人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-08-20 テリー&フランシスコ
e0021965_1113998.jpg このところ、気持ちよく聴いているのがこのCDです。テリー&フランシスコ。ヴォーカル、作詞、作曲のテリー福山と、ベース、作編曲のフランシスコ松浦のふたり組です。
 大滝詠一、はっぴいえんど、バート・バカラックなどの影響を受けたという触れ込みで、それに引かれてディスク・ユニオンとタワー・レコードだけで限定発売された2曲入りのCDを買ったのがきっかけでした。これ、お試し価格ということでたったの200円。ガリ版に毛が生えたくらいのクオリティで印刷されたジャケットというか紙がついているだけのシンプルなものです。ディスク・ユニオンとタワーでは、ジャケットが色違いになっていて、遊び心も感じました。
 こういう出会いは、たいていの場合、いい結果につながります。このテリー&フランシスコもその例に漏れません。さわやかなシティー・ポップス、しかもどこか懐かしい響きを有している。結論からいえば、大滝詠一もはっぴいえんどもバート・バカラックも関係なく、1970年代によく聴いていたウエスト・コースト・サウンドが最近の感覚と共に甦ったという印象でしょうか。

e0021965_10421235.jpg ぼくのテーマは1960年代ですが、テリー&フランシスコに通ずる1970年代の世界も大好きです。あの時代は、ニューヨークで代表される東海岸より、サンフランシスコやロサンジェルスが、ある部分ポップ・カルチャーの中心地でした。
 多分、そのころに生まれたふたりでしょうが、なぜか時代の空気が感じられます。ただし、リアルタイムで体験していないため、ノスタルジックな感じではないんですね。そこが、いいところです。
 歌詞やサウンドには、どこかあの時代を思い出させる郷愁が認められます。でも、それは彼らが思い描くヴァーチャルな世界であって、実体験に基づくものではないんでしょう。郷愁ではなく憧憬。それをとても素直に表現したところが心地のよいサウンドに結びついたと思います。

 年長の松浦は1970年代の米国のジャズやロック、福山はジャズ風のポップスが好き。微妙に異なる志向を新作ではうまくまとめた。「1970年代のウエストコーストの音楽を意識した。普遍的なメロディーを備えた、いい曲を作っていきたい」(松浦)
 こんなコメントがウェブに載っていました。

 7月にリリースされたデビュー作『テリー&フランシスコ』は7曲入りのミニ・アルバム仕様です。

【収録曲】
1. ためいきの銀河
2. サマークラシック
3. 青いペガサス
4. 乱気流
5. 熱をもつ夢
6. 嵐のあとで
7. まだ見ぬ町へ
◆CDエクストラ仕様(「ためいきの銀河」PV収録)

 なお、「ためいきの銀河」は、映画『青春漫画』のイメージ・ソングにもなっています。エイヴェックスからのメジャー・デビューですから、これからさらなる展開も期待できそうです。


e0021965_10551787.jpg





これがディスク・ユニオンのお試し版です。







e0021965_1057335.jpg


これは、ディスク・ユニオンでデビュー・アルバムを買ったらおまけについてきた「まだ見ぬ町へ」のアコースティック・ヴァージョンが入ったシングルCD。こういうのがコレクターズ・アイテムになるんですが、それもこれもテリー&フランシスコが今後どうなるかにかかっています。
by jazz_ogawa | 2006-08-20 11:08 | MHR | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/4018203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by forcek at 2006-08-20 17:32 x
小川さん、洋物以外も幅広く聴いてますねー(笑)「テリー&フランシスコ」最近FMで流れてますねー、確かにこりゃ玄人ウケもしますよね(チェットやデオダート等も好きみたいだし)メジャーにいけばタイアップもどんどん決まって、一般の人達に知れ渡るのも時間の問題ですが、小川さんの言う通りでこのお試し版がコレクターズ・アイテムに化けるかは楽しみですね(笑)ところで小川さん、俺とタカオ&フォースKで(ギターとボーカルで)負けずにグループを結成しませんかー(爆)
Commented by jazz_ogawa at 2006-08-21 00:15
forcekさん、タカオ&フォースK、そのうちやりましょうか(笑)? ここしばらく、なんとなくまたギターを弾いてみたい気分になってきていますからね。
Commented by mlm at 2006-08-29 16:44 x
渡るのも時間の問題ですが、小川さんの言う通りでこのお試し版がコレクターズ・アイテム
<< 2006-08-23 マリア・... 2006-08-16 つゆのひ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム