人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-05-13 HI-FI vol.28@渋谷「CAFE & DINER スタジオ」
e0021965_19906.jpg
 昨日はHi-FiのDJイヴェントに行ってきました。今回は初めての試みで、夕方の4時スタートです。ぼくは4番手で、5時半から回しました。この時点でお客さんはほとんどいません。最初からそのあたりは予測していました。
 お客さんがいようがいまいが、どのみち自分の楽しみでやっていますから、久々にブルーノートのアシッド系をかけて、いい気持ちの45分間を過ごしました。ひとがいないっていうことは、タバコの煙も少ないっていうことですし。
 順不同ですが、こんな曲をかけました。

【songlist】
1. Ronnie Laws/Always There
2. Lou Donaldson/If You Can't Handle It, Give It To Me
3. Gene Harris & The Three Sounds/Book Of Slim
4. Moacir Santos/Off And On
5. Alphonse Mouzon/Sunflower
6. Bobbi Humphrey/Uno Esta
7. Carmen McRae/You're Everything
8. Horace Silver/Swinging The Samba
9. Duke Pearson/Upa Neguinho
10. Charlie Rouse/Samba De Orfeu
11. Horace Parlan/Headinf South

e0021965_1992574.jpg
 こういう曲を聴きながら、思い出したことがあります。ぼくがこの手のレコードをせっせと買い込んでいたのは1970年代のことです。当時はこういうレコード、中古盤なら300円とか500円、高くても1000円くらいで大半が買えました。
 渋谷なら、昨日の店のすぐそばにある「JARO」や、そのころは公園通りにあった「ディスク・ユニオン」なんかで買っていたんですが、そういうレコードがいまやそこそこの高値で取り引きされているようなんでびっくりです。
 この程度の値段で買えたから、ブルーノートのコンプリート・コレクションもできたんでしょうね。いまなら絶対に無理です。それこそ、いまでいうところのレア・グルーヴやアシッド・ジャズ物が格安でゴロゴロあったんですから。

e0021965_1995356.jpg
 脱線しますが、昔くずのように扱われていたレコードがいまでは高嶺の花みたいになっている例ってあまりないように思います。たとえば、アイドル物なんて昔もいまも二束三文です。ロックだって、すぐに思い浮かぶものはありません。
 まとめてナンボみたいなレコードが、下手をすると5桁の値段で取り引きされているのは一部のジャズだけとはいわないですが、まあそんなところじゃないでしょうか? だって、昨日回したアーティスト、もしくは作品のほとんどが1970年代は無視されていたんですから。
 スリー・サウンズとか、昨日は回しませんでしたがジミー・スミスのレコードなんかはまったく相手にされていませんでした。日本のジャズ・ファンって、当時はたいていのひとがシリアスなジャズを好んでいたので、この手のタイプは邪道と見られていました。ジャズ喫茶では、オスカー・ピーターソンのレコードだってリクエストするのにちょっと躊躇する雰囲気がありましたから。
 ところがぼくはへそ曲がりな性格なもので、低俗と多くのひとに思われていたこの手のジャズに強い愛着を覚えていました。なんてかっこつけていますが、本音はもっと単純、つまり安かったからです。
 ぼくには本末転倒なところがあって、何でも数が増えると嬉しいんですね。俗にいう名盤が新品で2500円するなら、駄盤と呼ばれているものを300円で8枚買ったほうが嬉しいと思う人間です。そうやって片っ端から買っていったら、それらがいまでは欲しがっているひとの多いレコードになってしまったんですから、世の中って不思議です。

e0021965_191020100.jpg
 何をいいたいのかまったく考えず、思いのままに書いてしまいました。強引に話をまとめるなら、やっぱり自分の欲望におもむくまま行動するのがいいんじゃないかっていうことです。それが一番後悔しない方法です。
 ぼくは何事も深く考えずに思いつきで動いていますし、そうやって生きてきました。それで失敗したり損をしたこともたくさんあります。それでもすべてをひっくるめて考えてみると、帳尻としてはプラスになっているように思います。だって、ただいま現在の自分に納得していますし、不満がありませんから。ただし、これも大雑把に考えての話です。日常的に納得しないことや不満だってもちろんあります。
 書けば書くほど無意味な話になってきましたから、もうやめましょう。

 そうそう、ガラガラだった昨日ですが、食事をして8時ごろに戻ったら、動くのも大変なほどお客さんが入っていました。『愛しのジャズメン』を出してくれた東京キララ社の社長もDJ仲間で、昨日はぼくの次にゲストDJとして参加してくれました。
 ついでに会場で本も売ってくれていたようで、戻ってきたらいろいろなひとから本にサインを頼まれました。有難いことです。社長によれば、いまのところこれまでの本より出足がいいとのことでした。これまた有難いことです。
 今日は母の日なので、これから実家に戻ります。では、では。
by jazz_ogawa | 2007-05-13 11:50 | 平凡な日々 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/5661107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuricoz at 2007-05-13 14:14
この時ちょうど渋谷を通り過ぎました。5時前です!!
行きたかったな~。誰もいないと踊りずらいので、行っても聞き耳をたてていただけだと思いますが。笑
買った時よりも、数倍になっているCDなどがうちにもあるようですが、絶対に売らないと申しております。だまって、売りたい!!と思うことしばしば・・・笑
Commented by 加持顕 at 2007-05-13 21:52 x
小川さん、DJイベントお疲れ様でした。
最近、東京に行ける機会が少なくなったので、会場に行けない我々の為に、「ネットラジオ」か「ポッドキャスト配信」などしていただけるとありがたいのですが、いかがでしょう?
NHKFMの特番にご出演されて、的確なコメントをしていらっしゃるのを聴くたびに思うのですが、そろそろご自身の番組を・・・。
Commented by forcek at 2007-05-13 22:53 x
小川さん、おつかれさまです。俺もレア・グルーヴやアシッド・ジャズ系は好きでよく聴いてました(笑)本も好調でGoodですね、小川さんー実家に帰ってたんですね、お母さんはお元気ですか。
Commented by jazz_ogawa at 2007-05-13 23:11
yuricozさん、ぼくはそろそろCDとかレコードをどうしようかと考えているのですが、そう考えながらまた買ってしまう自分が同居しているので困っています。
Commented by jazz_ogawa at 2007-05-13 23:14
加持顕さん、ほかのひとからもポッドキャストを、とかいわれているのですが、うーん、どうしましょうかね。
そういえば、8月にNHK-FMの特番で2時間、マイルス特集を担当することになりました。全国放送で6日から5日間のあいだのどれか1日です。放送時間は23時から。詳しいことがわかったらブログで報告します。
Commented by jazz_ogawa at 2007-05-13 23:16
forcekさん、元気ですか? 母親は相変わらずでした。とくにどこかが悪いわけではないのですが、元気はありません。気にかけていただき、ありがとうございます。
Commented by Hashi at 2007-05-14 05:39 x
小川さん、DJお疲れ様でした!本の売上も好調で何よりです!小川さんから中村さんのDJ展開もどんな感じだったのでしょうか?関係ないですが、ちょうど、さっきHORACE SILVERを聴いてました(Swinging The Sambaではなく、TOTAL RESPONSEのアルバムですが・・・)。
Commented by 浦島 at 2007-05-14 06:28 x
小川さんの生き方、考え方にとても共感を覚えます。近ければ、ガラガラの空間を独り占めしたかったです。いつか小川さんのイベントに参加します! その日を楽しみにしています。そして、お互い母を大切にしましょう。私の父は親孝行をする前に(仕事が忙しすぎてするだけの余裕がありませんでした)他界してしまいました。だからその分は母には親孝行しようと考えています。
Commented by jazz_ogawa at 2007-05-14 07:30
Hashiさん、ぼくもyasuo-angelもいつもの感じでやっていました。今回はみんな自分のスタイルでやっていたようでバラエティに富んでいたと思います。ロンドンでもまたやりましょう。
Commented by jazz_ogawa at 2007-05-14 07:32
浦島さん、親に対する考え、まったく同感です。父親に対しては後悔しているところがあり、その思いを忘れないようにしています。
Commented by 高橋 at 2007-05-15 22:28 x
この中では7番(You re Everything)しか分りません、Marvin Gayeが女性と歌っていて非常に上手かったのを覚えています。この曲はポップスだと思っていたのですがjazzなのでしょうか(もしくはjazz風にアレンジした?)。jazzとポップスなど他の曲との区別はメロディーや使われる楽器から付けるのでしょうか。初歩的な質問ですみません。
Commented by jazz_ogawa at 2007-05-15 23:00
高橋さん、コメントありがとうございます。高橋さんがおっしゃっているのは「You Are Everything」のことじゃないでしょうか? そちらなら、スタイリスティックスのミリオン・ヒットでマーヴィン・ゲイもカヴァーしていましたし。というわけで、こちらは別の曲です。
ジャズとポップスの区別ですが、どう演奏するか、もしくは歌うかによるんじゃないでしょうか。ジャズのスタンダードをロックとして歌うひともいれば、ロックをジャズとして演奏するひともいますし。
Commented by 高橋 at 2007-05-20 20:55 x
小川さんこんにちは 別の曲だったのですね、お恥ずかしい。ジャズとポップスの区別とても参考になりました。この記事小川さんは思いのままに書いたとおっしゃっていますがいつものように読みやすく上手い文章でさすがだと思います。
Commented by jazz_ogawa at 2007-05-20 23:23
高橋さん、ぼくも曲名で勘違いすることは多々あります。仕方ないですよね。同名異曲も世の中にたくさんありますしね。
<< 2007-05-16 『ジャズ... 2007-05-10 キース・... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム