小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
 昨日はライヴをはしごしてきました。ひとつめは横浜の「Motion Blue」で、キーボード奏者、クリヤマコトさんのTokyo Superjazz Orchestra。
 昨年の「東京JAZZ」でも大評判を呼んだファンク系ジャズのグループですが、昨日はフル・メンバーでなく、黒人コーラス3人組をフィーチャーして、ホイットニー・ヒューストンの「すべてをあなたに」とかドゥービー・ブラザーズの「ロング・トレイン・カミング」とかを迫力満点、ソウルフルに聴かせてくれました。そのほかにもクリヤさんのアルバム『ラテン・タッチ』から何曲か披露してくれて、相変わらずの達者なプレイに満足でした。
 クリヤさんとはちょっとした縁があります。数年前に、現代音楽やクラシックの世界で活躍しているサックス奏者の平野公崇さんのアルバムをプロデュースすることになったときです。その際、平野さんにジャズのひとと共演したいという希望があったので、クリヤさんにお願いしてアルバムを作りました。題して『ジュラシック』。これまでにない形で、ジャズとクラシックや現代音楽との融合が果せた作品と自負していたんですが、発売半年くらいで、残念なことにレコード会社が解散(倒産じゃありません)してしまいました。e0021965_0423674.jpg
 ステージが終わったあとに、楽屋で久々にクリヤさんとお話をしました。最後に写真を撮ろうと思い、デジカメを出したところ、充電切れで動きません。慌てて携帯で撮ってもらったがこの写真です。ちょっと惨めな画像ですが、実物のクリヤさんはもっとかっこいいですから。

 まあそれはそれとして、「Motion Blue」は非常にソフィスティケートされたジャズ・クラブです。こんな感じの店はジャズの本場、ニューヨークにもなかなかありません。例えば本家の「ブルーノート」なんか、「Motion Blue」や「ブルーノート東京」にくらべたら全然野暮ったい。席は窮屈だし、店内のデザインも古いし、感じも悪い。
 でも、ジャズ・クラブなんかはそもそもそんなものだったのかもしれません。あの「ヴィレッジ・ヴァンガード」だって、相当おんぼろだし。それがニューヨークのジャズ・クラブっていう味を出しているのかもしれないですね。
 ニューヨークにはニューヨークの、東京には東京の、それから横浜には横浜の、それぞれの街に似合ったジャズ・クラブがあるということなんでしょう。野暮ったいのもジャズなら、かっこいいのもジャズってことで、勝手に納得。

 てなことを考えつつ、買ったばかりの新車で渋谷に戻るも、首都高速が込んでいて1時間半もかかる始末。これじゃぁ、ドイツ製のスポーツ・カー(やったぁ)が泣くぜと、ぼくが泣きながら渋谷の「Ko-Ko」に行く。{KoーKo」はここ、なんて洒落てる場合じゃないけど、「Ko-Ko」は百軒店をちょっと入った横手の路地にある小さなお店。
 ここ(ややこしい)は「Motion Blue」とはまったく正反対で、10人も入ったら一杯になってしまう、昔ながらの町の喫茶店の風情。お目当てはリーダーの木内吉信さん、テナー・サックス奏者です。
 この狭いお店に彼のクインテットとゲストのフリューゲルホーン奏者が加わっての6人編成。着いたら、最後からひとつ前の「ブルー・ボッサ」を演奏しているところで、本当はもう1曲やって終わりの予定だったみたいです。が、サーヴィスでもう1曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」をやってくれました。優しいね。
 木内さんはしばらくニューヨークでミュージシャンやってたひとで、彼がニューヨークに旅立つ直前に、高田馬場のジャズ喫茶で紹介されました。15年くらい前だったかな? その後、10年くらいは向うで頑張っていました。その間、ニューヨークのぼくのアパートで開く新年会には常連で、いつもきむち餃子とかを持ってきてくれた思い出があります。
 そんな木内さんのプレイ、前に聴いたときよりよくなってました。落ち着きが出て、それは年齢から来るものかもしれないけど、なかなか聴かせてくれます。都内を中心にあちこちに出ているみたいなので、チャンスがあれば、聴いてください。e0021965_043421.jpg
 ということで、ここでも携帯でパチリ。荒い粒子のため、ふたりとも仙人みたいになってしまいました。木内さん、ごめん!
[PR]
by jazz_ogawa | 2005-07-31 11:55 | ライヴは天国 | Trackback(4) | Comments(12)
 やってしまいました! 「朝日カルチャー・センター」の講師デビューを。題して『小川隆夫のブルーノート・コレクション」。
 タイトルに自分の名前が入るのはとても恥ずかしいし、「小川隆夫」じゃひとは呼べないよと断ったのですが、「カルチャー・センター」の担当者に、「絶対大丈夫だから」と押し切られた格好で、この日になりました。
 ひと前で喋るのは苦手です。おおいに不安でした。でも、テーマがブルーノートなのでお引き受けした次第です。e0021965_0403368.jpg
 全部で3回。で、1回目の昨日は「オリジナル10インチLPで聴くクラシック・ジャズと初期のモダン・ジャズ」。
 一体、何人のひとが来るんだろう? 最初に掲載された朝日新聞の告知にはたった1行、「ブルーノート 小川隆夫」とあるだけでした。
 これじゃあ何のことかわかりません。まるで暗号のような感じです。1週間後におそるおそる担当者に訊ねました。
 「現在、3人の応募があります。これ、この時点ではいいほうです」
 本当かなぁ? 疑問はおおいにありましたが、まだ応募ゼロの講座も沢山あるとのことで、滑り出しはまあまあと考えることにしました。
 その後も「10人」になりましたとか、「15人です。これっていい数字です」と励まされながらも、「20人くらい集まっていただけるといいんですけれどねぇ」などと、担当者の本音も聞こえてきます。
 そして、ついに「20人に到達です」の連絡が2週間ほど前に入りました。「最後に駆け込みで何人かは応募してきますから」とも伝えてもらい、講座前日の連絡で「25人到達」。さらに当日、もうひとりが加わって、26人の受講生で無事「ブルーノート・コレクション」がスタートしました。
 対談やインタビューなど、相手がいる場合は喋りすぎるほど喋るぼくです。でも、ひとりで話すのはちょっとつらい。そこで、1時間半の講座を、1時間分は音楽、30分は話と割り振って、15曲用意しました。
 しかし、「喋るの苦手病」のぼくは、「話し出すととまらない病」にもかかっていて、それが少し顔を出してしまったようです。大分、押さえたつもりでしたが、結局は10曲目を聴いたところで時間切れ。残りは次回に持ち越すことになりました。e0021965_0405489.jpg
 でも、考えてみると、これはぼくの病気のせいだけではありません。ブルーノートって、話すことが実に沢山あるからです。創始者のアルフレッド・ライオンのことだけでも壮大な物語だし、このレーベルで録音したアーティストのひとりひとりにもエピソードが少なくありません。
 だから、ブルーノートは世界で一番のジャズ・レーベルと言われているのでしょう。音楽の裏に、いろんなストーリーがある──それがブルーノートなんですね。
 音を聴いて、それについてありきたりの説明をしたってつまらない。きっと、受講生の方も、そんな話より、もっとライオンやミュージシャンのことを知りたいと思うんです。そこに、ぼくがこの講座を開いた意味もあるんだろうし。
 というわけで、かなり控え目にしたつもりでも、結局はそこそこ話して、時間切れになってしまいました。
 次回は8月19日の金曜日。夜の7時~8時半、会場は新宿住友ビル47階です。2回目からの受講も可能ということなので、興味がある方は、03-3344-1945(教養一科)までご連絡下さい。テーマは「12インチLPで聴くブルーノートの歴史的名盤」。ちなみに3回目(9月9日)は「ファンキー・ジャズをオリジナルLPで聴く」です。
 ということで、次回もまた報告しますね。では、では。
[PR]
by jazz_ogawa | 2005-07-30 11:45 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(5)
 今日からブログ始めます。別にこれといった決意もないんですが、何となく気分一新という感じですね。

 仕事を終えて、夜、家に戻ってきたら、横の広場がビア・ガーデンになってました。朝はそんなそぶりものなかったのに、屋台でいろんなものを売っていたり、ディキシーランド・ジャズのバンド(!)まで入って、サラリーマンらしきひとでごった返しているんです。けっこうださい光景だけど、何か盛り上がっていて面白そうな空気が漂ってましたね。ぼくは行かないけど。e0021965_0383862.jpg
 そう言えば、ビア・ガーデンなんて大学以来行ってなかった。それもバンドマンとして出入りしてただけで、お客さんとしては1回も行ってない。数寄屋橋にある阪急デパートの屋上とか、神宮外苑の野外ガーデン(?)みたいなところとか、いろいろやったなぁ。最初はジャズ(と言ってもスタンダードとかボサノヴァ)をやってるんだけど、そのうちに面白くなくなってロック(サンタナとか)をやったら受けまくったこともありました。要は、そのときの乗りなんですね。で、ヴェンチャーズなんかをやった日には、時計の針が5~6年戻って、ゴー・ゴー・パーティみたいになったこともあったっけ。35年くらい前のことだから、楽しい青春の日々ですね。
 それにしても、このビア・ガーデン、毎日やるんだろうか? それとも、何かのイヴェントで今日だけなのかしら? 引っ越してきたばかりなので、そのあたりのことが全然わかりません。でも、バンドが入っているのは気になるから、しばらく続くようならちょっと覗いてみてもいいかな、と。

 ビア・ガーデンには行ったことがないと書いたけど、昔、赤坂にあったビア・ガーデンでジャズのライヴというかフェスティヴァルみたいなものをやっていたことがあって、それには行ったことがありますね。日本のミュージシャンばかりだったけど、ビルの谷間で、ちょっと風も吹いてきて、少しずつ周りが暗くなってくるのも効果的で、雰囲気は抜群でした。これまた30年以上前の話だけど、これをいまやったら絶対にうるさいって周りから抗議されるでしょうね。30年前はまだ東京もおおらかだったんですね。
[PR]
by jazz_ogawa | 2005-07-28 21:09 | 平凡な日々 | Trackback | Comments(3)
ジャズの仕事を始めて20年。この間に素晴らしいコンサートを聴いたり、魅力的なミュージシャンと出会ったり、思いもよらぬ楽しいことがいろいろありました。そんな体験がこれからも続けられたらいいなぁと思っています。

というわけで、ジャズや、ジャズと同じくらい大好きなロックやポップスなどにまつわるお話を、日々の雑感も交えながら、つれづれなるままに綴っていこうと思います。

根がいい加減なので、どうなることやら。まずはJAZZの歴史について書きました。興味があれば読んでみてください。

JAZZの歴史はこちらから

ああ、それと、もしよろしければ、疑問・質問などもお寄せ下さい。

宜しくお願いします。
[PR]
by jazz_ogawa | 2005-07-26 16:02 | 平凡な日々 | Trackback | Comments(61)
 1900年代初頭、ジャズはニューオリンズで誕生した。当初は黒人によるものだったが、すぐに白人もこのスタイルで演奏を始め、1917年には白人グループによって史上初のジャズ・レコーディングが行なわれる。
 ニューオリンズ・ジャズは、黒人が歌う黒人霊歌や労働歌やブルースを元にしたもの。かつてこの街がフランスの統治下にあったことから、そこに西洋音楽の要素も加え、さらにはニューオリンズ名物のブラス・バンドによる手法もとり入れて生まれたのがこの音楽。

★キーパーソン:ルイ・アームストロング

 ジャズの創世記にサッチモのニックネームで知られるルイ・アームストロングが出現したことも、ニューオリンズ・ジャズを発展させることに繋がった。トランペットで朗々とメロディを吹いたあとは、そのメロディを大胆に崩したアドリブを展開する。賑やかで陽気なサウンドはジャズの楽しさを目一杯に表現したものだ。
 サッチモのほかに、ニューオリンズからはみずからを世界最初のジャズ・ピアニストと名乗るジェリー・ロール・モートンやクラリネットの名手ジョージ・ルイスといったアーティストも登場している。しかしサッチモが残した功績にはかなわない。彼が1920年代にシカゴやニューヨークに出て演奏したことから、この音楽はたちまちにしてアメリカ中に広がっていく。
[PR]
by jazz_ogawa | 2005-07-10 11:54 | JAZZの歴史 | Trackback(2) | Comments(3)
 1920年代にジャズの街として花開いたのがニューヨーク。各地から腕に覚えのあるミュージシャンがこの街を目指してやってくる。それに伴い、彼らが出演する「コットン・クラブ」や「サヴォイ・ボールルーム」といった高級社交場が脚光を浴びるようになった。
 ところが華やかなローリング・トゥエンティーズの時代から、世の中は世界大恐慌によって一転する。そんな時代に、束の間の楽しみを求めるかのようにダンス・ブームが到来した。そのダンス音楽として持て囃されたのが、ベニー・グッドマンやデューク・エリントンたちが演奏したスイング・ジャズだ。。

★キーパーソン:ベニー・グッドマン

 ニューオリンズ・ジャズは賑やかなサウンドに特徴があった。一方、スイング・ジャズはスマートで洒落た演奏に魅力を発揮する。
 禁酒法が制定されたことでジャズ・クラブが閉鎖され、その結果としてダンス・ホールともぐり酒場がジャズ・ミュージシャンのおもな仕事場になった。そしてダンス・ホールで高い人気を誇ったのがベニー・グッドマンやグレン・ミラーのオーケストラ。
 中でも“スイング王”と呼ばれたグッドマンは、1934年から全国ネットで放送したラジオ番組『レッツ・ダンス』で人気者になり、1938年にはジャズ・ミュージシャンとして初めて「カーネギー・ホール」でコンサートを開催。ここに空前のスイング・ジャズ・ブームがやってくる。
[PR]
by jazz_ogawa | 2005-07-09 11:59 | JAZZの歴史 | Trackback | Comments(1)
 1940年代初頭、スイング・ジャズに飽き足らなくなった意欲的で創造的な若いミュージシャンが、仕事を終えたあとにニューヨークのハーレムでジャム・セッションを開始する。その中から生まれたのが、ビバップと呼ばれる(単にバップとも呼ぶ)新しいスタイルの音楽。
 スイング・ジャズ以前のジャズをクラシック・ジャズと呼ぶのに対し、ビバップ以降のジャズをモダン・ジャズと呼ぶのは、この音楽の登場によって、ニューオリンズ・スタイルに端を発したオールド・タイプのジャズが終焉を迎えたから。

★キーパーソン:チャーリー・パーカー

  チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、セロニアス・モンクなどの若手を中心にビバップは形を整えていく。
 それまでのジャズが1拍目と3拍目にアクセントを置いていたのに対し、ビバップではバック・ビートと呼ばれる2拍目と4拍目が強調される。それによって、演奏は熱気を帯びるものとなり、それまでのディキシーランド・ジャズやスイング・ジャズがアンサンブルを重視していたのに対し、ビバップではホットなアドリブ合戦が大きな売りものになった。
 とくにパーカーは、この時代に幾多の歴史的名演を残し、それが多くのミュージシャンに強い影響を与えた。その天才的な閃きに富んだプレイは、まさにビバップの熱気を音で表現してみせたもの。
 そして彼の奏法が定着した1940年代中盤になると、このビバップがスイング・ジャズにとって代わる主流となり、以後は多くのミュージシャンがこのスタイルで演奏するようになった。
[PR]
by jazz_ogawa | 2005-07-08 12:02 | JAZZの歴史 | Trackback | Comments(1)
 ニューヨークなどの東海岸では派手にアドリブを演奏するビバップが大流行していたが、ロサンジェルスを中心にした西海岸ではアンサンブル重視の演奏が持て囃されるようになった。
 西海岸で活動するミュージシャンは、映画やスタジオの仕事が多いことから譜面に強い。そこで彼らはちょっとしたジャム・セッションを行なうにも、アドリブを羅列するビバップとは違う、アレンジの施された演奏をしたのである。それが1950年代なかばからウエスト・コースト・ジャズと呼ばれるようになった。

★キーパーソン:チェット・ベイカー

 ウエスト・コースト・ジャズの芽生えは、ニューヨークで活躍していたマイルス・デイヴィスの演奏に端を発する。彼はビバップの中心人物のひとりだったにもかかわらず、派手なアドリブ合戦を好まず、繊細なプレイときちんとしたアレンジを重視していた。
 しかし、当時のニューヨークでそれは受けない。ところがそうしたスタイルで吹き込んだ『クールの誕生』が西海岸のミュージシャンを触発。
 中でも同じトランペットを吹くチェット・ベイカーは、“ジャズ界のジェームス・ディーン”に例えられるほどのルックスと、マイルス譲りの知的でクールなプレイによって映画スター並みの人気を博す。
 その人気をバック・ボーンにして、彼を中心にウエスト・コースト・ジャズが一大勢力としてシーンを席巻したのは1950年代なかばから10年間ほどのこと。
[PR]
by jazz_ogawa | 2005-07-07 12:03 | JAZZの歴史 | Trackback | Comments(2)
 ハード・バップは簡単に言うならビバップの発展形。ビバップに一層躍動的なビートやリズムを加え、さらにモダンな処理の施されたハーモニーとブルージーな要素を強調してみせたのがこのスタイルだ。
 ハード・バップはそれだけにとどまらず、さまざまな音楽と結びついてジャズを拡散させていく。むしろ、そちらの方が重要度では上かもしれない。1960年前後から登場してくるファンキー・ジャズをはじめ、フリー・ジャズ、ジャズ・ロック、ソウル・ジャズ、さらにはフュージョンの先駆的な演奏にまでハード・バップの影響はおよんでいる。

★キーパーソン:マイルス・デイヴィス

 イニシアティヴを取ったのはトランペッターのマイルス・デイヴィス。
 ビバップが全盛だった1951年に吹き込んだ『ディグ』で、マイルスはビバップのリズムをもっと複雑にした斬新なビートを提示する。このレコーディングで自信を得た彼は、クールなサウンドの追求はひと休みして、そうした従来にないビート感覚を試していく。
 一方、それまでとは異なるリズムをマイルスから伝授されたアート・ブレイキーとホレス・シルヴァーは、そのアイディアを発展させて『バードランドの夜』を録音。歴史的な観点から言えば、こちらが本格的なハード・バップを最初に記録する作品となった。
 しかしライヴの現場では、すでにマイルスや彼の周辺にいたミュージシャンが、ビバップから一歩踏み出す演奏を行なっていた。そして1954年にレコーディングされた『バードランドの夜』以後、ハード・バップに関するコンセプトは一般的なものになっていく。
[PR]
by jazz_ogawa | 2005-07-06 12:04 | JAZZの歴史 | Trackback(1) | Comments(2)
するジャズのこと。
 1950年代なかばに、セシル・テイラーやサン・ラは現代音楽から影響を受けた前衛的な手法をジャズに持ち込んでいる。またその直後には、オーネット・コールマンが従来のジャズには納まらない自由な発想で演奏を開始した。これらがフリー・ジャズの出発点。

★キーパーソン:セシル・テイラー

 それまでのジャズにおける手法や方法論に物足りなさや限界を感じていたミュージシャンが、音楽のルールを取りあえず無視して好きなことをやったのがフリー・ジャズ。しかしそれでは出鱈目もまかり通る。
 このスタイルの先駆者であるピアニストのセシル・テイラーは、混沌としたフリー・ジャズの世界でいち早くきちんとした音楽性を提示したことでも別格の存在。ジャズのルーツであるブルースと、前衛音楽の宝庫である現代音楽から得たさまざまな手法を結びつけて、彼はまったく異なるジャズの奏法と音楽性を確立した。
 テイラーの影響力は極めて大きい。その後にフリー・ジャズを演奏するようになったジョン・コルトレーンから日本の山下洋輔に至るまで、楽器を問わず世界中に彼のスタイルを継承・発展させているミュージシャンがいる。
[PR]
by jazz_ogawa | 2005-07-05 12:05 | JAZZの歴史 | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム