでしょうね。とくに最近はコンタクトをとりあっているようで、共演メンバーなんかも推薦してもらっているといっていました。ユニットとして活動するかどうかわかりませんが、ふたりの共演がきちんとした形で残されるといいんですが。
Commented by NetHero at 2007-09-27 15:55 x
小川さん、今回の当方の書き込みは申し訳なかったです。
送信ボタンを押しても何の変化も無いので、待ちきれず4回ほど押してしまいました。ひょとして?と思って小川さんのブログを抜けて他のブログに行って再び小川さんのブログに戻ると、何と!!
私の書き込みが4個とも載っていました。慌てて余分な書き込みを消そうと日付横のXを押したのですが、何度押しても消去確認のウインドウが現れて来ません。仕事に行く時間が迫ってきたので止むを得ずそのままにして出かけました。今日一日中気になっていたのですが、小川さんの方で消去してくれたようで本当にありがとう御座いました。
お手数をおかけし、申し訳御座いませんでした。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-27 17:20
NetHeroさん、まったく同じコメントでしたので何かの手違いと考え、こちらで勝手に消去しておきました。機械ですから、うまくいかないこともいろいろありますよね。また、何かコメントがありましたらよろしく。
Commented by megawatt at 2007-09-27 22:49 x
NetHeroさん、ジョン・マクラフリンとチック・コリアの共演についての言及で私も思いだしました。こんなセッションもありましたね。
ラリー・コリエル名義の「Spaces」、ウェイン・ショーターの「Super Nova」、91年にもオーストリアでチックのライブにマクラフリンがゲスト参加しているようですね。二人のいずれかの名義のアルバムがないので珍しいと思ったのでしたが、確かにマイルスバンド以来の付き合いですものね。小川さんの言う通り、私も両者の共演がきちんとした形で残されることを期待したいです。

Commented by ゆっピー at 2007-09-28 10:26 x
はじめまして。
以前、ピットイン40周年というブログを見つけてから時々読ませていただいています。
しかし、私には分からないジャズ世界のお話や知らないミュージシャンの名前がずらっとでてくるので、読むだけでした。すみません。
ところが、今日は、教えていただきたいことがあってメールしました。
先日、「渡辺貞夫アット“ピット・イン”」紙ジャケを購入し、初めて聞いたのですが、私の知っている貞夫さんとは違った音をしていました。それに、共演者のピアノ・ベース・ドラムのソロがとってもカッコよく新鮮でした。
このアルバムやミュージシャンについてご存知のことを教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-28 18:08
ゆっピーさん、コメントありがとうございます。
渡辺貞夫さんは、もともとこういうスタイルの演奏をしていました。当時はフュージョン系の演奏がメインでしたが、このときはこの手の演奏をさせたら最高のリズム・セクショだったシダー・ウォルトンのトリオを招いてライヴを行いました。ぼくもこのときは「ピットイン」にいましたが、それは素晴らしい演奏だったことを覚えています。
Commented by ゆっピー at 2007-09-29 00:41 x
お返事ありがとうございます!
ええ!この録音の時に生で聴いていらっしゃったのですか、羨ましいです!!!
この時のドラムは亡くなったと聞きました。残念でなりません。
アルバムだけでも、大切に聞いていきたいと思っています。
話は変わりますが、私は毎年、貞夫さんのSTB139に行っています。
今年は、明日から10月4日まであるので、4日に行きますが、小川さんは、行かれたりなさいますか?もし、行かれる様なことがあれば、感想をお聞きしたいです。
ちなみに、私は、貞夫さんのファンなので、貞夫さんのライブはいつも楽しくて嬉しいと思ってしまいます。プロのご意見を聞きたいのでよろしくお願いします。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-29 00:45
ゆっピーさん、残念ながらぼくは明日(もう今日ですが)からニューヨークに行ってきます。サダオさんのライヴ、楽しんでください。
<< 2007-09-26 チック・... 2007-09-23 今年の「... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム