人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005-10-13 The set list
 先日観てきたストーンズとポールのセットリストです。忘れないために、ここに記録させておいてください。

2005-10-13 The set list_e0021965_4552192.jpg それにしても、どちらも昔の曲が多いですね。ポールなんかビートルズ時代の曲が半分くらいありますものね。しかも休憩なしで36曲。いろいろな意味で凄いと思いました。
 だけど、どういうことなんでしょう? これは後ろ向きの姿勢なんでしょうか。しかし、ぼくはこういうレパートリーを聴いて、前向きな気持ちになれました。それは、彼らのパワーとか創造性とか継続性とか、そういうものに触発されたんだと思います。でも、マイルスは最後の最後になるまで過去を振り返りませんでした。そんな彼のライヴに接したときと同種の感動を覚えたぼくの感性は、少しおかしいのかもしれませんね。
 でもいいものはいい。それはどちらにも共通していることです。そこに、感激したり触発されたのかも。自分で自分の気持ちを分析するのは難しいですね。まあ、深く考える必要はないんでしょうが。やっぱり、いいものはいい。それを結論としておきます。

■The Rolling Stones MCI Center, Washington, DC Monday, October 3, 2005
【The set list】
1.Start Me Up
2.You Got Me Rocking
3.She's So Cold
4.Tumbling Dice
5.Rough Justice
6.Back Of My Hand
7.Beast Of Burden
8.Bitch
9.Mr. Pitiful
--- Introductions
10.The Worst (Keith)
11.Infamy (Keith)
12.Miss You (to B-stage)
13.Oh No Not You Again (B-stage)
14.Shattered (B-stage)
15.Honky Tonk Women (to main stage)
16.Sympathy for the Devil
17.It's Only Rock'n Roll
18.Brown Sugar
19.Satisfaction
20.You Can't Always Get What You Want (encore)
21.Jumping Jack Flash (encore)
 楽しめたのは9曲目の「ミスター・ピティフル」。オーティス・レディングのオリジナル・ヴァージョンに近い形のブラス・アンサンブルも最高でした。
 あとは、最後にみんなで挨拶する段になって、チャーリー・ワッツがドラムスのスタンドから降りてステージに向かいながらセーターを着たことが面白かった。汗をかいて着ているものを脱ぐのが普通なのに、このひと、汗をかかないにかしら。


■Paul McCartney Madison Square Garden Tuesday, October 4, 2005
【Pre-show:】
Freelance Hellraiser is the pre-show DJ playing tracks from "Twin Freaks" and a few extras that blends into a 10 minute film by Mark Haefeli that Paul's entire life from childhood right through to this year's Live 8 performance. The film climaxes with the start of the stage show by Paul and the band.

【The set list】
1.Magical Mystery Tour
2.Flaming Pie
3.Jet
4.I'll Get You
5.Drive My Car
6.Till There Was You
7.Let Me Roll It (Foxy Lady jam)
8.Got to Get You In My Life
9.Fine Line
10.Maybe I'm Amazed
11.Long and Winding Road
12.In Spite Of All The Danger
13.I Will
14.Jenny Wren
15.For No One
16.Fixing a Hole
17.English Tea
18.I'll Follow the Sun
19.Follow Me
20.Blackbird
21.Eleanor Rigby
22.Too Many People
23.She Came In Through The Bathroom Window
24.Good Day Sunshine
25.Band on the Run
26.Penny Lane
27.I've Got A Feeling
28.Back in the USSR
29.Hey Jude
30.Live and Let Die
-- 1st Encore --
31.Yesterday
32.Get Back
33.Helter Skelter
-- 2nd Encore --
34.Please Please Me
35.Let it Be
36.Sgt. Pepper's (Reprise) / The End
2005-10-13 The set list_e0021965_4564492.jpg 2回のアンコールで6曲、しかもすべてビートルズ・ナンバー。そこにポールの思いがあるのかもしれません。
 あと、ぼくがふーんと思ったのは「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」。これ『レット・イット・ビー』のアレンジを用いていました。『ネイキッド』では、オリジナルの形に戻して、あとからダビングしたストリングスを外していたんですが、ポールはやっぱり『レット・イット・ビー』のほうが好きなのね、っていうことでした。まあ、どうでもいいことかもしれませんが。
by jazz_ogawa | 2005-10-13 23:51 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/1426772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kiku at 2005-10-14 23:48 x
小川さん、こんばんは。ストーンズやポールのライブのセットリスト、確かに昔の曲に比べて新曲が少ないですね。でも、彼らのライブに数年にいちど程度しか行けない僕のようなファンとしては、やっぱりどうしても聴いて帰って来たい昔の曲がたくさんありますよね。約2時間前後あるとはいえ、演奏時間が限られていますし、新曲少ないのは仕方がないのかも。けれども、昔の曲でも演奏されるたびに新しい生命が吹き込まれていてまったく同じではありません。アレンジも変わっていたり、演出も考えられていたりしていつ聴いても飽きることはありません。昔の曲もまだ成長し続けているということですよね。そう考えれば、昔の曲を演奏するということも、むしろ前向きなことと言えると思います。それから、「ロング・アンド・ワインディング・ロード」は、ポールは今までいろんなアレンジや、ネイキッドのバージョンなんかを発表してますが、結局のところ僕は、長年聴きなじんですっかりDNAにしみこんでしまった、『レット・イット・ビー』バージョンがいちばん好きです。
Commented by ogawa at 2005-10-16 00:51 x
kikuさん、ぼくも彼らのレパートリーに大満足しています。ロックが持つ底力を両者のコンサートから改めて感じることができました。時代を超え、あるいは時代に関係なく、こういう音楽はぼくの心を打ちます。そんな音楽に出会えた幸せを強く噛み締めている次第です。
Commented by Going at 2005-10-17 23:01 x
両者とも本当にすごい曲順ですね!
チャーリーワッツ、体調悪いのでしょうか・・・。
僕はポール、シリー・ラブ・ソングが好きなのですが、この曲はあまりライブでは最近やらないのでしょうか。。。
Commented by ogawa at 2005-10-18 23:10 x
Goingさん、チャーリー・ワッツは演奏を聴いている限り凄く元気そうでした。ぼくも心配していたんですが、最後までパワーも落ちていなかったですよ。
「シリー・ラヴ・ソング」もいいですよね。哀愁があって、ポールにしか書けないメロディだと思います。最近のライヴではたしかに聴きませんね。あまりにも名曲が多すぎて、そこまで行かないのかもしれませんね。
<< 2005-10-15 ブルーノ... 2005-10-12 宣伝です >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム