人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-05-06 今日はブランフォード・マルサリスを
e0021965_115159100.jpg
 朝は10度と冷え込んでいましたが、今日は18度くらいまで気温があがりました。夜まで晴れていたので「今週は雨」の予報が外れたかと思いきや、その後は急に土砂降りです。

 いつもの朝食とエクサイズと原稿書きで午前中は終始。東京にいると本業があるため、こういう時間は休日以外に持てません。それだけでもニューヨークにいると気分転換になります。

e0021965_11521391.jpg
 お昼はアパート近くのコーヒーハウス「Townhouse」で、目先を変え、エッグ・ホワイトのオムレツを作ってもらいました。

e0021965_11522770.jpg
 あとは野菜サラダも注文。これ、結構な量です。

e0021965_11524078.jpg
 その後は、ニューヨーク在住のドラマー新井田孝則さんと初対面。ぼくが昔プロデュースしたアダム・ホルツマンと共演していることから連絡を取り合うようになり、今回初めてお会いしました。このひと、かなり凄いキャリアの持ち主です。詳しくは本人のWeb Site⇒こちらをごらんください。

e0021965_1153385.jpg
 これは新井田さんのCD。

e0021965_11531986.jpg
 その後、日本にいるときから興味を持っていたピカソ展に行ってきました。21丁目のウエストサイドにある「Gagosian Gallery」(522West 21st Street)で開催されているものです。

 昔はこのあたり、物騒な場所として知られていましたが、Chelsea Pierができたことからこの数年でかなり開けました。周辺にはギャラリーや洒落たレストランや気鋭のデザイナーによるブティックなどがあって、流行に敏感なニューヨーカーが集まるエリアのひとつになっています。

e0021965_11533359.jpg
 今回のピカソ展で展示されていたのは1963年から73年にかけての晩年の作品が約100点。かなりの規模の展示で、ギャラリーだから入場は無料。落ち着いた雰囲気でいい午後のひとときが過ごせました。

 夜は、ブランフォード・マルサリスが「Jazz Standard」(116East 27th Street)に出演中なので表敬訪問です。彼から、Which set? Which day? とメールをもらっていたので、それではと今日のファースト・セットを観せてもらいました。

e0021965_11535528.jpg
 いつもならジャズ・クラブのように暗い場所で食事はしません。でもここはバーベキューが売り物なので、たまにはいいかな? と思いましたが、隣のテーブルを見てやはり遠慮しておきました。それでシーザース・サラダだけ注文。クルトンはもちろんひとつも食べません。

e0021965_11541431.jpg
 ということで、ライヴ終了後、目と鼻の先にあるヴェジテリアン御用達インド・レストランの「Pongal」(110 Lexington Ave.)でミックス・ベジタブル・ビリヤニを。今日は野菜づくしでした。

e0021965_11543430.jpg
 思えば、ブランフォードとの付き合いも25年以上になります。最初のころはお互い若かったです。アパートが隣だったことで、彼と弟のウイントンとは仲良くしてもらいました。ベビーシッターをときどき頼んだ娘も昨年長女を産み、その写真を見せたところ、彼も大喜び。ぼくたちもいつの間にかそういう年代になったんですね。

e0021965_115456100.jpg
 話はぜんぜん違いますが、このところまたよく聴くようになったのが竹内まりやさんの『デニム』というアルバム。その中に入っている「人生の扉」に、「満開の桜をこの先いったい何度見ることになるだろう」という歌詞があります。あと何度ブランフォードには会えるんでしょう。そんなことをフト思ってしまいました。年に一度会えるか会えないかの友人や知人との再会。これからはそういうひとたちとの再会がこれまで以上に大切なものになっていくでしょうね。

 さらに脱線しますが、まりやさんのこのアルバム、ぼくの世代の女性の視点で歌った曲がいくつも入っています。「人生の扉」をはじめ、「みんなひとり」や「スロー・ラブ」とか、男のぼくが聴いても共感できる歌が沢山入っていて、ニューヨークでも毎日のように聴いています。

 ときどきですが、ぼくは刹那的に「もう死んでもいいや」という気分になります。裏を返せば、自分なりにやりたいことをやったから、これ以上面倒くさいことはしたくないし、先のことなんかどうでもよくなってしまうんですね。

 そんなときにこのアルバムを聴くと、「人生、まだ楽しいことがあるみたいだ」と思えてきます。別にいまはへこんでいないんですが、落ち込みそうになったりへこみそうになったときに聴くと、気持ちを持ち直すことができます。ぼくにとっての応援歌がたくさん詰まったアルバムといえばいいでしょうか。これも音楽が持つ素晴らしい力です。いや、まりやさんの力でしょうね。

 ブランフォードが気をきかせてくれたんでしょう。ど真ん中の最前列の席をリザーヴしてくれていました。目の前で彼の演奏を聴くのはちょっと気恥ずかしかったですが、これも好意の表れと、有り難く思いました。

e0021965_11551483.jpg
 カルテットは、ドラムスがジェフ・テイン・ワッツから新人のジャスティン・フォークナー(Justin Faulkner)に交代しています。演奏前に、ブランフォードがドラマーの交代についてやけに自信ありげだったんです。その意味が、ジャスティンのプレイを聴いてわかりました。

 まるで若いエルヴィン・ジョーンズです。演奏終了後に聞いたらまだ高校生で、今度の9月に卒業する18歳とのこと。フィラデルフィア在住のこの若者、今後の活躍に期待したいと思います。

 マンハッタンの夜、今日はいつもより少し暖かです。暖かいと気分も晴れるんでしょう。ブランフォードの笑顔と、心の中に流れている「人生の扉」を聴きながら家路を歩いていたら、なんだか妙な高揚感に包まれてしまいました。

 ザンキュー、ブランフォード。もちろん君の演奏も素敵だったよ。
 Thanks for inviting us, Bran. I am knocked out by your music as usual.
by jazz_ogawa | 2009-05-07 11:56 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/10192246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆっぴー at 2009-05-07 22:16 x
>まるで若いエルヴィン・ジョーンズです。

わぉ~~!聞いてみたいです!!
エルヴィンは、アルバムを持っていて今も時たま聞いています。
18歳で、そんなに才能のある方がいるなんて、さすがアメリカですね!!
日本はどうなんでしょう?居てもヒューチャーされないだけなのでしょうか???

Commented by jazz_ogawa at 2009-05-08 03:50
ゆっぴーさん、アメリカでも才能のあるひとが必ずしも陽の目を見るわけじゃありませんから、才能にプラスして運がないと認められない世界かもしれませんね。これは音楽に限りませんし、世界中どこでも同じだと思いますが。
Commented by 浦島 at 2009-05-08 06:44 x
小川さん、驚きました。新井田さんの顔が出ているではありませんか。アダム・ホルツマンとの共演を聞いて、すっかり気に入りました。毎年のように私の町に来ているので、次回も行きたいと思っています。強烈なドラムの音。今でも耳に残っています。竹内まりあを聞いているのですね。実は私も。恥ずかしくて人には言えませんでした。私は「シングルアゲイン」を聞くと、目頭が熱くなってしまいます。
Commented by jazz_ogawa at 2009-05-08 07:45
浦島さん、新井田さんと知り合ったのは浦島さんのお陰です。彼とアダムのライヴのことをコメントしてくれたと思いますが、それで新井田さんからぼくのところに連絡があったんです。というわけで、浦島さんが縁結びの神様でした。
竹内まりやさん、ぼくたち同世代の男性にとっても、ちょっと気恥ずかしいですがシンパシーを感じさせる歌が多いですよね。それも、ほんと、涙が出るくらい共感できる歌が。
<< 2009-05-07 早くも最終日 2009-05-05 相変わら... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム