人気ブログランキング | 話題のタグを見る
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011-03-09 『ヒア アフター』@「六本木TOHOシネマズ」
2011-03-09 『ヒア アフター』@「六本木TOHOシネマズ」_e0021965_1023664.jpg
 少し前ですが、この映画を観てきました。クリント・イーストウッドは役者より監督のほうが才能ありますね。今回の映画にも感心させられました。

 この作品がほとんどアカデミー賞で話題にならなかったのが不思議です。「臨死体験」や「死者との対話」を扱った内容はいつものイーストウッド作品と毛色が違います。ですが、心に残るいい映画でした。

 このところの「チェンジ・リング」にしても、この作品にしても、イーストウッドが扱うテーマは実に興味深く、観ていて共感を覚えます。ぼくはこれまでに、「これで死ぬのかな?」と思った体験が3度あるんですが(なんと悪運の強いことか)、そんなときの思いが映画を観ていて甦りました。

2011-03-09 『ヒア アフター』@「六本木TOHOシネマズ」_e0021965_1024973.jpg
 この映画で初めて知ったことがひとつ。外国にも、日本で言うところの「三途の川」みたいなものがあるんですね。あれは日本人特有の死生観かと思っていました。でもぼくの場合、これまでの人生が走馬灯のように頭の中を巡ったことはあっても、「三途の川」は見たことありません。

 それはそれとして、いつものことですが音楽もよかったです。イーストウッドの映画音楽といえばレニー・ニーハウスが有名ですが、最近ではそこに本人と息子さんのカイル・イーストウッドも作品によっては名を連ねるようになりました。

 それで今回は誰が担当しているのかとエンドロールに目を凝らしていたら、出てきた名前はクリント・イーストウッドひとりだけ。映画同様、心に染み入るメロディが印象的で、映画館を出たあともしばしその余韻に浸っていました。

「アカデミー賞視覚効果部門」の候補になった津波のシーンはさすがに凄かったです。そのシーンも含めて、こんなヒューマン・ドラマを作り上げたクリント・イーストウッド、80歳、この創造性には頭が下がります。
by jazz_ogawa | 2011-03-09 10:04 | 映画&DVD | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/14397019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 孫一 at 2011-03-10 02:53 x
小川さん、僕もこの間NYに戻る機内で、「ヒア アフター」観ました。意外とサラッとしながらも、心に残る良い映画でした。音楽もロマンティックで、ちょっとラフマニノフのピアノ・コンチェルトっぽくて、良かったですね!流石、イーストウッドだと思いました!
Commented by jazz_ogawa at 2011-03-10 07:53
孫一さん、ニューヨークには無事戻られたんですね。
話は違いますが、先日DVDで「トゥルー・クライム」を観たんですが、あの映画に出てくるイーストウッドは「グラン・トリノ」と同じ頑固オヤジで、しかも話し方からものの考え方までソックリで笑っちゃいました。
Commented by IT起業研究所代表小松仁 at 2011-03-10 21:22 x
小川さん、お久しぶりです。Jazz Conversationをいつも楽しく聴いています。ところで、私も「ヒア・アフターを最近観ましたが、中々良い映画でした。クリント・イーストウッドは、昔の「ローハイド」の時代から、マカロニウェスタン、「ダーティーハリー」ものの後、「シークレットサービス」、「グラントリノ」などなど主演作品も楽しめましたが、監督作品が本当によいものが続いている印象です。まだこれからも傑作を期待したいものです。
Commented by jazz_ogawa at 2011-03-10 23:19
小松さん、この映画、最後にジーンと来ました。見終わったあとに穏やかな気分になれた映画のひとつです。
<< 2011-03-10 4月は駒... 2011-03-07 『名盤の... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム