人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-10-25 ジャッキー・ネイラー@ブルーノート東京
e0021965_22473896.jpg ジャッキー・ネイラーは日本でまだ無名のシンガーだと思っていたんですが、認識不足でした。昨日の「ブルーノート東京」はかなりの入りでした。そこそこネーム・ヴァリューがないとこのくらいのお客さんは来ないなっていう程度に客席が埋まっていたんですから、最近のジャズ状況にぼくは随分疎くなっているようです。
 それはさておき、このジャッキー・ネイラー、ぼく好みのシンガーです。まず雰囲気がいいんですね。ジャズ・シンガーですが、声のイメージや歌いかたはキャロル・キングに通じています。なんていうことを考えていたら、最後に彼女の<ウィル・ユー・スティル・ラヴ・ミー・トゥモロウ>をしっとりと歌い上げてくれました。これが実によかったです。

 ジャッキー・ネイラーは、これまでに自費出版で5枚ほどアルバムを発表しています。その最新作『カラー・ファイヴ』がこの間ようやく国内盤で発売され、本邦デビューとなったです。それらのアルバムを全部聴いたわけではありませんが、面白いのはジャズのスタンダードを中心に、オリジナルもあれば、ロックもレパートリーに入れているところです。しかもピンク・フロイドやジミ・ヘンドリックスの曲まで取り上げているところが新鮮です。

 昨日のステージでは、基本的にバックをピアノ・トリオが務めましたが、このピアニストがギターに持ち替え、さらに曲によってはもうひとりが加わり、こちらもピアノとギターの両刀遣いで、2ギター、ベース、ドラムスなんていう編成も可能にしていました。
 スタンダードの<オールモスト・ライク・ビーイング・イン・ラヴ>から始まったステージでは、<バット・ノット・フォー・ミー><サマータイム><ブラック・コーヒー>などのスタンダードがオーソドックスなスタイルで歌われていきます。しかし、ぼくが興味を覚えたのは、それらの間に登場したビリー・ポールの<ミー・アンド・ミセス・ジョーンス>(これは男性の歌なので彼女は<ミー・アンド・ミスター・ジョーンズ>に替えていました)や<ウィル・ユー・スティル・ラヴ・ミー・トゥモロウ>、それから<ビフォア・アイム・ゴーン>などのいくつかのオリジナルでした。これらの曲ではかなりソウルフルな歌いかたが示され、それも好ましく思いました。
 勝手に不思議な縁を感じたのは、<ミー・アンド・ミスター・ジョーンズ>です。「ブルーノート東京」に行く前に立ち寄ったスターバックスで、ビリー・ポールの歌うこのオリジナル・ヴァージョンを聴いて、「そうだ! こんないい曲もあったんだ。帰ったらiPODに取り込もう」なんて考えていたんですね。そうしたら、そのすぐあとにジャッキーがこの歌をうたったのでびっくりしました。でも、こういうことってときどきありますよね。これも虫の知らせなんでしょうか?

e0021965_22475471.jpg ジャズ・シンガーとしてのジャッキーはユニークなポジションにつく可能性を秘めています。ただし、雰囲気があって自分の世界も持っていますが、まだもう一歩というところでしょう。そのもう一歩を克服するには、オリジナルで勝負したほうがいいように思いました。
 ジャッキーが歌うスタンダードにも味わいはあります。でも、それ以上に耳を傾けさせられたのが彼女の書いたいくつかのオリジナルでした。声の質や歌いかたはキャロル・キングのような感じです。ドラマチックに歌うより、淡々とした表現の中で自分の世界を伝えるタイプだと思いました。
 この手のシンガーも最近は増えています。マデリン・ペルーやノラ・ジョーンズなんかですが、その中に入っても、彼女はオリジナルで自分の世界を訴えることができると思います。ぼくがそう思うのは、ジャジーなポップス、あるいはポップなジャズがこのところ好きになっているからでしょう。本格的なジャズ・シンガーの登場にも興味はありますが、ジャッキーは最初からその路線は狙っていないようです。
 でも、いまのままでは中途半端の印象がぬぐえません。才能を持っているのですから、いいプロデューサーにめぐり会えば、彼女はさらに大きく飛躍することができるでしょう。このままのポジションやスタイルで満足してはいけません。もちろん本人もそう思っているでしょうが。
 ともあれ、これからが楽しみなシンガーの初来日公演を、ぼくはかなり楽しく聴かせてもらいました。
by jazz_ogawa | 2006-10-25 22:52 | ライヴは天国 | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/4422131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 情報商材ってどうよ?(情.. at 2006-10-27 01:20
タイトル : 有限会社ソーマ『情報商材セルフ代行制作・出版サービス』
トラックバックさせていただきました。... more
Commented by forcek at 2006-10-26 14:46 x
小川さん、ジャッキー・ネイラー俺も知らなかったんですがアメリカではもう結構注目されてるみたいですね(笑)試聴してみたら色々ブレンドされててイイですねー!でも残念なのは「カラー・ファイヴ」のジャケは彼女の美貌や感性を活かしてないですよねー、確かにいいプロデューサー次第で大バケしそうですね(笑)小川さん、28日楽しみにしてますーよろしくお願いします。
Commented by forcek at 2006-10-26 14:48 x
アッ間違った明日の27日ですねー(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-10-26 19:17
forcekさん、たしかにこのジャケット写真はいまいちですね。実際の彼女はもっとキュートというか、いい感じです。
それから明日はよろしく。
<< 2006-10-27 南佳孝@... 2006-10-22 『となり... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム