人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010-03-03 『ハード・デイズ・ナイト』@「東劇」
e0021965_1075991.jpg
 2月27日の土曜日に東銀座の「東劇」で観てきました。ビッグ・スクリーンでこの映画を観たのはデジタル・マスター化されたときにニューヨークの「Film Forum」で観て以来なので数年ぶりになります。やっぱり大きなスクリーンで観るのはいいものですね。映像のディテールまで味わうことができました。

e0021965_1082564.jpg
 4人のキャラクターを生かしたドタバタを盛り込みながらのテレビ・スタジオでのライヴ放送。その1日をドキュメンタリー仕立てて追っていくわけですが、こんな毎日が続いたらすぐに疲れちゃうだろうなぁ。この映画を観るたびに思うのがこのことです。映画ですから誇張されているでしょうし、毎日思わぬ事件に遭遇することなんてないでしょうが、それでも自由にならない状況にはすぐに耐えられなくなってしまいそうです。

e0021965_1083779.jpg
 そんな境遇の中で次々と素晴らしい曲を作り、ファンを熱狂させるステージをこなし、なおかつインタヴューではユーモアと風刺を効かせたコメントで記者たちを煙に巻く。自分たちでさまざまな楽しみを見出しながら、日々を過ごしていたんでしょう。それにしても才能だけではこんなことできません。まさにリヴァプールで起こった超常現象のようなものです。

 4人のうちひとりでも欠けていたらぼくたちの世界は変わらなかった。これってオーヴァーなことじゃないと思います。ビートルズの存在と彼らが次々と送り出していった歌によって1960年代は動いていました。

 音楽なんてなくても生きていけるし、世の中は変わらない。そうは思いますが、ビートルズは別物。彼らがいなかったらぼくはまったく違う人間になっていたでしょう。そういうひとは世界中にたくさんいたと思います。そして世界はそういうひとの集合体です。

 ビートルズによって、人生、平和、政治、文化、芸術など、さまざまなことに思いを寄せたひとは無数にいます。そのひとたちで、ある部分、いまの世界は成り立っているんですから。

e0021965_1093711.jpg
 その原点みたいなものに触れられるのが「ハード・デイズ・ナイト」。ジョンが一番強烈な個性を放っていました。でもこの時期、リアルタイムでぼくが好きだったのはジョージです。ちょっとシャイだけど仕草のひとつひとつがかっこよくて、あのギターの弾き方をずいぶんと真似たものです。

e0021965_1010196.jpg
 でも、その後にビートルズで一番魅力的なのはジョンだと思うようになりました。とくにシンガーとしてのジョンの素晴らしさには、ときとして身の毛がよだつほどです。「悪魔のような声」と密かに思っているのですが、ジョンの声は本当に独特で、聴けば聴くほど表現の素晴らしさに心奪われます。

 ところで映画とは関係ないですが、ロビーで上映開始を待っていたら、カップルの方から声をかけられました。ひとりは先日の「ONゼミ@駒場」に来ていただいた方で、それがきっかけで映画を観に来たとのこと。お連れの方は、やはり同じ駒場で昨年開いた「ザ・ヒット・パレードの時代」にいらしてくださった方です。そういうひとたちと偶然お会いできることも嬉しいですね。

【オマケ】
 今日はぼくにとって大切な記念日(?)です。詳しくは「Jazz Conversation」の番組ブログをご覧ください。左上にある番組のバナーでブログに飛べます。 
by jazz_ogawa | 2010-03-03 10:30 | 映画&DVD | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/12244226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雨降りだからジャズでも勉.. at 2010-03-03 19:54
タイトル : with the beatles + AMI
 今夜は Beatles です・・・・  本当は "A Hard Day's Nights" のほうが似合いそうですが、あえてボクの好きなアルバムのほうを. with the beatles 1 It Won't Be Long   2 All I've Got To Do 3 All My Loving   4 Don't Bother Me 5 Little Child ....... more
Commented by moto at 2010-03-03 20:05 x
小川さんこんにちは.
AMI ですか?・・・・・いろいろな記念日が、ひとりひとりにありますよね.
今夜はちょっとばかりシリアスに、医療の話でTBさせていただきました.
これからも、もう少し小川さんの自慢話を聞きたいとおもっていますので、お身体ご自愛くださいませ.
Commented by 山田♪ at 2010-03-03 20:57 x
小川さんご無沙汰しております。いつもブログは楽しく拝見しております。ビートルズで世界観が変わり、ビートルズで世界観を形作ってきたという思いに全く同感です。60年代~1970年までの記憶は、大袈裟に言えばその一つ一つにビートルズの曲が対応しているかのように思われてきます。当時は僕はポール派でした。ジョンのロックンローラー歌手としての凄さに本当に気付いたのはかなり後になってからでした。
Commented by nefertiti at 2010-03-03 23:52 x
ブログいつも楽しみにしております。ハードデイズナイトは劇場ではありませんが、見たことがあります。確かにこの頃のジョンが一番輝いていたと思います。誰か選ぶのなら私はジョンが一番好きですが、それよりもビートルズメンバー四人がそろって、仲良くしている姿が一番好きです。その仲の良い姿がこの映画で見れて微笑ましいです。
Commented by jazz_ogawa at 2010-03-04 07:55
motoさん、ありがとうございます。ぼくはとても運がよかったと思います。医師をしていて思うのは、いつも運のことです。いつどこで具合が悪くなり、どの病院でどの医師に診てもらうか、この偶然に重なりで助かるときもあれば助からないときもありますから。
Commented by jazz_ogawa at 2010-03-04 07:56
山田さん、ポールも偉大ですよね。ぼくもポールが一番好きな時代がありました。
Commented by jazz_ogawa at 2010-03-04 07:57
nefertitiさん、「四人がそろって仲良くしている姿が一番好きです」。まったく同感です。だから「レット・イット・ビー」はぼくにとって悲しい映画でした。
Commented by med_ical at 2010-03-04 18:46 x
小川さんの 大切な記念日、覚えていました。長嶋さんと1日違いだったとは知りませんでしたが。病を克服されたお二人に、ただ尊敬するばかりです。病気で入院したことがないもので、さぞかし大変な日々だったことでしょう。お好きなことをこれからも、是非やってください(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2010-03-05 09:52
med_icalさん、ありがとうございます。残念ながら病気は完治する類のものじゃないため、一生気を使っていかなくてはなりません。でもその分、当たり前のことに幸せを感じるようになりましたから、却ってよかったかなと思っています。
<< 2010-03-05 ロバータ... 2010-03-02 quas... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム