人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-03-08 ぼくが選ぶ優しいジャズ・ミュージシャン(その3)
 ちょっと間があいてしまいましたが、久々の3回目です。やはりマイルス・デイヴィスについて触れないわけにはいかないでしょう。
 傲岸不遜を絵に描いたようなマイルスですが、実際は優しい心の持ち主でした。気遣いも相当なものです。ぼくの個人的な体験についてはよそでも書いているので、今回は触れません。ひとつだけ、前回(ギル・エヴァンス)の繋がりで、書き残したことを追加しておきます。

 1970年代末のことです。マイルスは長期の隠遁生活を送っていました。彼のことを心配して、ギルはよくマイルスの家を訪ねたそうです。ところがそんなギルにも滅多に仕事はありません。
 そこで、ギルは久しぶりにオーケストラを結成しようと考えました。しかしオーケストラともなれば、リハーサルをするにしてもそこそこ費用はかかります。スタジオ代も必要ですし、写譜を頼むのにもお金がかかります。もっとも譜面を書くのが趣味だった彼のことですから、大半の譜面は自筆でまかなったそうですが。
e0021965_034142.jpg そんなギルのところにヨーロッパのプロモーターからツアーのオファーが来ました。しかしオーケストラは存在しません。要領のいいミュージシャンなら、適当にメンバーを集めてツアーに出てしまうかもしれません。しかし完璧主義者の彼にはそれができません。

 この話は人づてにマイルスの耳にも入りました。そしてあるとき、彼は家にやってきたギルに向かってこういったそうです。
 「1週間後にオーケストラの譜面を持っておれの家に来てくれ」
 ギルには何のことかわかりません。マイルスにはオーケストラの構想は話してあったのですが、そこでストップしたままになっていました。
 そして1週間後。
 ギルがマイルスの家に行くと、オーケストラを構成するには数が足りませんが、何人かのミュージシャンが集まっていました。そしてマイルスはこういったそうです。
 「メンバー全員を集めてしまったら、おれのオーケストラになってしまうからな」
 あとは自分で集めろ、ということでしょう。
 このときマイルスに呼ばれたミュージシャンは7~8人だったそうです。ギルは当初フル・オーケストラを考えていたのですが、これがヒントになって、マイルスとかつて結成していた9重奏団に譜面を書き直しました。
e0021965_0392510.jpg 結局ヨーロッパ・ツアーは準備が間に合わず流れてしまいましたが、この時期にマイルスの家で何度か行なわれたリハーサルがきっかけで、ギルはしばらくのちにパブリック・シアターでコンサートを開くことになります。

 ぼくが一番気になったのは、マイルスの家で行なわれたリハーサルに、マイルスが入ったかどうかです。ギルはこう教えてくれました。
 「マイルスはわたしたちの演奏に合わせて、勝手にオルガンを弾いて楽しんでいたよ」
 もしこのときのことをマイルスに訊ねたら、こんな風に嘘ぶいたかもしれません。
 「ギルのためにおれがメンバーを集めたって? あれはおれが楽しむために集めたんだ」
by jazz_ogawa | 2006-03-08 00:40 | 愛しのJazz Man | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/2933352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 『音楽神殿』-au公式着うた at 2006-05-18 12:59
タイトル : 全く新しいクラシック着うたサイト
《音楽神殿》は、演奏家とファンとを着うたと新着情報で結ぶ、まったく新しい着うた参A4任后・▲・札垢呂海舛蕕・蕁崚Z-webトップメニュー」→「カテゴリで探す」→「着うた」→「クラシック・ジャズ」→「音楽神殿」... more
Commented by forcek at 2006-03-08 16:35 x
小川さんたまたま、昨日の夜は昨年の9月号のスイング・ジャーナルの超名盤研究21の小川さんの記事を読んでいて「編曲に関する興味深いギルの存在」の部分に煽られて(笑)久しぶりに「ラウンド・ミッドナイト」をひっぱり出して聴いていました(笑)、マイルスは隠遁時はオルガンばかり使ってましたよねーしかしホントにマイルスは「ザ・男前」ですね(笑)今回もたまんない話をありがとうございましたー。
Commented by kozo at 2006-03-08 21:14 x
小川さん、こんばんは
お話しを読ませていただいて
Jazzに興味を持ち始めた頃に買った
JazzLife誌に掲載されてたマンガを思い出しました
ハービー・ハンコックがマイルスの家にはじめて呼ばれたときに
マイルスから「楽しめ!」と言われたそうで。。。

好きこそ、ものの上手なれ、ですかね
Commented by jazz_ogawa at 2006-03-08 23:51
forcekさん、最近マイルスの64年の映像を観ましたが、これがまるでファッション雑誌に出てくるモデルのようにイタリアン・スーツでびしっと決めていました。スーツのデザインもいま風で、なんとかっこいいのだろうと感じ入ってしまいました。やっぱりマイルスは憧れのひとですね。
Commented by jazz_ogawa at 2006-03-08 23:54
kozoさん、ハービーはマイルスが自分にどんな演奏を望んでいるのか分からなくて、ステージが終わるといつもロン・カーターやトニー・ウィリアムスと「ああでもない、こうでもない」と話し合ったそうです。そんな試行錯誤から最高のリズム・セクションが生まれたんでしょうね。
Commented by itabashi_1 at 2006-03-10 13:08 x
またもや小川さんならではのマイルスとギルの心温まるエピソードですね。偉大な音楽家同士でしかも無二の友人だったということなのでしょうか。
私はギル・エバンスをということでほとんど聴いてなかったのですがスケッチ・オブ・スペインが気に入って音響システムもかなりなものだった新宿木馬で何回かリクエストした記憶があります。ギルのオーケストレーションの素晴らしさとインプロバイザーとしての「マイルス」のアンサンブルが今になってどういうものであったか興味が湧いてきました。
たまたまiTunesにマイルス後期?、マーカス・ミラーとのMan With The The Horn、Tutuを入力してありましたので聴きながら書いてますがマイルスは「マイルス」でありながらマーカス・ミラーがうまくからんでご機嫌(懐かしい言葉)です。余談ですがTutuのCDジャケットには巨匠アービング・ペンの写真が使われていました。
マイルスについては小川さんのご著作を拝読しつつ私なりに聴きなおし惚れなおしてみるのが楽しみです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-03-10 23:05
itabashi_1さん、いつもコメントありがとうございます。
マイルスとギルの関係は、互いに信頼し尊敬しあっていたことに尽きると思います。はたから見ていてとても羨ましい友情を感じました。
<< 2006-03-10 『マンハ... 2006-03-05 sanc... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム