人気ブログランキング |
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-12-21 豪華本『California Dreaming』
e0021965_20263664.jpg
 また買ってしまいました。自分へのクリスマス・プレゼントです。以前このブログで紹介したイギリスのGENESIS社が出した新刊『California Dreaming』が先日届きました。これは、その昔モダン・フォーク・カルテットにいたヘンリー・ディルツの写真集です。
 いつものようにこの本も豪華な装丁で、2500部限定、筆者のサインと限定ナンバー入りです。ぼくには決まった番号が割り振られていて、それは605番なんですが、最初に買ったジョージ・ハリソンの本がこの番号だったことから、これがぼく専用になりました。そういうわけで、新しい本が出るときには事前にオファーが届きます。それを購入するとこの番号の本が送られてきますが、買わなければ、誰かほかのひとのところに行くようです。

e0021965_2027072.jpg
 今回も段ボールのパッケージで2重に梱包されて届けられました。

e0021965_20274896.jpg
 箱を開けると、ご覧のように布の袋に入った本が出てきます。

e0021965_2028271.jpg
 袋の中にはスリップ・ケース(左)に入った本があります(当たり前ですね)。ケースはろうけつ染めした布ばりで、本は背表紙が皮です。

 
e0021965_20295585.jpg
表紙を開くとこんな感じです。右ページの真ん中に木のイラストが描かれた四角いものが見えますが、これは付録のCDが入っているペーパー・スリーヴです、これで本の大きさがだいたいわかるでしょう。CDはディルツが参加していたMFQが1970年代に吹き込んだフォークの名演集です。

 で、このディルツですが、彼が写真を撮るようになったのは、MFQでツアーをしていたときに、メンバー全員で中古のカメラを一台ずつ買ったのがきっかけだそうです。それでツアーの時間潰しをしていたんですが、すっかりはまってしまったのが彼でした。

e0021965_20301990.jpg
 そういうわけで、最初は仲間内で写真を撮っていたそうです。ところが、この仲間が半端じゃありません。1966年ごろといえば、ロサンジェルス周辺のフォークやロックが盛り上がろうとしていた時代です。バッファロー・スプリングフィールドからはじまって、CS&N、そこにニール・ヤングが加わり、ロックではドアーズが大きな評判を呼んでいました。
 ディアツはそういうひとたちを片っ端から撮っていきます。友達ですからみーんなプライヴェート写真。ジョニ・ミッチェルなんか、かなり個人的な人間関係まで撮らせていますし、まだ無名だったリンダ・ロンシュタットも彼らの仲間だったことがわかります。

e0021965_20304813.jpg
e0021965_203176.jpg
e0021965_20312795.jpg
 そのうちディアツは、腕が見込まれてレコード会社から写真撮影の依頼が舞い込むようになります。有名なアルバムのジャケットもたくさん撮っています。


e0021965_20315128.jpg
 こんなお宝写真もあります。手前はジョージ・ハリソンでしょうか。奥にはジョニ・ミッチェルとママ・キャスがいますし、右にはドノヴァンの顔も見えます。

e0021965_20321737.jpg
 ミックとスティーヴン・スティルスの2ショットなんていうのも出てきてドキッとしました。

e0021965_20324865.jpg
 しかもこの本、テキストも充実していて、本に登場する多くのロック・スターたちがかなりの量のコメントを寄せています。

 時代はまさに「Summer Of Love」でした。ぼくもこの時代にカリフォルニアに居たかったと、いまさらながらに思います。しかしその時代を享受するには少しだけ若かったので、居てもぼくの周りを楽しいことは素通りしていったでしょうね。
 日本でも、この時代は、一部ですが「Summer Of Dream」の様相を呈していました。フォークやロックが体制を打破して、自分たちの世界を作る。学生運動とは違う形で、そういうことをやろうとしていたひとたちがいました。新しい時代が信じられる、あるいは信じたい、もしくは信じられるかもしれないと、ぼくも他愛なく思っていました。
 そのころ、ジョン・レノンは「30歳以上の大人は信じない」といいました。ぼくもそう思っていました。しかし、その年令の倍近くになったいまは、あの突っ張った気持ちがすっかり陰を潜めて、なんと妥協的な日々を過ごしていることでしょう。
 たまにはこの『California Dreaming』を眺めながら、そのころの自分や熱い思いがたぎっていた日々を思い出さなくては。もういまではなにも出来ませんが、そういう突っ張った気持ちは忘れちゃいけないと。こんな風に思うのはセンチメンタリズムかもしれませんし、ぼくの未成熟な部分かもしれませんが、ね。

 明日からはニューヨークです。結局、向こうでも原稿の仕事が中心になりそうです。でもそれが楽しいんだから、自分でも呆れています。こういうの、ワーカホリックっていうんでしょうね。
by jazz_ogawa | 2007-12-21 20:37 | 平凡な日々 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/6976248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Mika's Diary at 2008-01-21 10:23
タイトル : CALIFORNIA DREAMING
やっと来ました! 普通の写真集かと思ってたら、写真よりも文章の方がいっぱいでした(^o^; MFQのところしか読んでませんが、当時の話を本人達が語っているから、面白いです。 そしておまけで付いてるHIGHWAY70のCDがピッタリ!の内容になってますね。 高かったけど、買ってよかった。 さすがにデラックス版は買えなかったので、限定版の方ですが、それでも多分4万近く・・・[:びっくり:] 私の番号は1133でした。覚えやすいね。... more
Commented by Isis at 2007-12-22 05:01 x
学生時代に見た輸入レコード店を思い出すような写真ですねぇ。当時、日本盤で買っていたのはYMOやスネークマンショウとかを覚えてますが。でも、輸入盤て、ラジオの型をしてたり、おまけ付きのエルトン・ジョンがあつたりと、そんなのは買いましたね。面白いからね。聴くと、もろマリファナ(吸ったことありませんよ!)とか吸ってるとこんな感じかも!、そんな時代を思い出しました。時代、違いますか?
ニューヨーク、いいなぁ!私は年末から毎日仕事です。お土産、お、み、や、げ、オミヤゲ!ウヒャ!
Commented by jazz_ogawa at 2007-12-23 11:34
Isisさん、YMO,スネークマン・ショウと来たら、同じころに同じアルファから出たタモリも聴いていますか? これ最高です。数日前にCDが久々に再発売されました。3作品ありますが、どれも抱腹絶倒、請合います。
<< 2007-12-22 ニューヨ... 2007-12-19 コレクシ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム