人気ブログランキング | 話題のタグを見る
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-02-28 「愛しのJazz Man」@小僧com総集編
 このブログでも何度か書いてきましたが、単行本の『愛しのジャズメン』(東京キララ社)の発売が遅れています。3月中には何とか出してほしいと思っていますが、まだはっきりとしためどは立っていません。とくにトラブルがあるわけじゃないのですが、出版社の段取りが思惑どおりに進まず、いまにいたっても発売日が決まりません。
 昨日もらったメールによれば、今週末には何とか表紙を完成させるそうですし、これまで宙に浮いていた販売の取り扱いも、いままでどおり三一書房で発売してもらうことになったそうです。
 なにぶん相手がいることです。こちらの思いどおりに物事が運ばないこともあるでしょう。仕方がありません。それに比べれば、こちらの「愛しのJazz Man」はひとりでやっていることのなので、自分の思いどおりになんでもできます。
 そういうわけで、2月もきっちり4回、小僧comに掲載することができました。以下はそれらの冒頭部分です。


#030:Michael Cuscuna マイケル・カスクーナ(producer)
2007-02-28 「愛しのJazz Man」@小僧com総集編_e0021965_2051157.jpg ブルーノートの膨大な未発表テープを調査・整理・発表したのがマイケル・カスクーナだ。彼はもともとロックのプロデューサーで、ボニー・レイットのアルバムなどを制作していた。そのうちジャズとのつき合いも出てきて、シカゴのデルマーク・レーベルなどでブルースとジャズのプロデュースを開始する。またロック史を飾るグループ、ドアーズの司会も務めており、彼らが発表したライヴ・アルバム『アブソルートリー・ライヴ』(エレクトラ)にはその模様が収録されている。
 カスクーナの自慢はドアーズの司会をしていたときのエピソードだ。野外の大会場でコンサートがあったときである。バンドの登場をいまかいまかと待ち構えたいた数万の聴衆を前に、彼はいたずら心を発揮して4文字言葉の「F★C★」を絶叫した。すると、会場がこの大合唱でこだましたという。
全文はhttp://www.kozocom.com/entertainment/music/a00030.html


#031:Lorraine Gordon ロレイン・ゴードン(jazz club owner)
2007-02-28 「愛しのJazz Man」@小僧com総集編_e0021965_20513229.jpg 創業70年以上が過ぎたニューヨークのジャズ・クラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」を仕切っているのがロレイン・ゴードンである。オーナーで夫のマックス・ゴードンが死去した1989年以降は、彼女が女主人としてこの《世界一のジャズ・クラブ》と呼ばれる人気スポットを現在までしっかり受け継いできた。
 ロレインがゴードンと結婚したのは1957年のことだ。それ以前、彼女はブルーノートの創業者でプロデューサーだったアルフレッド・ライオン夫人として知られていた。もともと熱心なジャズ・ファンだった彼女は、それが縁でライオンと結ばれている
全文はhttp://www.kozocom.com/entertainment/music/a00031.html


#032:某日本人カメラマン(photographer)
2007-02-28 「愛しのJazz Man」@小僧com総集編_e0021965_20514697.jpg つき合っているフォトグラファーは何人もいるが、ライスの愛称で親しまれているこのひとほどジャズ・ミュージシャンの懐に飛び込んでいくカメラマンは珍しい。内外のアーティストやジャズ関係者から「ライス」、「ライス」と親しみを込めて呼ばれ、本人のひと懐っこい性格も重なり、彼はどんなに気難しいアーティストからもいい笑顔を引き出してみせる。
 「写真は趣味」といい切るだけあって、多くのミュージシャンが集まってくるフェスティヴァルでは、昼間の空き時間に自分が撮影したいミュージシャンのフォト・セッションに精を出す姿もよく見かける。ライスに撮ってもらいたいと希望するミュージシャンもいるのだからたいしたものだ。
全文はhttp://www.kozocom.com/entertainment/music/a00032.html


#033:Michael Brecker マイケル・ブレッカー(ts)
2007-02-28 「愛しのJazz Man」@小僧com総集編_e0021965_2052018.jpg 敬愛するマイケル・ブレッカーが長い闘病生活の果て、1月13日にこの世を去りました。以下の文書はぼくのブログで紹介したものですが、マイケルの冥福を改めて祈りたいことと、彼もぼくにとって大切な「愛しのJazz Man」であることから、ここに一部を転載し、この連載の一章につけ加えたいと思います。

 ぼくが1990年代初頭にプロデュースした作品で、テナー・サックス奏者のボブ・ミンツアーをリーダーにしたものがある。彼とは2枚のアルバムを作ったが、2枚目では歴代のテナー・サックス奏者にトリビュートしようということになった。そこで同じテナー・サックス奏者のマイケル・ブレッカーにゲストとして入ってもらい、テナー・バトルをやってみようではないかと提案してみた。

全文はhttp://www.kozocom.com/entertainment/music/a00033.html
by jazz_ogawa | 2007-02-28 20:55 | 愛しのJazz Man | Trackback(1) | Comments(9)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/5244586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ジャズダンス jazz.. at 2007-03-06 03:55
タイトル : ジャズダンス jazzdance ジャズダンスニュース
ジャズダンスニュース... more
Commented by こばやし at 2007-03-01 07:36 x
カスクーナさんの努力がなければBN-LTシリーズや世界初登場シリーズもタウンホールでのライオン氏の登場もなかったかもしれないんですよね。発掘作業はブルーノートだけではなく、他でもされてますから好きな事でもこれだけされるというのはすごい事ですよ。いつ休んでいるのでしょうか(笑)?カスクーナさん自身も小川さんに負けず劣らずブルーノートのカタログは充実されているのでしょうか?それから、前から気になっていたのですがLTというのは何の略なのですか?
Commented by jazz_ogawa at 2007-03-01 07:56
こばやしさん、LTの「L」はロス、「T」はキャピトルを意味しています。なぜ「C」にしなかったのかは不明ですが。ちなみに、そのまえはBN-LAシリーズとなっていて、このときの「U」はユナイテッド・アーティストを意味します。
Commented by こばやし at 2007-03-02 07:41 x
へえ、そうだったんですかぁ、ブルーノートマンガでもわからなかったんですよ。僕自身長年疑問に思っていたので解決してすっきりしました(^o^) 。
Commented by こばやし at 2007-03-03 13:40 x
すみません、以前ジャケットの事でお話を聞いたのですが、ついでに聞かせて下さい。ブルーノートの紙ジャケットシリーズで「チュニジアの夜」だけ仕様がちょっと違いますよね。ああいった形はこれだけだったのでしょうか?
Commented by jazz_ogawa at 2007-03-03 17:03
こばやしさん、紙質ことでしょうか? それだったら記憶は定かでありませんが、これ以外はなかったかもしれません。でも、はっきりとは覚えてないなぁ。
Commented by こばやし at 2007-03-03 18:41 x
そうです。このタイトルだけつるつるでなくザラザラと言うのでしょうか、裏ジャケットまで表と同じセピア色してます。CDジャケットでこれだけ手間をかけているところって他にないのでは?ズート・シムズやクリス・コナーのタイトルでも一点ずつありました。
Commented by jazz_ogawa at 2007-03-03 23:39
こばやしさん、ジャズ系紙ジャケの再現度は各社いまいちですが、ロック系はかなり忠実に再現しているメーカーがあります。ソニーとユニバーサルの紙ジャケをぼくは高く評価しています。
Commented by こばやし at 2007-03-04 00:34 x
そうなんですかぁ、小川さんが提供されている事もあってブルーノートの紙ジャケットシリーズは良いのかなあ、と思っていたのですがそうでもないのかな?オリジナルを探すのが難しいのかな。SJ誌で知ったのですがファンタジーのカタログがビクターからユニバーサルに移ってしまうらしいですね。紙ジャケットで同じタイトルが出た時にどうなっているか見てみたいです。
Commented by jazz_ogawa at 2007-03-04 00:50
こばやしさん、ジャズ系はあまり期待しないほうがいいですよ。ってぼくがいうのはまずいかもしれませんが。こういうものって担当者の努力とか愛情とかいろいろなものが関係して出来上がるわけですから。ブルーノートの紙ジャケにしても、ぼくが直接タッチしているわけじゃないので。
紙ジャケに心血を注いでいるのは、ソニーやユニバーサルのロック系の担当者だと思います。ジャズ系の担当者は、残念ながら「出せばいいじゃない」みたいな感覚のひとが多いみたいです。
<< 2007-03-01 Work... 2007-02-27 有り難い... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム