小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-06-25 第2弾と第3弾
e0021965_12264291.jpg
 ようやくぼくのところに刷り上った本が届きました。先日の『ジャズマンが語るジャズ・スタンダード120』(全音楽譜出版社)に続いて、『決定! JAZZ黄金コンビはこれだ!!』(河出書房新社)と『ザ・ブルーノート、ジャケ裏の真実~1500番台ライナーノーツ全解読』(講談社)です。
『黄金コンビ』は本日、『ザ・ブルーノート』は明日から店頭に並ぶことになっていますが、配本の関係で若干ずれることもあるでしょう。さきほど確認しましたが、Amazonではどちらも受け付けています。

『黄金コンビ』はこの間宣伝しましたから、今回は『ザ・ブルーノート』の宣伝をしておきます。6月30日の朝日新聞・夕刊に打つ広告のキャッチ・コピーは「ジャズの世界的名盤のジャケットの裏に、アメリカの評論家は何を書いていたのか!?」

e0021965_1227251.jpg
 今回の本は、このコピーからもわかるように、オリジナルのライナーノーツに書かれていた興味深い内容を拾い出し、そこから当時の評価やジャズの状況がどんなものだったかを書いたものです。
 とはいっても、それがすべてではなく、その上でアルバムの紹介になることもいろいろ書いてみました。簡単にいえば1500番台のディスク・ガイドですが、ライナーノーツの文章を引用しながら、ぼくなりの解釈でそれぞれのアルバムを紹介したという形でしょうか。

 ブルーノートのライナーノーツって、ぼくたちが知っているいろいろなエピソードの出典に結構なっているんですね。過去にいろいろなひとが、さまざまなことをここから引用してきました。それがいつの間にか定着したようです。出典は不明になっていることが多いんですが、改めてすべてのライナーノーツを読んでみて、そのことを実感しました。ただし、それらをこの本で紹介してもあまり意味はないので、この本ではどうでもいいエピソードやトリビア的なものを優先しています。
 ブルーノートの場合、ひとりのアーティストが何枚もアルバムを出しているので、筆者が違っても同じような情報が繰り返し出てくるケースがあります。たとえばジミー・スミスは1500番台の98枚中に13枚の作品を残しています。そうなると、どうしても内容が似てくるので、それらの中から興味深いものを探して引用するのは意外と大変でした。
 でもこの本を読んでいただければ、1950年代半ばのニューヨークにおけるジャズ・シーンがどんなものだったか、当事者が書いた文章を紹介しているので、ある程度は実感してもらえるかもしれません。
 それからもうひとつ。帯には平野啓一郎さんがコメントを寄せて下さいました。大作『決壊』の出版準備でお忙しい中、ありがたいことです。
 ところで、今年はアルフレッド・ライオン生誕100周年です。それもあって、この本を出しました。彼がいなければ、多くのジャズ・ファンもそうでしょうけれど、これほど楽しい人生は過ごせませんでした。ですから、この本にはライオン・トリビュートの思いも込めています。

e0021965_12322212.jpg
 それで、これもブログで紹介しましたが、「ライオン生誕100周年特集」のジャズ批評144号が昨日発売になりました。こちらは巻頭で、EMIミュージック・ジャパンの行方均さんとした対談が載っています。
 この本、口絵のカラー・ページが凄いです。ライオンがプロデュースしたアルバムのすべてが、10インチLPも含めて掲載されています。写真が小さいのは残念ですが、快挙といっていいでしょう。これだけでも見ごたえ十分ですから。

e0021965_12275711.jpg
 今月はもう1冊、本が出ることになっていました。ところが、こちらは諸般の事情で遅れています。印刷所に回っているということなので、刷り上るのは間違いないと思いますが、どうも流通の点でトラブルが生じているようです。
 新しい出版社なので、いろいろといじわるをされてるみたいです。問題もあるんでしょうが、みんなで仲良くやればいいのにねぇ。でも、ビジネスとなればそうもいかないのでしょう。それでも、ぼくだったら敵に塩を送りますけどね。
 それで、晴れて出版の暁には、こちらも宣伝させていただきます。
[PR]
by jazz_ogawa | 2008-06-25 12:34 | Works | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/8192687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Belle窶冱 bar at 2009-10-19 16:23
タイトル : ザ ブルーノート ジャケ裏の真実 1500番台
                       リアルタイムに何が起ったか *ザ ブルーノート ジャケ裏の真実            1500番台ライナーノーツ全解読 ジャズジャーナリスト、小川隆夫さん著の この本は ブルーノート1500番台(1501〜1600)の 英文ライナーノーツの全解読書です。 1953年〜1958年 ハードバップの時代です。 「ブルーノートの名物になっていたのが  レナード フェザーを...... more
Commented by sou-un at 2008-06-25 20:12 x
どれもとても興味深いですね。『ザ・ブルーノート』の方は特に読み応えが
ありそうですが、難産という『証言で綴る~』も気になります。でもレビュー
させて頂くのは『黄金コンビ~』かも(笑)ブルーノートはライオン生誕100周年で盛り上がっていますが、小川さんはもう丸の内のイベントに足を運ばれましたか?
Commented by jazz_ogawa at 2008-06-25 23:32
sou-unさん、ありがとうございます。興味のある本があれば、読んでいただけるとありがたいです。残念ながら丸の内には行っていません。
Commented by 加藤 一郎、直子 at 2008-06-28 01:33 x
小川さんこんばんわ。

昨年のN.Y.Jazz Tourにてお世話になりました、加藤親子です。

昨日27日、M.J.O.の、来日名古屋公演へ行って参りました。
最前列で、迫力あるサウンドは勿論、
マシューズさんの流暢でユーモアのある日本語のMCにも、
大盛り上がりでした。


演奏会終了後にはマシューズさんのサイン会も設けてあり、直接マシューズさんにもN.Y.の折の御礼も伝える事が出来、マシューズさんもお疲れのところにも拘わらず、ジョークで返して下さる等、充実の夜でした。

更に、帰りにはドラムスのテリーさん等バンドメンバーと、ツアーや音楽のお話が出来、
昨年、小川さんのご案内でスタジオ見学までさせて頂けたことは、アルバム『SPAIN』、そして今回のコンサートを隅々まで楽しむ、素晴らしいきっかけになりました。
本当に有難うございます。


これからも、もっとジャズの勉強をしてゆきたいと思います。
小川さんの執筆活動も楽しみにしております。


加藤 一郎、直子

Commented by jazz_ogawa at 2008-06-28 09:52
加藤さん、ご無沙汰しています。その後、お元気でしたか。
マシューズさんのライヴに行かれたんですね。個人的に知り合うと、聴こえてくる演奏も違ったのではないでしょうか? これからもいろいろお楽しみください。
昨年のツアーがおかげさまで好評でしたので、今年も11月の予定で、ただいま企画中との話を受けています。これでまた素晴らしい出会いができたらぼくも嬉しく思います。
Commented by IT起業研究所代表小松仁 at 2008-06-30 18:04 x
精力的で素晴らしいご執筆活動ですね。
逐次購入し、楽しんでおります。
いま「ジャズ楽屋噺」を読み終えたところですが、まさに「愛しきジャズマンたち」で、この人たちのユニークというか素晴らしいキャラクタがジャズを支えているような気がします。
Commented by jazz_ogawa at 2008-06-30 20:29
小松仁さん、いつもご購読ありがとうございます。まとめて出してしまいましたが、ご自分のペースでお楽しみいただければ嬉しいです。
Commented by 加持顕 at 2008-07-01 23:19 x
小川さん、こんばんわ。

『ザ・ブルーノート』は、『続・ブルーノートの真実』的な濃厚な内容ですね。アルバムのディスコグラフィーもしっかりしているのには驚きました。

サイン入りのものが欲しいなと、ふと思ったのですが・・・・・。
Commented by jazz_ogawa at 2008-07-01 23:53
加持顕さん、お読みいただけたんですね。ありがとうございます。サインは、いつかどこかでお目にかかれれば、いつでもしますよ。
Commented by Lisay2 at 2009-10-19 16:46
ブルーノート ジャケ裏の真実1500番台、こちらも読ませていただきました。これも興味深く一気に読んでしまいました! 1500番台、4000番台、両方ともとてもいい本です。私は好きです。
今までたくさん聴いてきた人には、新しい発見があり、ジャズを
これから知りたい人には、とても良い道案内になると思います。
Commented by jazz_ogawa at 2009-10-19 23:59
Lisay2さん、両方ともお読みいただけたんですね。ありがとうございます。こういうコメントをいただくと大きな励みになります。感謝です!
<< 2008-06-29 どうもあ... 2008-06-22 『インデ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム