小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
e0021965_9165332.jpg
 前回のブログでも予告しましたが、次の放送が200回目になります。よくぞここまでやってこれたもの。

 な~んて、まったく思っていません。むきにならず、やりたいことを気楽にやってきた結果ですから。

 そういう人間なので、200回目といっても特別なことはなにもしません。いつものように、「どんな内容にしようか?」と思って選んだ特集が「必聴! ジャズ名盤」。おおまかなローテーションからいくと、そろそろかな? ってことで。

e0021965_917532.jpg
「必聴! ジャズ名盤」はいつも高音質盤を用いています。そこで今回は最近出始めたプラチナSHMというディスクでマイルスの『リラキシン』を紹介します。

e0021965_9171787.jpg
 これ、CDの形態をとっていますが、反射率がCD規格外ということでCDという呼称が使えません。ですがよほど古いものでない限り、通常のCDプレイヤーで聴くことができます。

e0021965_9172888.jpg
 それで「マイルスの真実」。ということは番組の1時間半分がマイルスですね。意図したわけじゃないですが、こうなると200回記念に相応しい(?)構成になっているかも、です。

「マイルスの真実」では「アット・フィルモア」の未編集演奏の最終回。今回はできれば少し早めにスタートしようと思っていますが、どうかな?

e0021965_9174321.jpg
 そしてゲストが渡辺貞夫さん。これまた200回を意識したのではなく、今回ご登場願うのは12月14日にクリスマス・コンサートを控えているからです。

e0021965_917548.jpg
 コンサートの日にちから逆算すると2週間前がベストかな? そういう思惑でこの日の登場となりました。

 てなことで特別なことは何もしない200回目の放送。ぼくらしくていいでしょ? 興味のある方は日曜の18時、再放送は12月5日の25時、InterFMでお耳にかかりましょう。

Jazz Conversation #200(2013.12.1.放送、12.5.再放送)
①【18:00:必聴! ジャズ名盤(第10回:『マイルス・デイヴィス/リラキシン』)~パート1】(プラチナSHM)
②【18:25:マイルス・デイヴィスの真実(第174回:1970年6月20日のマイルス・アット・フィルモア】
③【19:00:Meet The Star(第149回:渡辺貞夫)】
④【19:30:必聴! ジャズ名盤(第10回:『マイルス・デイヴィス/リラキシン』)~パート2】(プラチナSHM)

e0021965_918859.jpg

[PR]
by jazz_ogawa | 2013-11-29 14:11 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_23291173.jpg
 代官山の「レザール」で中村善郎&TOKUさんのライヴを楽しんだ翌日は南青山にある「ブルーノート東京」でミシェッル・ルグランのライヴ。

 このところ毎年この時期に来日しているルグランさん。ぼくは3年連続で観ています。前回と前々回はインタヴューもさせてもらいました。

e0021965_23292399.jpg
 御年81ですが、最近では一番元気なステージでした。レパートリーもほぼ同じならMCの内容もおんなじ。でもフランスの国宝的な作曲家による自作・自演が楽しめるステージは何度観てもそのたびに感激します。

e0021965_2329358.jpg
 毎年「これが最後かなぁ」と思って会場に行くのですが、帰るときにはそんなことを忘れています。それだけ素晴らしい曲と楽しい演奏で素敵な時間が過ごせたからです。心の中にあるもやもやなんかも演奏中は消えています。

 だから来年も来たらまた行くでしょうね。


【出演メンバー】
Michel Legrand(p)
Pierre Boussaguet(b)
Francois Laizeau(ds)
2013年11月22日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット

 そして今度の土曜日は銀座にある「le sept」で「ジャズで聴くミシェル・ルグラン・ソングブック」をテーマに「ONGAKUゼミナール」をやります。ライヴを観たらルグラン本人の演奏も皆さんと聴いてみたくなりました。こちらもよろしく。

e0021965_23311767.jpg
11月30日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第28回:ジャズで聴くミシェル・ルグラン・ソングブック)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/115766/まで
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-11-27 00:06 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_23171252.jpg
 このブログにはめったに書きませんが、代官山の「レザール」ではいつも楽しいライヴを堪能させてもらっています。

 これまでに東日本大震災のチャリティ・コンサート、「Jazz Conversation」のインタヴュー収録、さらには「ONGAKUゼミナール」のトーク&ライヴなど、いろいろな面でもご協力いただいてきました。

e0021965_23172464.jpg
 それで今回は、ぼくの番組でお馴染みの中村善郎さんとTOKUさんのデュエットをこの店で聴きたいなぁとママの和恵さんにあるとき話をしたら、「やりましょうよ」と即決。とはいってもおふたりが「レザール」に出てくれるかどうか?

 たまたまその直後、中村さんにお会いすることがありました。そこでお話をしてみると「やりましょう」。

 それじゃあ具体化しようかなと思っていた矢先、TOKUさんのマネージャーから「レザールでのライヴ、いつにしましょうか?」と言われました。TOKUさんサイドには何もお話ししていなかったんですが、軽井沢でふたりも参加したフェスティヴァルがあったときに、その話になったそうです。

 ということでとんとん拍子で決まったこのライヴ。ふたりはときどき共演しているので、コンビネーション抜群ですし、ジャズとボサノヴァがほどよい具合に調和し、この日もぼくの好きな音楽をタップリと聴かせてくれました。

e0021965_23174122.jpg
 こういうライヴが目の前で味わえるのも「レザール」の素晴らしいところ。アット・ホームな雰囲気はライヴ終了後もずっと続き、楽しい夜を過ごすことができました。みんなが静かに聴き入っている「レザール」っていうのも珍しかったですけど。

e0021965_23175299.jpg
 しかも終盤には2枚目の作品を発表したばかりの日系ブラジル人シンガー、Keissy Costaさんも飛び入り。雰囲気がさらに盛り上がりました。

 和恵さん、TOKUさん、善郎さん、お疲れ様&どうもありがとうございました。


【出演メンバー】
TOKU(vo、fgh)
中村善郎(vo、g)
ゲスト:Keissy Costa(vo)
2013年10月21日 「代官山レザール」 ファースト&セカンド・セット

e0021965_2318553.jpg

[PR]
by jazz_ogawa | 2013-11-25 00:12 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_9563023.jpg
 回を重ねて199回目となる「Jazz Conversation」。

e0021965_956486.jpg
 次回は「まだあったか!」というブルーノートの未発表別テイクを特集。しかもレーベルを代表する傑作・人気盤の有名曲・別テイクが未発表のまま残されていたんですから驚くやら嬉しいやら。

e0021965_957185.jpg
 全部で5枚、今回世界初CD化されるのは7曲(一部は2009年にストリーム配信されたことがあります)。それら7曲を全部紹介します(時間の都合で1曲のみFOしますけど)。

e0021965_9571287.jpg
「マイルスの真実は「フィルモア・イースト」での3日目。今回も未編集ヴァージョンを時間まで。

e0021965_9572574.jpg
 そして「ミート・ザ・スター」のゲストは山下洋輔さん。

 体調を崩されていましたが、お元気になられて、NYトリオのツアーでもうすぐ東京のコンサートもあります。

e0021965_9574673.jpg
 山下さんとは久々にお会いしましたが、お元気になられて何より。

e0021965_958075.jpg
 せっかくですから「証言で綴る日本のジャズ」も収録させていただきました。こちらは来年のどこかで紹介させていただきます。

e0021965_9581216.jpg
 といった内容でやります。興味のある方は日曜の18時、再放送は28日の25時、InterFMでお耳にかかりましょう。


Jazz Conversation #199(2013.11.24.放送、11.28.再放送)
①【18:00:レーベル特集(第32回:ブルーノート世界初登場別テイク~パート1)】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第173回:1970年6月19日のマイルス・アット・フィルモア】
③【19:00:Meet The Star(第148回:山下洋輔)】
④【19:30:レーベル特集(第32回:ブルーノート世界初登場別テイク~パート2)】

e0021965_9583354.jpg

[PR]
by jazz_ogawa | 2013-11-23 10:04 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_2033483.jpg
 11月の2回目となる「ONGAKUゼミナール」は最終日の30日(土)に銀座の「ルセット」で開催します。今回のテーマは「ジャズで聴くミシェル・ルグラン・ソングブック」。

e0021965_20331845.jpg
 ぼくは22日に「ブルーノート東京」で彼のライヴを観る予定です。選曲はそれを観てから。ルグランの曲はジャズ・ファン、ジャズ・シンガー好みですから、候補はいろいろあります。どう並べるかでもイメージは変わりそうなので、週末はそういうことをしながら楽しい時間がすごせそう。

 この「ONゼミ」、まだ席に少し余裕があるみたいです。興味のある方はぜひご参加を。

e0021965_20332962.jpg
11月30日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第28回:ジャズで聴くミシェル・ルグラン・ソングブック)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/115766/まで


 その後の「ONゼミ」も予約受付中です。こちらも併せてよろしくお願いします。


e0021965_20334450.jpg
12月21日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第20回:モータウン黄金時代』
@三軒茶屋「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/120967/まで


 年が明けると「ライヴ版ジャズ大喜利」が待ってます! こちらもふるってご参加のほどを。

e0021965_20335689.jpg

e0021965_2034730.jpg
2014年1月11日 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第4回:ジャズ大喜利~佐藤允彦 vs 福田重男)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/126421/まで
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-11-20 20:40 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(2)
e0021965_9285487.jpg
 昨日、東京公演の初日を観てきました。携帯なら写真を撮っていいんですね。

e0021965_92958.jpg
 前から20列目の真ん中よりちょっと横、こんな近くでポールのライヴが観られるとは、生きてて良かった。

e0021965_9291696.jpg
 想像どおり、ポールは元気いっぱい。2005年にニューヨークの「マジソン・スクエア・ガーデン」で観たときより元気かも(http://ogawatakao.exblog.jp/1281550/)。

e0021965_9292639.jpg
 70をすぎて3時間弱のステージ。7時過ぎに始まり、終わったのが10時少し前。歌って、ベース、ギター、ピアノを弾いて、それらをこなすだけでも大変なことなのに、その上でひとを感動させるパフォーマンスを最後まで持続できることに圧倒されました。歌も楽器もうまいし、それより何より名曲のオンパレード。やっぱり最高のアーティストのひとりです。

e0021965_9293587.jpg
 ビートルズの曲は思ったより少ない印象。アコースティック・ギターをけっこう弾いていました。

「死ぬのは奴らだ」では何度も火柱があがりました。ぼくの席でもかなりの熱気を感じましたから、最前列では相当な温度だったんじゃないでしょうか?

e0021965_9295027.jpg
 アンコールの最後でやった『アビーロード』のメドレー。これは何度聴いても感動します。名曲ですし、実によくできた曲です。レコードと同じでギター3人のソロ合戦もありました。

 ポールといえば、ぼくは手の届くところに同席したことがあります。ジョン・タブナー。1週間前の12日に亡くなった現代音楽の作曲家です。このひと、アップルからアルバムを2枚出しています。

e0021965_93025.jpg
 そのアブナーがニューヨークの小さな教会でコンサートを開いたときのこと。そのときに挨拶をし、あとは客席に座り最後までコンサートを観ていたのがポールです。その席が僕の斜め前。2列前だったので、手を伸ばせば頭が撫でられるような距離です。それがポールとの最接近遭遇でした。アブナー死去のニュースを聞いてからはそんなことも思い出しながら昨日を迎えました。

 ビートルズ、ジョージ、リンゴ、そしてポールのコンサートが体験できたぼくはラッキーな人生を歩んでいるんでしょう。リンゴとポールのコンサートは何度も観ていますし。

e0021965_9301750.jpg
 ジョンのライヴだけは観られなかったですが、それでも大満足。ぼくが生きている時代に何人かの本当に凄いアーティストのコンサートに接することができたのは音楽ファン冥利に尽きます。でもこれでおしまいじゃないでしょう。これからも沢山の素晴らしいアーティストに出会えることをぼくは楽しみにしています。

e0021965_9302998.jpg
 ポールだってこの元気ならまた日本に来るんじゃないかしら。そんなことも思った昨日でした。

e0021965_9303997.jpg
 プログラムです。3000円は高いのか安いのか。

e0021965_9304964.jpg
 コンサート終了後にステージから放たれた紅白の紙ふぶき。記念に舞い降りてきたものをキャッチ。

e0021965_931545.jpg


【出演メンバー】
Paul McCartney(vo、b、g、p)
Rusty Anderson(g、vo)
Brian Ray(g、b、vo)
Paul Wickens(key、g、perc、hca、vo)
Abe Laboriel, Jr. (ds)
2013年11月18日 「東京ドーム」
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-11-19 09:35 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(6)
e0021965_23593772.jpg
 先日、話題のこの映画を観てきました。さすが三谷幸喜。2時間半ほどの長さで、それも派手な合戦シーンなどなく、陰謀の限りを尽くすやり取りを中心に最後まで飽きることなく観れてしまう映画。そのアイディアにビックリ。

 日本史をまったく忘れてしまっているので、人間関係がイマイチよく理解できません。でも配役の妙があって、主要人物のキャラがみんな立っています。よくぞこれだけの個性派を集め、それぞれを適材適所に配したもの、と感服しながら映画館を出ました。

e0021965_23594762.jpg
 それにしても登場人物がみんな一癖も二癖もあって面白い。やっている人たちも楽しんでいたんじゃないでしょうか? こういう映画は大好きです。

 さて、本日はいよいよポールのコンサート。もう気もそぞろですが、その前に本業をビシッとやらねば。
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-11-18 00:04 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_0301774.jpg
 今年は秋が短くてあっという間に冬到来。寒いよりは暖かいほうがいいので、ちょっと早いなぁという感じですが、これも世界的な天候不順の影響でしょうね。

e0021965_0303325.jpg
 さて、今回の「Jazz Conversation」は19時台が「証言で綴る日本のジャズ」。ゲストは、いまはクローズしてしまいましたが東洋一のナイトクラブ「ニュー・ラテン・クォーター」のオーナーだった山本信太郎さん。

e0021965_0304593.jpg
 1959年にオープンして、夜毎キラ星のようなビッグ・スターのライヴ・パフォーマンスが楽しめた伝説のクラブが「ニュー・ラテン・クォーター」。

e0021965_0305766.jpg
 若くしてそこを経営していた山本さんのお話は、ショウビジネスの裏面史としてとても面白いものです。そのあたりは著書の『昭和が愛したニューラテンクォーター~ナイトクラブ・オーナーが築いた戦後ショービジネス』に詳しいですが、それをご本人の口から語っていただくというのがこのコーナー。

e0021965_031864.jpg
 今年になって、当時のライヴ・テープが国内CD化されていますので、その音源と、国内未発売のコンピレーションからもいくつかのライヴを聴きながら、裏話やエピソードをたっぷりうかがう、そんな内容になると思います。

e0021965_0313060.jpg
 山本さんは品のいい紳士といった感じ。しかし赤坂で超一流のナイトクラブを30年続けていれば、その間には危ないこともいろいろあったはず。まさに「トーキョー・アンダーグラウンド」の世界にいたひとです。本にも書けなかったそちらのお話が実に面白いんですけど、それは残念ながら放送できません。

e0021965_0314248.jpg
 話は前後しますが、1時間枠の「証言で~」があるため、こちらの特集は30分に縮小。ちょっと趣向を凝らします。どんなパフォーマンスが飛び出してくるか、ご期待ください。

e0021965_0315210.jpg
 そして「マイルスの真実」では、先週に続き、マニアの方は録音の用意をしたほうがいいかと思います。アルバム未収録のパートが大半を占める演奏を紹介するつもりです。

 てな内容に興味のある方は日曜の18時、再放送は21日の25時、InterFMでお耳にかかりましょう。

e0021965_032928.jpg
Jazz Conversation #198(2013.11.17.放送、11.21.再放送)
①【18:00:珍しいパフォーマンス】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第172回:1970年6月18日のマイルス・アット・フィルモア】
③【19:00:証言で綴る日本のジャズ(10)~山本信太郎】(1時間) #

e0021965_0322124.jpg


 そういえば、前回の放送ではポカをやってしまいました。特集「ポール・イン・ジャズ」でビートルズの「グッドナイト」をポールの歌といって紹介しました。実際はリンゴの歌でした。申し訳ありません。

 これってぼくの思い込みです。ずっとポールだと無意識に思い込んでいました。こういう思い込みはけっこうあるので気をつけなければ。
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-11-16 00:37 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_981215.jpg
 来日中のポール・マッカートニーの新作『NEW』ですが、LPは発売延期になったので、今回は現時点で集まったCDをまとめておきます。

 入手したのは
1.EU盤(上:デラックス・エディションと通常盤)
2.US盤(中央:Target限定盤とBest Buy限定盤のデラックス・エディション)
3.国内盤(下:デラックス・エディション)

e0021965_98254.jpg
 12曲入りの通常盤(赤色のジャケット)はEUプレスのみで、あとはすべて14曲入りのデラックス・エディション。デラックス・エディションといってもボーナス・トラックが追加されているだけの1枚物。

e0021965_983541.jpg
 今回もUS盤は量販店のターゲットとベストバイが独自の限定盤を発売。

e0021965_984463.jpg
 要注意はターゲット盤。

e0021965_985814.jpg

e0021965_991054.jpg
「Out There!」のツアー映像が部分的に入ったバックステージでのインタビュー映像(22分)を収録したDVD『A Randez-Vous With Paul McCartney』が付いたセットになっています。

e0021965_992076.jpg

e0021965_993044.jpg
 こちらのベストバイ盤は写真6枚+カード付。ターゲット盤に比べると物足りないです。

e0021965_993991.jpg
 EU盤(左)とUS盤ではバーコードの位置が違います。

e0021965_9122725.jpg
 そしてEU盤とUS盤のデラックス・エディションより1曲多い15曲収録の国内盤。

 さて、今度の月曜日はポールのコンサート。その日が来るのを指折り数えています。
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-11-13 09:20 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(2)
e0021965_0331320.jpg
 木住野さん人気のおかげでかなり早くからほぼ満席の状態になっていた「小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク&ライヴ」を9日の土曜日に代官山「レザール」でやってきました。

e0021965_0332562.jpg
 お忙しい中、お越しいただいたかた、本当にありがとうございました。かなり窮屈だったかもしれませんが、お許しください。

e0021965_0333713.jpg
 4月から始まったこのイヴェントも3回目。いつものトーク・イヴェントと違い、半分以上の時間がライヴ・パフォーマンスですからぼくはらくちん。

e0021965_0334956.jpg
 木住野さんとは波長が合うというか、ぼくのイヴェントにいつもいらっしゃる常連の方が「漫才みたい」といってくれたように、話が弾みます。それで演奏を楽しみにされていた方にはたいへん申し訳なかったんですが、前半では2曲カット。

e0021965_034016.jpg
 プログラムは前半が「プレイズ・ビル・エヴァンス」、後半が6日に発売されたばかりの新作2枚『HOPE』と『ふるさと』からの選曲。

e0021965_0341776.jpg
 今回は会場がこじんまりとしているのでピアノはほぼ生音に近い状態。それでもじゅうぶんいい音で響いていました。目の前で繰り広げられる木住野さんのプレイ、堪能していただけたんじゃないでしょうか。

e0021965_0342916.jpg
 おなじみ「Jazz Conversation」のディレクターと3ショット。

e0021965_0344118.jpg
 これ、打ち上げに用意してくれたステーキとエスカルゴ。ご来場された方は意味、わかりますよね。この打ち上げも盛り上がり、家に戻ったのは2時近くでした。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_0345318.jpg
11月30日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第28回:ジャズで聴くミシェル・ルグラン・ソングブック)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/115766/まで


e0021965_035983.jpg
12月21日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第20回:モータウン黄金時代』
@三軒茶屋「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/120967/まで


【2014年】
e0021965_0352586.jpg

e0021965_0353619.jpg
1月11日 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第4回:佐藤允彦 vs 福田重男)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/126421/まで

 日本を代表するピアニストのふたりがさまざまなテーマでそれぞれの持ち味を発揮するスペシャル・ライヴ。他所では聴けないようなテーマ(お題目)でプレイを競い合います。曲によっては連弾もあり。「ジャズ版大喜利」を目論む小川の魂胆はいかに?

 すべて予約受付中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by jazz_ogawa | 2013-11-11 00:42 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(8)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム