人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-11-18 「ONGAKUゼミナール@銀座」
e0021965_13111455.jpg
 昨日は、銀座にあるバー「le sept」で「ONGAKUゼミナール」をやってきました。今回のテーマは「シネ・ジャズ」。映画に使われたジャズ特集です。ご来場のみなさん、どうもありがとうございました。いつもと同じで、出たとこ勝負のいきあたりばったり。口から出まかせのいい加減な話で、どうもすいませんでした。

e0021965_13141264.jpg それでシネ・ジャズですが、ぼくの場合、一番最初にイメージされるのはマイルス・デイヴィスの『死刑台のエレヴェーター』です。
 そういうわけで、この映画を最初のほうに持ってきて、その時代のフランス映画、いわゆるヌーヴェルバーグの作品で使われたジャズをいくつか紹介しました。1950年代後半のフランス映画では、『死刑台のエレヴェーター』のルイ・マルをはじめ、ロジェ・ヴァディム、エドゥアール・モリナロなど、才気に溢れる監督がたくさんいました。彼らが好んで自分の映画音楽にジャズ・ミュージシャンを起用したのは、日本と同じで、この時期の文化人と呼ばれるフランスのひとたちが、ジャズの面白さや奥深さに目覚めたからです。
 フランスでモダンジャズが大ブームになるのは、1958年にジャズ・メッセンジャーズが渡欧し、吹き込んだばかりの「モーニン」他を演奏したのがきっかけといわれています。ぼくはその場に居たわけじゃないからわかりませんが、同じ現象は1961年のジャズ・メッセンジャーズ来日でも起こったようです。
 そのモダン・ジャズのブームに至る前兆のひとつとして、映画でマイルスやジャズ・メッセンジャーズやモダン・ジャズ・カルテットたちの演奏が使われていた事実は見逃せません。フランス映画におけるシネ・ジャズは一種のファッションでしたが、それがモダン・ジャズ・ブームに結びついたと考えるのは私論です。(少なくとも日本では)誰もそのことをきちんとした形で紹介していないので、いずれじっくりと調べてみたいと思っています。

e0021965_13144319.jpg
 それで、こんな曲をみなさんと聴きました。

1. 『大運河』(フランス、1957年) 監督:ロジャ・ヴァディム
音楽:ジョン・ルイス:スリー・ウィンドウズ(モダン・ジャズ・カルテット)

2. 『死刑台のエレヴェーター』(フランス、1958年) 監督・ルイ・マル
音楽:マイルス・デイヴィス:モーテル

3. 『殺られる』(フランス、1959年) 監督:エドゥアール・モリナロ
音楽:アート・ブレイキー&ベニー・ゴルソン:マルセルのブルース(アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ)

4. 『危険な関係』(フランス、1960年) 監督:ロジェ・ヴァディム
音楽:デューク・ジョーダン:危険な関係のブルース#1

5. 『夜の豹』(アメリカ、1958年) 監督:ジョージ・シドニー
音楽:リチャード・ロジャース:マイ・ファニー・ヴァレンタイン(フランク・シナトラ)

6. 『マンハッタンの哀愁』(フランス、1965年) 監督:マルセル・カルネ
音楽:マル・ウォルドロン:オール・アローン

7. 『アルフィー』(イギリス、1966年) 監督:ルイス・ギルバート
音楽:ソニー・ロリンズ、バート・バカラック(主題歌):アルフィーのテーマII/ソニー・ロリンズ

8. 『華麗なる賭け』(アメリカ、1968年) 監督:ノーマン・ジュイソン
音楽:ミシェル・ルグラン:風のささやき

e0021965_13145993.jpg
9. 『夜の大捜査線』(アメリカ、1968年) 監督:ノーマン・ジュイソン
音楽:クインシー・ジョーンズ:真夜中のバラード(レイ・チャールズ)

10. 『ビリー・ホリデイ物語』(アメリカ、1972年) 監督:シドニー・J・フューリー
グッドモーニング・ハートエイク(ダイアナ・ロス)

11. 『ラウンド・ミッドナイト』(フランス、1985年)監督:ベルトラン・タベルニエ
音楽:ハービー・ハンコック:身も心も(デクスター・ゴードン)

12. 『ラジオタウンで恋をして』(1990年、アメリカ)監督:ジョン・アミエル
音楽:ウイントン・マルサリス:ビッグ・トラブル・イン・ジ・イージー

13. 『モ・ベター・ブルース』(1990年、アメリカ) 監督:スパイク・リー
音楽:ビル・リー:セイ・ヘイ(ブランフォード・マルサリス+テレンス・ブランチャード)

14. 『恋のゆくえ~ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』(1989年、アメリカ) 監督:シドニー・ポラック
音楽:デイヴ・グルーシン:メイキン・ウーピー(ミシェル・ファイファー)

15. 『ゴッド・ファーザー・パート3』(アメリカ、1990年) 監督:フランシス・フォード・コッポラ
音楽:ニノ・ロータ、カーマイン・コッポラ:ゴッド・ファーザー・パート3 愛のテーマ(プロミス・ミー・ユール・リメンバー)(ハリー・コニック・ジュニア)

16. 『フォー・ザ・ボーイズ』(1991年、アメリカ) 監督:マーク・ライデル
音楽:デイヴ・グルーシン:ベイビー、外は寒いよ(ベット・ミドラー+ジェームス・カーン)

e0021965_1315189.jpg
 現在ジャズの世界でスタンダードと呼ばれている大半の曲は、映画やミュージカルのために書かれた曲です。昨日は、それとはちょっと違って、ジャズ・ミュージシャンが書き下ろしたオリジナルを中心に聴いてもらいました。
 次回は、2008年の2月を予定しています。バレンタイン・デイのあとですが、「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」など、バラードの名演・名唱を集めた特集にしようかと考えています。
by jazz_ogawa | 2007-11-18 13:18 | ONGAKUゼミナール | Trackback(2) | Comments(20)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/6809688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 別冊matc at 2007-11-19 23:41
タイトル : 第7回ONGAKUゼミナール@銀座bar le sept
早いもので7回目となったONGAKUゼミナール@銀座bar le sept。今回は映画で使われているジャズということで「シネマ・ジャズ」。全16作品の名画&曲がズラリと並びました。 今回のテキスト。毎回作っているのですが、「今回はカラフルだね〜」と小川さん。だって、いつもアーティスト写真がモノクロが多いからですよ〜〜〜(笑) 今回のは、CDジャケットと、映画のDVD(VHS)のジャケット写真ばかりなので、結構カラフルなんですよね。 映画でジャズといえば、真っ先にマイルス・デイヴィスの『死刑...... more
Tracked from ♪♪♪yuricoz c.. at 2007-11-26 10:58
タイトル : 小川隆夫のONGAKUゼミナール@銀座 『シネマ・ジャズ』
今回も、たくさんのお客様にお越し頂きありがとうございました。 映画の中のジャズ♪そして、小川隆夫さんのお気に入りの音楽が使われている映画♪という内容で、映画の解説からその中での1曲、それも、そのプレーヤーについての資料や解説を交えて楽しくお話していただき、まだまだ長く聞きたいな~♪と思わせる(スタッフなのにすいませんっ。笑)会でした♪ (いつもなんですが・・・笑)しかし、小川さんは、いくらでも引き出しがあるな~と毎回びっくりさせられます。 自慢話でもいいんです!! 同じ話を何回聞いてもいいんで...... more
Commented by tj-zero at 2007-11-18 17:50 x
この曲目、そのままCDにしてもらえたら、絶対買います(笑)。

厳密にはジャズと言えないかもしれませんが、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』の音楽も好きです。

ジャズにはモノクロの画面が似合いますね。
Commented by hiro at 2007-11-18 20:24 x
はじめまして。いつも小川さんの著書を楽しく拝読させて頂いています。
場違いかもしれませんが、一つ質問があります。
小川さんは、マイルスの「On The Corner」コンプリート・セッションの6枚組を既に聴いておられるようですが、私も輸入盤で購入し、1曲、腑に落ちないものがありました。
ディスク1には、「One And One」の未編集ヴァージョンが入っていますが、もはや「未編集」どころか全く違う曲で、驚きました。
私は、これを「On The Corner」に入れていれば、良いアクセントになったかもしれないと思いましたが、ご存じのように「On The Corner」収録の「One And One」は、「Black Satin」のベース・ラインを流用したサックス中心の曲となっており、どうしても関連性が見出せないのです。
非常に謎で、悶々としてしまいました。
もし「One And One」に関する情報をご存じでしたら、ご教授を頂けると幸いです。
長文失礼致しました。
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-18 21:33
tj-zeroさん、いくつかのレーベルでコンピレーションをいろいろ作っていますが、この手のものはまだ作っていないですね。そのうち、チャンスがあれば作りたいと思います。
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-18 21:37
hiroさん、ぼくも同じような感想をもちました。このボックス、データ的に怪しいところもありますので、次にボブ・ベルデンに会ったら、この曲のことも含めて聞いてみます。なにか分かれば、ブログで報告しますね。
Commented by kiku at 2007-11-18 21:51 x
小川さん、こんばんは。昨日の映画音楽特集も良かったです。どんな選曲になるのか興味津々でした。
『恋のゆくえ~ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』はだいぶ前にビデオで観ました。確か「メイキン・ウーピー」はミシェル・ファイファーが赤いドレスを着てピアノの上で歌っていた記憶があります。昨日久しぶりに聴いて、ミシェルがなかなかの歌を聴かせているのに改めて驚きました。「メイキン~」はDr.ジョンとリッキー・リー・ジョーンズのデュエットのバージョンも好きです。
それからそれぞれのサントラ盤のジャケット、デザインがかっこいいものばかりで視覚的にも楽しませていただきました!
帰りは電車の中で、最近買ったiPodでシナトラの『Swing Eazy & Songs For Young Lovers』を聴きながら余韻に浸りました。
Commented at 2007-11-18 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-18 23:50
kikuさん、いつもありがとうございます。昨日はほとんどお話もできず、失礼しました。たしかに、昨日使ったCDのジャケット(とくに昔のもの)はかっこいいですよね。
次回、日にちは決まっていませんが、2月の中旬以降を考えています。また、よろしく。
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-19 00:04
非公開コメントのiさん、ありがとうございます。次回の駒場は1月、銀座は2月開催を考えています。日にちが決まりましたら、ブログに告知しまうsので、よろしくお願いいたします。
Commented by kiku at 2007-11-19 01:05 x
小川さん、こちらこそご友人との会話中に割って入ってしまい失礼しました。ゆっくりお話できた時はラッキーと思ってます。でも限られた時間のなかではなかなか難しいですね。とはいえ、いざお話させていただけるとなると、考えていたことがどこかへ飛んでいってしまうのですが(笑)
Commented by jjj♪ at 2007-11-19 16:10 x
あああ・・・今回のへなちょこカメラマン、スミマセンでしたぁ・・・!!!
モデルがかっちょ良すぎて手が震えてしまい、上手く取れた写真が1枚もなかった。。。(涙)
修行しなおしてきますっ!
Commented by noriko at 2007-11-19 16:14 x
小川さん、今回も本当にありがとうございました。
毎回いらしていただいているお客様にも初めてのお客様にも大好評。感謝しています♪ ご参加いただいた皆さまもありがとうございます。
映画も大好きなルセットチーム。またDVDコレクションが増えそうです。特に「死刑台のエレベーター」は「また観たい」映画。音楽も凄いし。
そしてtj-zeroさんのコメントにあるように、このままCDになったら、絶対買います。現実化するといいなぁ。
次回もどうぞ宜しくお願いいたします♪
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-19 20:12
kikuさんとのお話も楽しいので、次回はぜひ。
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-19 20:14
jjj♪さん、写真班ご苦労様でした。光量が足りないので、これでも出来すぎです。ありがとうございました。「モデルがかっちょ悪すぎて」の間違いでしょ!
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-19 20:15
norikoさん、今回も本当にありがとうございました。修ちゃんにもよろしく。
次回も楽しい回にしましょう。
Commented by matc_tomo at 2007-11-19 23:53
お疲れさまでした〜〜。
バタバタとしてしまいましたが、いろんな楽しいお話がきけてよかったです。お話時間を考えると、ちょっと曲数を減らしたほうがいいのかなーと思ったり(1曲の時間が長いのもあるので)。そのあたりも、次回のときにご相談できればと思います。TBしますね〜。
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-20 00:18
matc_tomoさん、こちらこそいつもいい会を主催してもらって感謝しています。曲数が多い(話が長い)のが欠点なので、次回は考えます(いつも考えているんですが、こうなってしまいます)。
Commented by yuricoz at 2007-11-20 08:14
お疲れ様でした~~。2
最後までできないと思いましたが、無事に終わって感無量ですっ。このごろだんだんあのプロジェクター用の処理がわかってきて、全部映すことができるようになり楽しいです♪スクリーンの場所を変えたのはどうだったでしょうか?
次回の企画、楽しみです♪♡
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-20 14:28
yuricozさん、最後は相当話をはしょってしまいました。いつもと同じで、反省です。今後も見捨てずによろしく。スライド操作もグッドでした。
Commented by fanfan at 2007-11-23 23:11 x
小川さん、こんばんわ。
映画とジャズ面白そうでしたね。20日まで日本を離れていまして
参加できませんでした。残念です。
ジャンヌモロー、おお!若いですね。
昔の映画の日本語題名ってなんだかうまいなあ。。。
小川さんもそう思いませんか?
2月こそは参加できたらうれしく存じます。。
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-24 00:13
fanfanさん、お元気でしたか?
映画の題名もそうですが、曲名も昔は凝っていたように思います。
ビートルズのシングルなんか、いまは原題に戻されていますが、初期はほとんどに邦題がつけられていました。
2月は、スケジュールが合えば、ぜひいらっしゃってください。
<< 2007-11-21 山下洋輔... 2007-11-15 このとこ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム