小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
e0021965_13433809.jpg
 会場は地下1階にあるバーの「Backyard」。

 概要は以下のとおりです。

Bar BACKYARD Special DJs
ミュージシャン、音楽プロデューサー、ジャーナリスト、、、
天才ベーシスト/プロデューサーの来日を祝し、各界で活躍する方々がDJとして登場。
“マーカス・ミラー”をキーワードに繰り広げられる様々な選曲を楽しむ、5日間限定のスペシャル・ラウンジ。

マーカス・ミラーの公演期間中、「Bar BACKYARD」では連夜ミュージシャン、音楽プロデューサー、そして音楽、ファッション、カルチャーに精通するジャーナリスト/ライターがDJとして登場。超豪華&個性豊かなDJ陣が“マーカス・ミラー”をキーワードに、どんな曲をセレクトするのか?どうぞお楽しみに。

※Bar BACKYARDは入場無料/ご飲食代のみでお楽しみいただけるラウンジ・スペースです。ショウ前後のご利用はもちろん、Barのみのご利用も可能。

e0021965_13433812.jpg
[DJs]
2.19 thu.
松岡"matzz"高廣(ミュージシャン/DJ)、小川隆夫(音楽ジャーナリスト)

2.20 fri.
佐藤英輔(音楽ジャーナリスト)、城野純郎(ビクターエンタテインメントプロデューサー)

2.21 sat.
仙道洋平(編集者/DJ)、DJ敷島 a.k.a 浦風親方(DJ)

2.22 sun.
吉岡正晴(DJ/音楽ジャーナリスト)、林剛(音楽ジャーナリスト)

2.23 mon.
湯山玲子(著述家)、五箇公貴(テレビ東京プロデュサー)

[DJ Time] @Bar BACKYARD (B1F)
2.19 thu. - 2.20 fri., 2.23 mon. 6:00pm~9:30pm
2.21 sat. - 2.22 sun. 4:00pm~8:00pm


 ということになっています。よろしく!

[PR]
by jazz_ogawa | 2015-01-26 16:14 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_10102559.jpg
 ピアニストのクリヤ・マコトさんとの「トーク&ライヴ」。

e0021965_10102575.jpg
 このシリーズでは「よそでは聴けない演奏」がテーマになっています。ということで、今回は誰でも知っている超有名スタンダード曲をクリヤ流で披露していただこうと考えています。

e0021965_10102532.jpg
 本人によればソロ・ピアノでのライヴもあまり機会がなかったということですから、めったにお目にかかれないクリヤさんの姿に触れることができるんじゃないでしょうか?

 まだお席には余裕があります。興味のある方はぜひご参加ください。

e0021965_10102556.jpg
1月31日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第8回:ゲスト=クリヤ・マコト プレイズ・スーパー・スタンダード)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240368/まで。



【今後の「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_10110835.jpg
2月14日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.6』(ヴァレンタイン・デイに聴くラヴ・ソング)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252179/まで。

 古今東西さまざまなラヴ・ソングが生まれてきました。ヴァレンタイン・デイ当日にあたる今回はそれらの中からジャズでお馴染みの歌と演奏を選んでみたいと思います。


e0021965_10111047.jpg
2月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第26回:渡辺貞夫も日野皓正もみ~んな若かった~タクト・レーベルの真髄を聴く』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252534/まで。

 1960年代後半、日本のジャズ・シーンにはアメリカ留学を終えた渡辺貞夫を中心に、オリジナリティを追求する若手が増えてきました。そうした意欲的なミュージシャンに次々とレコーディングの機会を与えていたのが弱小家電メーカーのタクトです。渡辺貞夫を中心に、新人だった日野皓正に初リーダー・レコーディングのチャンスを与えるなど、次代を担う有能なミュージシャンを起用してのアルバム作りがやがて日本のジャズ・ブームに繋がっていきます。
 今回は60年代後半の日本におけるジャズ・シーンでもっとも重要な足跡を残したタクト・レーベルの作品を聴きつつ、その時代の動きを紹介したいと思います。



[PR]
by jazz_ogawa | 2015-01-22 10:12 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_18003761.jpg
 いつものように当初は集まりが悪かったんですが、ふたを開けたら予備の椅子も1脚出す結果になりました。お忙しい中、お集まりいただいたみなさん、本当にありがとうございました。

e0021965_18004551.jpg
 昨日のテーマは「さまざまな鍵盤楽器で聴くジャズ」。

e0021965_18004845.jpg
 昨年末に新作『Memories』を発表したピアニストの福田重男さんも遊びに来てくれたので、最後は彼と話をしながらそのアルバムから3曲をみなさんと一緒に楽しみました。

e0021965_18005124.jpg
「Jazz Conversation」の「ミート・ザ・スター」の感じですね。

 今月はもう1回、31日(土)に代官山「レザール」でクリヤ・マコトさんんとの「トーク&ライヴ」があります。いつものことですが、こちらもいまのところ予約があまり入っていません。なんとか席が埋まるといいんですけど。

 それでも懲りずに「ONGAKUゼミナール」は2月も続きます。参加者あってのイヴェントです。興味のある方はよろしくお願いします。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_18005418.jpg
1月31日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第8回:ゲスト=クリヤ・マコト プレイズ・スーパー・スタンダード)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240368/まで。

 第8回のゲストは、いまヨーロッパを中心に世界で活躍するピアニスト、クリヤ・マコトさん。多くのアーティストの音楽プロデューサーや映画の音楽監督を務める等、ジャズ以外の分野でも意欲的に活動されています。そんなクリヤさんから小川隆夫がどんな演奏と話を引き出すか、どうぞお楽しみに。


e0021965_18005777.jpg
2月14日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.6』(ヴァレンタイン・デイに聴くラヴ・ソング)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252179/まで。

 古今東西さまざまなラヴ・ソングが生まれてきました。ヴァレンタイン・デイ当日にあたる今回はそれらの中からジャズでお馴染みの歌と演奏を選んでみたいと思います。


e0021965_18005922.jpg
2月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第26回:渡辺貞夫も日野皓正もみ~んな若かった~タクト・レーベルの真髄を聴く』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252534/まで。

 1960年代後半、日本のジャズ・シーンにはアメリカ留学を終えた渡辺貞夫を中心に、オリジナリティを追求する若手が増えてきました。そうした意欲的なミュージシャンに次々とレコーディングの機会を与えていたのが弱小家電メーカーのタクトです。渡辺貞夫を中心に、新人だった日野皓正に初リーダー・レコーディングのチャンスを与えるなど、次代を担う有能なミュージシャンを起用してのアルバム作りがやがて日本のジャズ・ブームに繋がっていきます。
 今回は60年代後半の日本におけるジャズ・シーンでもっとも重要な足跡を残したタクト・レーベルの作品を聴きつつ、その時代の動きを紹介したいと思います。



[PR]
by jazz_ogawa | 2015-01-18 18:07 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(3)
e0021965_12532109.jpg
 今年は少し節約をしようかなと思っています。それで、これは昨年の年末に買ったもの(笑)。

 はっぴえんどのアルバムはさまざまなヴァージョンで持っていますが、やっぱりこういうものが出るとノドから手が出てしまいます。

e0021965_12533968.jpg
 内容紹介
 ダイレクトカッティングによるアナログ完全復刻盤+メンバー公認で新たにデジタル・リマスタリングしたCD+ハイレゾ音源ダウンロードカード+メモリアルブック

e0021965_12534128.jpg
 ロンドン・メトロポリス・スタジオでダイレクトカ・ッティング(AAAカッティング)した『はっぴいえんど』と『風街ろまん』のアナログ完全復刻盤(重量盤)。帯もばっちり。

e0021965_12534446.jpg
 デジタル・マスタリングCD2枚(左)+94k 24bitのハイレゾ音源を期間中ダウンロード出来るのダウンロードカード(右上)+松本隆作詞ノートのレプリカ(右下)
)。

e0021965_12541647.jpg
e0021965_12541639.jpg
e0021965_12541697.jpg
e0021965_12541686.jpg
 レコーディングなどにまつわる資料や写真家野上眞宏氏所蔵の写真などを掲載したはっぴいえんど資料集(アナログジャケット大 36P)

e0021965_12544623.jpg
e0021965_12544637.jpg
e0021965_12544646.jpg
 松本隆作詞ノートのレプリカ(48P)

e0021965_12544686.jpg
 三方背収納ケース(背面)

 以上です。

 どうしてもほしいものは買いますが、あとは我慢が今年のテーマです。



[PR]
by jazz_ogawa | 2015-01-12 12:59 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(0)
e0021965_09225682.jpg
 恒例の宣伝です。

 次回の「ONGAKUゼミナール」は銀座「le sept」でさまざまな鍵盤楽器をみなさんと一緒に楽しみたいと思います。新作を発表したばかりのピアニストも乱入予定です。本人に自分のアルバムの紹介と宣伝もしてもらいましょう。

 まだ少し席が空いているとのこと、お時間のある方は是非ご参加ください。

e0021965_09225666.jpg
1月17日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第35回:さまざまな鍵盤楽器で聴くジャズ)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218045/まで。

 鍵盤楽器の花形はピアノですが、そのほかにもさまざまな鍵盤楽器が存在します。オルガン、ハープシコード、チェンバロ、電気ピアノ、シンセサイザーなど、ピアノ以前のものから最新のものまで、そうした鍵盤楽器を用いたジャズを今回は楽しんでみたいと思います。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_09225640.jpg
1月31日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第8回:ゲスト=クリヤ・マコト プレイズ・スーパー・スタンダード)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240368/まで。

 第8回のゲストは、いまヨーロッパを中心に世界で活躍するピアニスト、クリヤ・マコトさん。多くのアーティストの音楽プロデューサーや映画の音楽監督を務める等、ジャズ以外の分野でも意欲的に活動されています。そんなクリヤさんから小川隆夫がどんな演奏と話を引き出すか、どうぞお楽しみに。


e0021965_09225688.jpg
2月14日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.6』(ヴァレンタイン・デイに聴くラヴ・ソング)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252179/まで。

 古今東西さまざまなラヴ・ソングが生まれてきました。ヴァレンタイン・デイ当日にあたる今回はそれらの中からジャズでお馴染みの歌と演奏を選んでみたいと思います。


e0021965_09225677.jpg
2月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第26回:渡辺貞夫も日野皓正もみ~んな若かった~タクト・レーベルの真髄を聴く』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252534/まで。

 1960年代後半、日本のジャズ・シーンにはアメリカ留学を終えた渡辺貞夫を中心に、オリジナリティを追求する若手が増えてきました。そうした意欲的なミュージシャンに次々とレコーディングの機会を与えていたのが弱小家電メーカーのタクトです。渡辺を中心に、新人だった日野皓正に初リーダー・レコーディングのチャンスを与えるなど、次代を担う有能なミュージシャンを起用してのアルバム作りがやがて日本のジャズ・ブームに繋がっていきます。
 今回は60年代後半の日本におけるジャズ・シーンでもっとも重要な足跡を残したタクト・レーベルの作品を聴きつつ、その時代の動きを紹介したいと思います。




[PR]
by jazz_ogawa | 2015-01-08 11:34 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_13590431.jpg
 年末ですが、こんなものを買いました。

e0021965_13590791.jpg
e0021965_13590913.jpg
 FiioX1なる中国製の格安ハイレゾ・プレイヤーです。

e0021965_13591116.jpg
 iPodそっくりで、サイズは一回り小さく少し厚いだけ。

e0021965_13591500.jpg
 アメリカで買えばたいていのところで99ドル、日本だと倍くらい。ニューヨークにいたので向うで買ってきてもよかったんですが、使い勝手がまったくわからないので日本の代理店が輸入しているものを買いました。

e0021965_13255079.jpg
 iPodと違ってメモリーが内臓されていません。SDカードを使います。規格によれば2TBまで使用できるとありますが、そんな大容量のSDカードはいまのところ存在しません(笑)。

 SDカードの価格については無関心でしたが、64GBで4000円弱、倍の128GBになると1万円以上なんですね。使用するなら本体の価格にこの分を上乗せすることになります。

 気持ちとしては128GBがほしいのですが、容量は倍なのに価格は3倍くらいということに抵抗があり、とりあえず64GBを2枚買いました。

 FiioX1のいいところはSDカードでロックとかジャズとか保存する音楽ジャンルがわけられることです。

 ぼくの場合、それぞれのiPodに違うジャンルの音楽を入れていますから、現在5台を使用中です。手元にはまだ使えるiPodが7台あるので、基本はこちらを使います。

 でもFiioX1ならこれ1台で事足ります。256GBのSDカードが1万円くらいになったら、こちらに切り替えたいんですが、この価格は無理かなぁ。

e0021965_13591556.jpg
 それでせっかくハイレゾ対応の携帯プレイヤーを買ったので、FiioX1にはさしあたりハイレゾ音源だけ入れて、それを楽しんでいます。

 肝心の音はどうかって? ぼくの耳には違いがよくわかりません。いいと思えばよく聴こえるし、どうかな? と思って聴けば同じようにしか聴こえません。なにせ節穴ならぬ節耳ですから。

e0021965_13591572.jpg
 いい音で聴くのが目的ではなく、こういうものがほしいというのが購入動機です。

e0021965_13592163.jpg
 ただし使い勝手はいまいち。やはり慣れたiPodのほうが全然いいです。でもそのうち99ドルでシルヴァーのヴァージョンも買っちゃうでしょうね(苦笑)。写真は付属のシリコン・ケースに入れたお姿。


 

[PR]
by jazz_ogawa | 2015-01-06 13:30 | 平凡な日々 | Trackback | Comments(2)
e0021965_12464245.jpg
 先日からお知らせしているNHK-FMの特番『真冬の夜の偉人たち』、ぼくが担当するのは 「未だに新しいトニー・ベネット」と題した回です。

e0021965_12464273.jpg
 放送時間は1月5日の午前0時から2時間、間違いやすいですが明日4日の深夜12時からとなります。

e0021965_12464211.jpg
 ちょっとした個人的なエピソードなども盛り込みながら、トニー・ベネットのキャリアをたどっていきます。

e0021965_12464220.jpg
 フランク・シナトラの影に隠れがちだった彼ですが、その魅力と実力がタップリ味わえるのではないでしょうか。よろしくお願いします。



[PR]
by jazz_ogawa | 2015-01-03 12:49 | Works | Trackback | Comments(0)
e0021965_10423750.jpg
 明けましておめでとうございます。今年もぼちぼちやっていきますのでよろしくお願い致します。

 それで恒例、新春のNHK-FM特番『真冬の夜の偉人たち』に今年も出演します。今回は「未だに新しいトニー・ベネット」をテーマに、60年以上にわたる彼のキャリアを紹介。放送は5日の午前0時から2時間、つまり4日の深夜です。

「ONGAKUゼミナール」は1月も2回あります。17日の土曜日は銀座の「le sept」、2週間後の31日は代官山の「レザール」で。前者は「さまざまな鍵盤楽器で聴くジャズ」がテーマ(ひょっとするとあるピアニストが遊びにくるかもしれません)、後者はピアニストのクリヤ・マコトさんをゲストにお迎えしての「トーク&ライヴ」。興味のある方はぜひご参加ください。

 あとは「ブルーノート東京」から現在配布中の『Blue Note TOKYO Jam』に、マーカス・ミラーについての短い文書を書いています。


【Broadcast】
01.05. 『真冬の夜の偉人たち』(NHK FM 0:00~2:00=4日深夜)
    「未だに新しいトニー・ベネット」http://www.nhk.or.jp/fm-blog/200/205095.html


【Activities】
01.17. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第35回:さまざまな鍵盤楽器で聴くジャズ)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240366/まで。

01.31. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第8回:ゲスト=クリヤ・マコト プレイズ・スーパー・スタンダード)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240368/まで。


【JAL国際線・機内放送】
12.01.-1.31. ジャズ・チャンネル(Jazzy Life)選曲・構成(タイトルに数字がついた曲特集)


【Articles】
12.16. 『Blue Note TOKYO Jam』(Vol.153)
    「マーカス・ミラー」

01.01. 『JAL国際線機内放送用冊子』(1月号)
    「小川隆夫のAround The Jazz #11 ボブ・ミンツァー」

01.24. 『ジャズジャパン』(2015 Vol.54)
    「ディスク・レヴュー」
    「Nissan Presents Jazz Japan Award選考」


【Linernotes】
01.21. 『大森明/バック・トゥ・ザ・ウッド』(日本コロムビア)


[PR]
by jazz_ogawa | 2015-01-01 10:49 | Works & Information | Trackback | Comments(4)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム