小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-08-03 雑誌『セオリー』のインタヴュー
e0021965_1122124.jpg
 昨日は講談社から発行されている『セオリー』の取材を受けました。ビジネス・パーソン向けの雑誌ということで、ぼくが履いている二足の草鞋に興味を持ってくれたようです。というか、種を明かせば、6月に講談社から出版した『ザ・ブルーノート ジャケ裏の真実』の編集者がこの雑誌の編集者でもあったことから、取材の対象に選ばれのが理由です。
 で、本の宣伝をばんばんすればいいのかと思っていたのですが、本の話題は一切出ず、医師としての生活についての質問がメインになりました。めったにインタヴューを受けることはありませんし、そういうときでも中心は音楽についてだったので、いつもと違って新鮮でした。

e0021965_11223620.jpg 実は、ぼくの仕事の形態は自分でも面白いと思っています。医師は、大学病院を含めてどこかの病院で勤務をしているか開業しているひとがほとんどです。ところがぼくはどこにも所属していません。かっこよくいえばフリー、実態はパート・タイムです。どこにも所属していません。院長との口約束だけで、曜日ごとに違う病院に行っています。
 最近では麻酔科医などがフリーで、仕事を頼まれた病院に行っては麻酔をかけるといった形態も出てきましたが、ぼくが大学の医局を辞めて個人営業みたいなことで仕事を始めた約20年前には、知る限りですが、そういう医師は見たことも聞いたこともありませんでした。

 こういうスタイルで仕事をするようになったのは偶然です。ぼくの人生はすべて偶然とラッキーの連続で、このときも結果としてラッキーでした。
 二束の草鞋を履きながらの医局員生活は精神的にも時間的にも無理なことはわかっていました。ありがたいことに音楽の仕事もどんどん増えてきて、ニューヨークでプロデューサーをやってみないかというお話もいくつかのレコード会社からほぼ同時にいただきました。そんな時期に、教授から呼ばれ、数年前から希望を出していた退局のお願いが急に認められました。
 あんまり急だったことと、教授が心変わりするといやなので、先の予定はまったく白紙だったんですが、その日のうちに医局会で退職の挨拶をしてしまいました。しかし、翌日からやることがありません。プロデューサーの仕事にしたって、ただお話があっただけで、具体的なところまで進んでいません。
 そこで、半年くらいニューヨークでブラブラしてくるかなぁ、なんて漠然と考えていました。ところが医局を辞めた直後にひとりの先輩から、「ブラブラしているんならオレのところを手伝え」との電話がありました。

e0021965_1123135.jpg
 先輩の命令は絶対です。相撲部屋みたいなものですから。それでとりあえあず週に2回働くことにしました。すると数日後に、別の先輩が「あそこで働いているなら、オレのところにも来い」です。「イエス」以外の言葉は禁句ですから、そこでも働くことになりました。
 結局、あっという間に毎日どこかの病院で働くことになったんですね。ですから、自分で考えたわけでなく、流されるままやっていたらこんな風になってしまったんです。
 これ、実は先輩たちが、「小川をあのまま放っておいたらロクなことにならない」と考えての申し出だったようです。助教授なんかも先輩たちに「小川をなんとかしてやれ」といってくれていたようです。
 この助教授もひどくて、ぼくが留学したときに「小川がちゃんと日本に戻ってくるか、そのままニューヨークに居ついちゃうか」で医局員たちと賭けをしたそうです。で、ぼくが日本に戻って医局に帰国の挨拶にいったら、助教授から「なんで帰ってきたんだ」と怒られました。この助教授、その後は教授になって、いまは名誉教授です。こういう話って、ぼく、好きですね。昨日のインタヴューでは話しませんでしたが。

 ところで、この『セオリー』ですがいつ発売されるのか聞き忘れました。発売の暁にはまた自慢させてもらいます。
[PR]
by jazz_ogawa | 2008-08-03 11:27 | Works | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/8410053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 医師求人募集転職全国情報.. at 2008-10-19 14:36
タイトル : 医師求人募集転職全国情報センター
高待遇の医師の求人募集転職情報のことならお任せください ... more
Commented by 高橋 at 2008-08-03 13:39 x
まさにサクセス・ストーリーですね,素晴らしい。和訳・解説された「ジャケ裏の真実」は最新刊の中でも特に売れているようです,翻訳者としても一流ですね。確か7日がお誕生日だったでしょうか、色々とおめでとうございます!
Commented by jazz_ogawa at 2008-08-03 14:20
高橋さん、サクセス・ストーリーなんかじゃないですよ。ラッキーなだけです。ありがたいことに寛容で親切なひとに恵まれた結果、現在のぼくがいるだけです。
高橋さんにだってこうやって気にかけていただいて感謝しています。
Commented by sou-un at 2008-08-03 22:42 x
なるほど!確かに麻酔科くらいしかフリーのお医者さんなんて聞いたこと
ないので、フリーのお医者さんってどのような感じなんだろうと思っていた
のですが、そういう経緯だったんですね。まさに人の縁ですね。『セオリー』という雑誌、店頭で見かけたら読んでみることにします。
Commented by jazz_ogawa at 2008-08-03 23:36
sou-unさん、医師の先入観として、どこかに所属していなくてはいけないという意識があるんでしょうね。ぼくにもこういう発想はなかったです。たまたまこうなっただけですから。
<< 2008-08-06 Inte... 2008-08-01 Work... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム