人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-12-26 クリスマスといえば(その2)
e0021965_6581734.jpg 元旦と同じで、12月25日はほとんどのお店がクローズしてしまいます。それで、行くところがないので映画館なんかが混みます。レストランやコーヒー・ショップもほとんどが閉まっています。スター・バックスも開いているのはほんの一部のお店だけ。
 幸い、アパート近くの2番街にあるスターバックスは開いていましたので、朝食後にウォーキングをして、そのまましばらくここで原稿のチェックをしていました。その後は、やはりこの界隈では珍しくオープンしていたコーヒー・ハウスで昼食です。

e0021965_6583622.jpg 今回は、ターキーに凝っています。日本のひとはあまり食べないようです。ぼくも心臓の具合が悪くなるまで滅多にターキーは食べませんでした。肉食ですが、ターキーはぱさぱさで美味しくないため、敬遠していたんですね。
 ところが油っぽいビーフやポークばっかり食べていたんで心臓の血管が詰まってしまいました。そこで、日本でもサブウェイのターキー・ブレスト・サンドイッチ(パンはウィートでドレッシングはレッド・ワイン・ヴィネガーです:この組み合わせが一番ロー・ファット&ロー・カロリーらしいので)を食べるようになりました。
 ニューヨークでもサブウェイにはよく行きますが、日本より味が大雑把です。そこで今回はターキーのおいしいところを探そうと思っています。昨日のブログで書いたように、ブランフォードが作ったターキーは美味しかったですが、外食で簡単に食べられるターキーとなればサンドイッチとかバーガーとかしかありません。あとはグリルしたものでしょうが、これは一般的でないようです。

e0021965_6585891.jpg 昼はこれでどうにかなりました。夜は、クリスマスも1月1日も関係ないチャイナタウンに行きました。家族づれ、それも複数の家族が何組も集まって食事に来ていた店に入ってしまったので、店内の混乱はまるで戦場のようです。そのうち小さな子どもたちは飽きてきて、プレゼントを開けたり、それをこちらのテーブルにまで持ってきては自慢したりと大騒ぎです。

e0021965_6591754.jpg どうせチャイナタウンならと、その前に行きつけのマッサージ屋さんに行ってきました。ここはモット・ストリートのリトル・イタリー側にあります。とはいっても、何年も前からこのあたりはチャイニーズが進出していて、チャイナタウン化しているところですが。
 そのマッサージ店で1時間揉んでもらい、少しは肩と腰が楽になりました。1時間でキャッシュなら40ドル、カードなら41ドルです。ぼくはとくに指名をしませんが、昨日のひとはうまかったです。肘の使い方が絶妙で、こちらが押してほしいと思うところを的確に押してくれました。
 整形外科医の立場としては、マッサージによって却って症状を悪化させる場合がありますから、治療ということで考えるなら要注意です。リラクゼーションということなら、昨日のぼくのように問題はないと思います。
 とはいっても、日常的に診療をしていると、西洋医学で症状を軽快させられなかったものが、マッサージや針やカイロプラクティックで軽快するケースもあります。ですから、実際は何ともいえません。ただし、それらで悪化して整形外科に駆け込んでくるひともいます。どちらを選ぶかは、結局、個人の判断になりますが。あともうひとつ、症状が「軽快」することと「治癒」することは違います。そこをお間違いのないように。

e0021965_6593936.jpg 昼食からマッサージを予約した時間までが3時間以上あったので、イースト・ヴィレッジにある映画館で『硫黄島からの手紙』を観てきました。みなさんやることのない(?)クリスマスですから、この小さな映画館はそこそこ入っていました。満員ではありませんが。
 この映画、マンハッタンではここを含めてたったの2館でしかいまのところ上映されていません。日本に伝わってきているニュースを思えば、こんなものだったの? というのが正直な感想です。これから拡大されるのでしょうが、いったいどのくらいの反響なんでしょう? ただし『ヴィレッジ・ヴォイス』紙には大きなレヴューが掲載されていました。
 お客さんは30代以上の人が大半、多くはぼくと同世代前後のひとだったように思います。日本のひとはいたのかなぁ、というくらい目立ちません。こういう映画ですから、決して娯楽映画を楽しみに来た感じではありません。上映が終わって外に出るときの表情を覗っていたのですが、みなさん、何か思ところがあるような顔つきをしていました。
e0021965_785772.jpg 日本にくらべれば、アメリカでは現在もイラクに多くの兵士が派遣され、相当数のひとが戦死しています。ついに9.11の死者より数が超えた、とさっきのニュースでいっていました。家族がイラクにいるひともいたかもしれません。現実的なことと受け止めているひとが多かったとも考えられます。自決のシーンなんかはショックだったようで、あちこちから声が漏れていました。

 『硫黄島からの手紙』は、以前にも書きましたが、短いインターヴァルでもう一度観るつもりはありませんでした。ところが、今回はあまり面白そうな映画がないんですね。あと観たいものといえば、マット・デーモンやロバート・デニーロが出ている『the good shepherd』か、留学中にブロードウェイで観たミュージカルを映画化した『DREAMGIRLS』くらいのものでしょうか。それらの中で『硫黄島からの手紙」を観たのは、家からチャイナタウンの間にある映画館で上映されていたのがこの映画だったからです。

by jazz_ogawa | 2006-12-27 07:19 | NY Mapができるまで | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/4801892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アロエ!~その驚異のパワー~ at 2007-01-31 00:01
タイトル : アロエをよろしくお願いします。そのパワーは驚異です。
アロエは、3600年もの昔から、その驚異のパワーは素晴らしいと認められ 、人類の健康を支えてきました。... more
Commented by nao at 2006-12-27 09:41 x
はじめまして。カリフォルニア、シリコンバレーに住んでいますが、
「硫黄島からの手紙」は、どこでもやっていません、残念です。
私もサブウェイによく行きますが、ターキーはまだ試していません。
ぱさぱさしているのと、歯にはさまるのとで、
ターキーはあまり積極的には、食べていませんが、
パンは最近ウィートを頼むようにしています。
日本のサブウェイで味が違うのは知りませんでした。今度試してみたいです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-27 12:56
naoさん、カリフォルニアでもロスやサンフランシスコあたりでしかやっていないんでしょうね。封切りの予定日を繰り上げたことから、まだ一部の映画館だけの上映ということなんでしょうか?
サブウェイの味が違うのは、同じ種類のパンや野菜の味が少しずつ違うことの集積によってだと思います。ターキーも慣れると不味くはありません。
Commented by NetHero at 2006-12-27 17:22 x
小川さん、こんばんは。
私もこのクリスマス休暇に「硫黄島からの手紙」を珍しく自腹で映画館で観ようと上映館をウェッブで探したのですが Los Angeles の様な大都会でも Hollywood と Santa Monica の2箇所でしかやっていないようで観るのをギブアップしました。
両方とも私の住んでいる所から片道50マイル以上はあります。ガソリン高の昨今そこまではちょっと行けません。(泣)
まぁ、来月辺りからあちこちで上映されるのでは?と期待しているのですが、、、どうなることやら。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-27 22:10
NetHeroさんにもカリフォルニアの状況を伺いたいなぁと思っていました。ありがとうございます。
映画の素人であるぼくがいうのもなんですが、この映画、戦闘シーンは別として、心に重くのしかかってくる内容です。観たひとは、おそらくさまざまな思いにとらわれるんじゃないでしょうか? そのことだけでも価値ある映画だと思っています。
<< 2006-12-27 『マンハ... 2006-12-25 クリスマ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム