小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:映画&DVD( 170 )

e0021965_17381692.jpg
e0021965_17382002.jpg
マンハッタンを舞台にした映画では常連のマイ・アパートメント。2012年公開の『ブロークン・シティ』にも登場していました。どのアパートか、わかるひとにはわかります。


[PR]
by jazz_ogawa | 2015-11-03 17:39 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_09110528.jpg
 日曜日の22日に観て来ました。戦争映画にはあまり食指が動かないんですが、クリント・イーストウッドが監督という点に惹かれました。

 結果は予想に反してよかった。イラク戦争の話ですが、テーマは家族のあり方について。

e0021965_09111310.png
 イーストウッドはこのところずっとさまざまな形で家族のあり方を描いてきました。今回もその部分に感銘を受けました。

 日本では前作の『ジャージー・ボーイズ』から半年弱という短いインターバルで力作がふたつも公開される。老いてこの創造性は驚異としか言えません。こうなると次回作にも期待が大です。



[PR]
by jazz_ogawa | 2015-02-25 09:13 | 映画&DVD | Trackback | Comments(2)
e0021965_11463744.jpg
 それほど期待していたわけじゃなかったんですが、一昨日の日曜日に観てきました。

 NFLのドラフト会議当日のお話です。「ラジオ・シティ・ミュージック・ホール」が会場なんですね。

 NFLのドラフトには特殊な決まりごとがあって、そのルールを用いての駆け引きが物語の軸になっています。

 最初はよくわからなかったんですが、映画が進むに連れてなんとなくその駆け引きの面白さがわかるようになり、最後の10分くらいは引きずり込まれていました。

e0021965_11464123.jpg
 それにしても最初に驚いたのはケヴィン・コスナーの若いこと。以前とまったく変わっていないじゃないですか!

[PR]
by jazz_ogawa | 2015-02-03 11:49 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_7224598.jpg

 大きなスクリーンでも観たくて、年内のスケジュールを考えると昨日しか時間がなかったので、思い立って「ヒューマントラストシネマ有楽町」で観てきました。

 レナード・フェザーから始まり、トミー・フラナガンや当然のことながらビル・エヴァンスなど、実在の人物がいろいろと登場して、ジャズ・ファンはジャズ・ファンなりに、そうでないひとはそれなりに楽しめる映画でした。

 泣けるのは、終盤で父親から電話がかかってくる下り。モニカはかなりキツイ女性ですが、こういうひと、好きです。その彼女と父親の関係も映画の重要なポイントになっています。

e0021965_723388.jpg

 しかし、やっぱり歌うシーンが一番。いろいろなシチュエーションでモニカ役のエッダ・マグナソンがお馴染みのスタンダードをスウェーデン語で歌います。それがどれも印象的。

 ぼくの本業に絡んだことでいうと、モニカは強い脊柱側彎症を患っていました。そのため1999年に引退してしまうんですが、そのことは映画の中で一切触れられていません。それを加味すると別の話になってしまいますから、触れなくて正解かもしれませんが。

e0021965_723114.jpg

 ところでエッダ・マグナソンの「ブルーノート東京」公演はすでにソルドアウトだそうです。席は確保してあるんですが立ち見になるかも。こちらもいまから楽しみ。


 
[PR]
by jazz_ogawa | 2014-12-13 07:24 | 映画&DVD | Trackback(1) | Comments(0)
e0021965_10035654.jpg
 映画は封切り初日になるべく観たいぼくなので、この映画も初日の昨日、観てきました。平日の昼すぎということもあり場内はガラガラ。ゆったりとした気分で観ることができました。

e0021965_10035643.jpg
 ブラッド・ピットが出る映画には食指がそそられます。戦争映画はあんまり観たい気分ではないんですが、ブラッド・ピットだからね、ということで。

e0021965_10035942.jpg
 戦闘場面がこの映画でも売り物のひとつでしょう。中では戦車同士の戦いが面白かったですが、迫力がありすぎてちょっとぼくには厳しい。それよりは先輩兵士と若い兵士の微妙な心の通じあいに感じるものがありました。


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-11-29 10:05 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_23372294.jpg
 封切り初日マニアなので(苦笑)、11月15日に観てきました。

 悪くはないし、最後まで飽きずに観ることができました。DVDになったらもう一度観てもいいかなとも思っています。

 だけどストーリーは思いのほかありきたりで、見終わっての感想は「こんなものかな」といったところ。もっと破天荒な横領事件を期待していたんですけどね。追い詰められていく心理描写ももう少し観たかった。

e0021965_23372293.jpg
 大島優子が演じた銀行員のキャラクターが面白い魅力を発揮していて、これは拾いもの。

 自分としてはちょっと物足りない部分はあるんですが、楽しめた映画でもあり、ぼくの中では不思議な作品という感じかな。

e0021965_23372363.jpg


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-11-18 08:50 | 映画&DVD | Trackback | Comments(2)
e0021965_10443478.jpg
 先週の土曜日(11月1日)に銀座で観てきました。

 役者さんに実力派を多く揃えている最近の時代劇はどれも面白い、というのが印象です。

e0021965_10443450.jpg
 この映画もよかったです。

 ぼくの同級生も殿様役で最後の方にちょこっと出ます。ワン・シーンですが結構きちんとしたセリフがあって、『雨あがる』のときの殿様よりは立派な役者ぶりでおおいに感心しました。やっぱり血筋かな?

e0021965_10443458.jpg

 洋画もいいけど邦画もいい。映画は浮世のことをしばし忘れさせてくれる妙薬です。


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-11-05 10:45 | 映画&DVD | Trackback | Comments(2)

e0021965_09525178.jpg
 昨日観てきました。最初から最後までニコール・キッドマンの魅力で見てしまった映画とでもいえばいいでしょうか。

e0021965_09525672.jpg
 グレース・ケリーの優雅さには及ばないものの、現在の女優さんを見渡して、この役を演じるには彼女が最適、そんな印象を覚えました。

e0021965_09525680.jpg
 こちらが本物のおふたり。

e0021965_09525682.jpg
 それにしても衣装や建物の豪華さが素晴らしかった。あとは、ヒッチコック、オナシス、マリア・カラス、ドゴールといったひとたちがそっくりだったことも、ぼくには見どころでした。

e0021965_09525650.jpg
 この映画、昼過ぎの回を観たのですが、ウィークデイにしてはかなり混んでいました。封切られてから1週間ですが、この時間帯でこの集客はかなりいいんじゃないでしょうか。

 映画を観る前に、昨日は家から六本木経由で渋谷まで歩きました。

e0021965_09530347.jpg
 六本木では「東京映画祭」が開催中。

e0021965_09530342.jpg
 今年で27回目になるんですね。

e0021965_09530358.jpg

[PR]
by jazz_ogawa | 2014-10-25 10:06 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_17131116.jpg
 11日の土曜日に観てきました。今や日本を代表する役者の中井貴一と阿部寛が共演。

e0021965_17131111.jpg
 コメディでもいい味を出すおふたりですが、今回はシリアスなお話。仇討ちをする側とされる側とにわかれ、両者の思いが最後に交錯します。

 仇討ちはいつまで許されていたんだろう? なんて映画を観ながら思っていたら、ちゃんと仇討ち禁止令が発令される下りも出てきました。

 それでは最後まで武士だったひとは誰? なんてことも考えたんですが、こちらはわからず。

e0021965_17131171.jpg
 映画は仇討ちの下りが終わったあとがよかったです。清々しいというか、物事に区切りをつけたひとのホッとした思いが優しさとなって描かれます。観ている方も穏やかな気持ちになれる映画、ぼくは大好きです。

e0021965_17131119.jpg
 ちなみに柘榴坂は、高輪プリンスホテルに向かうときに登っていく坂です。しょっちゅうウォーキングで登ったり下りたりしていますが、ここにこんなドラマがあったんですね。


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-10-13 17:17 | 映画&DVD | Trackback | Comments(2)

 先週の土曜日、本業を終えたあと、「ONGAKUゼミナール」が始まるまでに時間があったので、この日に封切られた「ジャージー・ボーイズ」を観てきました。

 ブロードウェイのヒット・ミュージカルを84歳のクリント・イーストウッドが監督したフランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズの実録物語です。

 2時間半近い映画ですが、あっという間に終わった感じ。イーストウッドの音楽を愛する気持ちがあちらこちらに溢れていて、あまたある音楽映画の中でも出色の出来映えと思いました。ぼくにとってはここ数年で観た映画のベストでもあります。


 メンバーが独白するシーンをあちこちに散りばめていますが、中でもフランキー・ヴァリが娘を諭すシーンと、ラストで4人がそれぞれの思いを語る場面は泣けました。

 娘の死を乗り越えようとしてレコーディングした「君の瞳に恋してる」のなんと甘く切ないことか。

 多くのグループと同じで、頂点を目指しながらこのグループも解散してしまいます。ですが、この手のストーリーでは珍しいことにドラッグでのトラブルがグループ内には出てきません。

 面白かったのは若き日のジョー・ペシがちょこまかと登場してくるところでしょうか。仕草といい喋り方といい本人にソックリ。彼がフォー・シーズンズ結成に大きな役割を果たしたことも注目です。

 グループのメンバーで作曲家でもあるボブ・ゴーディオが入団前の15歳のときに作ったヒット曲「ショート・ショーツ」も登場します。日本では『タモリ倶楽部』の主題歌としてお馴染みのあの曲です。

 音楽映画としてだけではなく、ニュージャージーの貧しいイタリア系アメリカ人を描いた青春映画として観ても楽しめましたし、イーストウッドがジャズだけでなくこうしたポップスにも深い造詣と強い思いがあることがひしひしと伝ってきました。

e0021965_00262486.jpg


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-30 08:08 | 映画&DVD | Trackback | Comments(6)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム