小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-09-03 「東京JAZZ」その4
【8月31日 昼の部】
e0021965_12152933.jpg 最終日の昼の部にも行ってきました。最初に登場したのはロベン・フォードのグループ。エレクトリック・ベースとドラムスのトリオで、ブルースを中心に彼のギターとヴォーカルが楽しめました。

 ロベン・フォードといえばフュージョン系ギタリストとしてぼくたちの前に登場してきましたが、本来はブルース・オリエンテッドなフュージョン派とでもいえばいいでしょうか。短期間ですがマイルス・デイヴィスのグループに入っていましたし、ジョージ・ハリソンが1974年に行なったUSツアーにもトム・スコットと一緒に加わり、同じ年に録音された『ダーク・ホース』にもふたりして参加していました。

 ロベン・フォードで覚えているのは、いまから20年ほど前になりますが、チック・コリアがストレッチ・レコードをスタートさせたときのことです。それを記念して、チックが所有していたロスのマッド・ハッター・スタジオで盛大なパーティが開かれました。たまたまぼくはジョー・ザヴィヌルの自宅取材でロスにいて、そんなことからチックがパーティに呼んでくれました。

 ストレッチの記念すべき第1回発売がロベン・フォードとたしかジョン・パティトゥッチの作品だったと思います。それで、そのときにチックから紹介されて、翌日インタヴューをしたのが最初です。そのあとは、ジョージやマイルスのグループにいたギタリストということで、何度か個人的な関心からインタヴューをさせてもらいました。そのときからブルース・バンドを作って活動したいといった話をよくしていたことが思い出されます。

 31日のステージでは、B.B. キングにトリビュートした曲やフレディ・キングにトリビュートした曲も聴かせてくれました。それならアルバート・キングのトリビュート曲も作ればいいのに、なんて思ったんですが、ひょっとして作っているかも、ですね。

e0021965_12154957.jpg そしていよいよサム・ムーアのステージになりました。まるで「コマ劇場」で昔聴いた北島三郎ショーのような感じです。前にニューヨークの「ラジオ・シティ・ミュージック・ホール」で観たアレサ・フランクリンのときにも感じたんですが、アトランティック系のソウル・シンガーのライヴはどこか歌謡ショーに通じています。

 何度か「ブルーノート東京」でサム・ムーアのライヴは観てきましたが、大きなホールで観るのも格別です。いまだにいい声をしていますし、高音の伸びと張りは全盛期とそれほど変わらないかもしれません。とにかくステージ映えがするひとですね。

 その昔、日本に2度来たサム&デイヴのコンサートも観ています。これ、自慢です。留学時代のことでは、ジョン・ベルーシの追悼コンサートがニューヨークの「ローンスター・カフェ」で行なわれ、そのときは舞台のまん前にいたんですが、そうしたらサム・ムーアがぼくの前でしゃがみ、こちらに顔を寄せて「ユー・アー・ソウル・マン」と何度も歌ってくれました。これは大自慢です。

 今回のステージでは「ブルーノート東京」ほどサム&デイヴ時代の曲は歌われなかったかな、といった印象です。いつもと同じで、エディ・フロイドの「ノック・オン・ウッド」やオーティスの「アイ・キャント・ターン・ユー・ルーズ」なんかは歌っていましたが。

e0021965_12161447.jpg ぼくは、サムが「ノック・オン・ウッド」を歌うと、必ずサム&エディを結成してくれればいいのにと思います。エディ・フロイドは、活動を再開した古巣のスタックスで素晴らしい新作を出したばかりですし、その中では、今回もステージで歌われたサム&デイヴの「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ユー・ミーン・トゥ・ミー」も取り上げていました。といっても、この曲はエディとスティーヴ・クロパーが書いたものなのでセルフ・カヴァーですが。


e0021965_12163415.jpg ぼくが憧れに憧れたスティーヴ・クロッパーも、やはりスタックスで、ラスカルズのフェリックス・キャヴァリエと組んだご機嫌なソウル・アルバムを出したばかりです。サム、エディ、そしてスティーヴのコンビでレコーディングなんてことになったら最高ですが、サムはライノと契約があるので無理でしょう。これはぼくの白昼夢です。




e0021965_1216486.jpg この日は、ぼくみたいなソウル・ファンにとっては夢のようなラインアップでした。まさかサム・ムーアとスライ・ストーンが同じコンサートに登場するとは。それにしても、スライとファミリー・ストーンが日本でライヴをするなんて、本当に素晴らしいことです。

 1982年にニューヨークで久々にコンサートが開かれて、それを運よく、というかぼくにとっては当然のことですが、しっかりと堪能させてもらいました。これが生スライ初体験です。はい、これも自慢です。

 それ以来のスライです。ライヴはそのころが最後で、あとはずっと音沙汰がなかったため、復活は難しいと思っていました。ところが2006年のグラミー授賞式でスライのトリビュート・ショーが行なわれ、そこに本人が登場したんです。これには興奮させれました。そのときの金髪モヒカン姿も衝撃でした。で、昨年はついにヨーロッパ・ツアーが実現し、それを経ての来日です。

 始まる前から大きな拍手が起こり、期待の大きさがうかがえました。でも、スライっていつから日本でこんなに人気があったんでしょう? リアルタイムで聴いていたころは「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック」や「エヴリデイ・ピープル」のヒットはありましたが、それ以外の曲は一部のマニアの間で受けていただけのように記憶しています。きっと、最近のファンが過去の作品(しかありませんが)を聴いて再評価したんでしょう。ぼくの世代はスライに対し、ヒット曲以外はとても冷たかったですから。

 スライは不思議な存在感の持ち主です。フラッとステージに出てきて、またフラッと消えていきました。いるだけでいい、というんでしょうか。前面に出ることもあまりなく、バンドのメンバーに音楽は任せていた感じです。気が向くと歌ったりキーボードを弾いたりしますが、そのあたりはまったく奔放。元気なのか疲れているのか、よくわかりません。アンコールにも彼だけ出てこなかったですし。

 でも、それでいいんです。スライはそういうところにカリスマ的な存在感があるからです。彼がいなければスライとファミリー・ストーンは成立しません。あとは新作を出してくれればいうことありません。

 そういうわけで、今回もたっぷりと音楽を堪能させてもらった「東京JAZZ」です。これだけ聴けば十分なので、夜の部はパスしました。聴けばいいってものじゃないですから。
[PR]
by jazz_ogawa | 2008-09-03 12:25 | ライヴは天国 | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/8559975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ♪♪♪yuricoz c.. at 2008-09-09 16:11
タイトル : 東京JAZZフェスティバル2008♪ @国際フォーラム ..
ダンスィの誕生日でもあり、 私のバースデー月間の最終日を飾ったのは、 ←こちらのイベントでございます♪ 8月29日から31日まで、3日間を通じて東京国際フォーラムホールAで行われた『東京JAZZ2008』に行ってきました♪ お目当ては、最終日の昼の回♪ この3日間で行われたライブは、計5回。それも、1ステージに、3~4つのミュージシャンが出演するので、すんごい中味が濃いのです!! 出演者は、コチラ♪お目当てのバンドは、下記↓をクリックしてください♪ 祝・初来日!! 結成4...... more
Commented by T at 2008-09-03 18:38 x
こんばんは。私も観ていました。異様な熱気ですごかったですね。
皆それぞれに個性があって、アーティストが入れ替わるたびに「世の中にはこんな音楽もあるのか」と驚くばかりでした。今年初めて行ったのですが来年もぜひ伺いたいと思いました。
Commented by jazz_ogawa at 2008-09-03 23:22
Tさんも行くといっていましたものね。こういうフェスティヴァル、いいですよね。
Commented by corbusier at 2008-09-04 20:41 x
東京ジャズよかったです!
東京ジャズははじめていきましたが、ほかのジャズライヴよりも若い人が多かったですね。大学生(?)のグループらしき集団もいましたし。
まぁ、僕も大学1年なんですが、中学・高校時代にジャズイヴェントで同年代の人を見かけた記憶はほとんどありません。若い人の間にも、「ちょっとジャズでも聴いてみるか~♪」と思っている、潜在的なファンがいるんですね。

小川さんの「ongaku ゼミ」1回行ってみたいです。大学が駒場にあるのに、知らなかったのが残念(^^ゞ
Commented by jazz_ogawa at 2008-09-05 00:24
corbusierさん、ぼくも堪能しました。ほんと、よかったですね。
駒場の「ONゼミ」は、いまのところ次回の開催が未定です。再び開催することになった暁にはぜひいらしてください。
Commented by めいこ at 2008-09-05 00:36 x
小川さん、こんばんは。
東京ジャズに行けなかった私としては、書き込みしにくいのですが、今夜大阪ビルボードでのハンクジョーンズさん、聞きに行ってきました!
90歳になられても、かなりお元気で、お茶目でかわいい感じでした。ピアノのタッチも軽くて鍵盤の上を指が踊っているようでした。ベースがかなり繊細で心地よかったですよ。
Commented by jazz_ogawa at 2008-09-05 08:54
めいこさん、行ってこられたんですね。ハンクさん、いい味を出していたでしょ。ライヴの体験って自分だけの思い出になりますから、今回もきっといい思い出になることでしょう。よかったですね。
Commented by makise at 2008-09-08 23:33 x
小川さん、おひさしぶりです。
スライ・ストーンが来ていた事、知りませんでした。
とても観たかったです〜。
私はプリンスから遡って、スライやアイザック・ヘイズを聴いたくちです。
ご報告ありがとうございました〜。
Commented by jazz_ogawa at 2008-09-09 07:28
makiseさん、お元気でしたか?
スライは不思議な存在感があって、とても面白かったですよ。
Commented by yuricoz at 2008-09-09 16:10
この回だけ行きました♪最初の方は、存じあげず寝てしまいました。反省
サムさん、ステップしながら可愛かったです♪
スライは、ほんとに若いファンが多くてびっくりしました!!後で知ったのですが高値で、チケットもやりとりされていました!!
TBさせていただきます♪
Commented by jazz_ogawa at 2008-09-09 17:13
yuricozさん、「ブルーノート東京」でのスライは10分くらいしかステージに登場しなかったらしいです。「東京JAZZ」で正解でしょう。
代わりにサム・ムーアは2時間近いステージだったそうですが。
<< 2008-09-06 NHK-... 2008-09-02 「東京J... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム