小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
e0021965_00383560.jpg
 おかげさまで補助いすも出す盛況となりました。1週間ほど前の時点では集客が低調で、「そろそろやめる潮時か?」なんて思ったりもしたのですが、熱心な方たちに来ていただき、ありがたかったです。

e0021965_00383648.jpg
 テーマは「ファンキー・ジャズの神髄を聴く」。

 ファンキー・ジャズとはなんぞや? ぼくも言葉ではうまく説明ができません。「こういうのがファンキー・ジャズ」っていう演奏はいろいろありますから、今回はそういう中から代表的な演奏を選び、みなさんに「こういう感じの音楽なのね」と体感していただければと考えた次第。ご参加いただいたみなさん、いかがでしたでしょうか?

 改めてこれらの演奏を聴いて感じるのは、「かっこいい」「ご機嫌」「賑やか」「ブルージー」といったものがファンキー・ジャズの特徴ではないかということです。

e0021965_00383611.jpg
 そんな内容の演奏を13曲お聴きいただき、合間に自慢話をタップリとさせてもらい、ぼくは満足、みなさんはうんざりの結果になったのではないでしょうか。

 それで今後もいろいろと「ONGAKUゼミナール」は開催されます。とはいってもひとが来なくなっらやめますけど、どうなるかは神のみぞ知る、です。とりあえず現時点で決まっている4月から6月にかけての分を宣伝しておきますね。どれも予約を開始していますので、興味のある方は奮ってご参加ください。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】

e0021965_00383692.jpg
4月19日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第21回:ザ・対決~洋楽ポップス vs 日本語カヴァー』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047~18:00-22:00まで)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/149553/ まで。

 今年最初の「60年代音楽シリーズ」は渋谷百軒店(ひゃっけんだな)の「PANAMA JOE's」に場所を変えての開催。
 テーマは「ザ・対決~洋楽ポップス vs 日本語カヴァー」。訳詞の秀逸さと日本人シンガーの見事な歌唱がなければ日本のポップス・シーンは違うものになっていた?


e0021965_00391881.jpg
4月26日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.3』(創業75周年~ブルーノートの名演を聴く)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/138951/ まで。

 1939年に創業したジャズの名門レーベル、ブルーノートの創業75周年を祝い、ブルーノートのコンプリート・コレクションを達成した小川隆夫が選ぶ名演とさまざまなエピソードで過ごす午後のひととき。これであなたもブルーノート通になれる?


e0021965_00391830.jpg
5月17日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第31回:来日アーティストによるライヴ・イン・ジャパン)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/159500/ まで。

 いまや超一流から新人まで、日本にはさまざまなアーティストがやってくるようになりました。今回はそうしたひとたちが来日時に残したライヴ・アルバムから歴史的な名演や貴重なものを集めてみます。


e0021965_00443736.jpg
5月31日(土) 『小川隆夫と聴くマイルス・デイヴィス~生誕88年記念』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15(03-3564ー4155)<a href="http://www.miles5.co.jp/" target="_blank">http://www.miles5.co.jp/</a>
開場:14:00 開演:14:30 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/159501/ まで

 今回は、マイルス・デイヴィスがコロムビア時代に残した名演の数々を臨場感あふれる高音質で楽しみます。使用するのは2006年に日本で会員向けに限定発売された高音質LPと、LP盤を聴くには最高の機材であるレーザー・ターンテーブル。これらを用いてアコースティック時代にマイルスが残した骨太のサウンドを再現します。


e0021965_00392214.jpg
6月7日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第6回:KANKAWA プレイズ・ソロ・オルガン~未知への挑戦)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/159322/ まで。

「よそでは聴けない」を大きなテーマにしている『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』。6回目となる今回は、KING OF ORGANのKANKAWAさんが登場。 
「KANKAWA プレイズ・ソロ・オルガン~未知への挑戦」と題し、オルガン・ソロで、いったいどんな音楽が可能なのか、これまでにない挑戦をお願いしています。 
 今回も小川のサディスティックな要望に、KANKAWAさんがどんな回答を聴かせてくれるのか、ぜひ確かめにお越しください。きっとこの上なくユニークで楽しいものになると確信しています。 



[PR]
by jazz_ogawa | 2014-03-31 00:53 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_16280866.jpg
 次回は3月最後の「Jazz Conversation」。

e0021965_16281371.jpg
 4月からは名古屋での放送も始まりますし、先日の新聞には4月1日からどこででも全国のラジオ局の番組が聴ける「radiko プレミアム(エリアフリー)」が始まるとか。

e0021965_16281633.png
 ただし有料(月額350円)だそうですけど。詳しくはhttp://weekly.ascii.jp/elem/000/000/209/209313/ まで。

e0021965_16283073.jpg
 それで次回は、ちょっと新譜が溜まってきたので「最近の新譜から」を特集で。

e0021965_16283045.jpg
「マイルス・デイヴィスの真実」はレコーディング用のメンバーの中からライヴ活動する陣容が整ってきたころの話と演奏を紹介しましょう。

e0021965_16283057.jpg
 そしてゲストはイエロージャケッツのリーダーであるキーボード奏者ラッセル・フェランテと新加入したベース奏者フェリックス・パストリアスのおふたり。

e0021965_16283173.jpg
 フェリックスは名字からもわかるように天才ベーシストの息子さん。

e0021965_16283278.jpg
 それにしても背が高い。2メートル近い巨人でした。
 
 ということでこんな内容に。

Jazz Conversation #217(2014.3.30.放送)
①【18:00:最近の新譜から~パート1】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第191回:ニュー・グループを結成)】
③【19:00:Meet The Star(第162回:ラッセル・フェランテ&フェリックス・パストリアス)】
④【19:30:最近の新譜から~パート2】


 それでは、よろしければ日曜の18時にInterFMでお耳にかかりましょう。

e0021965_16315230.jpg


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-03-28 18:34 | Inter-FM | Trackback | Comments(7)
e0021965_17245756.jpg
 初日の日曜日、ファースト・セットを観てきました。後ろのバーや壁まで椅子を出しての超満員。ジョン・マクラフリンへの期待の大きさがわかります。

e0021965_17251266.jpg
 今回は、彼がここしばらく結成しているザ・フォース・ディメンションでの初来日。2009年にチック・コリアとのファイヴ・ピース・バンドで来日して以来でしょうか。そのときも相変わらずのマシンガン・ギターぶりでしたが、今回は自分のグループということもあって、火の吹くようなギター・ワークを前回以上に堪能しました。

 面白かったのがキーボードのゲイリー・ハズバンドが曲によってドラムスも叩いていたこと。といってもツイン・ドラムスという形ではなく、ふたりのドラマーが交互にソロを叩き合うような形でのフィーチャーでした。

e0021965_17251273.jpg
 アンコールでは「ジャン・ピエール」のフレーズも飛び出し、わかるひとにはわかるといった感じで受けていました。そして最後はスタンディング・オヴェージョン(といっても全員ではないですが)。

 ぼくにとってのギター・ヒーローですから、彼が相変わらず超絶技巧を駆使してバリバリとギターを弾きまくっている姿に接することができて大満足。

e0021965_17251258.jpg
 翌日(一昨日です)はステージが始まる前にインタヴューをさせてもらいました。貴重な話がいろいろ聞けてよかったです。

e0021965_17251274.jpg
 インタヴューのメイン・テーマはマハヴィシュヌ・オーケストラの『内に秘めた炎』。いずれラジオの1時間枠で紹介する予定です。


【出演メンバー】
John McLaughlin(g)
Gary Husband(key、ds)
Etienne Mbappe(b)
Ranjit Baro(ds)
2014年3月23日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット

e0021965_17252036.jpg

[PR]
by jazz_ogawa | 2014-03-26 11:33 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
e0021965_0371254.jpg
 先日発刊された雑誌2冊です。

e0021965_0375996.jpg
『THE GOLD』はJCBゴールド・カード・メンバーの会報誌です。

e0021965_0381441.jpg
 今回はジャズの特集があって、最初のところでぼくのインタヴュー記事があります。そのほかにもぼくの「おすすめCD」をまとめたページがあります。母親が生きていたら喜んでくれただろうな、なんて思っています。

e0021965_0382647.jpg
 こちらは男性ファッション誌『Safari』が出した増刊号(?)というのかしら。『Safari』は西海岸のファッションを扱う月刊誌ですが、これはそこから離れてのニューヨーク特集号。

e0021965_0383965.jpg
 ジャズのページは6ページでぼくが監修と執筆を担当。ジャズを知らないひと向けということで、担当の編集者と何度も相談した上で完成。内容が決まれば書くのは簡単なんですが、そこまでが大変。アイディアをうまく具体化してくれた編集者の努力とセンスのよさに感謝です。
[PR]
by jazz_ogawa | 2014-03-24 00:39 | Works | Trackback | Comments(11)
e0021965_09430932.jpg
 次回の放送では、最初の30分で「4月に来日するバート・バカラックの曲をジャズで」という特集を組みます。

e0021965_09431010.jpg
 60年代にバカラックがどれだけ素晴らしい曲を作っていたかがわかるのではないでしょうか?

e0021965_09431147.jpg
「マイルスの真実」では、前回に続いてポール・バックマスターがかかわったスタジオ・レコーディングが中心になります。

e0021965_09431118.jpg
 そして19時台は、月1回(そういうつもりです)の1時間特集。今月は、1月に開催した「小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク&ライヴ@代官山レザール ジャズ大喜利~佐藤允彦 vs 福田重男」の第1部をノー・カットで放送します。

e0021965_09431124.jpg
「トーク&ライヴ」ですから演奏よりトークが多めですが、佐藤さんと福田さんのお話が面白いので楽しめるのではないでしょうか?

e0021965_09431121.jpg
 それでは、よろしければ日曜の18時、再放送は3月27日の25時(最後の再放送になります)、InterFMでお耳にかかりましょう。

Jazz Conversation #216(2014.3.23.放送、2014.3.27.再放送)
①【18:00:4月に来日するバート・バカラックの曲をジャズで】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第190回:1972年6月12日のレコーディング)】
③【19:00:小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク&ライヴ@代官山「レザール」 ジャズ大喜利~佐藤允彦 vs 福田重男】

e0021965_09431150.jpg


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-03-21 09:45 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_11121999.jpg
 先週末に時間があったので、前から行きたいと思っていた「アンディ・ウォーホル展」を観てきました。

e0021965_11121994.jpg
 ニューヨークの象徴みたいなひとなので、ずいぶん昔から興味を持っていましたし、ミック・ジャガーの巨大なシルク・スクリーンも持っています。それも色違いのものが展示されていましたが、やはりこのシリーズではマリリン・モンローが白眉ですね。

e0021965_11121972.jpg
 膨大な量の展示がなされていたので、急ぎ足でざっと見るだけにしましたが、それにしてもこの旺盛な創作意欲にはあきれるばかり。

 どうやってそれだけの時間をねん出したのか。そちらにも興味があります。「ファクトリー」とみずからが呼ぶ工房で、スタッフに手伝ってもらったとはいえ、アイディアはウォーホルが出すわけですし、その多岐にわたっての活動はお見事としかいいようがありません。

e0021965_11121988.jpg
 これは入口に飾られていたBMWのレーシング・カー。

e0021965_11121945.jpg
 このペイントもウォーホルが手掛けたもので、その時の映像も一緒に流されていました。

 

[PR]
by jazz_ogawa | 2014-03-20 11:15 | 平凡な日々 | Trackback(1) | Comments(2)
e0021965_11212607.jpg
 カナダ出身のシンガー、ニッキ・ヤノフスキーのライヴを観るのは5年ぶり。とはいっても、彼女は2月にはたちになったばかり。

 15歳のときに初来日し、札幌のフェスティヴァルに出演。その後に東京で関係者を集めて開かれたショウケースを観たのですが、そのときの模様はこちらhttp://ogawatakao.exblog.jp/10777369/ で書きました。

 2010年のヴァンクーヴァー・オリンピックでは開会式でカナダ国家を歌い、閉会式でもパフォーマンスを披露した彼女。16歳にして国民的なシンガーになっていたんですね。

 そして昨年はクインシー・ジョーンズの来日公演でもフィーチャーされていました。そのクインシーのプロデュースで新作『リトル・シークレット』の発売を5月に控えています。

e0021965_11212733.jpg
 ニッキはジャズ・シンガーのカテゴリーに入るでしょうが、ポップなテイストもあって、両者が自然に溶け合った歌に個性を発揮するタイプ。「ウィッチ・クラフト」や「浮気はやめた」といったジャズのスタンダードを歌ってもそういうところがうまく表出されていますし、ギター一本をバックにソウルフルに歌い上げた「アイド・ラザー・ゴー・ブラインド」は、ロッド・スチュアートもびっくりといった感じでした。

 しかも自作の曲もいろいろあって、これがいい感じにジャズっぽくて、実に魅力的。はたちの若々しさと、それとは反対に落ち着きのある風情と。それらが同居したステージングに好感が持てました。

 どんなシンガーに育っていくのか、引き出しが多いだけに、とても楽しみです。

e0021965_11212700.jpg
 ライヴの前にはインタヴューもさせてもらいました。才気煥発で、話をしていても魅力的。彼女ならフィル・ラモーン、クインシー・ジョーンズといった大物プロデューサーがひと肌脱ごうという気持ちになるのもよ~くわかります。

【出演メンバー】
Nikki Yanofsky(vo)
Cale Hawkins(key)
Stephen Maxwell(g)
Marc Rogers(b)
Mark McLean(ds)
2014年3月14日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-03-19 11:24 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_23314439.jpg
 3月と4月に開催される「ONGAKUゼミナール」の宣伝です。興味がありましたらぜひご参加ください。

 まずは3月29日(土)。「ファンキー・ジャズ」という言葉は知っていてもどんな音楽かわからない。今回の「ONGAKUゼミナール」では代表的な演奏を集め、エピソードなども交えながら「ファンキー・ジャズ」の魅力と神髄を紐解きます。

3月29日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第30回:ファンキー・ジャズの神髄を聴く)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/143111/ まで。


e0021965_23314475.jpg
 4月は2回あります。

 まずは今年最初の「60年代音楽シリーズ」。今回から渋谷百軒店(ひゃっけんだな)の「PANAMA JOE's」に場所が変わります。
 テーマは「ザ・対決~洋楽ポップス vs 日本語カヴァー」。訳詞の秀逸さと日本人シンガーの見事な歌唱がなければ日本のポップス・シーンは違うものになっていた?

4月19日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第21回:ザ・対決~洋楽ポップス vs 日本語カヴァー』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047~18:00-22:00まで)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/149553/ まで。


e0021965_23314486.jpg
 そして2月の大雪で延期されていた西船橋での「ONGAKUゼミナール」。連休に引っかかる方もいるでしょうが、こちらも奮ってのご参加を。
 1939年に創業したジャズの名門レーベル、ブルーノートの創業75周年を祝い、ブルーノートのコンプリート・コレクションを達成した小川隆夫が選ぶ名演とさまざまなエピソードで過ごす午後のひととき。これであなたもブルーノート通になれる?

4月26日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.3』(創業75周年~ブルーノートの名演を聴く)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/138951/ まで。
 

[PR]
by jazz_ogawa | 2014-03-17 00:20 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(4)
e0021965_23452828.jpg
 まずはご報告。4月の改編も乗り切り、同じ時間帯での2時間枠が確保できました。とりあえずこの先の3か月は継続です。

 スポンサーがつかない肩身の狭さといいましょうか、いつ立ち退きを迫られるかわからない状況で、日曜日のこの時間帯に2時間の放送ができるのは、ひとえにピーター・バラカンさん率いるInterFMのみなさんのおかげです。

e0021965_23452901.jpg
 そしてもうひとつニュースが。4月からInterFM NAGOYA(79.5MHz)が開局します。スタジオも作っているみたいです。

 放送エリアは、愛知県名古屋市、瀬戸市、豊田市、岡崎市、常滑市、豊橋市を含む中京圏とのこと。この番組もまったく同じ曜日と時間に聴くことができます。

 いいことがあれば残念なことも。4月から再放送がなくなります。局の方針で、どうやら再放送はボブ・ディランの番組を例外にすべてが廃止されるみたいです。

e0021965_23452902.jpg
e0021965_23461767.jpg
 そんなこんなの春の改編ですが、次回の特集では、「非業の死を遂げたジャズマン」と題し、志半ばにしてこの世を去ったアーティストたちを追悼したいと思います。

e0021965_23461700.jpg
「マイルス・デイヴィスの真実」では、1972年6月に録音された『オン・ザ・コーナー』を、影の立役者だったポール・バックマスターについて触れながら紹介するつもりです。

e0021965_23461763.jpg
 そして、ゲストはルクセンブルク出身のピアニスト、ミシェル・レイス。

e0021965_23465422.jpg
 現在はニューヨークに住んでいて、話を聞けば昔ぼくが住んでいたブリーカー・ストリートの住人だそうです。

e0021965_23465486.jpg
 有名な「ジョンズ・ピザ」が入っているビルの上に住んでいるとか。そんなこともあって、親しみを感じちゃいました。

 それでは、よろしければ日曜の18時、再放送は3月20日の25時、InterFMでお耳にかかりましょう。

Jazz Conversation #215(2014.3.16.放送、2014.3.20.再放送)
①【18:00:非業の死を遂げたジャズマン~パート1】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第189回:ポール・バックマスターの貢献)】
③【19:00:Meet The Star(第161回:ミシェル・レイス)】
④【19:30:非業の死を遂げたジャズマン~パート2】

e0021965_23465565.jpg


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-03-15 00:04 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_16170281.jpg
 昨年の秋に予約したGenesisの豪華写真集『RINGO』のデラックス・エディションがようやく3月はじめに届きました。出版のアナウンスがあって、すぐにデラックス・エディションはもとより廉価版のコレクターズ・エディションも完売。Genesisによれば、これまでで一番短時間で完売になった本だそうです。

e0021965_16170272.jpg
 国際宅急便で届きました(当たり前か)。

e0021965_16234119.jpg
 いつものとおり段ボールで梱包。

e0021965_16235655.jpg
 段ボールには限定ナンバーの「160」番と書かれたシールが貼られています。

e0021965_16241248.jpg
 これを開けるのが毎回の楽しみ。

e0021965_16242965.jpg
 段ボールから取り出しました。布製の袋に入っています。

e0021965_16244377.jpg
 中から出て来たのは堅い紙でできたボックス。古色蒼然とした箱のイメージです。

e0021965_16245271.jpg
 こちらは箱の裏側。

e0021965_16250110.jpg
 そしていよいよ本体とご対面。

e0021965_16251197.jpg
 本体と一緒に入っていた封筒。

e0021965_16283560.jpg
 中にはネガのプリント写真が。

e0021965_16532550.jpg
e0021965_16533409.jpg
 本にはリンゴの直筆サイン。ぼくのはコレ。デラックス・エディションは限定350部です。

e0021965_16534395.jpg
 前半はリンゴがビートルになるまでの写真。大半は他のひとが撮ったものです。そして後半はリンゴが写した写真が中心。

e0021965_16540001.jpg
e0021965_16541365.jpg
 ところどころのページにはメモや何らかの書類などを複製したものも添付されています。

e0021965_16542444.jpg
 リンゴが写したジョン。

e0021965_16543322.jpg
 これは1966年の来日時にホテルの窓から写した1枚。

e0021965_16544294.jpg
 魚眼レンズでポールとジョンを。

e0021965_16545248.jpg
 カンヌでのジョージ。眼鏡と風になびく髪型がいいですね。

 Genesisからはストーンズとポールのサインが入った本は出ていません。そろそろ出してくれないものでしょうか。ビル・ワイマンとロン・ウッドのそれぞれサインが入った本は持っているんですけどね。


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-03-13 00:19 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(2)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム