人気ブログランキング | 話題のタグを見る
小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-09-12 追悼ジョニー・グリフィン
2008-09-12 追悼ジョニー・グリフィン_e0021965_9462217.jpg
 1ヶ月ほど前のことですが(8月6日)、ぼくの大好きなテナー・サックス奏者のひとりジョニー・グリフィンがこの世を去りました。今日は『いとしのジャズマン 2』で紹介したエピソードをここに掲載することで、ぼくなりに彼の冥福を祈りたいと思います。


 1960年代は多くのミュージシャンがアメリカを脱出してヨーロッパに住みついた。中でも成功したひとりがジョニー・グリフィンだ。《リトル・ジャイアント》のニックネームどおり小柄だが、体に似合わず精力的なプレイをするテナー・マンである。

 このひと、テナー・サックス奏者のデクスター・ゴードンとヨーロッパ中を暴れまくり、ついにはフランスで由緒正しきお城を購入してしまった。広大な庭では葡萄を栽培してワインも作っているなんて噂もあり、洒落者で知られるこの大ヴェテランはいまや生活も悠々自適(?)らしい。仕事は半年しかせず、残りは寝て暮らしているのかと羨んだが、現実はどうも違ってそれなりに厳しいようだ。

2008-09-12 追悼ジョニー・グリフィン_e0021965_9464695.jpg
 グリフィンによればこういうことになる。

「家にいるときは庭の手入れや城の修理に追われている。土地は広いし、城は古い。そのため、仕事は年に半分しかできない。これならよっぽどツアーに出るほうが楽だ」

 そんなぼやきとも自慢ともつかない話が聞けたのは、親友のゴードンが住むニューヨークのアパートでのこと。

 マンハッタンの43丁目と9番街から10番街にかけてのワン・ブロックには大きなアパートが2棟そびえ立つ。このマンハッタン・プラザはニューヨークに住むパフォーミング・アーティスト用に運営され、家賃は年収に応じて決まる。稼ぎが少なければ家賃は安い。収入が多くても、上限が決まっているためそれほどの金額にはならない。そのひとつに、デクスター・ゴードンがオランダ航空でスチュワーデスを務めるオランダ人の奥さんと住んでいた。

 ここは普通のアパートとして建設された。しかしタイムズ・スクエアに近く、《ヘルズ・キッチン(地獄の台所)》と呼ばれる物騒な地域にある。そのため入居者が少なく、市と州で予算を出し合い、アーティスト用のアパートにしたのである。75年のことだ。

 入居できるのがパフォーミング・アーティストに限られるから、写真家や画家は住むことができない。パフォーミング・アーティストとは、ミュージシャンやダンサーなどのことである。大道芸をしているジャグラーやマジシャンも住んでいたから、彼らもパフォーミング・アーティストとして認められているようだ。

 家賃は年収の3分の1という取り決めで、したがって極端な話、年収ゼロならただでいい。高収入を得た場合でも、ワン・ベッド・ルーム(日本でいうなら1DKか)で当時(80年代半ば)は毎月750ドルが上限になっていた。このくらいのスペースをその時代にマンハッタンで借りたなら1500ドルはくだらない。

 アパートの地下にはアスレチック・クラブやリハーサル・ルームもあり、デューク・エリントンにちなんで名づけられた多目的室の「エリントン・ルーム」もある。ここでは、アパートに住むミュージシャンのコンサートもたまに行なわれていた。エリントンの末娘でダンサーのメレディス・エリントンもここの住人で、この「エリントン・ルーム」を案内してくれたこともいい思い出だ。

2008-09-12 追悼ジョニー・グリフィン_e0021965_9473364.jpg
 ゴードンはマンハッタン・プラザの中でも一番広い2ベッド・ルームに住んでいた。そこに遊びに行ったあるとき、たまたまニューヨークに戻っていたグリフィンが訪ねてきた。免税店で買ってきたという、ゴードンの大好物レミー・マルタンと、自分用にフランス産の赤ワインを携えて。

 ぼくは強いお酒が苦手なので、このときはグリフィンのワインをご相伴にあずかった。ゴードン夫人も交えてのお酒は賑やかだ。グリフィンとは初対面でなかったものの、それ以前はインタヴューで数度顔を合わせたにすぎない。そういうわけで、素顔の彼にお目にかかれたのはこのときが初めてだ。

 グリフィンはかなりのワイン通である。このときも、持ってきたワインの自慢をひとしきりゴードンに話している。記憶があいまいだが、そのワインは82年のボルドー産で、この年は葡萄の出来がいつになくよかったとか。その中でもかなり高いワインだといいながら、ぼくのグラスにたっぷりと注ぐグリフィンの目は早くも少しとろんとしていた。

「この男は、たぶんホテルで一本飲み干してからわたしのところに来たんだろうよ」

 そういうゴードンの口調も怪しくなってきた。そんなときにお城の話が出たから、真偽のほどはわからない。老境に差しかかった男ふたりが仲よさそうに酒を汲み交わしている。ぼくも彼らみたいな歳の取り方がしたい。そんなことを思いながら、マンハッタンの夜は更けていった・・・。


 酔いに任せて、「そのうち庭の手入れを手伝いに行きますよ」といった約束は果たせないまま終わってしまいました。そしてもうひとりの敬愛するテナー・マン、ゴードンもしばらくしてあの世に去っています。ぼくにとって、彼の置き土産は主演した映画の『ラウンド・ミッドナイト』でした。その映画でも、ゴードン演じるところのサックス奏者デイル・ターナーが最後にこの世を去っています。

 グリフィン死去のニュースに触れた数日後にこの映画を見直し、彼とゴードンのことに思いを馳せました。仕方のないことですが、周りから少しずつひとが去っていきます。そんなこともあって、このところちょっと感傷的になっているかもしれません。
by jazz_ogawa | 2008-09-12 10:01 | 愛しのJazz Man | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://ogawatakao.exblog.jp/tb/8602428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from テンションノート・ジャズ.. at 2008-09-13 23:55
タイトル : 『証言で綴るジャズの24の真実』/小川隆夫
先日、小川隆夫氏の新作『証言で綴るジャズの24の真実』という本が 発売されました。この本は、今から20年程前に氏がスイング・ジャーナ ル誌に2年間にわたって連載されていた『証言で綴るジャズ』というイン タビュー記事を掲載順に編集したもので、もちろん今回の..... more
Commented by sou-un at 2008-09-14 00:10 x
グリフィンとゴードンが目の前で酒を汲み交わしながら四方山話に興じている・・・それだけで映画のワンシーンになりそうな素敵な光景ですね。今更の様で恐縮ですがTBがようやくできました。他の記事にTBした方が良かったのかもしれませんが無礼をお許しください。
Commented by jazz_ogawa at 2008-09-14 08:53
sou-unさん、コメントとTBありがとうございます。こういうお言葉を励みに、これからも楽しんでいただけるものが書けたら、と思っています。
<< 2008-09-15 「ONG... 2008-09-09 エスペラ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム