人気ブログランキング | 話題のタグを見る
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-04-24 小林香織 Live Convention
2008-04-24 小林香織 Live Convention_e0021965_20495966.jpg
 一昨日の22日ですが、原宿の「LAPIN ET HALOT(ラパン・エ・アロ)」という店でアルト・サックス奏者の小林香織さんが、というより所属するレコード会社が開いたLive Conventionに行ってきました。これは6月に彼女が発表する『シャイニー』という4作目のアルバム完成と紹介を兼ねてのものです。
 レコード会社からはこんな案内が届きました。

【Live Convention開催のご案内】
 拝啓 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

 さて、この度、2005年2月アルバム『Solar』でデビューして以来3枚のCD、1枚のDVDをリリースし日本のフュージョン界で広く活躍している小林香織が2008年6月25日に待望の4枚目のアルバム『シャイニー』をリリースします。
 今回は気心の知れたライヴ・メンバーを中心に、よりリアルな小林香織を表現できた自信作となります。
 想い多く作りあげた作品を一早く聴いていただきたく下記日程にてLive Conventionを開催致します。
 女性ジャズ/フュージョン・サックス・プレイヤーとして、各方面で多くの人を魅了してきた美しい音色と旋律を、今作に収録される生まれたての曲の数々と共に、より身近に感じていただきたいと思います。
 ご多忙中かと存じますが、万障お繰り合わせの上ご出席いただけますよう、ご案内申し上げます。

 ライヴでは新作からの曲を中心に6曲が演奏されました。小林さんのサックスは、音色といいフレーズといい、大好きだというデヴィッド・サンボーンに通じるものがあります。ぼくの感想ですから実際はどうかわかりませんが、彼女の演奏を聴いていると、ジャズのサックス・プレイもずいぶん変わったと改めて思いました。フレーズがフュージョンならではのものなんですね、当たり前ですが。
 これが古い世代のひとになると、フュージョンを演奏してもチャーリー・パーカー的なビバップに端を発したフレーズがあちこちで認められます。ところが小林さんのプレイからはそういうものがほとんど聴きとれません。そこにいまの時代を強く感じ、音楽の発展も実感できて、嬉しく思いました。
 ぼくのようにどっぷりとジャズに浸ってきた人間とはまったく違う感性。彼女のようなプレイヤーが今後はジャズの世界を背負っていくんでしょうね。といっても、小林さんの演奏が特別に新しいということでもありません。気がついたらこういうひとが増えていた、とでもいえばいいでしょうか。ここ20年くらいで、ジャズがさまざまな広がりを見せるようになってきましたが、一昨日のライヴは漠然と感じていたことを、目の前ではっきりとした形で実感できてとてもよかったです。

 せっかくですから、資料にあった小林さんのプロフィールも紹介しておきましょう。

 2005年2月アルバム『Solar』でデビュー。
 6月に国立代々木競技場で開催された「CROSSOVER JAPAN '05」に村上“ポンタ”秀一(ds)、笹路正徳(kbds)、野村義男(g)、日野賢二(b)から成るスーパー・バンドと新人ながら堂々とパフォーマンスし、往年のフュージョン・ファンからの熱い声援を受け、一気に知名度を上げた。

2008-04-24 小林香織 Live Convention_e0021965_20501880.jpg
 2006年3月、プロデュースに笹路正徳を迎え、「CROSSOVER JAPAN'05」で共演したメンバーに加え、日野皓正(tp)たちと2ndアルバム『Fine』をリリースする。

2008-04-24 小林香織 Live Convention_e0021965_20503354.jpg
 2007年3月、ゲストにchar(g)、塩谷哲(p)、国府弘子(p)を迎え、3rdアルバム『Glow』をリリース。オリジナル曲を中心に、よりポップなスムース・ジャズを展開。カラフルなサックスの音色とウォーミングなサウンドが一聴してわかる小林香織のサウンドを確立した。 
 2007年10月よりBS朝日の『小堺一機のすうぃんぐ人生』で小堺一機と司会を務め、今作収録でオープニング・ソングの「ブラック・サファイア」の他、毎回ゲストにちなんだ曲もスタジオで生演奏している。
by jazz_ogawa | 2008-04-24 20:50 | 平凡な日々 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/7808150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SEIJO YOKO.S at 2008-04-24 22:50 x
お忙しいのに、こんなに素敵ばブログを続けていらっしゃるとは・・・。
本日発見です。楽しみが増えました。
有楽町の会、うかがいます!
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-24 23:50
SEIJO YOKO.Sさん、ありがとうございます。ひょっとして同級生? 有楽町で会いましょう、って、フランク永井になってしまいますが。
Commented by 浦島 at 2008-04-25 06:47 x
小林香織さん私の町にも来るという噂がありました。本当なら、ぜひ聞きに行きたいですね。私が昔聞いていたフュージョンとかクロスオーバーとは違う演奏なのでしょうね。
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-25 08:47
浦島さん、ジャズから発展したフュージョンとはフレーズが根本的に違いますよね。それでも大きな視野で見れば、小林さんのプレイもジャズ以外の何物でもないんですが。
Commented at 2008-04-25 13:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-25 20:35
非公開メールを下さったKさん(とりあえずこうしておきますね)、ありがとうございます。小林香織さん、ぼくはなかなかよかったと思いました。そもそもぼくは、わりと何でも好きなんですね。リチャード・クレイダーマンだって聴きますし(笑)。そういうわけで、率直な感想を書いたまでです。ぼくは小林さんのライヴを観て、改めてビバップは昔の音楽なんだなぁと思いました。もっとも、小林さんの演奏を聴かなくても、そのことはわかっていますが。ただ、そういうことをしみじみ感じたものですから、率直にそのことを書いてみたまでです。
Commented by Isis at 2008-04-27 04:31 x
小林さんのライヴいいですねぇ。行ってみた~い!
女性奏者はCandy Dulferしか知りませんが、違いを教えてくださ~い!(無知なもので、オホホ¿¿¿)
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-27 14:00
Isisさん、違いは簡単に説明できません。似ているようでもあり、似ていないようでもあり、ですから。チャンスがあったら小林さんの演奏も聴いてみてください。
Commented by k at 2008-04-30 14:23 x
ご返答ありがとうございます!
Commented by sou-un at 2008-05-14 09:05 x
小川さん、こんにちわ。私は先日、ソニー・ロリンズの福島公演に出かけきました。若干の心配をよそに、ソニー・ロリンズはとても元気そうで、宣言どおりの物凄い演奏をしていましたよ。体は不自由そうでしたが演奏は
バンドの中で一番若々しいのに大変驚きました。やっぱり凄い人は凄いのですね。(月並な言い方で申し分けありません。)本文の内容と異なることをお許しください。
Commented by jazz_ogawa at 2008-05-15 00:17
sou-unさん、いいコンサートが観れたみたいで、よかったですね。残念ながらぼくは今回は行けそうもありません。
<< 2008-04-26 成田→シ... 2008-04-21 『大いな... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム