小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-09-27 『セオリー・ビジネス』にインタヴューが
e0021965_10385317.jpg
 以前このブログでお知らせしましたが、講談社から現在発売中のビジネス・マガジン『セオリー・ビジネス』(2008年 Vol.8)にインタヴューが掲載されています。タイトルが『小川隆夫流「仕事と趣味の一挙両得」な生き方を学ぼう』とは面映いですが、二足の草鞋を25年ほど履いてきた履き心地について語ったものです。

e0021965_10391175.jpg
 この記事を読んで改めて感じたのが、自分は「不器用」だということです。はたからは、器用にふたつの仕事をこなしているように写るかもしれません。でも、実際のぼくは立ち回りが下手で、要領もいいとは思えません。しかも、いい加減がモットーですし。

 それでも二足の草鞋をなんとなく履いてこれたのは履き心地がよかったからです。履き心地がいいというのは、周りの人が履き心地をよくしてくれたことにほかなりません。自分ひとりじゃなんにもできませんから。

e0021965_10392591.jpg
 不器用を自覚しているので、いい加減ではありますが、興味があることには熱中します。医療も音楽も熱中度は高いです。ですから、それぞれの仕事は自分が納得できるところまでやるようにしてきました。それでも、ほかのひとから見れば、いい加減なレヴェルで終わっているとは思います。

 ひとりよがりですが、自分が納得できればそれでいいと、いつのころからか思うようになりました。ただし医師の仕事は患者さんありきなので、ぼくひとりが満足しても意味はありません。この場合は、「患者さんが満足してくれればぼくも満足できる」と考えるようにしてきました。これが留学して学んだ一番大きなことです。

「2年間向こうに行っていてたったこれだけ?」と思われるかもしれません。ですが、ぼくは大切なことだと思っています。なんて偉そうに言っても、日常的に診察していると、反省することだらけです。

 毎日、病院からの帰り道に、「今日はあそこが駄目だった」とか、「もう少し親切に接するべきだった」とかの反省しきりです。しかもその反省がまったく生かされていない駄目医者なので、こういうインタヴューが掲載されるのは冷や汗ものです。「嘘ばっかり言ってら」と、ぼくのことを知っているひとからは言われそうです。

e0021965_10395576.jpg
 居直ってしまいますが、「このインタヴューは自戒を込めて」ということにしておいてください。ちょっと見栄を張ってかっこをつけ過ぎました。でも、嘘はひとつもついていませんし、すべてが真実です。自分で読んでもかっこいいと思うのは、いいところばかりを抽出したからでしょう。実際はこんなにかっこよくありません。

 まあ、このインタヴューに出てくる小川隆夫さんに一歩でも近づきたいとは思っていますが(笑)。 
[PR]
by jazz_ogawa | 2008-09-27 10:42 | Works | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ogawatakao.exblog.jp/tb/8674246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 高橋 at 2008-09-28 07:27 x
かっこよく書かれているのに弁解しなくても…と思いますが(苦笑)そこが小川さんのいい所なのでしょうね。2日のNHK-FMはこのインタヴューとブログどちらの小川隆夫さんか楽しみです。
Commented by jazz_ogawa at 2008-09-28 11:02
高橋さん、ありがとうございます。2日の放送、楽しんでいただけたらいいですが。
Commented by 加藤 一郎 at 2008-09-28 23:09 x
小川さん、今晩和。
名古屋の加藤です。

NY Jazz tour取り止めになり残念です。小川さんの案内のjazz studioの訪問、今回はpianoのEddie Higginsなので是非とも行きたかった。来年一月中旬にはNew Yorkへ行こうと計画して居ります。

今後も、小川さんのこのブログでJazzの勉強をしてゆきたいと思います。
Commented by 浦島 at 2008-09-29 06:08 x
小川さん、この土曜日に札幌で『証言で綴るジャズの24の真実』を買い、列車の中で読ませてもらいました。ケニー・バレル、チェット・ベーカーなど私の好きなアーティストの話があり、楽しめました。いよいよ番組の近づいてきましたね。深夜なので、録音するしかありません。最近は録音することなどないので、うまくできるかが不安です。北海道は寒くなってきました。
Commented by jazz_ogawa at 2008-09-29 07:30
加藤さん、物価高騰の折、この手のツアーは開催が難しいかもしれませんね。またの機会があれば、ぜひよろしくお願いします。
Commented by jazz_ogawa at 2008-09-29 07:33
浦島さん、拙著お買い上げありがとうございます。いつかまとめておきたいと思っていたインタヴュー集です。
この本とNHK-FM、楽しんでいただけたら幸いです。東京も寒くなってきました。
<< 2008-10-01 Work... 2008-09-24 ベニー・... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム