小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
e0021965_9172470.jpg
 ワタクシ一押しのトランペッター、ファブリッツォ・ボッソのライヴを26日に観てきました。

 この日はマイルスの誕生日でもあります。ボッソは曲の間に「ジャン・ピエール」のフレーズを挟んだりもしましたから知っていたのかしら? 答はのちほど判明。

 それにしてもうまいし表現力抜群。緩急自在のプレイは、クリフォード・ブラウン→フレディ・ハバード→ウイントン・マルサリスと来てボッソにいたるという系図が作れそう。

e0021965_918231.jpg
 ボッソは力の入れ方と抜き方が絶妙。そこが好きなところで、こういうスタイルはマイルスやウイントンに通じています。イタリア人特有の陽気さと哀愁みたいなものも感じられ(って、これは勝手にぼくがそう決め付けているだけですが)、そこがまたグッド。

e0021965_9181266.jpg
 終了後にはインタヴューもさせてもらいました。マイルスの誕生日はもちろん知っていて、なぜかといえば双子の息子さんの誕生日でもあるからとのことでした。

e0021965_9183261.jpg
 次回作は白紙だけれどイヴァン・リンスの曲などブラジル音楽をテーマにしたいと言っていました。それならいっそイヴァン・リンズをゲストに迎えましょうよと言ってみたんですが、やってくれないかしら。 

e0021965_92661.jpg


【出演メンバー】
Fabrizio Bosso(tp)
Claudio Filippini(p)
Rosario Bonaccorso(b)
Lorenzo Tucci(ds)
2013年5月26日 「丸の内 コットン・クラブ」 ファースト・セット

e0021965_9262273.jpg

[PR]
by jazz_ogawa | 2013-05-30 09:34 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_1671753.jpg
 山口ミルコさんにインタヴューしていた記事が1週間くらい前にアップされました。

e0021965_1672848.jpg
 褒められすぎで恥ずかしいですが、興味のある方は(いないか)こちらからhttp://www.jazz.co.jp/bluenote/interview/02.html
 
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-05-29 16:08 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_1194614.jpg
 このところ「ONGAKUゼミナール」が立て込んでいるので「集客力ゼロの男」としてはかなり心配していたんですが、主催者の皆様の努力により今回も満席となりました。お越しいただいた方々およびスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

e0021965_1195583.jpg
 さて、今回の「ONGAKUゼミナール」はInterFMで放送中のわがジャズ番組「Jazz Conversation」が4月から2時間枠に復活したことを祝い(って、祝っているのはぼくだけですが)、皆様には大変ご迷惑でしょうが、そのお祝いに付き合っていただきました。

 題して「Jazz Conversation~Meet The Star裏話+秘蔵音源」。

e0021965_120595.jpg
 ゲストを迎えてお話や演奏を聴くコーナー「Meet The Star」にまつわる四方山話です。「秘蔵音源」は「秘蔵」ですから、ここではお教えしません(ケチですねぇ)。

e0021965_1202457.jpg
 登場したアーティストは以下の方々。

チック・コリア
中村善郎&The Trio’
TOKU&山本剛トリオ with 菅野邦彦
ハンク・ジョーンズ
渡辺香津美
デヴィッド・マシューズ
ケニー・ギャレット
ブランフォード・マルサリス
佐藤允彦
日野皓正

e0021965_1204550.jpg
 参加してくださった皆様、楽しんでいただけたでしょうか? ミュージシャンの素顔に少しでも触れていただけたのなら、「Meet The Star」をやらせてもらっているぼくとしても嬉しいのですが。

 それで、今後も「ONGAKUゼミナール」は月に1~2回のペースで開催されていきます。いつまで続くか「ONGAKUゼミナール」。ひとが集まらなくなれば終わりですから、常に風前の灯です。

 興味のある方はぜひご来場を。でもドタキャンはやめてね。がっくりきますから。

 6月以降の「ONGAKUゼミナール」で決定しているのは以下のとおりです。こちらはまだまだ予約受付中。ぜひよろしくお願いします。


e0021965_1205652.jpg
6月8日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋』(決定的名演で聴くスタンダード・ナンバー)
@「Ten & Half Cafe」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、またはhttp://kokucheese.com/event/index/90669/まで


e0021965_121934.jpg
6月22日(土) 『ONGAKUゼミナール~小川隆夫× 内山繁マイルスを語る Vol.2』
@三軒茶屋「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/87938/、もしくは「Whisper Jazz & Cafe Gallery」まで


e0021965_1212135.jpg
7月20日(土) 『小川隆夫のONGAKUゼミナール~トーク&ライヴ』(第2回:ゲスト~中村善郎 『ゲッツ=ジルベルト』全曲を歌う)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:3500円(フリー・ドリンク)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、またはhttp://kokucheese.com/event/index/90668/まで
 
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-05-27 01:27 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(8)
e0021965_14252121.jpg
 次回は5月最後の「Jazz Conversation」です。日曜夕方の2時間枠に復活して2ヶ月。ぼくは慣れましたけど、そろそろこの時間帯の放送に聴き慣れてきた方もいらっしゃるかと思います。

e0021965_14253297.jpg
 内容は相変わらず。思いついた特集を気の向くままにやっているだけ。それで今回は、通販大手のユーキャンから5月8日に発売された(らしい)10枚組CDのボックス・セット『The Very Best Of スイング』にちなみ、スイング・ジャズの特集です。

 スイング・ジャズ・ファンの方、長らくお待たせしました、ってところでしょうか。

e0021965_14254294.jpg
 たまたまこのボックス・セットの監修と添付の冊子用に原稿を書いたりインタヴューをさせてもらったりしたこともあり、それじゃあせっかっくだからということです。なので、選曲はすべてこのボックスから。

e0021965_14255112.jpg
「ミート・ザ・スター」のゲストもそのときにインタヴューをさせていただいた前田憲男さん。

e0021965_1426671.jpg
 日本を代表するアレンジャーでピアニストでもある前田さん。面白いお話が飛び出てくるんじゃないでしょうか。

 そして「マイルスの真実」。どさくさに紛れてとんでもない音源を用意しました。マニアの方は録音のご用意を。これを逃したら二度と聴けないかもしれません。ただし聴いたひとは、どんな演奏だったか内緒にしておいてください。

e0021965_1429488.jpg
 てなことで、次回はこんな内容になります。

Jazz Conversation #174(2013.5.26.放送)
①【18:00:『The Very Best Of スイング』~パート1】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第148回:『ビッチズ・ブリュー』の重要性)】
③【19:00:Meet The Star(第127回:前田憲男)】
④【19:30:『The Very Best Of スイング』~パート2】

e0021965_14262441.jpg
 はい、よろしければ日曜日の18時にInterFMでお耳にかかりましょう。
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-05-24 14:33 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_9254498.jpg
 昨日観てきました。今回は話題のニュー・グループ、ユニティ・バンドでの登場。それだけに店内は超満員。久しぶりに中2階の座席にもひとが入っていました。

e0021965_926654.jpg
 初日のファースト・セットにもかかわらず、ユニット名のとおりで、グループ・エキスプレッションがお見事。パットの素晴らしさはいまさらいうまでもありませんが、サックスとフルートを駆使してのクリス・ポッターがまた最高。柔軟に対応できるベン・ウィリアムスとアントニオ・サンチェスを得てのカルテットはアルバム以上に刺激的な演奏を聴かせてくれました。

 パットのちょっと哀愁を感じさせる楽曲の数々もこのカルテットにぴったりの雰囲気。そちらもおおいに楽しめました。穏やかに始まりクライマックスに持っていく彼特有の手法が効果的で、なおかつ刻々と変化していくグループによる演奏がいい意味での緊張感を最初から最後まで持続させていました。

 そして、アンコール前の曲でオーケストリオンが登場。前回以上にダウンサイジングされたこの装置。今回はパーカッション類が中心です。

 それだけに操作もシンプルに見えました。ステージ真横の席だったため、反対側の横を向いて演奏するパットの後ろ姿しかぼくには見えません。しかし足元はかなりよく見ることができました。

 オーケストリオンの操作は、基本的にいくつかのフット・ペダルで行なっていたようです。オンとオフの切り替えスイッチとテンポ設定のペダル(かな?)がワン・セット。後者は足でリズムをペダルに伝えているように見えました。

 そしてもう一群のフット・ペダルがパーカションの種類を決定するものなんでしょう。こちらは曲のムードが変わる瞬間にスイッチを踏み分けていました。

 あとは手元にタッチ・パネルもありましたが、これには1回しか触れず、触れたもののぼくにはどんな変化があったか気がつきませんでした。

 演奏もさることながら、こういう操作をしながらギターを自在に操っているパットの姿に見惚れてしまい、またその音楽に聴き惚れてしまいました。そしてアンコールはお馴染みの「ついておいで」。ユニティ・バンドでこの曲が聴けるとは。やっぱりライヴっていいですね。


【出演メンバー】
Pat Metheny(g)
Chris Potter(sax)
Ben Williams(b)
Antonio Sanchez(ds)
2013年5月21日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-05-22 09:34 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
e0021965_1148763.jpg
 しばらく前に予約をしておいた豪華本『Bill Wyman's Scrap Book』が先日送られてきました。

e0021965_11482127.jpg
 1962冊限定でぼくのは「128」番。

e0021965_11483937.jpg
 段ボールの箱から取り出した本体。

e0021965_11485237.jpg
 これを開けると中に豪華本が。

e0021965_1149455.jpg
 表紙を開くと

e0021965_1149188.jpg
 左側にCD

e0021965_11493157.jpg
 それとサイン入の写真。

e0021965_11495025.jpg

e0021965_1150325.jpg

e0021965_11501738.jpg

e0021965_11502989.jpg
 内容は写真、メモ、手紙、レシートなどさまざまなものの集積になっています。スクラップブックですから。

e0021965_11504711.jpg
 最後のページには10インチのピクチャー・ディスクが収納されていました。
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-05-20 11:52 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(0)
e0021965_7311118.jpg
 来週の26日がマイルスの誕生日ですが、その日の放送でマイルス特集を組むのはあまりにドンピシャで、屈折したぼくの性格からするとそういうことをやるのはとっても気恥ずかしい。なので、1週間前にやっちゃいます。

e0021965_7312887.jpg
 そこで選んだテーマは「マイルス似のトランペッター」。まあ、ミュートでトランペットを吹くとたいていの人はマイルスみたいに聴こえちゃうんですが、そこはほら、ぼくなりのチョイスで行きたいと思います。

e0021965_7314074.jpg
 そして「マイルスの真実」はようやく『ビッチズ・ブリュー』に突入。これからしばらくはこのアルバムについての話が続くことになります。

e0021965_7315249.jpg
「ミート・ザ・スター」のゲストはキャンディ・ダルファー。高校卒業後の彼女は思わぬ職業を選択。そんな素顔が垣間見えるインタヴューになったかも。

 てなことで、こんな内容です。

Jazz Conversation #173(2013.5.19.放送)
①【18:00:マイルス似のトランペッター~パート1】
④【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第147回:『ビッチズ・ブリュー』のレコーディング開始)】
③【19:00:Meet The Star(第126回:キャンディ・ダルファー)】
④【19:30:マイルス似のトランペッター~パート2】

e0021965_732667.jpg
 それでは日曜の18時、InterFMでお耳にかかりましょう。
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-05-18 07:35 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_17111318.jpg
 毎月どこかで(主催者が)やろうと画策している「ONGAKUゼミナール」。

 今月は25日に銀座「le sept」での開催です。テーマは「Jazz Conversation~Meet The Star裏話+秘蔵音源」。4月から2時間枠に復活したInterFMの「Jazz Conversation」。それを勝手に祝っての企画です。

e0021965_17112285.jpg
 この番組では毎週ゲストを招いてのインタヴュー・コーナー「Meet The Star」をやっています。その模様を紹介しながらのよもやま話で、貴重な音源なども紹介できればと思っています。

 予約サイトのコクチースを確認したら満員御礼となっていました。しかしぼくのイヴェント、確実にキャンセルが出ます。なのでキャンセル待ちでもいい方はぜひお店(03-5537-2388)までご連絡ください。


e0021965_17113494.jpg
5月25日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第26回:Jazz Conversation~Meet The Star裏話+秘蔵音源)
@「Bar le sept銀座」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/84561/、もしくは「le sept」まで


 6月以降の「ONGAKUゼミナール」で決定しているのは以下のとおりです。こちらはまだまだ予約受付中。ぜひよろしくお願いします。


e0021965_17115042.jpg
6月8日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋』(決定的名演で聴くスタンダード・ナンバー)
@「Ten & Half Cafe」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、またはhttp://kokucheese.com/event/index/90669/まで


e0021965_1712269.jpg
6月22日(土) 『ONGAKUゼミナール~小川隆夫× 内山繁マイルスを語る Vol.2』
@三軒茶屋「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/87938/、もしくは「Whisper Jazz & Cafe Gallery」まで


e0021965_1712144.jpg
7月20日(土) 『小川隆夫のONGAKUゼミナール~トーク&ライヴ』(第2回:ゲスト~中村善郎 『ゲッツ=ジルベルト』全曲を歌う)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:3500円(フリー・ドリンク)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、またはhttp://kokucheese.com/event/index/90668/まで
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-05-15 17:18 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_10443570.jpg
 先週の金曜日(10日)、半蔵門にあるTokyo FM内のスタジオで2本分を収録してきました。

e0021965_10462128.jpg
 元EMIミュージックの会長で、4月にEMIがユニバーサル・ミュージックに吸収されてからは同社の副社長でジャズ&クラシックス部門の部長(だったかな?)に就任したのが行方均さん。

 彼がDJを務める「プロファンドリー・ブルー」という番組のゲスト出演です。ぼくの回が放送されるのは5月25日(土)と6月1日(土)の2回(Music Bird 13:00~14:00 再放送は日曜の8:00~9:00 cross cultureでも水曜日の23:00~24:00に放送)。

e0021965_10463367.jpg
 このひとがぼくを音楽の世界に引きずり込んだひとりで、彼と出会わなければ日本医学界におおいなる貢献ができたはずなのに(そんなわけないか)。

 行方さんと知り合ってちょうど30年。ということは音楽業界の末席に30年間居続けたことになります。最初に仕事をくれたのが行方さんです。そのときの言い草が「小川さんはどうせ半年くらいしたら消えるだろうから、その間好きに書いておおいに暴れてください」というものでした。

e0021965_1046492.jpg
 でもぼくは行方さんと違って常識人なので(本当か?)、出入り禁止になったレコード会社もいくつかありましたが、なんとなく30年間二足の草鞋を履き続けてくることができました。

e0021965_10471353.jpg
 ブルーノートが日本で市民権を得たのは行方さんの尽力が大です。そしてユニバーサル・ミュージックに移って、今度はブルーノート以外にもプレスティッジをはじめリバーサイドやヴァーヴやインパルスなど、ジャズの名門レーベルの大半を統括する立場になり、これからさらにジャズの活性化をさまざまな形で図ってくれるんじゃないでしょうか。

e0021965_10472416.jpg
 それもあって、ブルーノート作品ばっかり流してきた「プロファンドリー・ブルー」ですが、ぼくが登場する回はプレスティッジ特集。ふたりが持ちよったCDをかけながらのよもやま話です。

e0021965_10473554.jpg
 ほぼレギュラー出演者の坂本涼子さんも話に加わり、行方さんとはいつもそうなんですけど、話がおおいに盛り上がりました。

 ところで、この坂本さん。番組終了後に食事をしながら聞いた話によれば、まだ30になっていないとのこと。行方さんとの出会いが30年前ですから、そのあとに生まれたんですね。参りました。

 彼女は、以前お会いしたときはコロムビア・エンタテインメントの社員でしたが、現在はDisk Unionで朝から夜遅くまで働いているそうです。深夜はジャズの・トロンボーン奏者に変身することもあり。トロンボーンのレコードやCDは200枚持っているそうです。これもすごいけど、「プレスティッジのアルバムは1枚も持っていないです」とあっけらかんと言われたのには行方さんともども口があんぐり。なんともジャジーな女性じゃないですか。

e0021965_10475356.jpg
 そんな3人がプレスティッジについてああだこうだと語り合う「プロファンドリー・ブルー」。念を押しておきますが、放送は5月25日と6月1日。ただしMusic Birdというのは有料チャンネルなので、契約しないと聴けません(な~んだ)。
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-05-13 10:52 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_928724.jpg
 ニューヨークでノンビリしてきたので、帰国後最初の「Jazz Conversation」はリフレッシュした気分でやれそうです。とはいっても内容はいつもどおりですが。

Jazz Conversation #172(2013.5.12.放送)
①【18:00:最近の新譜から~パート1】
③【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第146回:『ビッチズ・ブリュー』に向けて)】
③【19:00:Meet The Star(第125回:中村健吾)】
④【19:30:最近の新譜から~パート2】

 4月にEMIミュージックがユニバーサルと統合されたため、国内のメジャー・カンパニーはさらに数が少なくなり、とくにジャズの場合はほとんどの有名レーベルがユニバーサルに集中する結果になりました。

 一極集中がいいのか悪いのかわかりませんが、ユニバーサルのジャズ担当者は仕事が増えて大変でしょうね。でも、手抜きはしないでね。先日、ボスにはそういっておきました。

 そのボスとは昨日も一緒に彼がやっているラジオ番組でプレスティッジについて2時間話しましたが、そのことは次回のブログで報告しましょう。

 その前にわが「Jazz Conversation」です。

e0021965_928268.jpg
 今回の特集は「今月の新譜から」。一極集中の影響が出ているかどうか、まあリスナーの方には関係ないことですし、ぼくもいい音楽が世に出ることに支障がなければどうでもいいです。

e0021965_9283994.jpg
「マイルスの真実」は『ビッチズ・ブリュー』の予告編的な内容になるのかしら? 大きな変化を遂げつつあるマイルス・ミュージック。その道程を丁寧にたどっていきたいと思っています。

e0021965_9285332.jpg
 ゲストは、2回目の登場になるベーシストの中村健吾さん。

e0021965_929541.jpg
 わがままを言って、スタジオにベースを持ってきてもらいました。どんな曲を演奏してくれるのでしょう?

e0021965_9291637.jpg
 そんなこんなで、いつもどおり日曜の18時から2時間、InterFMでジャズの番組をやっています。興味のある方はぜひお聴きください。
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-05-11 09:31 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム