人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-01-05 戻ってきました
 昨日ニューヨークから戻ってきました。今回は、前半は原稿を書いたり読んだりしていましたが、後半はのんびりできたので、いい気分転換になりました。たまには気分転換も必要ですね。

 話はまったく違うんですが、ここ何年かの間で、ニューヨークには日本語のフリー・ペーパーがすごく増えました。新聞スタイルのものと雑誌スタイルのものとがあって、中には毎日発刊されているものだってあります。10種類以上はあるんじゃないでしょうか?e0021965_1138727.jpg
 ニューヨークに留学していた25年ほど前は、いまとはくらべものにならないほどでした。日本の情報は週間で発刊される『OCSニュース』で知るくらいですが、有料だったため貧乏学生のぼくには購読することができません。知人のところでときどき読ませてもらっていました。その『OCSニュース』もフリー・ペーパーには勝てず、数年前に廃刊となっています。
 あとは週末に日本語のテレビ放送があったのですが、ニュースは1週間遅れです。やがてフジ・テレビがウィークデイの朝に2時間の番組を放送するようになり、どうにかほぼリアルタイムで情報が入ってくるようになりました。
 あの時代に比べると雲泥の差があります。いまではインターネットで瞬時に情報を入手することもできますし。ニューヨークにいても、日本と同じ感覚で生活することだってほぼ可能でしょう。
 日本食料品店もマンハッタンの中に何ヵ所もあります。当時はミッドタウンの片桐だけでした。ここで刺身を買うのがたまの贅沢です。まあ、お金がなかったということもありますが、いろいろな意味で日本とニューヨークは遠かった時代です。

 ところで、東京は気温的にはニューヨークより温かいと思いますが、体感的にはニューヨークのほうが暖かったようです。緯度は青森、気候は札幌(これは札幌出身のひとが言っていました)、空気は木曽に近い(これは木曽出身のひとの言葉)そうです。
 成田は帰国ラッシュと聞いて覚悟していたんですが、いつもより空いていたように思います。リムジンバスも空席が目立ちました。品川方面のバスに乗るのですが、これも品川プリンスまで55分ほどで着いてしまいました。いつもだと1時間20分くらいかかりますが。

 夜は古畑任三郎を観たのですが、イチローは演技もたいしたものですね。長島一茂が役者になりたてだったころを思い出してしまいました。いまは演技もうまくなりましたが、最初は棒読みでした。それに比べるとイチローは達者だなぁ、などと睡魔に襲われつつ見惚れていました。
 一流のひとは何をやっても一流なんでしょうか? 美空ひばりがジャズのスタンダードを歌うアルバムがあるのですが、そのことを思い出しました。ひばり節が何と英語にフィットすることか。日本のジャズ・シンガーの誰と比べても彼女の歌は上手いし、ジャズ・シンガーとして優れています。ジャズの真髄が本能的にわかっているのかもしれません。一流は何をやっても一流。うとうとしながら、イチローと美空ひばりがたぶっていました。
by jazz_ogawa | 2006-01-05 11:40 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/2389534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by forcek at 2006-01-06 01:55 x
はじめまして小川さん、小川さんの書き物はライナーやスィングジャーナル等多数読んでいましたがブログは初めて拝見させてもらいました。
ニューヨークはホント寒そうですね(日本も十二分に寒いですが)
自分も99年に初めて行ったビレッジバンガードでマクリーンを聞いた寒い
ニューヨークを思いだしました。

イチローや美空ひばりの「一流は真髄が本能的にわかってる」この言葉はいいですねー。
あと愛しのJazz Manのマイルスとチェットは最高ですね、この先もデクスターやステット等のいぶし銀のジャズマン達の話もあれば聞かせてください。
これからもチェックしますね、またおじゃましますー。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-06 08:46
forcekさん、そのときに感じたことを勝手気儘に書いているブログです。今後ともよろしく。
Commented by konaguchi at 2006-01-07 17:19 x
はじめまして小川さん。jazzという見出しで思わず読みました。私は最近ジャズを聴きはじめました。これからもチェックしたいです。がんばってください!
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-07 23:28
konaguchiさん、ジャズ・ブログと名乗っていますが、看板に偽りありで、ジャズにこだわっていません。それでもよろしければ、よろしく。
Commented by あ洋介! at 2006-01-10 07:18 x
歌について思うことです。
ボブ・ディランはリアリティを見て、逃避を歌った。
ボブ・マーリィはリアリティを見て、愛と戦いと予言を歌った。
ヨーコ・オノはリアリティを見て、戦いの歌を歌い、
ジョン・レノンはリアリティを見て、未来へ飛んで行った。
ニーナ・シモンはリアリティを見て、愛と哲学を歌った。
Commented by あ洋介! at 2006-01-10 07:49 x
小川さん、英語で書くとこんな感じでいいのでしょうか?

Bob Dylan saw the reality and sang escape.

Bob Marley saw the reality and sang love, fight and prophecy.

Yoko Ono saw the reality and sang fight,

John Lennon saw the reality and flew to the future.

Nina Simone saw the reality and sang love and philosophy.

Commented by jazz_ogawa at 2006-01-10 16:54
あ洋介!さん、ジョンの「ゴッド」の歌詞のようですね。こういうコメントを頂くととても触発されます。ありがとうございました。
Commented by あ洋介! at 2006-01-11 15:27 x
God 見つけました。

痛みの裏返しがGodということでしょうか?
ジョンが夢見人から現実に戻ったということですか?
ジョンも目覚めたのですね、このときに。
この詩をJhonがいつ書いたか興味があります。

面白い詩を教えていただいて、嬉しいです。ありがとうございます。
Commented by あ洋介! at 2006-01-11 15:54 x
小川さん、

Imagine の前に書いたのではないでしょうか? 推測ですが。前のコメントで、Johnのスペル間違えました。すみません。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-11 23:03
あ洋介! さん、まさしくその通りです。ジョンはこの曲で、「ビートルズもボブ・ディランもキリストも信じない、信じるのは自分とヨーコだけ。夢は終わった。現実を見よう」と歌っています。アルバムで行くと『イマジン』の前に発表した『ジョンの魂』に入っていた曲です。これはビートルズを解散した1970年に録音されました。ジョンはビートルズの解散で大きな挫折を味わい、『イマジン』で精神的に立ち直ったとぼくは思っています。あるいは「イマジン」という曲を作ったことで、精神的に立ち直れたのかもしれません。
Commented by あ洋介! at 2006-01-12 04:25 x
僕は中学生のときにヨーコのOpen Your Boxを聞いて衝撃を受けました。意味不明だったから。ヨーコがジョンの尻の導火線に火をつけて、イマジンができたのだと想像していました。やはり、女はリアリティを直視する生物です。男はリアリティを直視したときに、男になると思っています。多くの場合、女の力を借りますが。そういうふうに感じていました。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-12 11:01
あ洋介!さん、ぼくは恥ずかしながら、最初ヨーコさんのことを「邪魔な女」くらいにしか思っていませんでした。しかし、それが見当違いも甚だしいことに気がついたのは『ダブル・ファンタジー』を聴いてからです。気がつくのが遅すぎましたが、それだけビートルズがぼくにとってはある意味ですべてだったということなんですね。
<< 2006-01-08 ジャズお... 2006-01-01 A Ha... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム