小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 先週の土曜日、本業を終えたあと、「ONGAKUゼミナール」が始まるまでに時間があったので、この日に封切られた「ジャージー・ボーイズ」を観てきました。

 ブロードウェイのヒット・ミュージカルを84歳のクリント・イーストウッドが監督したフランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズの実録物語です。

 2時間半近い映画ですが、あっという間に終わった感じ。イーストウッドの音楽を愛する気持ちがあちらこちらに溢れていて、あまたある音楽映画の中でも出色の出来映えと思いました。ぼくにとってはここ数年で観た映画のベストでもあります。


 メンバーが独白するシーンをあちこちに散りばめていますが、中でもフランキー・ヴァリが娘を諭すシーンと、ラストで4人がそれぞれの思いを語る場面は泣けました。

 娘の死を乗り越えようとしてレコーディングした「君の瞳に恋してる」のなんと甘く切ないことか。

 多くのグループと同じで、頂点を目指しながらこのグループも解散してしまいます。ですが、この手のストーリーでは珍しいことにドラッグでのトラブルがグループ内には出てきません。

 面白かったのは若き日のジョー・ペシがちょこまかと登場してくるところでしょうか。仕草といい喋り方といい本人にソックリ。彼がフォー・シーズンズ結成に大きな役割を果たしたことも注目です。

 グループのメンバーで作曲家でもあるボブ・ゴーディオが入団前の15歳のときに作ったヒット曲「ショート・ショーツ」も登場します。日本では『タモリ倶楽部』の主題歌としてお馴染みのあの曲です。

 音楽映画としてだけではなく、ニュージャージーの貧しいイタリア系アメリカ人を描いた青春映画として観ても楽しめましたし、イーストウッドがジャズだけでなくこうしたポップスにも深い造詣と強い思いがあることがひしひしと伝ってきました。

e0021965_00262486.jpg


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-30 08:08 | 映画&DVD | Trackback | Comments(6)
e0021965_20303545.jpg
 先ほど「Jazz Conversation」は4年9ヶ月の放送に幕を閉じました。

 最初はあまり気乗りしていなかったんですが、終わってみると「やってよかった」との思いでいっぱいになりました。リスナーのみなさま、本当にありがとうございました。

 また今回の終了にあたり、多くの方から惜しむ声が寄せられたことに、驚きとともに感謝の気持ちを強く覚えています。今日のTweetも全部目を通しました。涙が出るほどうれしいです。局に寄せられたメールは後日、読ませていただきます。

e0021965_20313149.jpg
 それはそれとして、昨日は銀座の「le sept」で「ONGAKUゼミナール」をやってきました。前回はちょっと空席もありましたが、今回は満席で、こちらもありがたい限りです。ご参加下さったみなさまに感謝です。

e0021965_20303845.jpg
 今回のテーマは「マウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァル」。

e0021965_20304128.jpg
 このフェスティヴァルに運営面で重要なお仕事をしていた菱沼妙子さん(名前出しちゃったけど大丈夫?)がフラリと参加してくれました。たまたまぼくのとなりの席しか空いていなかったので、サプライズ・ゲストとして途中から加わってもらうことに。ぼくの話だけでは足りない部分を、裏話まで含めて語っていただきました。参加して下さったみなさんも楽しんでいただけたのではないでしょうか。

e0021965_20321245.jpg
 そうそう、今回も岩崎泰三さんが淹れてくれたコーヒー、いただきました。「le sept」でのイヴェントではこれも楽しみのひとつです。

e0021965_20304436.jpg
 ラジオは終わりましたが、「ONGAKUゼミナール」はこれからもやっていきます。ひとが来てくれれば、ですけど。

 それで今後の予定です。存続がかかっていますので、興味のある方はぜひお越し下さい。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_20304795.jpg
10月18日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第24回:映画音楽~洋画編』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/208953/まで。

 映画に音楽はつきもの。とくに1960年代の日本では映画音楽が高い人気を誇っていました。ヘンリー・マンシーニ、クロード・ルルーシュ、バート・バカラックたちが書いた映画音楽の数々。あるいは『卒業』、『明日に向かって撃て』、『007シリーズ』など、シーンと音楽を一緒に記憶している作品も数多くあります。
 音楽少年だった小川隆夫は同じくらい映画少年でもありました。次回は思い出がいっぱいつまった映画について語りながら、その音楽に触れたいと思います。


e0021965_20305086.jpg
10月25日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.5』(秋に聴くボサノヴァ)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/208991/まで。

 西船橋の「Ten & Half Cafe+」では日本が世界に誇るボサノヴァ・アーティストの中村善郎さんがアコースティック生ライヴを定期的に開催しているお店でもあります。
 そこで今回は、小川隆夫が選ぶボサノヴァの名曲を代表的なアーティストによる演奏や歌で楽しみたいと思います。初期のアーティストから最近のアーティストまで。秋の午後に相応しい雰囲気の選曲でボサノヴァの素晴らしさを味わっていただければと思っています。


e0021965_20305273.jpg
11月15日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第34回:古今東西ピアノ・トリオ聴き比べ)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218045/まで。

 ジャズでもっとも人気の高い編成がピアノ・トリオです。それだけに、これまで数多くの名ピアノ・トリオが登場し、ピアノ・トリオの名盤もいろいろとあります。
 今回は日本を代表するピアノ・トリオによる演奏を前半に、諸外国のピアノ・トリオによる演奏を後半に特集し、みなさんとさまざまなピアノ・トリオを楽しみたいと思います。
 今回も岩崎泰三さんによる美味しいコーヒーも楽しめます。


e0021965_20305510.jpg
11月29日(土) 『小川隆夫と聴くザ・ビートルズ UKオリジナルLP vs 2014 MONO BOX』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15 前田山陽ビルB1(03-3564ー4155)http://www.miles5.co.jp/
開場:13:00 開演:14:00 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218049/まで

 相変わらずとどまることを知らないビートルズのアルバム発売。今回は9月に出たモノナルLPと英国プレスのオリジナルLPを聴き比べます。
 小川隆夫秘蔵のブラック・パーロフォンをはじめとしたオリジナルLPと2014年リマスター盤のどちらが音質的に優れているのか。あるいはどこがどう違うのか。最良の音質が再現できるレーザー・ターンテーブルを使用しての聴き比べを通し、これまでとは違うビートルズ体験ができるかもしれません。


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-28 20:46 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(6)
e0021965_19080438.jpg
 長い間、ご愛聴ありがとうございました。今度の日曜日の放送で4年9ヶ月続いた「Jazz Conversation」は終了します。

 短いようで長かったかな? いろいろな出会いや再会があって、ぼくとしては満足の5年弱でした。感無量です。

e0021965_19104350.jpg
 最終回はマイルスの命日と重なるため、もともと考えていたことですが2時間丸ごとマイルス特集。最終回にちなんだ特別なことはやりません。予定通りの内容というのがぼくらしくていいでしょ?

 ということでこんな内容になります。

Jazz Conversation #241(2014.9.28.放送)
①【18:00:(マイルス・ラヴ~パート1)】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第214回:ロング・グッドバイの前に)】
③【19:00:Meet The Star(第179回:ウエイン・ショーター)~tape archives #4】
④【19:30:(マイルス・ラヴ~パート2)】

e0021965_19080479.jpg
e0021965_19080420.jpg
 特集ではぼくの好きなマイルスの演奏を年代とかスタイルに関係なく思いつくまま聴いていこうと思っています。どこまで聴けるかな? といったところです。

「マイルス・デイヴィスの真実」は、長期療養に入るところまでで終了します。区切りがいいといえばいいでしょう。未発表演奏もかけます。

e0021965_19080409.jpg
 そして「ミート・ザ・スター」はこの日のために温存しておいた1992年のインタヴュー・テープを用いて、「ウエイン・ショーターが語るマイルスのラスト・デイズ」といった内容になります。

 すべてが中途半端というか途中で終わってしまいます。やり足りないところも多々あります。でもこういうものはキリがないですから、そろそろ潮時かな、と。始めがあれば終わりもあるさ、です。いつか終わることは、番組を始めるときに意識していましたし。

e0021965_19080430.jpg
 この間、メールやツイートなどで多くの方から励ましのお言葉をいただきました。本当にありがたく思っています。

 いただいたメッセージは大切な財産です。こんな体験ができた幸せにどうお応えすればいいのか。人生の終盤に入っての得難い体験。さまざまな意味で感謝しないとね。

e0021965_19080447.jpg
 ということで番組は終わりますが、ぼくは相変わらずの生活をしていきます。これからもよろしくお願いします。

e0021965_19080402.jpg

[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-26 19:24 | Inter-FM | Trackback | Comments(14)
e0021965_09282459.jpg
 エッセイが掲載されました。今回で2回目です。

e0021965_09282422.jpg
「喫茶ロビー」というコーナーです。医療についての原稿ではありません(当たり前か・苦笑)。

e0021965_09282499.jpg
 同業の方は購読されていると思います。恥ずかしいのでこのページは飛ばしてください。



[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-25 09:30 | 平凡な日々 | Trackback | Comments(7)
e0021965_00004342.jpg
e0021965_00004445.jpg
『Venus And Mars』(US promo盤)
『At The Speed Of Sound』(US promo盤)
 今回は11月に発売が延期されたアーカイヴ・シリーズのプロモ盤2種類。

e0021965_00004450.jpg
e0021965_00004455.jpg
e0021965_00004460.jpg
e0021965_00004430.jpg
 どちらも2CD + DVDの3枚組。

e0021965_00004438.jpg
 
e0021965_00004411.jpg
e0021965_00004810.jpg
e0021965_00004874.jpg

[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-24 00:06 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(3)
e0021965_22594194.jpg
 別にいますぐほしかったわけじゃないんですけど、発売日に渋谷にいたので、公演通りのアップル・ショップに行きました。

e0021965_22594149.jpg
 どのくらいの大きさかなぁなんて思い、ちょっと触ってみるか程度の気持ちです。

e0021965_22594136.jpg
 それで、どうせいまから予約しても手に入るのは数週間後だろうから、とりあえず予約しておこうおかな。そう考え、店員さんに尋ねたところ、「予約は夜中の12時からネットで。ただし5分くらいで受け付けは終了になります」とのこと。

e0021965_22594109.jpg
 そりゃぁ面倒くさいなぁ。それならいいやとここであきらめたんですが、たまたま通りかかった量販店の店頭で、店員さんが「いまなら今日中に持って帰れます」といっていたので、では、と。

e0021965_22594197.jpg
 ということでその場で手続きして買ってきました。

e0021965_22594168.jpg
 アップル・ショップとの差はなんなんでしょうね。争奪戦とは無縁のところでいとも簡単に手に入ってしまい、ちょっと気が抜けました。


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-22 08:19 | 平凡な日々 | Trackback | Comments(4)
e0021965_00390120.jpg
 前回の放送で番組終了の告知をしたところ、思わぬほどの反響をいただきました。本当にありがとうございます。

e0021965_00390290.jpg
 明日の放送を入れてあと2回。ラス前ですね。ならばということで、明日は初の2部構成。

e0021965_00390285.jpg
 といっても、な~んてことはありません。前半の1時間は自分の好きな曲をどんどんかけるという趣向。題して「マイ・フェイヴァリット・ジャズ」。

e0021965_00390221.jpg
 せっかくですからぼくがプロデュースした作品からも2曲ほどかけちゃいます。

e0021965_00390225.jpg
 そして後半の1時間は「(証言で綴る)必聴! ジャズ名盤」。

e0021965_00391448.jpg
 4回目にして最後となる今回は日野皓正さんが語る『アローン・アローン&アローン』。

e0021965_00391440.jpg
 日野節炸裂の内容です。

e0021965_00391444.jpg
 それでは興味のある方、明日の日曜日、18時に“Real Music Station”(ほんまかいな?)を標榜するInterFMでお耳にかかりましょう。

Jazz Conversation #240(2014.9.21.放送)
①【18:00:(マイ・フェイヴァリット・ジャズ)】
②【19:00:(証言で綴る)必聴! ジャズ名盤(第4回:『日野皓正/アローン・アローン&アローン』)】

e0021965_00391774.jpg


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-20 09:04 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_09215670.jpg
「Jazz Conversation」は今月で終了ですが、「ONGAKUゼミナール」は続きます。

 そもそも「ONゼミ」のラジオ版が「Jazz Conversation」という位置づけでした。ということで、やっていることは基本的に同じ。ラジオのように毎回4つのテーマは設けませんが、2時間にわたって好きな音楽の紹介をしています。

e0021965_09215623.jpg
 そして次回の「ONゼミ」は銀座の「le sept」で27日に開催されます。テーマは「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡~音楽編」。

「音楽編」としたのは、先月三軒茶屋の「Whisper」でフォトグラファーの内山繁さんと「トーク編」をやったので。

e0021965_09215649.jpg
「10年の軌跡」と題していますが、1回目の「Mt.Fuji」の話と音楽で終わってしまうでしょうね。ま、やってみないとわかりませんが。

 まだ席は少しあるとのことですから、興味がある方はぜひ! 調子に乗れば「Jazz Conversation」やInterFMのマル秘話もするかも、です。

e0021965_09215655.jpg
9月27日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第33回:「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡~音楽編」)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/193636/まで。


 それで10月も「ONゼミ」は2回あります。こちらもいまのところガラガラです。

e0021965_09215657.jpg
10月18日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第24回:映画音楽~洋画編』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/208953/まで。

 映画に音楽はつきもの。とくに1960年代の日本では映画音楽が高い人気を誇っていました。ヘンリー・マンシーニ、クロード・ルルーシュ、バート・バカラックたちが書いた映画音楽の数々。あるいは『卒業』、『明日に向かって撃て』、『007シリーズ』など、シーンと音楽を一緒に記憶している作品も数多くあります。
 音楽少年だった小川隆夫は同じくらい映画少年でもありました。次回は思い出がいっぱいつまった映画について語りながら、その音楽に触れたいと思います。


e0021965_09215694.jpg
10月25日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.5』(秋に聴くボサノヴァ)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/208991/まで。

 西船橋の「Ten & Half Cafe+」では日本が世界に誇るボサノヴァ・アーティストの中村善郎さんがアコースティック生ライヴを定期的に開催しているお店でもあります。
 そこで今回は、小川隆夫が選ぶボサノヴァの名曲を代表的なアーティストによる演奏や歌で楽しみたいと思います。初期のアーティストから最近のアーティストまで。秋の午後に相応しい雰囲気の選曲でボサノヴァの素晴らしさを味わっていただければと思っています。

[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-18 09:27 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_09393343.jpg
 ここ数年「レザール」で何度も観てきた菅野邦彦さんのライヴ。中でも昨日は稀代のスウィンガーぶりを見事に発揮したご機嫌な内容でした。

 リクエストに応えて毎回聴かせてくれる「慕情」にしても、18番の「ミスティ」にしても、はたまた「アワ・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ」「メモリーズ・オブ・ユー」「アウト・オブ・ノー・ホエア」といった曲でも、得意のバック・ビートを駆使した抜群のノリがこのひとならでは。

e0021965_09393881.jpg
 軽妙洒脱な表現も織り交ぜ、全開のスガチン節にダイナミックなサポートで応じたベースの河上修さんとドラムスの久米雅之さんもご機嫌。

e0021965_09403717.jpg
 最近ではなかなか聴けなくなった菅野さんのライヴですが、「レザール」には定期的に登場するのでありがたい限り。次は11月になるのかしら?


【出演メンバー】
菅野邦彦(p)
河上修(b)
久米雅之(ds)
2014年9月16日 「代官山レザール」 ファースト&セカンド・セット


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-17 09:43 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_23540785.jpg
『The Beatles In Mono』(GR盤/国内盤仕様)
 ビートルズ物では今年の目玉的なボックス・セット。

e0021965_23540756.jpg
 オリジナル・モノ・スタジオ・アルバムのアナログ・レコード11作品を収めた14枚組のボックス・セットです。

e0021965_23540709.jpg
 アナログ・マスターテープを使用し、新たにカッティングしたリマスター音源が採用されています。でもやっぱりオリジナル盤にはかなわないでしょうね。

e0021965_23540729.jpg
 EUプレスと思っていたんですが、届いたのは「Made In Germany」でした。といってもこれはボックスを覆っている紙製のケースに印刷されているだけで、本体に製造国の表示はありません。

e0021965_23540770.jpg
 レーベルはかなりいい出来です。これはブラック・パーロフォン。

e0021965_23540722.jpg
 2作目からはイエロー・パーロフォン。

e0021965_23540777.jpg
『MMT』はUS盤がオリジナルなのでキャピトル・レーベル。ジャケットも「Printed in USA」となっています。

e0021965_23554719.jpg
 そして『White Albuma』はアップル・レーベル。ディスクもオリジナル盤を踏襲して、上から取り出すようになっています。

e0021965_23551129.jpg
 日本盤の帯が再現されていますが、初期のアルバムはUK盤とは内容が異なるので、これはお遊びのようなものですが。

e0021965_23551105.jpg
『Treasures of the Beatles』(US版)
 このシリーズではずいぶん前にボブ・ディランやジョン・レノンの本を買いましたが、最近ビートルズとストーンズ物を発見。あとツェッペリンも予約中。

e0021965_23551130.jpg


 20種類くらいのメモラビリアが複製されています。



e0021965_23551154.jpg
 本としての内容はなんてことないですが、このメモラビリアを観ているだけで楽しくなってきます。

e0021965_23551114.jpg
 日本公演のチケットもありました。


e0021965_23551103.jpg
『Treasures of the Rolling Stones』(US版)
 こちらはストーンズ。

e0021965_23551167.jpg
e0021965_23564882.jpg
e0021965_23564857.jpg
 ポスター、チケット、チラシ、手紙など、さまざまなものの複製がついています。

e0021965_23564825.jpg
『Playing for Change/Songs Around the World』(US盤)
 アルバムの中の1曲「Words Of Wonder / Get Up Stand Up feat. Keith Richards, Keb' Mo', Titi Tsira (PFC Band), Roberto Luti (PFC Band), and Aztec Indians」が気になったので購入。
 全曲入りのDVDがついた2枚組。キースの姿が渋すぎる!


[PR]
by jazz_ogawa | 2014-09-15 00:01 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(2)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム