人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-11-24 GONZALO RUBALCABA QUINTET@BLUE NOTE TOKYO
e0021965_11174488.jpg
 ゴンサロ・ルバルカバのライヴを観たのは久しぶりです。メンバーはサックスのYosvany Terry(ヨスヴァニー・テリー)、トランペットのMichael Rodriguez(マイケル・ロドリゲス)、ベースのMatt Brewer(マット・ブルーワー)、そしてドラムスのMarcus Gilmore(マーカス・ギルモア)の面々。マイケルとかマットとか、同じような名前ばかりで面白かったです。

e0021965_11184818.jpg 演奏は、はなからラテン・テイストのものじゃないと思っていた通りの内容でした。楽器構成のせいか、1960年代のマイルス・デイヴィス・クインテットみたいな感じで、新主流派的なテーマやホーン・アンサンブルに特徴があります。それはそれで面白かったですが、ゴンサロのソロ・スペースが短く感じられ、そこに物足りなさも覚えました。
 実際は、一番長くソロも弾いていたと思いますが、構成がよくなかったのかもしれません。どの曲でも肩透かしを食らわされるような感じでした。たとえば、ホーンがテーマを吹いて盛り上がり、さてゴンサロのソロかなと期待していると、一番手がベース・ソロだったり、その後にようやくゴンサロが登場しても、ばりばり弾くと思いきや、ポロンポロンとピアノを鳴らしたりと、こちらの思いとはかなり違う展開だったんですね。
 内容は、悪いとは思いません。グループのサウンドを重視した演奏を期待していけば、満足できたでしょう。ぼくの場合は、ピアニストとして超絶技巧の持ち主であるゴンサロのイメージが強かったため、その点で物足りなさを覚えたということです。

 でも、こちらの思いとミュージシャンの考えが一致しないことはよくあります。ぼくの期待ははぐらかされましたが、内容はとてもよかったです。ゴンサロは真面目なひと柄なので、そういう面も演奏やその音楽によく表されていました。グループのサウンドをとことん突き詰めているんでしょう。すると、こういう形になるんだろうなということがよくわかります。自分を前面に出すのではなく、グループの一員の徹する。その上でリーダーシップもきっちり発揮する。そういう音楽になっていました。

e0021965_11165967.jpg
 理詰めで来る演奏です。まるで詰め将棋を観ていた感じです。こう来ればこう行くしかない、みたいな必然的な演奏には、「今日は聴いたぞ」という充実した印象も一方で覚えました。自分が出す音を、その場で瞬時に突き詰めて、無駄を極力排除した音の連なり。これは、聴いていて快感を覚えるほどスリリングでした。きっとレニー・トリスターノもこういう感じでピアノを弾いていたんだろうな、なんて思いました。
by jazz_ogawa | 2007-11-24 11:22 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/6839054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by grechan at 2007-11-24 18:54 x
小川さん、始めまして、こんにちは。
ゴンサロとは関係なくて恐縮ですが、今日は私、小川さんもどこかでお勧めしていた、Freddie Hubbard/Super Blueの今年出た別テイク入りCD(Mosaic MSC5001)を聞きまして、新たな感慨にふけっております。このころのフレディは元気がいいですね。この作品、内容がいいのに、CBS時代はフュージョン作品が多いせいか、どうにも過小評価されてますよね。おっ、リズム隊はこの前のハービーのVSOPカルテット(東京国際フォーラム)と同じじゃないか、とか。スイマセン、突然のコメントで。では、また、よろしくお願い申し上げます。
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-25 00:24
grechanさん、コメントありがとうございます。たしかにこの作品、内容の割りに軽視されていると思います。ぼくも久しく聴いていなかったので、ただいま聴いているところです。フレディはやっぱり突貫小僧のように勢いのあるプレイが痛快ですね。
Commented by fanfan at 2007-11-25 15:25 x
小川さん、こんにちわ。
全く余談ですが、今晩21:00より、
http://www.bsfuji.tv/top/pub/fujii.html
「和幸」がゲスト出演するそうです。
私は、すでに以前放送見たのですが、加藤和彦さんの作曲方法とか語られていて面白かたです。
もしお時間があるようでしたら・・・と思いまして。。
失礼しました。
私風邪をひいてしまいましたが、どうかお気をつけください。。
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-25 17:31
fanfanさん、貴重な情報ありがとうございます。今日は同じ時間帯で『点と線』を観ますので、ビデオに録って、そのあと観ようと思います。
もし、「和幸」の来日公演が決まったら、教えてください。
ぼくも先週、風邪気味でした。お気をつけください。
Commented by fanfan at 2007-11-26 00:57 x
小川さん、風邪の具合は大丈夫でしょうか?

>>もし、「和幸」の来日公演が決まったら、教えてください。>>

ええ、ぜひお知らせさせていただきます。
ちなみに私は、「僕らの地球」と「バラバラふたり」がお気に入りです。
お大事に。
Commented by jazz_ogawa at 2007-11-26 07:31
fanfanさん、お気遣いありがとうございます。一時よくなったんですが、昨日の夜はちょっとだるくなったので、ビデオ予約した和幸の番組も観ないで寝てしまいました。今朝もまだ少しだるいです。
ぼくも「バラバラふたり」は、ビートルズっぽくて好きですね。
<< 2007-11-27 『ALW... 2007-11-21 山下洋輔... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム