人気ブログランキング | 話題のタグを見る
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-07-25 スパイクー・リーの『インサイド・マン』
2006-07-25 スパイクー・リーの『インサイド・マン』_e0021965_21395139.jpg しばらくスパイク・リーの映画は観ていなかったんですが、最新作の『インサイド・マン』を「新宿武蔵野館」で観てきました。
 スパイク・リーといえば、『ドゥ・ザ・ライト・シング』、『モー・ベター・ブルース』、『マルコムX』など、寵児として話題を呼んでいたころの作品は封切られると同時に全部観ていました。ニューヨークが舞台だったり、ジャズがテーマだったりで、興味があったんですね。社会派的な内容に考えさせられることも多々ありましたし。それから、せりふがとにかく気が利いていて面白い。そこにはまっていた時期があります。

 久々に観たスパイク・リー作品は、過去のものにくらべればエンタテインメント性が強調されていました。それでも、人種に関するせりふ、皮肉とユーモアがない交ぜになった会話、ニューヨーカーなら誰でもうなずいたり笑ったりするだろう機知に富んだいい回しとか場面は相変わらずです。
 デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスター、クライヴ・オーウェン、ウィレム・デフォーが出演して、テーマが銀行強盗。もしハリウッドがこの素材で映画を作れば、もっと壮大でエンタテインメント性の高い超話題作になったかもしれません。
 ハリウッド映画にくらべれば、スケールが小さいことは否定しません。しかし、そこがスパイク・リーのスパイク・リーたるゆえんです。ぼくにはすごく楽しめる映画を彼は作ってくれました。

2006-07-25 スパイクー・リーの『インサイド・マン』_e0021965_2140755.jpg スパイク・リーの映画で楽しく感じるのは会話です。ブラック・ユーモアに近い冗談をいいながらも核心をずばっと突くせりふにニヤリとさせられます。日本語だと単なる冗談になってしまうことでも、英語だとそれがやけにスマートに映るんですね。ぼくもこういう会話を楽しみたいといつも思っています。
 うまく説明できないんですが、会話を楽しむっていうのは、楽しい話をするのとは意味が違うんです。言葉のキャッチボールを楽しむとでもいえばいいでしょうか。そんな会話ができる友人もいたんですが、そのひとは地方に引っ越してしまったので、たまにメールでのやりとりしかしなくなってしまいました。某レコード会社のひとともこれに近い会話をしていますが、お互いに皮肉を利かせてしまうので、ぼくがイメージしている会話とは少し違います。
 アメリカ人だとブランフォード・マルサリスとプロデューサーのマイケル・カスクーナがこのタイプですね。ただし、こちらの英語力が大幅に不足しているため、受け答えで楽しめる会話が成立しないところにもどかしさを感じています。
 こういう会話ができる友人・知人はなかなかできないものです。どういうひととならこういう会話ができるんでしょう? 何でもわかり合えるけれど、ちょっと距離がある関係。それと同世代であること。この辺にポイントがあるようです。
 あまり親しすぎてもだめだと思います。ちょっと遠慮をしながら、その遠慮を踏み越える瞬間を楽しむということでしょうか? 座談の楽しさというのが、ぼくのいいたいことに一番近いかもしれません。

 その面白さがスパイク・リーの映画には至るところで認められます。ストーリー自体はちょっとわからないところもありましたが、登場人物のせりふや会話がニューヨーク的で、こういう話ができたら羨ましいなぁと思わせられました。
 これは『シンデレラ・マン』のボクサーとマネージャー、それから『ミリオンダラー・ベイビー』のトレーナー同士の会話なんかにも認められました。冗談の中に知的なやりとりがあるんです。ただし、この「知的」なものも知性や教養ではなくてセンスなんです。
 翻ってみれば、自分は毎日いかに垂れ流しのようにしか言葉を発していないかということです。これからはもう少し気の利いた言葉を使ったり話をしたりしてみたいものです。なんていうことを、この映画を観てから考えていました。

2006-07-25 スパイクー・リーの『インサイド・マン』_e0021965_21402119.jpg そうそう、音楽はテレンス・ブランチャードが担当しています。このところニューオリンズに引っ込んでいてジャズの現場にはあまり出てこない彼ですが、すっかり映画音楽の色に染まっているようです。サスペンス映画向きの音楽をこの映画でも見事に作り上げていましたし。
 おそらく自宅のスタジオで録音したと思いますが、こういう仕事が性に合っているんでしょうか。それはそれでいいことなんですけれど、反面ちょっと寂しい気もします。ウイントン・マルサリスが回れ右をしてニューオリンズ・ジャズの継承に執念を燃やしているいまだからこそ、その穴を埋めてもらいたいんですけれどね。でも、人生いろいろですから、これはこれで素晴らしいと思います。
by jazz_ogawa | 2006-07-25 21:44 | 映画&DVD | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/3876335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from DVDジャンル別リアルタ.. at 2006-08-24 04:50
タイトル : インサイド・マン
「マルコムX」の監督・主演コンビ、スパイク・リーとデンゼル・ワシントンで贈るクライム・サスペンス。銀行に立てこもった頭脳明晰な犯人と、敏腕捜査官たちとのスリリングな駆け引きを描く。共演にジョディ・フォスター、クライブ・オーウェンほか。... more
Commented by forcek at 2006-07-26 02:20 x
小川さん、観てきましたかー「インサイド・マン」ホントにオールスターキャストですよね、小川さんー確かにリズムがあり独特のウイットの効いた会話は特に日本人(日本語含め)には中々むずかしいですよね(笑)アカデミーやグラミーとかでも、クリス・ロックやビリー・クリスタルが司会の時とか俺はアアァーもっとこの感覚がわかればなーなんってよく思ってましたが(笑)スパイク・リーはNBAやヤンキースの試合等含め、すっかりウディ・アレンのようにニューヨークを感じさせる人物の一人ですね。
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-26 07:52
forcekさん、そうなんですよね、粋な会話っていうのを、かっこつけずに自然体でできるといいですよね。それはそれとして、この映画、ぼくはかなり楽しめました。
Commented by shimizutoshifum at 2006-07-26 17:47 x
はじめまして。ぼくも『インサイド・マン』観ました。
言葉まわしのリズムが気持ちよかったですね。

そういえば、才気豊かな人って、結構喋りまくりませんか?アタマが良いことと、コミュニケーション能力が高いことはイコールなのでしょうか。
何かこの辺りを誤解している場合が多いのかな、て思います。黙って多くを語らずが良い、という様に。
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-26 19:39
shimizutoshifumさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

コミュニケーションというのは、考えてみれば面白いし、奥が深いですよね。黙って多くを語らずっていうのもかっこいいんですが、それも相手次第ですしね。相手あってのコミュニケーションですから、そこの機微が面白いと思います。
<< 2006-07-27 「愛しの... 2006-07-23 山下洋輔... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム