小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
e0021965_11465849.jpg
 毎週日曜日午後4時からの「Jazz Conversation」。ぼくとしては割りといい感じで回を重ねていると思っているのですが、お聴きになっている方はどうでしょう?

 やりたいことを好き勝手にやらせてもらっているわけですから、不満があるはずもないんですけど。やっぱり30分のコーナーを4本っていうのがいいんじゃないかなと、これは自画自賛。ダラダラしないで、30分毎に気分が一新できますから。

e0021965_11471481.jpg
 というわけで、明日のラインアップです。

Jazz Conversation #093(2011.10.30.放送)
①【16:00:最近の新譜から】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第93回:待望のウエイン・ショーターが参加)】
③【17:00:Meet The Star(第79回:ソフィー・ミルマン)】
④【17:30:アーティスト特集(第22回:ウイントン・ケリー)】

e0021965_1147289.jpg
 トロント在住のソフィー・ミルマン。インタヴューしたのは今回が初めてですが、最初からフランクというかオープンというか、若いのに感じがよくてチャーミングな女性でした。

e0021965_11474737.jpg
 窓からビルの夜景が見えるように写してもらったんですが、わかりますか?

e0021965_1148364.jpg
 ウイントン・ケリーは代表的な名盤から3曲を選んでみましたが、どれも長い演奏なので最後まで聴けるかどうか? 30分の番組だと、場合によってはフェイドアウトせざるを得ない演奏や歌が生じます。だからといって1時間にすると飽きるかもしれないし。そう考えると、メリハリをつける意味でもやっぱり30分がぼくには快適です。

 それでは明日の午後4時、InterFMでお耳にかかりましょう。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-10-29 11:49 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_10213118.jpg
 この夏から秋にかけてはポール関連で散財しましたが、そのほかにもコレクションの対象がいろいろあるので、いつもあちこちに目を光らせていなければなりません。それが楽しみではあるんですけど。

 話題になっているミック・ジャガーのソロ・プロジェクト、スーパーヘヴィに関してはすべてが揃いました。トップの写真は、左がLP(EU盤)、黒いジャケットのCDがボーナス・トラック4曲入りのデラックス・エディション(上から国内盤、US盤、EU盤)、右の赤いジャケットが通常盤で、こちらは国内盤は出ていません。

e0021965_10214882.jpg
 右上のジャケットのアップがこちら。これはインドでだけ発売されたシングル盤。インド人のA・R・ラフマーンがメンバーだから、出たのでしょう。

e0021965_1022691.jpg
 ストーンズ関係では「エド・サリヴァン・ショウ」のDVDがようやく正式に発売されました。ついでに、先日出たSACD+SHM CD盤も一緒にパチリ。こちらもだんだんカタログ数が増えています。

e0021965_1022233.jpg
 これはもうすぐ出るコンプリート・ヴァージョン。

e0021965_10224257.jpg
 大きな画像がないですが、こちらは6回出演した中から3回分をチョイス。プラケース仕様らいしいです。

e0021965_10225483.jpg
 11月14日には『サム・ガールズ・ライヴ・イン・テキサス '78【初回限定盤Blu-ray+CD/日本語字幕付】』というのも出ます。このDVDは4ヴァージョン出ますが、これを買えばいいかな、と。

e0021965_1023832.jpg
 11月には『サム・ガールズ』も、通常CD、デラックス・エディション、スーパー・デラックス・エィション、LPの4種類が出ます。これも各国盤を揃えるとなれば大変。

e0021965_10232559.jpg
 イギリスの雑誌『MOJO』は見逃せないCDがおまけについてきます。最新号は右のジョージ特集。彼の曲のカヴァー集つきです。

e0021965_10233747.jpg
 買いもらした『MOJO』の「サージェント・ペッパー」特集。そのおまけのCDが市販もされるようになったので、買っておきました。雑誌も欲しかったのですが、仕方がない。

e0021965_10235432.jpg
 ジョージのDVD。ギター・フィギュアつきのコレクターズ・エディションです。

e0021965_1024664.jpg
 同じ発売元のワーナージャパンからはジャコ・パストリアスのベース・フィギュアつきボックスも発売されています。

e0021965_1024189.jpg
 2台を並べてみました。いい感じでしょ?

e0021965_10243465.jpg
 これも予約してあるのですが、『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド コレクターズ・エディション』(未発表音源10曲SHM-CD付き)。国内盤は12月23日発売だそうです。

e0021965_10245017.jpg
 ジュリアン・レノンの『Everything Changes』はUK盤しか出ていないみたいです。AmazonでUS盤が出ていたので注文してみましたが、送られてきたのはUK盤でしたから。

e0021965_1025655.jpg
 ポールの『オーシャンズ・キングダム』も全部揃いました。真ん中のCDは上から国内盤、US盤、EU盤。

e0021965_10251869.jpg
 これはUSプレスのプロモーション盤。

 以上、最近の収穫と現在予約中のものをまとめておきました。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-10-27 10:29 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(3)
e0021965_10121920.jpg
 一昨日の日曜日に観てきました。トップ・ベーシストのひとり、クリスチャン・マクブライドがリーダーのグループ、インサイド・ストレイトを聴くのは今回が初めて。サイドマンのときもそうですが、とにかく力強いベース・ワークは現代のレイ・ブラウンといったところ。

e0021965_10123722.jpg
 ソロも見事でしたが、安定感に溢れたバッキングは本当にご機嫌としかいいようがありません。このインサイド・ストレートは1枚だけアルバムを発表していますが、今回はヴァイブのウォーレン・ウルフ以外のメンバーが交代。このウルフとサックスのティム・グリーンをフロントに据えたクインテットの演奏は、チーム・ワークというより個々のソロに魅力を感じました。

 最大の収穫は22歳のピアニスト、クリスチャン・サンズ。テクニックもあれば歌心もあるし、表現力も抜群。小柄で少年っぽい顔立ちでしたが、とにかく抜群の腕前にびっくり。

e0021965_10131233.jpg
 終演後にクリスチャンにはインタヴューを。

e0021965_10132724.jpg
 このグループの話、最近出したビッグ・バンド作品(国内盤はなし)、さらにはもうすぐ出るデュエット・アルバムの話などを聞きました。

e0021965_10134298.jpg
 このデュオ作品『Conversation With Christian』は要注目です。スティング、チック・コリア、ハンク・ジョーンズ、アンジェリーク・キジョー、ジョージ・デューク、ビリー・テイラー、ディー・ディー・ブリッジウォーター、ロイ・ハーグローヴ、エディ・パルミエリなどとクリスチャンがデュエットを繰り広げます。

e0021965_10135646.jpg
 気さくな人柄で、日本にも友人が多いクリスチャン。あまりにもあちこちから誘われるので、宿泊先のホテルでは電話を取り次がないようにしてもらっているそうです。オープンで豪快。この日聴いたステージでもそんなパーソナリティが反映されていました。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-10-25 10:21 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_925277.jpg
 もちろん4時台も面白いですが(自画自賛)、5時台は1時間通しての「証言で綴る日本のジャズ」。今回のゲストは尊敬する評論家の大御所、瀬川昌久先生です。

e0021965_9254732.jpg
 瀬川先生は50年代に2回、仕事でニューヨークに駐在していました。その間に、「カーネギー・ホール」でチャーリー・パーカーを観たり、ブロードウェイにあった「バードランド」でアート・ブレイキーのクインテットを聴いたりしています。

 後者は、『バードランドの夜』が収録された当日ではないようですが、そのときのステージとのこと。このときは2週間出演していましたから。ということは、クリフォード・ブラウンも生で観ていたんですね。なんと凄い!

e0021965_926142.jpg
 そんなこんなの興味深い話が次々と飛び出してくる1時間。ぼくはお話を聞きながら、ぞくぞく、わくわくしていました。そのおすそ分けができれば、と思っています。

e0021965_9261153.jpg
 ということで、明日の「Jazz Conversation」はこういうラインアップです。

Jazz Conversation #092(2011.10.23.放送)
①【16:00:有名ジャズ・オリジナルをヴォーカルで~モダン・ジャズ編】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第92回:マイルス・イン・ジャパンの重要性)】
③【17:00:証言で綴る日本のジャズ(3)~瀬川昌久(1時間)

e0021965_9262646.jpg
 それでは午後4時、InterFMでお耳にかかりましょう。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-10-22 09:27 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_9315342.jpg
 去年に続いての来日です。去年はインタヴューもさせてもらいましたが、一昨日の18日は聴衆のひとりとしてゆっくりとマルコスのステージを堪能しました。

 今回は日本人女性シンガーのbirdさんもゲスト参加し、マルコスの作品でお馴染みの「サマー・サンバ」と「バトゥカーダ」、その合間にbirdさんのオリジナルが1曲歌われました。

e0021965_932839.jpg
 それとマルコスの奥方でシンガーのパトリシア・アルヴィも半分くらいの曲に参加したので、華やかなステージ、かつ盛りだくさんの内容になりました。終わったのが8時半すぎですから、通常より20分くらい長いでしょうか。個人的にはもう少しマルコスだけのステージを聴きたかったですが。

 バックのバンドは、トランペット、エレクトリック・ベース、ドラムスというシンプルなもの。いずれもお上手で、とりわけトランペッターのジェシ・サドキには感心しました。実にいい味を出していましたね。

 マルコスは最近のクラブ・シーンでも人気が高いひとです。とはいってもクラブ・ミュージック風の音楽ではなく、一昨日のステージではさまざまなブラジル音楽というかブラジルのリズムというか、そういうものが堪能できる内容でした。

 ぼくはボサノヴァからジャズに興味を持つようになりましたから、マルコスのヴォーカルとキーボード・プレイにも興味があります。こういう音楽に触れていると、浮世のいやなこともつかの間ですが、忘れることができます。いい夜でした。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-10-20 09:36 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_1034655.jpg
 先週の水曜日(12日)に「ブルーノート東京」で観てきました。89歳とはとても思えない元気さ。先日のミシェル・ルグランもそうでしたし、次回の「Jazz Conversation」に登場する評論家の瀬川昌久先生も87歳。みなさん、とにかくお元気で、若々しい。

 それでトゥーツですが、ひょうきんなおじさん(お爺さんではありません)といった雰囲気でステージを楽しげに進めていきました。お馴染みの曲を中心に、独特の哀愁を感じさせるプレイ。まさにワン・アンド・オンリーな存在感というんでしょうか。

 一番楽しんでいたのは本人かもしれません。楽しむことが若さを保つ秘訣。それを地で行く感じです。テーマをしっとりと演奏したあとは、たいていピアニストのカレル・ボエリーにソロを任せて、本人はお寛ぎの様子。この風情もいいです。

e0021965_10342185.jpg
 このレギュラー・カルテット(ベースはヘイン・ヴァン・ダヘイン、ドラムスはハンス・ヴァン・オーシュタハウトゥ)は昨年リリースされたアルバム『ヨーロピアン・カルテット・ライヴ』でも共演していましたから、チーム・ワークは抜群。

 そういえばカレル・ボエリーは、ヨーロッピアン・ジャズ・トリオ時代に何度かインタヴューをしたことがあります。いまやすっかり大人になっていました(当たり前か)。ちょっと懐かしかったですね。

 ハート・ウォームなライヴ。それはトゥーツの人柄から醸し出された雰囲気によるものでしょう。次の来日があるかどうかはわかりませんが、ぼくはこれが最後かなと思いながら、彼が生み出す音のひとつひとつを噛み締めていました。いい時間をすごさせてもらいました。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-10-18 10:35 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(8)
e0021965_11121361.jpg
 こういう内容です。

Jazz Conversation #091(2011.10.16.放送)
①【16:00:有名ジャズ・オリジナルをヴォーカルで~ジャズ・ロック&フュージョン編】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第91回:大反響を呼んだ初来日)】
③【17:00:Meet The Star(第78回:マイク・ノック)】
④【17:30:レーベル特集(第22回:パブロ)】

e0021965_11124631.jpg
 ぼくとしては、最初の特集「有名ジャズ・オリジナルをヴォーカルで~ジャズ・ロック&フュージョン編」がなかなか面白いと思っています。「ジャズ・ロック&フュージョン編」というからには続編も考えていて、そちらは次週「モダン・ジャズ編」として放送しようかな、と。

e0021965_1113793.jpg
 マイク・ノックさんの「Meet The Star」は、9月に「東京Jazz 2011」で行なったトーク・セッションの一部を用いて、彼の演奏をいくつか聴く、というもの。ぼくが強い興味を持っている1960年代末のサンフランシスコの話が中心になると思います。

e0021965_11133229.jpg
 今年もあと2ヵ月半ですが、このままどんどん飛ばして年末までいっきに駆け抜けていきたいですね。でもその前に、とりあえず今度の日曜日は「Jazz Conversation」を。16時からInterFMでやってます。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-10-15 11:14 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_9362448.jpg
 ポール・マッカートニー関連のその後です。

『マッカートニー』&『マッカートニーII』、その他については7月にとりあえずという形で紹介しましたが、だんだん各国盤が集まってきました。

 この2枚のアルバム、買うべきは、国内盤、US盤、EU盤の3種類。今回は4つのヴァージョンがあります。呼び名が国内盤と海外盤で異なりますが、ここは国内盤の呼び名がわかりやすいので、それを用います。

e0021965_9374971.jpg
①通常盤(1枚もの)
 US盤は出ていないので国内盤とEU盤の2種類。

e0021965_938090.jpg
②デラックス・エディション(2枚組)
 国内盤はパッケージがUS製でディスクが国内プレスのSHM-CD。US盤とEU盤(右)も手に入れました。

e0021965_938119.jpg
③スーパー・デラックス・エディション(DVD付)
 国内盤は②と同じ仕様。EU盤は見たことありません。今回はちょっと節約しようと、US盤は買いませんでした。これは次回のニューヨーク行きで買いますか。

e0021965_9382683.jpg
④LP
 AmazonUSでも買ってみましたが、送られてきたのはEU盤。国内盤は存在しませんから、EU盤だけなんでしょう。

e0021965_9384150.jpg
 Disk Unionでスーパー・デラックス・エディションを買うと特典でもらえる紙ジャケ用ボックス。裏は『マッカートニー II』のジャケット。

e0021965_9385315.jpg
 USのプロモーション盤。どちらも2CD+DVDの3枚組。デジパックで3枚組は市販のものにはありません。

e0021965_939490.jpg
 3曲の未発表ヴァージョンを含む6曲入り12インチLP。

e0021965_945557.jpg
 ポール関連では、ほかにもしばらく前に出た『Run Devil Run』『Driving Rain』『Chaos And Creation In The Backyard』がHear Music移籍に伴い再発売されました。『Chaos And Creation In The Backyard』のUS盤とEU盤がなぜか発売延期に次ぐ延期で、ようやく最近になって登場しました。
 左から、国内盤、US盤、EU盤。

 ポールが新録音を提供した2枚。
e0021965_9401592.jpg
『Steve Martin & The Steep Canyon Rangers/Rare Bird Alert』(US盤)。
e0021965_9402616.jpg
『V.A./Rave on Buddy Holly』は左から、国内盤、US盤(CDとLP)、EU盤。

e0021965_9404285.jpg
 こちらはビートルズ時代に映画音楽を担当した『Family Way Original Soundtrack』の再発盤。国内盤は出ていないので、US盤(左)とEU盤。

e0021965_9405354.jpg
 ポールの作品ではありません。Dave Depperが『ラム』の全曲をカヴァーした『Ram Project』(US盤)のCDとLP。

e0021965_941485.jpg
『Beatles 1』も左から、国内盤、US盤、EU盤を。

e0021965_9412826.jpg
 今月はポールが初めてバレエ音楽を書いた『Ocean's Kingdom』が発売されます。こちらも3ヵ国盤を集めるべく、予約を入れています。いまのところEU盤のLPにUS盤(左)とUSプレスのプロモーション盤のみゲット。EU盤は予約済みで、国内盤は発売待ちです。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-10-13 09:49 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(0)
e0021965_10451522.jpg
 といったって2泊3日ですからたいしたことないんですが、東京から外に出たくない人間なので、ぼくにとってはちょっとしたイヴェントです。

e0021965_10453672.jpg
 今回はボサノヴァの中村善郎さんをゲストに招いての「ONGAKUゼミナール」。行きは羽田から飛行機で伊丹空港へ。

e0021965_1046215.jpg
 初日(10月8日)は神戸のジャズ喫茶「M&M」が会場です。ここは今回で3回目。いつも満員の盛況でありがたいことです。

e0021965_10462225.jpg
 まずはぼくが、いつもの「ONGAKUゼミナール」と同じスタイルで50分ほど。

e0021965_1047032.jpg
 ここで休憩し、後半は中村さんとのトークから。

e0021965_10471823.jpg
 そしていよいよライヴとなります。この「M&M」と翌日の京都「バー探偵」は完全アコースティック・ライヴで、みなさんには中村さんの素晴らしさをリアルな音で楽しんでいただけたかと思います。

 打ち上げは近くの南京街で。今回もお世話になった東播ジャズ・クラブのみなさんを中心に楽しい時間を過ごしました。

 翌日は中村さん運転の車で京都に移動。3連休の中日なので途中ちょっと渋滞にはまりましたが、ほぼ予定通りの時間に現地着。

e0021965_10473833.jpg
 今年で4回目の「バー探偵」は映画監督の林海象さんがオーナーのお店です。

e0021965_10484294.jpg
e0021965_10485927.jpg
e0021965_10492070.jpg
 ここは集客がいまいちでしたが、予約なしの方もいらしてくださり、なんとか格好がつきました。

e0021965_10493794.jpg
 終了後はお店の裏にある「上海バンド」でまたまた中華料理。ここの料理は大好きです。

 そして3日目。本日は3時からのスタートなので、渋滞も考慮し、少し早めに京都を出て目的地の名古屋へ。

e0021965_10495875.jpg
 名古屋での「ONGAKUゼミナール」は初めてです。

e0021965_10515581.jpg
 実現に尽力してくださった小宅さんのおかげで会場のライヴ・ハウス「アーデン」には満席の50人が集まってくれました。

e0021965_1052232.jpg
e0021965_10523724.jpg
e0021965_10525192.jpg
 今回も各地のみなさんには大変お世話になりました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。そして、「ONGAKUゼミナール」にいらしてくださったみなさん、中村さん、どうもありがとうございます。東京から出たくないぼくですが、こういうイヴェントならまた来年もやりたいなぁとの思いを強くしています。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-10-11 10:55 | ONGAKUゼミナール | Trackback(1) | Comments(6)
e0021965_946016.jpg
 これから羽田に行き、飛行機で神戸へ。それでも明日はInterFMで「Jazz Conversation」をやっています。録音ですから。

 そういえば、2日の放送は危なかったです。「Jazz Conversation」が始まるまでは競馬の実況中継。ところが最終レースで出走馬が脱走し、定刻どおりにスタートができず。この時点で、中継が4時を過ぎる可能性もありました。しかしなんとか馬を出走ゲートに戻し、しばし遅れてレースがスタート。

 それで1着は文句なしに決まったのですが、2着と3着が写真判定に。その結果がなかなか出ません。今度こそ放送がずれ込むかと思っていたところ、時間ギリギリでなんとか判定が出て、滑り込みセーフ。

 こういうときは収録された番組って困っちゃうんですよね。終了時間が6時と決まっているので、途中のどこかを急遽編集し、時間を合わせなければなりません。でも、ドタバタしながらも時間内に競馬の中継が終わり、事なきを得ました。

 明日は、そんなアクシデントがないことを祈りつつ、ぼくは京都で「ONGAKUゼミナール」です。

 それで放送はこんな内容になります。

e0021965_9462236.jpg
Jazz Conversation #090(2011.10.9.放送)
①【16:00:夫婦バンド】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第90回:ついに来日が実現)】
③【17:00:Meet The Star(第77回:ダイアン・シューア)】
④【17:30:楽器別特集(第22回:打楽器系ピアニスト】

e0021965_9463797.jpg
「夫婦バンド」っていうのはネーミングが悪いですが、わかりやすい点ではこれが一番かな? 去年の8月に兄弟や親子バンドを特集したので、今回はその続編といったところです。

e0021965_9464918.jpg
 ダイアン・シューアには久々にインタヴューしました。相変わらず明るいひとで、楽しいインタヴューができました。

 そんなこんなんで(何が?)、ぼくは東京にいませんが、明日も「Jazz Conversation」をよろしく。
[PR]
by jazz_ogawa | 2011-10-08 09:48 | Inter-FM | Trackback | Comments(9)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム